カテゴリ: 賢い消費者2

投資の話(その3)の続き。

前回、株式投資をするなら米国株を中心にして長期的に投資すべきだという話を書いた。長期投資の場合、銘柄選びが重要である。では、どんな銘柄を選べばよいのだろうか。

初心者は難しいことを考える必要はない。長期投資をするのだから、長期的に株価が上がっている銘柄を買えばいいのである。それには20年以上の長期チャートを見て、右肩上がりの株を買えばいい。

一番わかり易いのがETFである。ETFは投資信託の一種で、個別の株と同じように株式市場で買える。その株価(?)は何らかの指数(株式指数や金価格など)に連動している。一番メジャーなETFである、SP500指数(米国株の指数)に連動しているETF($SPY)の、2000年から現在までのチャートを見てみよう。
SPY
一番左のボコっと下がっているのがITバブル崩壊で、次がリーマンショックである。そういう下落局面が何度かあっても、20年間を均してみると右肩上がりになっているのが分かる。こういうチャートを描いていれば、万一何らかの理由で暴落しても、長期で持っていればちゃんと利益が出る。

個別株でも、同様に右肩上がりのチャートになっていれば安心だ。例えば、みんな大好きアップル($AAPL)。
apple
イヤイヤ仕事で使っているマイクロソフト($MSFT)。
MSFT
アリエールでしょのP&G($PG)。
P&G
最後のP&Gはアップルやマイクロソフトと比べると上がった量は少ないが、それでも確実に右肩上がりになっているのが分かる。米国株でこういう銘柄を見つけるのは非常にたやすい。

それでも米国株は怖いというあなたのために、日本を代表する時価総額1位のトヨタ自動車のチャートを見てほしい。
toyota
右肩上がりと言えなくもないが、先ほど挙げた米国株と比べて上がり下がりが激しい。残念ながら我慢して長期で持っていれば大丈夫とは言いにくい。

もちろん、日本株にも右肩上がりの株はある。例えば、現在トヨタに次いで時価総額二位のキーエンス。
Keyence
チャート的には、これならよさそうだ。

ところが、東京株式市場には単元株というものがあって、キーエンス株の場合100株単位でしか買えない。キーエンス株は現在57,530円なので最低5,753,000円必要になる。二単元買ったら11,506,000円、買えるかそんなもん。

それが米国株なら1株から買える。アップルなら$150(¥16,548)、マイクロソフトなら$288(¥31,772)、P&Gなら$140(¥15,445)あれば買える。1株でも100株でも123株でも買える。つまり、自分の資金に合わせて買うことができるのである。

米国株はドル建てなので、日本円に直すと為替による変動があるのが欠点だが、それを上回る利点がたくさんある。そんなわけで、株式投資を始めるなら米国株から始めることをオススメする。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投資の話(その2)の続き。

株式投資で堅実な投資をするにはどうしたらいいか。

1.長期的に投資をする。
長期投資とは株式を1年以上持ち続けることである。僕の場合、10年以上持っている株もある。

株価は短期的にはつまらない理由で上がったり下がったりする。しかし、長期的にみると企業の業績を反映したものになる。コロナウィルスの感染者数が一日単位でみると休日などの影響で増減するが、一週間単位で見ると正確な数字になるのと同じである。

短期的な売買では、情報量の多い人や時間を取れる人に軍配が上がる。簡単に言えばプロが有利ということになる。素人はプロと同じ土俵に立ってはいけない。

長期投資を成功させるコツは、銘柄選びを慎重にすることである。長期のチャート(10年以上)を見て、右肩上がりに株価があがっている企業に投資すれば、失敗することはまずない。

2.信用取引はしない。
信用取引とは、簡単に言えば金を借りて(もしくは株を借りて)投資をすることである。借りたものは返さなければならないので、投資に期限ができてしまう。素人の投資は期限がないのが武器なのだから、わざわざ期限を作る必要はない。

3.株を売らない
「売らない」はちょっと言いすぎかもしれないが、基本は売らない。
証券会社は「下がる前に利益確定しろ」だの「損切りしろ」だの言うが、あれは手数料で儲けたいからである。利益確定にしろ損切りにしろ、現金に変えたとて、次にうまく上がる株が買えるわけではない。長期的に上がる株なら下手に乗り換えるより握りっぱなしの方が効率がいい。

僕の場合、株を売るトリガーとなるのは、

1.お金が必要になったとき。
2.他にほしい銘柄があって現金がないとき。
3.状況が変わりそうなとき(コロナとか)
4.企業犯罪(粉飾とか)。
5.税金対策。
6.何らかの理由で異常に急騰したとき。

である。単に株価が上がっても、業績が良くて高値更新しているときには特別な理由がないかぎり売らない。

4.米国株を中心にする。
ここでいう米国株というのは、ニューヨーク証券取引所やNASDAQに上場している株という意味で、必ずしもアメリカ企業の株という意味ではない。上場している企業は、米国企業が多いがヨーロッパ企業も中国企業もある。ETF(上場投資信託)も東証の比較にならないほど多いし、取引量も比較にならない。

僕が米国株を勧める理由は、投資環境が整っていることと情報量が多いことである。日本から投資する上では、かつてはどちらも日本株には見劣りしたが、現在は違う。米国株を取り扱う証券会社は多いし、手数料もかなり安くなった。情報は英語の情報も含めれば、日本株よりもはるかに多い。

そもそも米国企業に対する親近感が昔とは違う。amazonで買ったナイキやアンダーアーマーの服を着て、iPhoneとWindowsPCをスターバックスで使う。amazonもナイキもアンダーアーマーもappleもMSもスタバも全部NYかNASDAQに上場している(個別銘柄を勧めているわけではない)。なのになぜわざわざ日本企業に投資する必要があるだろうか。

あ、もう一つ思い出した。

5.儲けようと思って投資する。

これが一番大事。どこかの企業を応援しようとか、自分は日本人だから日本企業とかは考えてはいけない。金を儲けたいという我欲が社会を良くするというのが資本主義の基本的な考え方である。それに反した投資をすると失敗する可能性が高くなる。

投資の話(その4)に続く。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投資の話(その1)の続き。

僕はこれまでずっと高校の非常勤講師という収入の安定しない仕事をしてきた。いわゆる非正規雇用である。それでもお金に困っていないのは、30代から初めた株式投資のおかげである。

非正規雇用というのは実入りのいい年もあれば悪い年もある、安定しない職業だ。収入が安定しないのに、リスクの高い株式投資などすべきではないという思われるかもしれない。それは逆だ。安定しないからこそ、リスクの高い投資をすべきである。

よく誤解されているが、投資用語でいうリスクとは損することではない。儲け・損に幅があることをリスクという。だから、非正規雇用もリスクのある仕事である。しかしそれは株価とは連動していない。つまりリスクの種類が違うのである。こういう違ったリスクを同士を組み合わせると、収入は安定する。

逆に言えば、リスクの少ない公務員などは、わざわざ株式投資などする必要はない。最初から安定していて先も分かるのだから、わざわざ損する危険性など追わず、収入に見合った生活をしていればいいのだ。

株式投資というと、どうしてもギャンブルだと思われがちだ。投資は株式だろうとFXだろうと商品だろうと、やり方次第でギャンブルにもなるし堅実な投資にもなる。最初は堅実な投資をしていても、だんだん欲が出てギャンブルになってしまうこともある。たまにはギャンブルで遊ぶのもいいが、基本は堅実な投資を心がけるべきだ。

では、どうすれば堅実な投資ができるか。明日はそれを説明しよう。

投資の話(その3)に続く。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投資というと、なにやら胡散臭いもののように思われるが、人は生きているかぎり必ず何かに投資している。

たとえば、義務教育を終えて高校に進学しさらに大学に進学する。高い学費を払ってまで進学するのは、中卒よりはその後の収入が多く見込めるからである。英会話教室に通うのも、健康維持のためジムに行くのも、家を買うのもすべて投資である。端的に言えば、投資とは何らかのリターンを目論んでお金を使うことである。

僕は最近まで、株式投資やFXのような他人や物に投資するのは、僕みたいに先の見えてきた人のやることで、若い人は自分に投資すべきだと思っていた。若い人は貯金は少ないが、未来は長い。種銭は少なくても、取り返す時間はたくさんある。自分に投資するのはもっとも合理的な考え方である。

しかし最近は若い人も自分への投資だけではなく、株式投資のような他人や物への投資も同時にした方がいいと考えるようになった。

自分への投資も、投資である以上確実にリターンがあるわけではない。苦労して英語がペラペラになったからといって、今どきはそんな人はいくらでもいる。しかも日本では実力よりもコネが重視されるから、普通のスキルで確実にリターンを得られるとはかぎらない。

もし思ったようなリターンがなかったら大変だ。年金などの社会保障はショボくなる一方である。ちょっと前、金融庁が老後2000万円問題というのを発表して物議をかもしたが、あれは「もう皆さんには満足できる老後の保障ができません」と言っているのだ。

それに対し「ふざけんな!年金出しやがれ」というのも大事だが、その一方で自衛手段を考えなければならない。

そこで投資である。今はiDeCoやつみたてNISA、NISAなど税制面で優遇された制度がある。こういう制度ができたのも、国が「国ではどうにもできません。自分で何とかしてくださいよ」と考えている証左だが、ともあれ若い人はそういう制度を駆使して、早いうちから投資の勉強を始めた方がよい。

投資の勉強をすると、お金の使い方が合理的になる。合理的になるというのはケチになるということではない。効率よくお金を使えるようになるということだ。自分への投資もより効率的になる。そういう意味でも、投資の勉強は早ければ早いほどよい。

投資の話(その2)に続く。
このエントリーをはてなブックマークに追加

シルバーウィークである。コロナのせいで学校行事がすべて吹っ飛んでしまったため、これまで土日以外の休みはほとんどなかった。長年この仕事をしているが、こんなに連休が楽しみになるのは初めてだ。

といっても、どこかへ出かける予定はない。とりあえず、『古今著聞集』を更新しようと思って、国文学研究資料館のデータベースにアクセスしたら、エラー。なんと、21日までシステム停止だそうだ。(9/20現在、データベースは閲覧できるようだ。)

でも大丈夫!昨日、オモチャがいっぱい来たのだ。

1.Lenovo IdeaPad Slim350i
chromebook
ChromeBookは以前から使っていたけど、サポートが終わって1年経ってしまったので、そろそろ新しいのを買おうと思っていた。amazonで表示価格が33000円になっているが、クーポンで 29471円。最新版なので、サポート切れまでかなり長い。だか、これだけではポチしなかった。オマケがあるのだ。

2.マイクロビット(micro:bit)アドバンスセット
microbit(箱)
IdeaPadのオマケみたいだけど、これが今回のオモチャの本命。
「アドバンスセット」なので、いろいろ付属品が付いているけど、本体はこれ。
microbit(本体)
イギリスのBBCが開発したプログラミング教育用のマイコンボードである。この基盤にマイコンとLEDと各種センサーなどが付いていて、ブラウザ上で作ったプログラムを動かすことができる。この本体だけなら2600円ぐらいなので、以前から買おうとは思っていたのだが、今回amazonでIdeaPadと同時購入すると本来6880円のアドバンスセットが実質無料になる。迷わずポチした。


3.BLACK+DECKER MULTI EVO
BLACK+DECKER
最後のオモチャは義母の香典返しでもらった電動工具。各種ドライバー・ドリルと空気入れのセット。オプションを買えば丸ノコギリやサンダーなんかにもなるらしい。

香典返しだの引き出物だののカタログギフトは、自分では買わないものを選ぶことにしている。電動工具はいままで欲しい場面はあったが、使う場面が少ないのに結構値段が張るしかさばるので買おうとは思わなかった。

四連休(すでに2日終わったけど)、どこにも行く予定がないし、行きたいとも思わないので、これらのオモチャで遊ぶつもり。どんな感じかはそのうち書きます。

【追記】
電動工具の感想書きました。
電動工具(BLACK+DECKERマルチツールエボ)を試してみた:2021年05月07日
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の6月、院生時代に借りた奨学金をすべて返還し、今日返還完了証なるものが届いた。
返還完了証
タイトルに「今度こそ」とあるのは、2014年に返還完了証が送られてきて、これで終わったと思ったらそうじゃなかったということがあったからである。
奨学金返還終了!・・・アレ?:2014年3月4日
僕の場合、博士前期課程と後期課程でそれぞれ奨学金をもらっていた。2014年の返還完了は前期課程ぶんだけなのに、これで全部と勘違いしていたのだ。上の記事には「8年もあるじゃないか」と書いたが、どうやら間違いだったようだ。まあ、あんまり変わらないけど。

返還を始めたのがたしか30歳ぐらいのとき(猶予期間がある)で、今51歳だから約20年間払い続けたことになる。2014年の時は、なんだかやっと返し終えたという感動が(ぬか喜びだったけど)あったが、今回はそれほどの感慨はない。まあ、もう払わなくていいのだから、めでたいことではある。

ここでちょっと借金の話をしておこう。

僕が中国株で少々儲けたとき、母親が「そんなに儲かったのなら、奨学金を前倒しして払ってしまえ」と言った。もちろん、そんなことはしない。全く意味がないからである。

僕の借りた奨学金は無利子である。いくら返還に時間がかかっても、返還する額は増えない。つまり、返す期間が長ければ長いほど得なのである。しかも、万が一僕が死んだ場合、返還はしなくていい決まりになっている。前倒しして返しても、死んだからといって遺族に返してくれるわけではない。前倒ししても喜ぶのは学生支援機構だけで、僕には何の得もない。

最近は有利子の奨学金が多いらしいが、それでも理屈は同じである。有利子といっても普通のローンよりはずっと利率が低いし、死んだらチャラになるのは同じ(ですよね?)。ちょっと小金ができたからといって、安易に前倒しすべきものではない。

借金には良い借金と悪い借金がある。金のないときの借金は悪い借金だが、金があるときの借金は良い借金である。僕の場合、もしあのとき母のいうように前倒しして払っていたら、その後株式投資で得たお金は大きく減っていただろう。

「無利子なのになんで返済を前倒ししなきゃいけないの?」と言ったら、母は「だって借金があるなんで気持ち悪いじゃないの」と言った。家だの車だのは結構な金利の借金をして買うのに、なぜか無利子の奨学金は気持ち悪いらしい。

もちろん、僕だって毎年何十万も返済するのが楽しいわけがない。「借金があるのは気持ち悪い」という感覚は分からないことはないが、お金に関してはすべて数字の問題である。計算しないで気分だけで決めると大きな損をしてしまう。お金にシビアになるというのは、まず「借金が気持ち悪い」というような感覚を乗り越えることから始まるのだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

明日から9月になるのだが、学校は一週間前に始まっているので、「あれ?明日から9月?」という感じがする。長年この仕事をしていると、学校が始まると自動的に9月になった気がしてしまうのだ。それにしては暑すぎるのだけれど。

コロナは感染者数的にはちょっと落ち着いているようだ。しかし、何か特別な対策をしたわけではないから、たぶん季節要因だろう。暑さが直接関係あるのか、暑さで人の移動が少なくなったことが関係あるのか、その両方かもしれないが、これから涼しくなるにしたがってどうなるか、注視していきたい。

さて、今月の一番大きなニュースは何と言っても安倍首相の辞任である。

首相が辞任を正式に発表するちょっと前、「なんだか今回はちょっと違うな」と思わせることが多かった。マスコミが安倍首相の病状についてやたらと報道するようになったのである。何日に検査に行ったとか、何時間かかったとか、はては歩き方が遅くなったとか、ちょっと頭が悪いんじゃないかと思う報道が増えた。

7年8ヶ月もやっていて持病があるのだから、今までだってそんなことはあったはず。もし、なかったとしても、なにしろ最高権力者の健康は国家機密らしいから、お忍びで病院にいくこともそれほど難しいことではないだろう。それが救急でもないのに病院の前に報道陣がたむろしていた。どう考えてもおかしい。

たぶん、株式市場がどう反応するか、観測気球を上げていたのだろう。この時はほとんど反応しなかった。さすがに辞任を表明したときは大きく下げたが、次の日には戻っている。それ以後も安定しているから、観測気球のとおり、首相の辞任表明は株価に影響を与えなかったのである。

アベノミクスの主役が辞任し、次の総理大臣は決まっていない。普通なら株価はもっと不安定になるはずである。ようするに市場は、次の総理大臣は誰でもいいと考えているということだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都の一日のコロナウィルス感染者数が300人に近づいている。一方、GoToトラベルキャンペーンなる旅行促進キャンペーンは東京だけ除外しながらも、予定通り継続することになった。

自粛前からインバウンドは極端に減っているし、オリンピックも延期になった。国内も自粛で旅行できない。旅行業界が相当傷んでいるのは想像に難くない。一方で、緊急事態宣言解除から、東京はいうまでもなく他の府県でも感染者数は増加している。今旅行キャンペーンなんかしたら、日本じゅうにウィルスをばらまくことになるという危惧もある。

そこで、命を重視すべきか、経済を重視すべきかという議論が出てくる。しかし、これちょっとおかしくないだろうか。この議論では、命を重視すると経済を軽視する、経済を重視すると命を軽視するということになるが、そもそも人命軽視で経済が良くなるなんてことはない。

例えば、GoToキャンペーンで一時的に旅行業界が潤ったとしよう。しかし、もしこれでウィルスが日本じゅうに蔓延したらどうなるか。また緊急事態宣言となって、さらに経済は大ダメージを受けるだろう。

もうちょっと前に遡ると、もし緊急事態宣言の終了がもう半月か一月遅ければ、現在みたいな感染者数ではなかったはずだ。GoToキャンペーンなんかするまでもなく、旅行だって大手を振って行けたかもしれない。

経済重視などといってこのままロクな対策をしないと、来年のオリンピックもお流れになる可能性だってある。これはとんでもない損失になるだろう。諸外国はコロナを克服して、開催国の日本だけがコロナが蔓延、インバウンドも遠い昔の夢。東京でオリンピックなら諸外国はボイコット。それではコロナを押さえ込んだ中国でやりましょう・・・という最悪のシナリオだってありうる。

今の経済重視は本当の経済重視ではない。経済重視といいながら、人命も経済も軽視している。人命を軽視すれば経済がダメになるというのは、日本は先の戦争で身にしみて分かったはずだ。同じ轍を踏んではいけない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、あちこちでマスクを売っているのを見るようになった。値段もだいぶお手頃になってきたが、マスク不足以前ほどには戻っていないようだ。まあ、時間の問題だろう。

驚いたことに、これがアベノマスクの恩恵だと思っている人がいる。どうやら安倍首相本人もそう思っているらしい。そんな経済感覚で大丈夫なんだろうか。

最初に言っておくと、マスクが市場にでてきたのは、生産国の中国でコロナ問題が下火になり、生産がダブついているせいである。中国関連のニュースをチェックしていればすぐに分かることだが、そうでなくてもアベノマスクのおかげでないことは、ちょっと考えれば分かる。

もし、アベノマスクのおかげでマスク価格が下がるとすれば、二度のタイミングが考えられる。

一度目はマスク配布が発表された時、つまり閣議決定があった4月7日である。このころまだ買えなかったのはご存知の通り。

もし、一部の人達が妄想しているように、マスクの大量買い占めをしていた人がいるとすれば、ここから二度目のタイミングまで徐々にマスク価格が下落していくはずだ。もちろんそんなことはなかった。そんな人はいないからである。

二度目はアベノマスクが行き渡ったときである。ご存知の通り現在でも行き渡っていない。つまり二度目の下落タイミングはまだ来ていない。それなのにマスク価格が下がっているのは、アベノマスクがマスク価格の下落に一ミリたりとも貢献していない証拠である。

というかねー、アベノマスク、僕の家にもまだ来てないんですけどー。

全然欲しくないけど、来なかったら来なかったで腹が立つ。なにしろ、もともとは僕達の税金なのだ。

【5/21追記】
官房長官までこんなこと言ってる。
アベノマスクのおかげで「価格が低下」 菅氏、効果強調:朝日新聞DIGITAL
菅氏は会見で、「布マスクの配布などにより需要が抑制された結果、店頭の品薄状況が徐々に改善をされて、また上昇してきたマスク価格にも反転の兆しがみられる」と説明。一方、記者から根拠を問われると、「東京などに届き始めてから、店頭でマスクが売られはじめたんじゃないんでしょうか。非常に効果があると思う」と述べた。

本気で言ってるならマジでヤバいと思うし、そうじゃないならこんなんで言いくるめようとするとは国民舐めすぎだろう。
いずれにしても、今後経済政策には期待しないほうがいいと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加

老後に2000万円必要だと言われて、株式投資を考えている人も多いだろう。株式投資というと、なかなか勝てないもののように思われる。しかし、それは間違いだ。絶対に勝てる。これから確実に勝つ方法を伝授するので、投資を考えている人は参考にしてほしい。

株式投資で勝つ極意は二つである。この二つさえ頭に入れておけば絶対に勝てる。絶対にだ。

1.安い時に買って、高いときに売る。

そんなの当たり前だと思われるかもしれないが、これがなかなかできない。安い時にはまだ下がるような気がして買えない、高くなるとこれから上がりそうに思えて買ってしまう。逆に高いときにはまだ上がりそうに思えて売れない、安くなると(特にマイナスがでると)ビビって売ってしまう。それでは勝てるわけがない。

証券会社は手数料でかせぐ商売なので、なるべく頻繁に売り買いさせようとする。相場が上がってくると買わせようとするし、下がると損切りを勧めてくる。これに騙されてはいけない。

もちろん、上がる銘柄を選ぶ必要はあるが、それは自分で勉強してくれ。ただ、一つだけ付け加えるなら、これも証券会社を信用してはいけない。証券会社が勧める銘柄のほとんどは、すでに株価が上がっている銘柄だからだ。

2.「勝ち」のハードルを低くする。

今では銀行の金利なんか、ハナクソほども付かない。銀行の金利に勝てば勝ちなのだから、株式投資で勝つのは実に簡単だ。

しかし、人間どうしても欲が出てくる。誰が1億儲けただの、彼が豪邸を建てただの、景気のいい話ばかりが耳に入ってきて、やっているのがアホらしくなる。

投資というものは、人によって環境が全然違う。中には最初からタネ銭が何千万もある人や、一日中板に張り付いていられる人もいる。そういう人と比べてはいけない。人と比較すると、判断が狂い「安い時に買って、高いときに売る」という大原則ができなくなるものだ。

銀行の金利に勝てれば勝ち。それでいいではないか。それを繰り返していくうちに、だんだん上手くなるものである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ