カテゴリ: 今月の総括

ブログ書けない病はまだつづいている。だが、今年の最後ぐらいは書かないとどうにもしまらない。

というわけで今年の総括だが、ここはコロナについて書かないわけにはいかないだろう。正直、こんなことになるとは昨年の今ごろは想像もしなかった。本当に予想もつかないことばかり起こった一年だったが、とくに予想外だったのは次の四つ。

1.こんなウィルスがここまで社会を混乱に陥れるとは思わなかった。
社会を混乱に陥れる感染症といえば、ペストとかエボラクラスの、感染力が強いだけでなく感染しただけで死を覚悟しなきゃいけないクラスのウィルスだと思っていた。コロナは無症状の人も多く、そこまでではない。

しかし、感染しただけで死を覚悟するほどではないから怖いのだ。ただの風邪だとか自分はかからないと思ってしまう人もいるし、そういう人が一定数いるから蔓延してしまう。本当に怖いのは適度に弱い感染症だということを知った。

2.ここまで社会が変われないとは思わなかった。
今年の前半は時差通勤だのリモートワークだの遠隔授業だのが盛んになった。なんだかんだいって、これを期に日本の働き方や学び方が変っていくだろうと思っていた。

しかしコロナが一時沈静化した夏を挟んで、またもとに戻っていく方向にあるように思える。少なくとも、僕のまわりではそうだ。コロナ自体は春より深刻になっている。冬に第三波がくることはだれでも予想できたことで、対策する時間はたくさんなのにもかかわらず、私たちは変われなかった。

3.ここまで株式相場が上がるとは思わなかった。
コロナが世界的に蔓延しはじめたころ、世界の株式相場は一気に冷えこんだ。そのころ僕はコロナについては楽観的だったので、これは一時のことだろうとは思った。ところが、下落は一時どころかほんの一瞬で、そのあとは実体経済を無視して上がりどおしである。それに反してコロナの方は僕の予想に反してどんどん深刻になっていった。
株価が上がった理由はいくつか考えられるのだが、まさかこんなちぐはぐになるとは思わなかった。

4.ここまで日本の政治がダメだとは思わなかった。
今日の東京都の感染者数は1300人である。春先に100人超えたとかいって大騒ぎしていたのがウソのようだ。

いまだに菅首相は緊急事態宣言に後ろ向きの姿勢を見せている。僕は緊急事態宣言を出せと言っているのではない。実際に出すかどうかは別の問題として、出さないことが見えてしまっているのがダメである。

たとえば、11月ごろから「緊急事態宣言も視野に入れている」ぐらいのことを言っておけば、国民に緊張感が生じ、政府の呼び掛けもある程度有効になる。それを言わない上に、政治家が楽しく忘年会では、国民がまともに呼び掛けを聞くわけがない。結果が今の感染者数である。

簡単にいえば、今の政府は国民にナメられているのだ。株価が堅調であるにもかかわらず、菅政権の支持率が下がっているのはそういう意味である。

さて、今年は個人的にもいろいろなことがあって、なんだかやたらと長かったような気もするし、あっという間に過ぎてしまった気もする。今年も残すところあと一時間ちょい。喪中のせいもあってなんだか全然実感がわかないけど、よいお年を。
このエントリーをはてなブックマークに追加

10月の総括を書かなかった。それ以来、一月以上記事を書いていない。15年もブログを書いているが、こんなに書かなかったのは初めてだ。

特に忙しかったわけではない。印象に残ることもあったし、書きたいと思うこともあった。実際、途中まで書いた記事もいくつかある。でも、最後まで書けない。どうも、ブログ書けない病になってしまったらしい。

たぶん、あまりに毎日が単調に過ぎていくからだろう。ついこの間コロナ自粛だったと思ったのに、もう今年もあとひと月で終わるというのが信じられない。

というわけで、11月の総括は総括になっていないけど、これで終わり。
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月の総括とかぶってしまうのだが、「あれ明日から10月?」という感じだった。学校行事が全部吹っ飛んでいるので、メリハリがなくなんだか淡々と過ぎていく。規則正しいルーティーンワークの連続なので楽といえば楽だが、単調に続くのもなかなかきついものがある。

四連休まではやたらと暑かったのが、きゅうに涼しくなってきた。おかげでダラダラ汗を流しながら授業をしなくてよくなったのはありがたいことだが、天気の悪い日などは雨風が吹き込んできて窓を開けてはいられなくなる。

暑い時は、冷房を入れて窓を開けるのがイヤだったが、外から温風が入ってくるわけではない。暖房を入れながら寒風が入ってくる方がどう考えてもきつい。とくに窓側の生徒に耐えろというのはムチャである。今はまだいいが、本格的な冬になったらどうなるのか、とても心配だ。

これまで、三密のうち、密集・密接ばかり取り沙汰されてきたが、これからは密閉が問題になる。密閉を避けるのは密集・密接を避けることよりも、よほど難しいことになるだろう。

菅内閣?とりあえず今のところどうでもいいや。
このエントリーをはてなブックマークに追加

明日から9月になるのだが、学校は一週間前に始まっているので、「あれ?明日から9月?」という感じがする。長年この仕事をしていると、学校が始まると自動的に9月になった気がしてしまうのだ。それにしては暑すぎるのだけれど。

コロナは感染者数的にはちょっと落ち着いているようだ。しかし、何か特別な対策をしたわけではないから、たぶん季節要因だろう。暑さが直接関係あるのか、暑さで人の移動が少なくなったことが関係あるのか、その両方かもしれないが、これから涼しくなるにしたがってどうなるか、注視していきたい。

さて、今月の一番大きなニュースは何と言っても安倍首相の辞任である。

首相が辞任を正式に発表するちょっと前、「なんだか今回はちょっと違うな」と思わせることが多かった。マスコミが安倍首相の病状についてやたらと報道するようになったのである。何日に検査に行ったとか、何時間かかったとか、はては歩き方が遅くなったとか、ちょっと頭が悪いんじゃないかと思う報道が増えた。

7年8ヶ月もやっていて持病があるのだから、今までだってそんなことはあったはず。もし、なかったとしても、なにしろ最高権力者の健康は国家機密らしいから、お忍びで病院にいくこともそれほど難しいことではないだろう。それが救急でもないのに病院の前に報道陣がたむろしていた。どう考えてもおかしい。

たぶん、株式市場がどう反応するか、観測気球を上げていたのだろう。この時はほとんど反応しなかった。さすがに辞任を表明したときは大きく下げたが、次の日には戻っている。それ以後も安定しているから、観測気球のとおり、首相の辞任表明は株価に影響を与えなかったのである。

アベノミクスの主役が辞任し、次の総理大臣は決まっていない。普通なら株価はもっと不安定になるはずである。ようするに市場は、次の総理大臣は誰でもいいと考えているということだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

今月はブログ強化月間だったが、どうも一日書かない日があるとイイカゲンになってしまうもので、最後はグダグダになってしまった。みんなコロナが悪いのさ。

例年と違い、今年は来週いっぱいまで授業がある。3月〜5月まで毎日が日曜日状態だったから仕方がないが、例年通り進まないというのは、夏休みが短いということ以上にきつい。幸い、まだ梅雨が明けておらず、それほど暑くない(といっても暑いけど)のが不幸中の幸いである。また、観測史上初めての台風の発生しない7月だそうだ。

以前から僕は日本の行政を信用していないが、今月はそれを確信する月になった。いうまでもなく、コロナである。

今日、東京都の感染者数はついに463人にのぼった。全国でも増える傾向にある。だが、国も都も何もしない。それどころか、Gotoなんちゃらとかいう愚にもつかないキャンペーンは始まっている。4月(だっけ?)に申請した特別給付金は今頃入った。こんなに遅れて何の意味があるか。もうめちゃくちゃである。

PCR検査は増えたようだが、諸外国と比べると比較にならないほど少ない。ニューヨークはいつでも誰でもどこでも受けられるそうだ。中国の大連では全市民検査だという。世界に冠たる大都市の東京は何をやっているのか。

この期に及んで「PCR検査は意味がない」とかいう人がいるが、そんなあんたの意見なんかどうでもいい。少なくとも国も東京都も「PCR検査は意味がないからやらない」とは言っていない。むしろ、増やすと言っている。なのに増えないのは、単に無能だからである。

あの奇怪なアベノマスクも、給付金の遅れも、タイミングのおかしなGotoキャンペーンも、増えないPCR検査も、すべては無能のなすわざである。そう解釈する以外にどう解釈できるだろう。

大事なことは、日本の行政は無能であると理解することだと思う。無能な行政と僕たちはどう対峙するか。今後コロナ禍がどうなるかはわからないが、少なくともこれを契機に世界が大きく変わることだけは間違いない。そんな中でまともな対応ができるわけがない。僕たちは、それぞれ個々に対策を考えるほかないだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

なんと、今月はこの記事以外、何も書いていない。僕の場合、忙しいときほど書けるものだが、今月はちょっと忙しすぎた。

なにしろ、ついこの間まで、3ヶ月もの引きニート状態だったのが、5月の終わりから急に忙しくなったのである。5月の終わりに祖母が亡くなり、6月の始めに義母が亡くなった。そして何と言っても6月から授業が始まった。

まず、マスクをして授業するのが、こんなにきついとは思わなかった。花粉症なので、マスクをして授業したことは何度もあるが、この暑い季節にマスクで喋るのはきつい。エアコンは入っているが、窓を開けなければならない。授業をしていてガリガリと体力が奪われていくのが分かる。

授業が終わった後、生徒が座っていた席やら何やらを消毒するのだが、これがまた面倒くさい。書道だから終わった後机を拭くぐらいのことは以前からしていたのだが、気の使いようが全然違う。

時間割も変則的で、クラスを二分割していた。例えば、実用書道という授業は週に4時間あって、もともと4回同じ授業をするのだが、二分割だから8回同じ話をすることになる。やる前は同じ話をするんだから楽でいいやだと思っていたが、やってみると全く同じ授業を8回するのは、思った以上にきつい。なんだか、泥沼の中を必死に歩いている感じがする。

授業は通常よりも短く、始業時間も遅いのだが、疲労はいつにもまして大きく、家に帰ってちょっと横になると、なかなか起き上がれなくなる始末。29日(月曜)から、9時始業の45分授業とかなり平常時に近くなったのだが、今度は教室が密・密・密。

そして何より、この先どうなるか皆目分からないのがつらい。ここのところ東京都の感染者数は50〜60人とだんだん増えてきた。ところが、都は平常に戻す一方で、何らかの対策をする気配が見えない。もう不安しかない。

さて、明日から7月である。恒例のブログ強化月間といきたいところだが、夏休みは8月にずれ込んでしまったし、とても書ける自信がない。実は、今年は書きたいことが沢山ある。毎日更新はできないかもしれないが、できるかぎり更新したいと思っている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

明日から学校が始まる。といっても、1日にいきなり授業があるわけではないが、3月から続いた長い春休みはこれで終わる。

始まるといっても、正常ではない。いわゆる三密を避けるため、時間割が大きく変わる。時間割だけでなく、クラスもいくつかに分割される。一応、予定はもらっているが、見てもよく分からん。オマケにこれでこのまま行けるとも限らない。そう思うのは、東京都の感染者数がここのところ増え始めたからである。

PCR検査の数が少ないから、一日単位で見ると上がったり下がったりでトレンドの把握が難しい。数日間まとめてみればトレンドを把握できるのではないかと思い、新型コロナウイルス感染症対策サイトの発表を用いて、1月24日を起点に5日足のローソクチャートを作ってみた。白いのが陽線(人数が増えた)で黒が陰線(人数が減った)である。

最後の陰線が5/28から今日で、最後だけ4日足である。なお、今日は5人だったので陰線になっている。
東京都の感染者数5日足

このチャートで底を打っているように見える陰線のあたりが、感染者数が10人以下になったころ(18日〜22日)である。このころ、僕はこのまま一桁台が続いて5月の終わりには0が出てくるだろうと予想していた。ところが、最近10を越す日が増えてきて、チャート的には反発したように見える。

もちろん、この先反発するのか、減少するのかは分からない。しかし、チャートが反発していること以上に僕が心配しているのは、ここまでで一日たりとも0になっていないことである。

PCR検査数が少ない以上、正確な感染者数は分からない。実際の感染者は何倍とかいうが、0人ならいくらかけても0人である。それに0は誤魔化しようがない。インチキして0にしても、「あれ、うちの病院から出たはずなのに」とすぐバレる。

0と1はこれほどまでに違う。これはゼロリスクとかそういう問題ではない。PCR検査数が少ない以上、一度も0を打っていないのに学校を始めてしまうことには一抹の不安を感じる。

今月、もう一つ個人的に大きな出来事があったのだが、それはまた後日。
このエントリーをはてなブックマークに追加

例年なら、年度の始まりで忙しいはずだけど、ご存知の通り学校は始まっていない。毎日が日曜日状態だから、気がついたら月末になっていた。連休明けに始まる予定だが、どうも六月一杯ムリそうな感じである。

原油がマイナスになった(原油はマイナス、やたナビは4000ページ参照)のにも驚いたが、今月一番驚いたのは我が国政府のポンコツぶりである。正直ここまでとは思わなかった。給付金・アベノマスク・緊急事態宣言、そして全然伸びないPCR検査の件数、どれをとってもバタバタしていてうまくいっていない。

これらに政治的な意図をみるのは間違っていると思う。それにしてはバタバタしすぎているからだ。たぶん無能なだけだろう。

アベノマスク一つとっても、たぶん誰かが安倍首相に知恵をつけ、首相がGOサインを出したのだろう。時代遅れのガーゼマスクを送られても、なんの安心感にも繋がらないし、ましてや(一部の人はそう思っているようだが)マスク価格の下落には繋がらないのは分かりきったことだ。

アベノマスクなんて税金の無駄遣い以外のなにものでもないが、それすらもちゃんと出来ていない。なにしろ、せっかくクサしてやろうと手ぐすね引いて待っているのに、僕の家にはまだ着いていないのである。

こんなものにGOサインを出した安倍首相が無能なのは言うまでもないが、このアイディアを出した人間はそれ以上に無能だ。そしてその人間はおそらく優秀なハズの日本の官僚である。安倍首相はいずれ首相の座を降りるだろうが、官僚をクビにはできない。だれが首相をやっても政府はポンコツのままということになる。

緊急事態宣言は来月まで延長される見込みである。来月後半からだんだん経済的な問題が目立ってくるはずだ。たぶん、今まで以上にポンコツぶりを発揮してくれることだろう。僕達はそれを覚悟しなければならない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウィルスのせいで、3月入るやいなや学校が終わってしまい、外出することもできないから(ほぼ)毎日ヒマである。おかげで、古今著聞集の電子テキスト作成やら、昔撮った写真のデジタル化やら、部屋の掃除やらいろいろ捗っている。このブログもいつにもまして記事が多い。

しかし、読み返してみると、パソコンを掃除しただの、壊れただの、修理しただの、スピーカーを買い替えただの、3月の終わりに雪が降っただの、一番大事な新型コロナウィルスのことが一つもない。テレビではコロナ一色だから触れたくなかったのだ。

今年の3月は、びっくりしたことの連続だった。学校の方は、新型コロナウィルス対策で始業時間を遅らせるという話が出た次の日に、例の安倍首相の休校要請がでて休みになった。世界中の株価はリーマンショック以上のスピードで下落していって、コロナとは無関係に原油価格(現在1バレル21.16ドル)まで暴落した。そして、オリンピックが一年延期になった。

2月までは対岸の火事みたいだったアメリカ・ヨーロッパも日増しに感染者・死亡者が増え、とくにイタリアでは、中国を追い越してしまった。今は世界中で絶賛ロックダウン中である。その間、チャールズ皇太子・ボリス・ジョンソン英首相・プロ野球選手など有名人の感染が伝えられ、そして昨日ついに、志村けん氏がコロナウィルスによる肺炎で亡くなった。

記憶にある限りざっと書いてみたが、それにしても、予想だにしなかったことが起こる。逆に予想通りだったのが、本邦の政治家のポンコツぶりである。

会見したとおもったら内容がナイヨーで、まともに記者の質問に答えない安倍首相。経済対策と称して和牛券だのお魚券だの、ここぞとばかりに利益誘導するピンボケ議員。夜、30分も遅れて緊急会見を開いたと思ったら、やっぱり内容がナイヨーの小池都知事。

それにもまして、政府の言うことが信用できないのが問題である。森友・加計・桜を見る会、それぞれで、今の政府の隠蔽体質が暴露されてしまった。コロナでも何か隠しているんじゃないかと思うのは当然である。

内容がナイヨーな上に、信用できない。これほど不安なことはない。人間にとって、良いことでも悪いことでも、見通しが立たないことが一番怖いのである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

先月の総括でも書いたが、今月も新型コロナウィルス(以下、COVID-19)のことを書かざるをえない。

COVID-19については、思うところがいろいろあったので、何度も書こうとして途中でやめてしまった。僕みたいなのが書くには、どうにも荷が重すぎる。ただ先月の総括で書いたように「所詮は風邪の一種」という見方は変えていない。誰もかかったことがない風邪で免疫がないから、一気に流行ると大変なことになる。だから、できるだけかからないようにしようということだ。

そんな中、昨日のことである。安倍首相の休校要請をうけて、3月以降休校になることになった。僕の場合、もともと3月は授業がほとんどない上に、担当が書道だから学年末考査ももともとない。そんなわけで、個人的にはあまり影響がないのだが、学年末考査のある人や、3年生を持っていた人なんかは大変な騒ぎである。高校でこれじゃ、小学校なんか大変な混乱だろう。

これのせいで、定時制も3月28日が最後の授業になった。すでに募集停止しているので、この学校は今年度で終わりである。もちろん、また定時制を担当する可能性がないではないが、もしかしたらこれが僕にとって最後の給食になるかもしれないので、記念に写真を撮ってきた。

メインディッシュは豆腐ハンバーグである。そこそこうまかったが、いつになくショボい。最後(かもしれない)だけあって、なかなか哀愁の漂う写真になった。

たぶん最後の給食

それにしても、またぞろトイレットペーパーの買い占めが起きているのには驚いた。これだけウォシュレットが普及していて、震災の時とは違い、交通機関もガソリンも電気も何の問題もないのに、なぜトイレットペーパーなのか。もちろん、オイルショックの記憶からだとは分かっているが、ちょっと頭が悪いにもほどがある。

これは震災のときにも書いたが、こういう時の心理は、「何かしなきゃいけないけど、何をしたらいいか分からない」というのが根底にある。今回は相手が疫病なのだから、何もしないほうがいいのである。せいぜい、しっかりメシを食って、なるべく外出はひかえて家でおとなしくすること。

ヒマだったら、「なんか役に立たなきゃ」なんてつまらないことは考えず、やたナビTEXTの古典文学でも読んでいればいい。全部読み終わるまでには、COVID-19騒ぎも終わっているだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ