カテゴリ: びっくりしたなあもう4

8月中にスマホが壊れたので、新しいのを買った。買ったのはRedmi Note 11 Pro 5G。

このスマホはFerica(おサイフケータイ)に対応していて、モバイルSuicaになる。

これまで、スマホ決済はPayPayを使ってきた。PayPayとクレジットカードで、現金を使うことはかなり減ったのだが、これでSuicaが使えれば財布はほぼ必要なくなる。というわけで、モバイルSuicaを導入してみた。

SNSなどを見ると、モバイルSuicaの方がQRコード決済よりよほど便利だという声が多く聞かれる。一番の理由は、電源をONにしなくても使えるということで、たしかにそれは便利そうだが、慣れるとPayPayがそんなに面倒なわけでもない。大事なのはそれ以外である。

結論から言えば、僕にとってモバイルSuicaはあまりいい印象をもてないものだった。たしかに、タッチだけで決済できるのはいい。しかし、それ以外があまりにダメだ。

最初はモバイルSuicaアプリをインストールしようと思ったのだが、android版のアプリがあまりに評判が悪い。なので、モバイルSuicaアプリはやめて、プリインストールされているGoogleウォレット(旧GooglePay)にモバイルSuicaを入れることにした。

最初は試しに3000円だけクレジットカードからチャージした。チャージされ画面が更新されるまで、やや時間がかかる。これがPayPayと比較するとかなり遅い。

実際に使ってみた。たしかに、スマホだけで改札に入れるのは便利だし、自動販売機もタッチで買えるのはすごく便利だ。学校の自販機でPayPayを使っているが、QRコードを読ませるよりはタッチ決済の方がはるかに早い。

そんな感じで使っていると3000円なんてすぐに使ってしまう。「それでは、またチャージしましょう」と思って、5000円チャージしようとしたら、次の画面が出てきてチャージできない。
mobilesuica
「上限に達しました」とか言われても、何の上限だかさっぱり分からない。続く文章には「しばらくしてからスマートフォンでチャージしてください」とあるので、時間の上限なのかと思ったが、何日待っても同じ画面がでるだけ。一ヶ月ほったらかしても同じ。

エラーコードで検索しても有益な情報が出てこない。同じようにチャージできない人もいるようで、一旦カードを削除するとか、いろいろネットに対策は書いてあるが、どれを試してもダメ。もう面倒くさくなったので、残高が数十円になったところでほったらかしにした。

ところが、偶然モバイルSuicaは最初は3000円しかチャージできないという記事を見かけた。試しに2500円チャージしてみるとなんとチャージできるではないか。

どうやら初回は3000円だったので偶然チャージできたということらしい。実は、調べている過程で限度額があるらしいことはSuicaのFAQで分かっていた。
「クレジットチャージには、一定期間にご利用いただける上限額を設けております。(2320)(2321)」の旨のエラーメッセージが表示される。:モバイルSuicaよくあるご質問
モバイルSuicaではクレジットカードでのチャージについて、セキュリティ上の観点から当社独自の利用限度額を設定しており、当該エラーは利用上限を超える場合に発生します。当該エラーが表示された場合は、クレジットカードでのチャージはできませんので、現金でのチャージをご利用願います。

しかし、エラーメッセージもエラーコードも違っているし、いくらが上限なのか一定期間がどのくらいなのか、具体性を欠いていて文意がわかりにくい。今どきちょっと遠いところへ行けば、往復で3000円ぐらいすぐに越えてしまう。まさか3000円が上限とは考えもしなかった。

使い込んでいけばチャージ限度額も上がるらしいが、それならそれで初期は3000円までと書いておくべきだ。そもそも、クレジットカードでもあるまいし、限度額が上がっていくというのもおかしな話である。

過度にリスクを恐れ、言質を取られるのを恐れて具体的なことを言わないのは、お役所のよくやることである。国鉄が民営化されて30年以上。昔に比べてずいぶんサービスが良くなったなと思ったが、どうも中身はあまり変わっていないらしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日暑い。7月でこんなに暑かったのはちょっと記憶にない。そりゃ記憶にないはずだ。12万年ぶりの暑さだという。

7月の猛暑、観測史上最高に ほぼ確実に「12万年ぶりの暑さ」:CNN-ライブドアニュース
(CNN)世界各地で異常な猛暑が続く今月は、観測史上、最も暑い月になる見通しだ。欧州連合(EU)のコペルニクス気候変動サービスと世界気象機関(WMO)が27日に発表した。世界の7月の平均気温が記録を大幅に更新するのは確実だとしている。
7月の気温はこれまでの3週間で既に観測史上最高を記録。地球上で12万年ぶりの暑さとなることはほぼ間違いないと専門家は指摘する。
12万年ぶりではしょうがない。

それにしても、そんな時代の気温、なんで分かるのかと思ったら、「樹木の年輪やサンゴ礁、深海の堆積(たいせき)物などから抽出した気候データをもとに推定」するんだそうだ。ようするに、生物の繁殖の跡なんかで分かるということらしい。

先日、実家に帰って樹木の剪定をしてきた。実家には蘇鉄(ソテツ)だの棕櫚竹(シュロチク)だの、南方の観葉植物がたくさんある。かなりデカくなるので、定期的に剪定しないといけないのだが、今年は明らかに勢いが違う。

どちらも葉は例年の1.5倍ぐらいデカくなっているし、切っても切ってもまた生えてくる。棕櫚竹の方は例年よりも早く高くなっている。
ソテツ
なお、写真はイメージです。中国福建省のソテツです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の記事を書いたあとTwitterに投稿したら、なんだかヘンなXマークが出て、TwitterがXになってた。小鳥はどこにもいない。現在はPC版だけだが、いずれスマホアプリもXになるんだろう。青い小鳥はいきなりクビちょんぱにされてびっくりしている(いらすとやによる)。
bluebird_fired_text



URLは現在のところtwitter.comのままだが、x.comでもリダイレクトされるので、そのうち逆にtwitter.comがx.comにリダイレクトされるようになるかもしれない。

x.comなんてドメイン名、買収するのに相当金がかかるんだろうなと思ったら、もともとPayPalが持っていたドメインで、PayPalを作ったのはイーロン・マスクだから2000年頃から持っていたらしい。一文字.comなんて2000年でも誰か取っているはずなので、その時代でも相当なお値段だっただろう。

もうちょっと何か書こうと思っていたのだが、実は青い鳥に思い入れがあるわけでもないし、Webサービスなんてそんなもんだと思っているので、変わったということ以外とくに思うところはない。APIが有料化されたとか、ログインしないと見られなくなったとか、コミュニティノートとか、ここのところ仕様の変更が続くが、根っこのところを私企業に握られている以上、仕方がないことである。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ベネッセが撤退へ 都立高入試の英語スピーキングテスト トラブル多発、本格導入からわずか2年:東京新聞
英語の「話す力」を東京都立高入試に使うため、昨年から始まった英語スピーキングテストを巡り、都教育委員会は13日、出版大手「ベネッセコーポレーション」が本年度限りで運営から退くと発表した。新たな事業者には英国の公的な国際文化交流機関「ブリティッシュ・カウンシル」を選んだ。
鳴り物入りで始まった、都立高校入試の英語スピーキングテストだが、運営していたベネッセがわずか二年で撤退するという。正直「二度と都立高校の敷居をまたぐんじゃねぇ」と言いたいところだが、試験では手練のベネッセでさえダメだったものが他にできるところがあるのか不安である。

そもそも、高校入試にスピーキングテストを導入するというのが、もうわけが分からん。スピーキングテスト自体がいけないというのではない。入試というものの性質から、時期尚早だと思うのだ。

入試というものは、その学校に入学できる学力があるか試すためのものである。高校入試なら、中学校までについた学力を試す。あくまで中学校の学習が主で入試が従。だから、中学校教育でスピーキングの学習が十分に行われ、入試にもスピーキングがないとフェアじゃないというなら、導入すべきだ。

しかし、どうもそうではないらしい。入試にスピーキングテストを導入することによって、生徒のスピーキング能力を高めようという意図が見える。入試が主で学習が従、主従が逆転している。そんなバカな話があるだろうか。

こういう本末転倒がまかり通っちゃうのは、日本人の多くが入試脳という恐ろしい病気にかかっているからである。入試脳になると入試の価値を異常に高くみる。だから、入試の内容で学力を高めるという奇怪としかいえない考え方が受け入れられる。

企業が学校名で採用するのも入試脳の症状である。入試に価値を置いているから、その後何を勉強したかは関係ないのだ。文系がどうの、理系がどうのとか言っちゃうのも入試脳である。真理を探求するのが学問である。そこに文系も理系もない。

ともかく、この入試脳を治療しないと日本はどうにもならないと思う。もう手遅れかもしれないけど。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ネタ切れぎみなので、以前から漠然と思っていたことを書く。僕は少なくとも自分の目が黒いうちは改憲はないと思っている。

そもそも、外圧がないと何もできないと言われている国が、自主的に憲法改正などという大事ができるわけがない。これが理由の一つ。

今の自民党がいくら頑張っても、まともな憲法案が作れるはずがない。どうしても官僚の力を借りなきゃならないのだが、憲法改正なんて労多くして益少し、そんなものに官僚がまともに協力するわけがないだろうというのが一つ。

そして、一番大きい理由は、自民党の大多数は本気で改憲するつもりがないだろうと思われることだ。

憲法改正といっても、まるっと全文変えることから、ごく一部の文言を変えることまで、非常に幅が広い。当然、一部の文言を変える方が簡単だが、それならば「これこれこういう理由で、n条をこう変えます」というのが先である。ところが、やたらと改憲改憲というばかりで具体性がない。具体性をもたせると、同じ改憲派の中で異論が出てくるからだろう。

現在のように、改憲に前向きな政党が増えてくると、異論はますます多くなる。改憲に前向きな政党が増えるというと、一見改憲に近づいているように見えるが、それは逆である。

ではなぜ自民党は改憲を声高にいうのか。改憲の努力をするそぶりを見せていれば、改憲派の指示は得られる。一方で反対する護憲派のリソースは削られる。改憲してしまえばそれで終わるのだから、自民党にとっては永久に解決されない方が都合がいい。これは北朝鮮拉致問題も同じである。

絶対に解決しない課題なら、いつまでも問題にしていられる。しかしこれは火遊びである。怖いのは、火遊びから火事になることだ。やる気もないくせに改憲・改憲と唱えているうちに、「アレ?ヘンなふうに改憲しちゃったよ」みたいなことになる可能性もなくはない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSの普及により陰謀論が増えている。人は自分に都合のいい言説を信じてしまうものだ。まして、どんなに荒唐無稽な話でも、ちょっとした有名人が言ってたり、多くの人が支持したりしていると、信じてしまうのは仕方がない。正気を保つのも難しい時代である。

さて、そこで陰謀論かそうでないか、見わける方法を伝授しよう。「風が吹けば桶屋が儲かる」という話がある。そのプロセスは次の通り。

1・風が吹くと土ぼこりが立ち、盲人が増える。
2・盲人は三味線を生業とする人が多いので、三味線の需要が増える。
3・三味線の材料である猫皮の需要が増え、町から猫が減る。
4・猫が減るので、鼠が増える。
5・鼠が桶を齧るので、桶の需要が増え、桶屋が儲かる。

1〜5にもう一つ加えると、陰謀論になる。つまり

6.風が吹いたのは一儲けをたくらむ桶屋の仕業だ。

1〜5は一見ありえないことだが、現実には起こりうる。たとえば、アメリカで新型コロナウィルスが流行しはじめたとき、ひよこの需要が高まったという。

コロナで「ひよこバカ売れ」アメリカの異常事態:東洋経済ONLINE

コロナとひよこは何の関係もないが、コロナによって失業者が増え、彼らが家ですることがなくて、ひよこに救いを求めたのだという。もし「ひよこ業者が一儲けをたくらんで新型コロナウィルスをばら蒔いた」というなら、それは陰謀論である。

ここで盲人が増えるほどの風を桶屋が吹かせられるか、ひよこ業者がコロナウィルスを作れるかというのは関係ない。大事なことは、たとえ桶屋が風を吹かせたり、ひよこ業者がコロナウィルスを作れたとしても、かれらが儲かる可能性はかなり低いということだ。

なぜなら、桶屋やひよこ業者が儲かるまでに、数段階を踏んでいるからである。桶屋の場合、風を吹かせてから儲かるまで、盲人・三味線・猫・鼠と4つも不確定な要素が出てくる。

ホコリが舞ったからといって盲人が増えるとは限らない。盲人が増えたとしても按摩さんが増えるだけかもしれない。三味線の需要が増えても猫牧場が作られたら猫は減らない。猫が減っても画期的な鼠捕りが発明されれば桶の被害はでない。

段階を踏むごとに、桶屋の陰謀が成功する確率はどんどん減っていく。実際には三段階もあればほぼ不可能になる。コロナ→失業者→ひよこは三段階だが、もう想像もつかないことになっている。

大事なことは、自分に都合のいい言説が出てきたら、まず疑ってみることである。その言説を支持しているのが多数か少数かは関係ない。なかなか難しいことだが、今の時代、正気を保つためにはとにかく考えるしかない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと古い記事だが、一般の人の学校に対するイメージなんかあてにならないなと思ったことをご紹介する。

校風が自由だと思う「都立高校」ランキングTOP30! 第1位は「武蔵丘高等学校」【2022年最新投票結果】:ねとらぼ
校風が自由だと思う「都立高校」ランキングTOP30
こんなものに正解はないと思われるかもしれないが実はある。新宿山吹高校である。上のランキングでは21位。ブッチギリで1位だと思っていたのでびっくりした。

理由を書こうと思ったが、公式サイトの「校長あいさつ」に分かりやすく書いてあったので引用する。
校長あいさつ:新宿山吹高校
 新宿山吹高校は、「単位制高等学校教育規定」に基づき、高校改革の雄として、都立高校初の単位制高校として開校しました。単位制高校も増えてきましたが、用意された科目を選択し、自分だけの時間割を作れる学校は新宿山吹だけです。
 学習指導要領の定めにより、必ず勉強しなければならない必履修科目もありますが、それ以外は自分の好きな科目を選んで学ぶので、一人一人時間割が違います。
 文化祭や修学旅行等の行事や部活動もありますが、行事や部活動への参加は自由です。掃除当番もないし、クラスの役員や係もありません。
 クラス単位で行動する他の高等学校と比較して、人間関係をあまり気にすることなく、同調圧力を感じることも少なく、高校生活が送れます。言い換えると、あれこれと指示されることが少なく、自分の意志で行動することが求められる学校ということになります。
制服はいうまでもなくない。担任もいない(たぶん)。生活指導もない。これに比べたら、たいがいの都立高校が自由ではないと分かるだろう。

授業は一時間が100分でチャイムもない。実はかつてここで現代文を教えたことがあるのだが、最初に100分と言われ「それはくたびれますね」と言ったら、「休憩いれてもいいですよ」と言われた。授業をする方も比較的自由らしい。

新宿山吹高校が自由なのは、都がそういう高校として作ったからである。1991年設立なので伝統校ではないが、すでに三十年以上経っている。それでもこの程度の認知度なのかと、都民の教育に対する関心の薄さに暗澹たる気持ちになる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

一昨年、101歳で亡くなった祖母から聞いた終戦直後の話。

祖母は当時滋賀県の実家に疎開していた。現在の長浜市の北にある、小さな集落である。戦争が終わり、その集落にもGHQのアメリカ兵が来ることになった。村は大騒ぎ。誰からともなく、

「アメリカさんは赤い物が嫌いで、赤い物を見ると狂ったように怒り出すらしい。」

という噂が流れた。たぶん誰かが「アメリカ人はアカ(共産主義者)が嫌いだ」とか言ったのが妙な具合に伝わったのだろう。

冷静に考えればアメリカ人だって人間だ。闘牛の牛じゃあるまいし、赤色を見ただけで興奮するわけはない。しかし、村の人たちにそんな余裕はない。なにしろ、相手は武器を持っている上に言葉が通じないのだ。

せっかく終戦まで生き延びたのに、赤フンで殺されたらたまったものではない。村人総出で手ぬぐいやらふんどしやら、ちょっとでも赤いものは人目に付かないところに隠し、郵便ポストは見えないように布をかけた。

赤いものは全て隠して準備万端、アメリカ兵が来る日になった。大人は全員鎮守の社に集合してアメリカ兵を迎え入れた。

村人が武器を持っていないかチェックしていたアメリカ兵の一人が、突然何か怒鳴りはじめた。何を言っているかさっぱり分からない。なにしろ英語はちょっと前まで敵性語として禁止されていたのだ。だが怒っていることは分かる。

すぐに一人のよぼよぼ爺さんが数人の屈強なアメリカ兵に捕まえられた。村人の目は怯えた爺さんに釘付けになる。赤いものは・・・持っていない。

するとアメリカ兵の一人が、爺さんの腰の帯に挟まっている細長いものを取り上げた。それは煙管(キセル)だった。アメリカ兵には煙管が拳銃か何かに見えたらしい。

爺さん、慌てて煙管を吸うモノマネをして必死に説明、事なきを得たという。
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都の感染者数が4万人を超え、都民の60人に1人が陽性のために療養中だという。
都民60人に1人が陽性 全てのモニタリング項目悪化:Livedoor News-FNNプライムオンライン
東京都の新型コロナウイルス専門家会議は、医療提供体制など全てのモニタリング項目が悪化していて、都民の60人に1人が陽性のために療養中だと明らかにした。
たいへんな数字である。身近でもかかったという人は聞く。うちは消防署の近くにあるのだが、救急車のサイレンを聞くことも多くなった。60人に1人が陽性と言われると、そんなもんだろうないうぐらいの体感がある。

夏休みの今、学校は授業がないが、もしあったらそうとうな欠席者数だろう。実際に休むのは療養中の人だけでなく、濃厚接触者や検査中、そして濃厚接触者と偽っている生徒が含まれるからである。

これだけ感染者数が増えても、政府や都からは何も出てこないようだ。町を歩いても、マスクをしていない人がちらほら見える。もうあまりコロナを恐れていないように見える。

僕自身も以前に比べると不安感は少ない。だが、本当にこれでいいのだろうか。60人に1人というのはたいへんな数字だ。重症化する人は少ないとはいえ、実際にかかった人の話を聞くとかなり大変そうだ。

政府や都の対策は見えず、人はゆるみきっている。そして数字だけがどんどん上がっていく。杞憂ならいいが、とてもイヤな予感がする。
このエントリーをはてなブックマークに追加

いろいろ書こうとしたけど、なんだかまとまらないので、しょうもない記事でお茶を濁すことにした。

先日掃除をしていたら、自分のへその緒が出てきた。母から預かって「大事なもの箱」に入れておいたのだが、それ自体を忘れていたのだ。

もちろん初めて見るわけではない。子供の頃見たことがあるし、わりと最近母から預かった時にも見たはずだが、裏に出生時の身長・体重などを書いた紙が貼ってあるのに気づかなかった。あらためて見て驚愕した。
へそのお
出生時の体重3215kg!ちょっとした象ぐらいか。今80kg弱なので、0歳から40分の1まで減量したことになる。ただし身長は3.5倍に伸びたが。

赤ちゃんのころの写真を見て、なんて太った子供なんだと思っていたが、まさかこれほどとは思わなかったよ。タクシーで母の実家へ行ったと聞いたが、4トントラックの間違いだな、きっと。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ