カテゴリ: 写真2

先日から最初の中国旅行で行った写真をちょこちょこと上げているが、これはコロナ自粛の最中にスキャンしたもので、もともと銀塩カメラ(フィルムカメラ)で撮ったものだ。当時デジカメはあったが、300万画素程度の解像度しかなく、精密機器に過酷な自転車旅に持っていくようなものではなかった。

たくさんシャッターを切ったと思っていたが、241枚しかない。35枚撮りフィルムで7本程度、ひと月近く行っていたにしてはずいぶん少ない。

あまり撮っていない理由はいくつか思い当たる。まず、過酷な旅だったので、写真を撮る余裕がなかった。初めての中国だったので、どこで撮っていいのか悪いのか分からず、カメラを取り出すのにも勇気がいった。そもそも、撮れる枚数がデジカメと比べるとはるかに少ないから、フィルムをケチっているというのもある。

枚数以上に驚いたのは、記憶にある景色がことごとく写っていないことである。例えば、『水滸伝』でおなじみ梁山県の風景は鮮明に記憶している。やたらと埃っぽい街で、子供がきなこ餅みたいになって遊んでいる。町の真ん中に低い山があって、子供が二人登っているのが夕日に照らされてシルエットになって見えた。町では露天の料理屋が、ゴーゴーと音を立てて炒め物を作っているが、なんと閉店したガソリンスタンドの前だった。

この子供が登っていた山が梁山泊だと分かったのは、つい最近のことである。水がないから別のところにあるのだろうと思っていたが、かつて沼だったのが干上がって町になっていたのだ。なるほど埃っぽいわけだ。

これほど印象的な町なのに、梁山県の写真はこんなどうでもいい写真しかない。
橋のぼり
橋に「梁山劇院」とか書いてあるからかろうじて梁山県の近くだと分かるが、こんなアホな写真は撮った記憶すらない。梁山県のどのへんなのかすらよく分からない。どうでもいい写真はあるのに、鮮明に記憶に残っている風景の写真がない。ちょっと不思議な感じがする。

そんなわけで、思った以上にたいした写真がないのだが、今月はボチボチ蔵出ししていくつもりである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前からフィルムスキャナーを買おうと思っていた。フィルムスキャナーとは、いわゆる銀塩フィルムをデジタル化するスキャナーである。

フィルムスキャナーに限らず、スキャナーというものは操作が面倒くさい。一枚ちょこっとスキャンするぶんには大したことないが、何枚もスキャンするとなると、膨大な時間がかかる。その上、写真だとホコリや指紋など取扱いに気を使わなければならない。そんなわけで、なかなか手を出せなかった。

一番面倒がないのは業者に出してしまうことだ。なにしろプロだから画質もいいだろう。しかし、これは金がかかる。持っているフィルムをすべてデジタル化するつもりはないが、それでもかなりの量がある。その中には当然ピンボケ写真なんかも含まれるから、ちょっともったいない気がする。

というわけで、買おうか買うまいか迷っているうちに15年ぐらい経ってしまったのだが、今年は初めて中国に足を踏み入れてちょうど20週年である。いいかげんあの頃の写真をデジタル化したくなった。

「よし、買っちまえ」と思ったのだが、いろいろ調べてみると、機種選びが難しい。今時フィルムスキャナーなんてオワコンである。機種がないのは覚悟していたが、もっと面倒なことになっていた。「ピンからキリまである」という言葉があるが、ピンとキリしかなくてその差が極端なのである。

「フィルムスキャナー」でアマゾンを検索して出てくる日本メーカーのものは、すべてキリ(下)の方である。スキャナーとはいうものの、実際にはフィルムをデジカメで撮っているらしい。だからスキャンは早い。機種によってはプリントもスキャンできるし、PCなしでもSDカードに直接保存できる。その反面画像はイマイチらしい。

ピン(上)の方は、台湾メーカーのもので、画像はキリよりはずっといいらしい。だが、スキャンに時間がかかるし、フィルムのセットや設定など、いろいろと面倒くさそうだ。こちらは単独では動作せず、PCの周辺機器として動作するので準備自体も面倒くさい。しかも、お値段はちょっとお高い。

散々迷ったあげく、ピン(上)の方にした。やはり、大事な写真だから多少手間がかかっても、少しでもきれいにスキャンしたいものだ。

ここまでどんなものを買ったのか、まだ一言も言っていない。もったいぶっているのではない。まだ使いこなしていないので、ショボい写真をあげてメーカーの迷惑になったら困ると思うからである。

というわけで、詳しくは後日書くことにするが、今日セットアップを終えて最初にスキャンした写真がこれ。
徐福
新宮市の徐福公園だから、2002年に熊野古道を歩いた時の写真だ。フィルムはリバーサル(スライド)である。意図的に派手な写真を選んだのだが、ちょっとコントラストが低いようだ。退色したのか、設定に問題があるのか、スキャナーのせいなのか、まだ分からない。それによく見ると、ホコリやキズらしきものも見える。やっぱり難しいなぁ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

去年のクリスマスごろ、飛騨へ行ってきた。せっかく行ったのに、竹馬に乗ってコケたというマヌケな記事(白川郷で竹馬に乗った:2019年12月27日参照)しか書いていないことに気づいた。もうちょっとちゃんとした記事が書きたいのだが、一ヶ月以上経って、いろいろ記憶が薄れてしまったので、白川郷の写真でとりあえずお茶を濁すことにする。PCの壁紙仕様にしてあるので、気に入ったらDLして使ってください。

さて、この季節の白川郷といえば、雪に佇む合掌造りの家というイメージだが、何しろ暖冬で、僕が行ったときにはまだ雪が降っていなかった。とはいえ、寒いので霜がきれいに降りている。昔は霜なんか珍しくもなかったが、久しぶりに見るときれいなものだ。
霜(1366x768)
霜(1366x768)
霜(1920x1080)

白川郷はとにかく観光客が多い。写真に観光客を入れないのはなかなか難しい。さらに、家には実際に人が住んでいるので、軽トラが止まってたり普通の物置があったりして、妙なライブ感が出てしまう。「白川郷合掌造り民家園」という合掌造りの古民家を移築した野外博物館もあるのだが、ここは逆に人が住んでいないからライブ感がない。

あちこち歩き回ってやっと撮れたいい感じの写真がこれ。奇跡の一枚である。
合掌造(1366x768)
合掌造(1366x768)
合掌造(1366x768)

白川郷には何軒か入れる家がある。中に入ると家の構造が分かって面白い。中は二階から三階になっていて、一番上では蚕を飼っていたそうだ。一番上の階に上がったら、Windows10のデフォルト壁紙みたいな景色になってた。
windows(1366x768)
windows(1366x768)
windows(1920x1080)

さて、この記事のタイトルは今月の壁紙だが、先月も先々月も「今月の壁紙」はない。以前、毎月やっていたのでその名残である。来月も・・・たぶんないと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、白川郷へ行ってきた。「合掌造り民家園」なる野外博物館に竹馬があった。自由に乗っていいらしい。竹馬には自信があるが、なにしろ最後に乗ったのは40年以上前である。全然乗れないか、昔と同じく乗れるか、ちょっと試しに乗ってみた。まあ、インラインスケートと違い、こけそうになったら飛び降りればいいだけだから、ズデーンとはいかないだろう。

最初ちょっと手間取ったが、すぐにカンを取り戻した。見よ、この勇姿。それにしても、自分が竹馬に乗っている姿なんか初めて見た。
竹馬に乗るわたくし
これは十分にcontrollableだと確信したので、uncontrollableのふりをして写真を撮っている妻に襲いかかったら、本当にuncontrollableになって、飛び降りる間もなくコケた。竹馬には乗っても調子に乗ってはいけない。
こけた
家に帰ってからGoogle PhotoにUpしたら、勝手にパノラマ写真にされた。さすがGoogleのAIだ。でも、ちょっとバカにされているような気がするぞ。
こけるまでのプロセス
結局、全然乗れなかったわけでも、昔と同じように乗れたわけでもなく、飛び降りることもできなかったのだから、何一つ予想通りにはいかなかったわけである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、父の快気祝いで埼玉の実家に行ったので、ついでに川越祭を見てきた。子供の頃には何度か行ったが、数十年ぶりである。

川越祭はばかでかい山車で有名である。
日本武尊
一番上に人形が乗っていて、その下でお囃子と舞がある。人形は歴史上の人物や舞楽の登場人物になっているらしい。正確な大きさは分からないが、屋根の上でも十分顔がわかるので、かなり大きいのだろう。上の写真に乗っているのは日本武尊。

お囃子と舞はこんな感じ。これは狐で、所作が面白いから子どもたちに大人気。
狐
おかめ。
おかめ
ひょっとこ。
ひょっとこ
これは何だろう?癋見(べしみ)かな。
癋見?

この山車は車から上が回転するようになっていて、路をすれ違うときに、正面どうしを向けて対決する。といっても勝ち負けがあるわけではないらしい。人形のテーマがさまざまなので、時空を超えた対決が見られる。

日本武尊(左)VS徳川家康(右)の時代を超えた対決とか・・・
日本武尊VS家康
納曽利(左)VS太田道灌(右)の国際対決とか・・・
太田道灌VS納曽利
家光(左)VS家康(右)の世代間対決とか・・。なんとなく想像はつくと思うが秀忠の山車はない。
家康と家光
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラグビーワールドカップが始まった。ラグビーと言えばニュージーランド代表オールブラックスである。黒いジャージの胸に付いているマークは、一見鳥の羽に見えるが、シルバーファーンというシダの葉っぱである。たまたま今年の3月にニュージーランドに行って撮ってきたので、ご紹介。ついでに、その他の植物も。

こちらがシルバーファーン。シダの葉っぱだが、裏が白いのでシルバーという。ようは正月の飾りに使われるウラジロだが、でかい。かつて、マオリは道標のために、このように葉っぱを裏返しにしたという。この写真は僕が裏返しにしたのではなく、たまたまこうなっていたのを見付けて撮ったものだ。
シルバーファーン
ちなみに、これがALL BLACKSのマーク。似ているだろうか。
allblackslogo

このシルバーファーン、ちょっと山の中へ行けば群生している。
シルバーファーンの群生
芽はこんな感じ。コルというらしい。まあ、ゼンマイのでかいのですな。
コル
この芽も、ニュージランド航空のマークとして使われている。
AirNZ_Koru
カウリの木。まっすぐ伸びてバカでかい上に、自分で枝を落としちゃうので製材しやすい。そのため、マオリにとってはカヌーの材料として使われたそうだ。おかげでヨーロッパ人入植後は乱伐され、現在は保護植物になっている。
カウリの木
写真の木はご神木みたいなものなので、こんなふうに保護されている。
カウリ保護区
「靴と用具を洗ってから入れ」的なことが書いてあるけど、実は立入禁止。

みんな大好きマヌカハニーのマヌカの木。
マヌカ
花はこんな感じ。風が強くて被写体ブレしていてすみません。
マヌカの花
オマケ。ニュージーランドのスズメは図々しいの図。
スズメ
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月の終わりに、栂池高原にある栂池自然園に行ってきた。
栂池自然園:公式サイト
栂池自然園の湿地
湿原は全部で4つあり、湿原そのものは上の写真のようなボードウォークがかかっていて歩きやすいのだが、全部回ろうと思うと結構な時間がかかるし、山道を歩かなければならないので、それなりの靴が必要になる。僕たちは時間の関係で、一番奥の展望湿原までは行けなかった。

ここは高山植物がたくさん見られたので、適当にパカパカ撮ってきたのをご紹介。なお、名前はビジターセンターで売っていたペライチ資料を参照したが、高山植物には詳しくないので、正直合っているのかどうかやや不安がある。間違っていたら、教えてください。

まず、サラシナショウマ(晒菜升麻)。根っこが漢方薬になるらしい。
サラシナショウマ
トリカブト。こっちは根っこが猛毒で有名だが、漢方薬にも使われる。いわゆる附子ですな。
トリカブト
ハンゴンソウ(反魂草)。「反魂香」を思い出すが、どうも無関係らしい。
ハンゴンソウ
タテヤマアザミ(立山薊)と虫。たぶんミツバチかと・・・。
タテヤマアザミと虫
タテヤマアザミ。アザミにしちゃでかい。
タテヤマアザミ
ミヤマセンキュウ(深山川芎)と蜂。
ミヤマセンキュウと蜂

キヌガサソウ(衣笠草)。この写真だとよく分からないが・・・。
キヌガサソウ
なかなか妙な咲き方をする。名前の由来は一目瞭然。
キヌガサソウ2
オヤマリンドウ(御山竜胆)。
オヤマリンドウ
オニシオガマ(鬼塩釜)。シオガマギク属だそうだが、その由来はWikipediaによると「塩竈とは、世阿弥の謡曲『松風』、後の歌舞伎・日本舞踊の演目『汐汲』において、浜で海水を沸かして製塩するかまど、塩竈があり、そこで「浜で(はまで)美しいのは塩竈」の言葉がでた。それが「葉まで(はまで)美しいのは塩竈」と洒落て、花も葉も美しい植物、シオガマギク(塩竈菊)という」らしいが、ムリクリすぎる。
オニシオガマ
オオバセンキュウ(大葉川芎)と虫。何の虫だか分からん。
オオバセンキュウと虫
オオバセンキュウとハナアブ(たぶん)。
オオバセンキュウとハナアブ
イワショウブ(岩菖蒲)の実。実もも全然菖蒲に似ていないんだが・・・。
イワショウブ
このエントリーをはてなブックマークに追加

というわけで(アルマイトのヤカンを買った(付、壁紙):2019年07月25日)、かっぱ橋道具街へ行ったのだが、ここまで来て浅草寺に行かないわけにはいくまいということで行ってきた。夏休みも序盤だからか、思ったより人は多くなかったが、それでも外国人観光客でごった返していた。

そんな中、ちょっといい狛犬を見付けた。浅草寺には何度行ったか分からないぐらい行っているが、この狛犬にはついぞ気が付かなかった。何しろ境内は広いし、人が多すぎる。

狛犬がいたのは、浅草寺の末社(と言っていいのだろうか?)恵日須大黒天堂。本堂の右隣(向かって左)に金龍権現・九頭龍権現の小さな祠があるが、その近くにある。ゆっくり見ている時間がなかったので(暑かったし・・・)、銘などは見付けられなかったが、たぶん江戸時代中期ごろじゃないだろうか。
浅草寺恵日須大黒天堂の狛犬
向かって右側。
浅草寺恵日須大黒天堂の狛犬(右)
左側。
浅草寺恵日須大黒天堂の狛犬(左)
このお堂自体もなかなか面白い。扁額には「恵日須/弘法大師作/大黒天」と書いてある。なんと、空海が作った(とされる)石像である。
浅草寺恵日須大黒天堂扁額
石碑にも弘法大師作とある。この石碑は天保15年(1844年)に建てられたものらしい。
石碑
で、中に入っている恵比寿・大黒天像は・・・
浅草寺恵日須大黒天像
金網のせいでうっすらとしか見えない。立て札の説明書きによると、延宝3年(1675年)に浅草寺に奉納されたものだという。空海作ってのは、マアあれだ。

しばらく散歩して浅草神社の方へ行ったら、猿回しやってた。犬と猿に同時に出会えるとは縁起がいい。投げ銭奮発しておいた。
猿回し
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行をしていて、交通機関ほど戸惑うものはない。国によって、料金の支払い方が違うからである。もちろん今はネットで下調べができるが、それでも実際に行ってみると、なかなか厄介である。

オークランドは鉄道があまり発達していないようだ。地下鉄は今掘っている最中で存在しない。普通の鉄道はあるのだが、それほど多くない。だが、旅行者にとってはこれほど安心感のある乗り物はない。というわけで、乗ってみた。

オークランドにはAT HOP cardなるプリペイドカードがある。もちろん電車だけでなく、バスや船も乗れる。
athopcard
ホテルの近くにBritomartという駅がある。ここでカードを購入。改札は日本のとそれほど変わらない。手前のまるい部分にカードをかざせばゲートが開くのも同じ。
Britomart駅改札
電車はこんな感じで、なかなか小奇麗。
電車
電車はガラガラだから写真撮り放題。
車内
外国の電車ではあまり見かけない吊革がぶらさがっていた。牛がいっぱいいるせいか、本当に革で出来ている。
吊革
車内には自転車を置く場所もある。この写真ではよくわからないが、自転車を固定するストラップが付いている。
自転車置き場
反対側は車いす用。見た感じ同じだが、こちらにはストラップがない。
車椅子用
車内表示。飲み物は蓋をしろ、ハンバーガー・酒・タバコは禁止。分かりやすい。
禁止
ここで変な表示を見付けた。タダで乗っていいのはカマキリだけだという。自動改札があるのに妙なこと言うなと思っていたが、駅に降りたら意味が分かった。
タダで乗っていいのはカマキリだけ
電車を降りると、どこにも改札がなく、そのまま外に出られてしまった。カマキリの表示を思い出し、もう一度ホームに戻ってよく観察すると、なんだかヘンな柱があるのを発見。
改札
これがこの駅の改札である。一応目立つような色が塗ってあるが、初めて来ると見落としそうだ。僕の場合、自動改札のある駅から乗ったからいいが、この形式の駅から乗ったら、まちがいなくTAG ONするのを忘れるだろう。そもそも、「TAG ON/TAG OFF」っていうのは英語圏では一般的な言葉なのだろうか。

AT HOPカードは便利なのだが、電車はあまり発達していないし、バスはイマイチ敷居が高い。そういうわけで、細かい移動にはこれを使っている人が多かった。
LIME
LIMEという電動キックボードである。中国で流行ったシェア自転車のようなものだろう。GoogleMapで行く先を調べると、電車で何分、自動車で何分とある他に、LIMEで何分というのもでてくる。

中国のシェア自転車同様、スマホアプリで所在とバッテリーの状態の確認、解錠、支払いができ、どこでも乗り捨てできるらしい。外国で乗り物を運転するのはちょっと恐いが、日本と同じ左側通行なので、それほど難しくないと思う。詳しくは、公式サイトをどうぞ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

連休二日目、天気がいいので湯島聖堂の孔子祭に行った。いわゆる釈奠である。会場は湯島聖堂の大成殿。
大成殿
湯島聖堂といえば日本を代表する孔子廟だが、釈奠は儒式ではなく、裏の神田明神の神官が執り行う。雅楽が流れる中、「お〜〜〜」という警蹕とともに厨子を開け、お供えを捧げる。この形式は江戸時代から続くものらしい。
孔子祭
昔、僕はここに二年ほど住んでいた。孔子祭の前になると供物の用意をしなければならない。供物のリストをもらって、それを御徒町の吉池というスーパーへ買い出しに行くのだが、コンプリートするのが難しいので苦労した覚えがある。
供物
リンゴなどが乗っている容器を「豆(トウ)」という。「豆」という字とよく似た形をしているが、形が似ているから「豆」というのではなく、本来「豆」という字はこの容器を意味していた。

数ある供物の中でも、一番大事なのが生贄である。本来は生きた羊などをお供えすべきものだが、湯島聖堂では鯉になっている。2つめの写真にある7つの黒い箱に入っているはずだが、なぜか生気が感じられない。昔は大暴れする鯉を捕まえて箱につめ、やっとおとなしくなったと思ったら、儀式の最中に突然暴れだしたりしたものだが・・・。

終わってから箱の中を見ると・・・。
生贄の鯉
暴れないのも道理、なんとぺちゃんこの写真になっていた。職員に聞くと、震災の時に生きた鯉が入手難になって、そのまま写真になってしまったという。なるほど無益な殺生はよくない。しかし、写真というのもいかがなものかと思うので、そのうち立体的なのを寄付してあげようと思った。

神官による儀式の後は、祭主や来賓の拝礼が続き、早稲田大学の土田健次郎氏による講経(こうけい)があった。講経とは簡単な講義で、今回は「孔子の師は誰か」というテーマである。孔子の師匠(の一人)が老子というのは、『今昔物語集』10-9にも出てくるので、なかなか興味深かった。

しかし、来月は改元である。本来ならそこにも触れてほしいところだが、「令和」は『万葉集』が出典のためか、まったく触れられなかった。宇野茂彦氏による主催者挨拶でも出なかったので、寂しいかぎりである。

大成殿での儀式の後には講演会があるのだが、一時間立ちっぱなしで、はなはだ疲れたので遠慮した。せっかくここまで来たので、神田明神にもお参りしてきたのだが・・・。
神田明神
僕の知ってる神田明神じゃなくなってボーゼンとした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ