カテゴリ: 日常2

先日、料理をしていたら、スライサーが壊れた。プラスチックの板に刃が付いているだけのもので、そう簡単に壊れるものじゃないが、なにしろ10年以上使っているので、劣化していたのだろう。最近アレも壊れた、コレは壊れそうだと、いろいろ出てきたので、妻とかっぱ橋道具街へ行って調達することにした。

買い物リストの中にはヤカンが入っていた。これまで使っていたヤカンは取っ手のリベットが折れて捨ててしまったのだ。夏になると電気ポットの電源は抜いてしまうし、麦茶を煮出すこともあるので、ヤカンの出番が多くなる。この機会に新調しようということになった。
やかん
お目当ては、トラディショナルな黄色いアルマイトのヤカン(3リットル)である。ヤカンといえばあの形だから安いだろうと踏んだ。値踏みにはちょっと自信がある。

だいたい1000円以下だろ。

そう思った理由は次の通り。
  1. どこにでもある大量生産の日用品である。
  2. 中国でも同型のものが使われている。
  3. アルミ価格はそれほど上昇していない
  4. ラグビー部でも買える。
ところが、いろいろな店を回ってびっくりした。どの店を見ても税込み4000円前後。予想の四倍だ。

「かっぱ橋、たいして安くないな」と思って、帰ってからamazonで見たら、同じ製品が4000円以上する。値踏み大外し。

あらためてよく考えてみると、高くなる要素もある。
  1. 作るのに手間がかかる。
  2. アルマイトはIH調理器で使えない。
  3. 電気ケトルの普及でヤカン自体使われない。
  4. 最近のラグビー部では使わない。(「魔法のやかん」はどこへ?ラグビー選手の体を守るマッチドクター:ラグビーHack参照)
つまり、作るのに手間がかかるのに、昔より需要が少なくなったのである。これはもはや日用品ではない。

さっきの写真もだんだん工芸品に見えてきた。正しく値踏みできなかった自戒の意味もこめて、しばらくパソコンの壁紙にすることにした。
ヤカン(1366x768)
ヤカン(1366x768)
ヤカン(1920×1080)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

毎年この季節になると、妻がプランターでゴーヤを育てるのだが、今年は雨が多いせいか、やたらと生育が早いような気がする。もともと緑のカーテンのつもりだったのだが、天気のよくない日が多いので、今のところカーテンとしては役に立っていない。
ゴーヤ
葉っぱはこんな感じ。心なしか例年よりでかい気がするが、種類が違うだけかもしれない。
ゴーヤの葉っぱ
収穫が難しい。これより大きくなることもあれば、このサイズのままオレンジ色になってしまうこともある。オレンジ色になっても食べられるのだが、それはもはや僕らが知っているゴーヤではない(オレンジ色のゴーヤにびっくりした:2011年08月21日参照)ので、できれば青い状態で収穫したい。だから、食べたくなったらこのぐらいでも収穫してしまう。こいつは今日塩もみにして食べた。
ゴーヤの実2
さすがにこれではまだ食べられない。
ゴーヤの実
今日は久しぶりにからっと晴れた。梅雨明けも近そうだ。
空
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

せっかく8万円(修理代)+1万円(靴代)もかけたのに、うっとおしい天気が続いて、自転車に乗れない。家のまわりをちょっと走っただけで、僕の自転車はまだ置物だ。
APB
修理に8万円もかかったというと、新しい自転車が買えるんじゃないかとか言われる。気持ちは分かるが、僕にとっては特別な自転車なので、8万円ぐらいしょうがないと思っている。

振り返ってみると、僕の人生はどうにもタイミングの悪いことばかりだった。日本という国は、タイミング次第で生涯安泰だったり、いらぬ苦労を背負わせられたりする。それはどこの国だって多かれ少なかれあるものだが、日本の場合はあとあとまで長引くのだ。

例えば、就職氷河期と言われた時代に大人になった人たちのことを考えてみるといい。彼らは、たまたま大人になった年が就職難だっただけだ。就職難だから、卒業時に正社員として就職できなくてもそれは仕方がない。ところが、氷河期が終わっても彼らはまだ氷の中にいる。そんなバカな話があるか。

湿っぽい恨み節は言いたくないのでやめておくが、僕にも同様のことが、それも何度も起きた。どうしたらいいか、行き詰まってワケがわからなくなった時に、僕を救ってくれたのがこの自転車だった。こっ恥ずかしいキザな言い方だが、本気でそう思っている。

当時、やたらと仕事が忙しく、使う暇がないから金だけはあった(といっても、今から考えたらたいしたことはない)。唯一の楽しみは本屋を冷やかすことだけ。そんなとき、駅前の本屋で九里徳泰氏の『MTBツーリング全技術』という本を買った。なんでこれを手にしたのか、当時も今もさっぱり分からない。何か引かれるものがあったのだろう。

この本には具体的なツーリングの方法が書いてあったから、読んだら旅に出たくなった。まずはロングツーリングに耐えうる自転車を買わなければと思って、MTB(マウンテンバイク)を買うつもりが、何をトチ狂ったかモールトンを買ってしまった。雑誌で見て、なんだかカッコイイ自転車だなと思ってたら、近所にモールトンの専門店みたいな店があったのだ。

自転車に乗るようになると、普通に歩いていた景色が違って見えた。それは自動車から見える景色とも違っていた。ちょっと視点とスピードが変わるだけで、こんなに見え方が変わるのだと驚いた。行き詰まった感じは少しずつ薄まっていった。

さて、自転車を買ったのだから、次はロングツーリングである。当時は今よりも長い夏休みがあったので、アメリカにでも行こうとおもっていたのだが、これまたおかしな成り行きで中国になった。

当時の中国は(今は知らない)自転車が持ち込むことができないため、現地でオンボロ自転車を購入した。そして、中国を走ったら完全に行き詰まり感はなくなった。中国ツーリングにモールトンは使わなかったのだが、その後お遍路に使った。

これはもう19年前、僕が30歳のときの話である。実はそのころも今もたいして状況は変わっていないのだが、その後、二度と行き詰まりのようなものを感じたことはない。

ああ〜、多摩サイ走りてぇな。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

最近、自転車ネタがぜんぜんないのは、乗っていないからである。結婚を期に乗る頻度が減り、二年前にトランクルームにしまってからは、引っ張り出すのが面倒くさくて全く乗らなくなってしまった。

先日、ちょっと乗ってみようと思って、引っ張り出してみたら、リアディレーラー(変速機)が真ん中(4段ぐらい)からロー側に入らない。最後の1段が入らないぐらいなら自分でも調節できるのだが、半分までしか行かないのでは僕では対処できない。

普段乗っていないとはいえ、ギアが入らないのは気持ち悪いので、自転車屋へ持っていった。すると、シフターのグリスが固まっているか、壊れているか、どちらかだろうという。壊れている場合はちょっとかかるが、グリスが固まっている場合はせいぜい3500円ぐらいで直るという。他にも問題があれば見てくれるというので、この際だからよろしく頼んだところ、後から電話がかかってきて・・・。

「いろいろ劣化していて、全部直すと10万円ぐらいになっちゃうんですけど・・・」

3500円が10万円に跳ね上がった。19年前に買った自転車で、いろいろ劣化しているのは分かっていたが、乗らなくなるまではちゃんとメンテナンスしていたので、そこまで行くとは思わなかった。

もう一度自転車屋へ行き、パーツのグレードを下げるなどして、最終的には8万円になった。パーツそのものは大した値段ではないが、修理箇所が多く工賃がかかってしまったのだ。ちなみに、リアディレイラーの不具合は、最初に言われた通りシフター内のグリスの固着だった。

ともあれ、ビカビカになったし、以前とは比べ物にならないほど乗り心地が良くなった。せっかく8万円もかけたので、とりあえず自慢してみる。

これが僕の自転車、アレックス・モールトンAPB。アレックス・モールトンには通称お城製といわれるやたら高いモデルと、パーシュレイというイギリスのメーカーが作ったものと、日本のブリヂストンがつくったものがあるが、これはお安いパーシュレイ製。それでも買った時は30万円した。
APB
今回交換した部品で、外から見た目で分かるのは二つだけ。一つはタイヤ。タイオガのパワーブロック。最初に勧められたのが1本で5000円以上するやつだったので、もう少し安いのないかと言ったらコレがでてきた。こちらは1本1800円。落差が激しすぎる。
tiogapowerblock
もう一つはサドル。サドルというものは値段が高ければいいというわけではなく、自分のケツに合わなくてはならない。何度か変えたのだが、どれも僕のケツに合わなかったため、最初についていたAVOCET O2をずっと使っていた。中からアンコがはみ出しているほどボロボロになっていたので今回交換したのだが、ボロボロになったAVOCET O2の写真を撮っておかなかったのが悔やまれる。なお、まだ長距離を乗っていないので、僕のケツに合っているかどうかは不明。
サドル
モールトンといえばトラス構造。トラスフェチのあなたのために、一番ごちゃごちゃした角度から撮ってみた。
トラス
この自転車の設計者であるアレックス・モールトン博士は、自動車のミニのサスペンションの設計者でもある。モールトン博士はミニの大きさにサスペンションを収めるため、なんとゴムの塊でサスペンション(ラバーコーンサスペンションという)を作った。この自転車のリアサスペンションもラバーコーンになっている。ミニのサスペンションは潰れると聞いていたので交換を覚悟したが、こっちは問題なし。逆にフロントサスペンションのバネが交換になった。
ラバーコーン
さて、実は自転車よりも問題なのが靴である。なんと19年前に買って一度も買い替えていない。以前は、お遍路だの通勤だの、かなり過酷に使っていたので、ボロボロにもほどがある。よく今まで履いていたものだ。
古い靴
靴なんか何でもいいじゃないかと思われるかもしれないが、これは靴とペダルを一体化させるビンディングペダルである。それ用の金具(クリート)が付けられる靴でないとダメなのだ。
クリート
毒を喰らわば皿までというわけで、靴も新調した。本当はマジックテープで留めるやつにしたかったのだが、ちょうどいいサイズがなかった。まあ、これはこれで普通の靴っぽくっていい。
新しい靴
古い靴から比べると、ずいぶん軽くなった。自転車用の靴というのは、ソールが固くできていて歩きにくいものだが、街乗り用なので思ったより柔らかく歩きやすい。

というわけで、靴代も含めると、全部で10万円近くになってしまった。これは乗らなきゃ損だな。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

最近少し暖かくなってきたので、インラインスケートを再開した。そういえばいつから初めたんだっけ?と思って調べてみたら、3月16日の記事が最初だった。ちょうど一周年である。

インラインスケートを試してみた(たぶんその1):2018年03月16日

一年間、近所の公園や多摩川のサイクリングロードなどで滑ったが、なかなかいい運動になった。ダイエットにも効果的で、ピーク時では5キロ痩せた。自転車よりもダイエット効果があるようだ。

スケートというと、コケるのではないかと言われる。ハデにコケたのは記憶にある限り数回しかない。それも、身の程を知らず調子に乗ったときだけである。プロテクターをしているとはいえ、僕のようなデカブツがコケると、なかなかダメージが大きい。コケてもケガをすることはあまりないが、大人になってコケると、内蔵にビーンと響くというのを知った。子供がすぐうまくなる理由が分かった。

道具の手入れもたいした面倒はないのだが、一つだけ必ずやらなければならないことがある。ウィール(車輪)のローテーションである。

何度も滑っていると、だんだんウィールが減ってくる。両足に8つウィールが付いているのだが、均一には減らず、基本的にかかと側・内側から減ってくる。利き足があるので、左右でも減り方が違う。

そこで自動車のホイールローテーションのように、ウィールの順番を入れ替えたり、裏表ひっくり返したりしなければならない。六角レンチ一本で簡単にできるのだが、意外と頻繁にやらなければならないので、ちょっと面倒くさい。

いよいよ減ってくると、ウィールの交換をしなければならないのだが、測ってみたら2mmくらいしか減っていない。聞くところによると1cmぐらいまでは大丈夫らしいので、交換はまだまだ先だろう。注油もまだ必要性を感じない。

インラインスケートは、スキーやアイススケートの経験があれば、数回やれば滑れるようになるだろう。全然経験がなくても、スキーやアイススケートよりも簡単だと思う。ジョギングなどと違い膝の衝撃も少ないので、滑る場所さえあれば、オッサンにはちょうどいい運動だと思う。

夜の公園というのもなかなか面白いものだった。

今ごろが一番人が少ないらしい。これが4月・5月になると、急に発心してジョギングだのウォーキングだの、スポーツを始める人が増えてくる。さらに暖かくなると、カップルやら酔っぱらいが増えてくる。ラジコンやっている人だの、キャンプしている人だの、酒飲んでる主婦グループだの、いろいろな人がいた。

夏になって、蒸し暑くなるとまた人が減る。特に去年は暑かったので、犬の散歩とスモンビ(スマートフォンゾンビ)ぐらいしかいなかった。犬(特に小型犬)は追いかけてくる奴がいるし、スモンビはこっちへ向かってくる(恐怖!夜の公園を徘徊するスモンビ:2018年05月16日参照)ので、なかなかの強敵である。

秋はスポーツには一番よさげな季節だが、夏に挫折したのか、4月ごろ発心した人の多くは帰ってこなかった。逆に、いかにもスポーツやってますという感じのガチ勢や老人が多い。気候的には最高なのだが、落ち葉が多くなるので滑りにくい。落ち葉がウィールに引っかかったり、カーブでは落ち葉に乗ってコケそうになったりするのである。

冬は・・・さすがに僕もあまり行かなかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
今年は、こんな感じで走っていければいいなあと思っています。
亥
なお、ボツにしたイノシシは、年賀状の素材あげます:2018年12月26日にあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

山手線の品川駅と田町駅の中間にできる新駅が「高輪ゲートウェイ駅」という駅名に決定し、これがまた大不評である。正直、僕も聞いた時、「ダセぇ名前だな」と思った。

それにしても、なぜ「ゲートウェイ」なのか。JR東日本のアナウンスによると、
古来より街道が通じ江戸の玄関口として賑わいをみせた地であり、明治時代には地域をつなぐ鉄道が開通した由緒あるエリアという歴史的背景を持っている。
ということらしい。

東京(江戸)は城郭都市ではないので、城壁が存在しない。城壁がないから門らしい門もなく、「江戸の玄関口」と言われてもイマイチピンとこない。しかし、江戸時代、高輪大木戸というゲートがここに存在し、今もその遺構が残っている。これが「ゲートウェイ」のゲートというわけだ。というわけで行ってみた。

こちらが品川方面から見た高輪大木戸跡。かつては東海道を挟んで両側にこの土手のようなものがあり、その間に木戸があったらしい。「高輪ゲートウェイ駅」のおかげか、写真を取る人がけっこう来ていた。
高輪大木戸(品川方面から見た全景)
もう少し寄ってみる。
高輪大木戸(品川方面から)
横から見たところ。
高輪大木戸(横)
田町方面から見たところ。
高輪大木戸(田町方面から)
歌川広重(安藤広重)の錦絵にも描かれている。
広重高輪大木戸
上の絵はずいぶん石垣が小さく描かれているが、実際の大きさは次の絵の方が近い。こちらも広重による。
広重高輪大木戸2
広重の絵には、肝心の木戸が描かれていない。現地にあった解説によると、江戸時代後期にはすでに廃止されていたとのことなので、広重の時代には木戸が無かったのだろう。

ここは、現在オフィスビルが立ち並んでいる殺風景な場所だが、江戸時代の絵を見ると、商店だか宿屋だかが軒を連ねていて、なかなか賑わっていたようだ。新駅による再開発で、江戸時代の賑わいを取り戻そうという目論見らしい。

だったら「高輪大木戸駅」でよさそうなものだが、それではイマイチ目立たないので、「高輪ゲートウェイ」にしたということだろう。Change.orgの反対署名(「高輪ゲートウェイ」という駅名を撤回してください:Change.org参照)が四万人を超えているので、目立つことには成功したと言えるだろう。

悪目立ちだけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

現在誰もいない祖母の家に、カポックの木がある。すさまじい生命力で、小さな鉢植えで、全く手入れしていない(水すらあげていない)のに、びゅんびゅん伸びる。特に夏場はあっという間に伸びてしまう。

2014年の段階では、このぐらいの大きさだったのだが・・・(Googleストリートビューによる)。
2014年6月のカポツク
現在ではこんなになっている。これでも今年の春までは定期的に刈っていたのだが・・・。これが小さな一個の鉢から出ているなんて驚異的だ。二・三年放って置いたら、家が飲まれるんじゃないだろうか。
現在のカポック
こんなになる前になんとかしたかったのだが、今年は10月いっぱいまで家を人に貸していたので、刈ることができなかった。今日なんとか刈ることができた。
刈り込んだカポック
柔らかい木なので、強力なハサミとノコギリでさくさく切れて気持ちいい。ごらんの通り、だいぶさっぱりした。

ちなみに植木鉢はこんな感じ。もう何が何やら。
植木鉢
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

昨日は勤務校の開校記念日で休日だった。他の人にとっては平日、そして天気もいい。となれば、多摩川でインラインスケート。そう、まだやってたんですよ。

丸子橋を過ぎたあたりから大師橋(羽田)に向かい、Uターンして矢口渡まで戻る(ローカルですみません)のがお決まりのコース。だいたい15キロぐらいである。休憩を含めて一時間半ぐらいかかる。

平日の午後なので、それほど人は多くない。いるのはお年寄りと子供と犬の散歩が少々。いずれもトリッキーな動きをするので要注意だが、たまに出てくるだけなのでそれほど気にならない。

多摩川サイクリングロードの前半は、舗装が悪い場所が多くて滑りにくい。下流に向かうにつれて次第に道が滑らかになり、スピードも乗ってくる。大師橋が近くなると、道幅が広くなり、景色も開けてきて、とても気分がよろしい。もうススキが実っていた。
すすき
さて、六郷水門のあたりを気持ちよく滑っていると、後ろから大きな歌声が聞こえてきた。
ようこそ〜ここへ〜遊ぼう〜よパラダ〜イス〜


光GENJIのパラダイス銀河。

やたら大きな声で歌っているので、わざと僕に聞こえるように歌っているようだ。どんなク○ガキが歌っているのか、ちょっと見たかったが、こちらとらしゃかりきコロンブスなので、歌い手ははるか後方になってしまい、見ることができなかった。

しばらくして、「クソ○キじゃないんじゃないか」と気がついた。

そもそも、今のクソガ○は光GENJIなんか知らないだろう。よし知っていたとしても、光GENJIとローラースケートは結びつかないんじゃないだろうか。ということは僕と同世代か、少し下のク○オヤジか。そのまま育っちゃったんだな、きっと。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

今行っている学校のすぐ近くにフィールドアスレチックがある。10年前から知っていたが、さすがにオッサン一人で有料のフィールドアスレチックに行く勇気はなかったので、今まで一度も行ったことがなかった。

平和の森公園フィールドアスレチック:大田区

こういうときは子供をダシにするのが一番だが、惜しむらくは僕には子供がいない。しかし、親戚のショータくんがどこかへ連れて行けというので、これいい幸いに(休み中に学校の近くに行くのはちょっと抵抗があるが)行ってきた。

料金は高校生以上360円、小中学生100円。自動販売機でチケットを買うと、入り口のオッサンにチケットを渡して入場する。入り口付近に、更衣室とロッカーがある。ロッカーは無料だが、下駄箱かと思うほど小さく、ちょっと荷物が大きいと入らない。

アスレチックそのものはけっこう充実している。全部で40あり、それぞれが大田区の歴史にひっかけてある。

例えば、去年紹介した奇祭水止舞(奇祭!水止舞に行ってきた(その1):2017年07月14日奇祭!水止舞に行ってきた(その2):2017年07月15日参照)もある。荒縄で簀巻にされて水をぶっかけるのかと思ったら、丸太を叩くだけの地味なものだった。
アスレチック(水止舞の説明)
アスレチック(水止舞)
ちなみに上の写真でショータくんが頭に巻いているのは、水止舞の会場になる厳正寺の手ぬぐいである。

どうやら、簀巻を模しているのではなく、
ブシャー
舞いの方を模しているらしい。
水止舞
大田区といえば多摩川と東京湾だから水ものも多い。更衣室があったのは、ここで濡れる可能性があるからだ。
水もの
多摩川線の駅名で(地域住民には)おなじみ矢口の渡し。
アスレチック(矢口の渡し)
羽田の渡しはタライに入ってパドルで漕ぐ。
アスレチック(羽田の渡しの説明)
僕はカヤッカーだから(もう何年も舟出してないけど)これは得意なはずだと思ったが、水深が浅いのと、なにしろタライなので、全く思うように進まない。それにしても、「水遊び禁止します」と書いてあるが、これは水遊びではないのか。
アスレチック(羽田の渡し)
他にも、登るやつやら、
登るやつ
くぐるやつやら、
くぐるやつ
まあ、いろいろあって、結構楽しめた・・・のだが、この日(8月10日)はドピーカンでやたらと暑い。ショータくんが、「プール行こうよ」と言い出したので、近くの平和島公園プールへ行った。

こちらも入場料は中学生以下100円、高校生以上360円で、フィールドアスレチックと同じ。そして、ロッカーの小ささも同じ。荷物が入らん。

どちらの施設も十分満足できるのだけど、ロッカーだけなんとかなりませんかね、大田区長。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ