タグ:書道

書道をやる人間にとって表装(表具)は大問題だ。できることなら、展覧会のぎりぎりまで書きたい。しかし、表装には時間がかかる。だから、できるだけ早く、美しく、できれば安く表装してもらえる業者はありがたい。等々力のSMスチール工業(友禅)は、そんな都内の書道関係者のニーズに答えてくれる店だったから、使っていた人も多いはずだ。

昨日、文化祭に展示する生徒作品の裏打ちを頼むために、そのSMスチールに行った。裏打ちぐらいなら数十分でやってくれるので、毎年ここにお願いしていたのだ。行く前に、営業時間を確認するためホームページを見ようとしたら、「Service Temporarily Unavailable」というエラーが出た。なんだかイヤな予感がする。GoogleMAPで検索すると、「閉業」と書いてある。ますますイヤな予感。

しかし、Google検索やTwitter検索をしても閉業の確証は得られないので、とりあえず行ってみた。店が近付いてくると、看板が見えた。
SMスチール(看板)
なんだ、まだやってるじゃないかと、一安心したのだが・・・。

入り口のシャッターが閉まっている。窓から中を覗いてみると・・・。
SMスチール(中)
何一つない、もぬけの殻。

移転したなら張り紙でもありそうなものだが、そんなものはどこにもない。「閉業」は本当だったようだ。今時検索しても情報が出てこないというのも、いかにも書道業界らしいのだが、このままでは同じ轍を踏む人もいるだろうから、ここに書いた次第。

それにしても困ったな。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

今の子どもたちはデジタルネイティブというそうだ。生まれたときからパソコン・スマホなどのデジタル機器に囲まれていて、それらに何の抵抗もない世代という意味である。

同じような世代間ギャップとして、僕は手書きネイティブと活字ネイティブがあると考えている。

ここ10年ぐらいで、書道の授業をやっていて、行書を「雑な字」とか「下手な字」という生徒がだんだん増えてきた。彼らは活字ネイティブだから、一点一画はっきりと書かれた文字以外は雑に見えるらしい。楷書は文句なく美しい字に見えるが、行書もなぐり書きも同じように汚く見えてしまうのだ。

手書きネイティブから活字ネイティブへの移行は、ワープロの普及と深い関係がある思っている。ワープロの普及は、手書きの文字を劇的に減らした。ワープロが普及しだすのは、ちょうど昭和から平成に変わる時ぐらいが境目だろう。それ以来、手書きの文字を読む機会はどんどん減り、スマホが普及した今では、私的なメモぐらいでしか手書きの字を見ない。

それでも、高校生ぐらいなら黒板に書かれた手書きの字を読んでいるはずだが、書いている教員の多くが活字ネイティブになってしまっているから、板書を行書で書く人が少なくなっている。これでは行書が汚く見えても仕方がない。活字ネイティブに行書を教えるのは至難の業だ。

Twitterを見ていると、漢字のやたらと小さな違いにこだわる人がいるが、あれも活字ネイティブだからだろう。行書は点画がくっついたり、向きが変わったり、省略されたりするから、手書きネイティブではそんな細かいところはさほど気にならないのだ。

しかし、よくよく考えてみると、手書きネイティブも、決して奈良時代あたりからずっと同じように続いてきたものではない。同じ手書きネイティブでも、僕らの使う筆記用具は万年筆・ボールペン・シャープペンで、明治ぐらいまでは毛筆である。つまり手書きネイティブの中にも、硬筆ネイティブと毛筆ネイティブがあるのだ。

活字ネイティブにとって行書がすべてヘタクソに見えるのと同じように、硬筆ネイティブと毛筆ネイティブでは文字の見え方が違う。僕はもちろん硬筆ネイティブだが、長年書道の先生をやっているので、その見え方の違いは分かる。言葉で説明するのは難しいが、硬筆ネイティブは文字を形で見るが、毛筆ネイティブは文字を筆脈や線質で見る。

これはただ文字の美醜だけではなく、読むことにも関わってくる。筆で書かれた文字を読むことは、活字を読むのとは違うのはもちろんのこと、ペンで書かれた文字を読むのともまた違うのである。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

男臭いバイオレンスでおなじみの『水滸伝』だが、意外にも書道も関係がある。

梁山泊一味の宿敵、奸臣の一人が蔡京である。梁山泊の宿敵になるぐらいだから、史実の蔡京もあまり評判がよろしくなく、『宋書』では列伝231奸臣2に入っている。正史で奸臣に入るのだから、相当なものだ。

その蔡京は、宋の四大家(蘇軾・黄庭堅・米芾・蔡襄)の一人、蔡襄(洛陽橋(万安橋)に行ってきた続 洛陽橋(万安橋)に行ってきた参照)の甥で、自身も能書家として知られている。

『水滸伝』には、蔡京が能書家であることをうまく利用したエピソードがある。

『水滸伝』第三十九回で、潯陽樓の壁に反乱の詩を書いた罪で囚われた宋江を梁山泊一味が救助するため、蔡京からの手紙を偽造する場面がある。作戦の発案者呉用の言葉に宋の四大家が出てくる。
如今天下盛行四家字体、是蘇東坡・黄魯直・米元章・蔡太師四家字体。蘇・黄・米・蔡宋朝四絶。

講談社文庫『水滸伝』(駒田信二訳)による和訳は次の通り。
いま天下にもてはやされているのは四家の書体、すなはち蘇東坡・黄魯直・米元章・蔡京の四家の書体で、蘇・黄・米・蔡といって宋朝の四絶と称されております。

呉用は書の達人蕭譲と彫刻の達人金大堅をむりくり仲間に引き入れて、蔡京の書と印を偽造させる。蔡京の書と印は、当時流行の書として、法帖(お手本)が出回っていたので、上手い人なら簡単に偽造することができたというわけだ。古い印をお手本にしたため、文書偽造がバレるという落ちがつくのだが、108人の好漢の中に書家と篆刻家(のようなもの)が入っているというのが面白い。

それにしても、呉用の言う宋朝四絶は現行の宋の四大家と違う。蘇東坡・黄魯直・米元章は、それぞれ蘇軾・黄庭堅・米芾だから問題ないが、蔡襄であるべきところが蔡京になっている。

『水滸伝』が書かれた明代では蔡京だったのか、あるいは、作品中で辻褄を合わせるために蔡京にしたのか。蔡京が奸臣だから蔡襄にしたというのは一応説得力はあるが、『水滸伝』の書かれた明代よりあとに、奸臣だからといって蔡襄にするのはちょっと遅すぎる気もする。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

京浜急行青物横丁駅からJR・東急大井町駅方面へ行く坂の途中に品川エトワール女子高等学校という高校がある。

僕は以前、定時制高校への通勤にこの学校の前を通っていたのだが、ある日の帰り道、目立たないところに「町田学園」と書いた看板があるのが目に止まった。町田学園は品川エトワールの旧称で、現在も法人名になっている。大きなものではないので、それまで気付かなかったようだ。

夜だったので暗くてよく見えなかったが、妙にクセのある字だ。よく見ると、「溥傑」と書かれた落款がある。ラストエンペラー愛新覚羅溥儀の実弟、溥傑である。溥傑は独特の書風で知られる書家でもあるので、その時は、何かの機会に書いてもらったんだろうぐらいに思っていた。

ところが、前回の記事(偽満皇宮博物院へ行った(その1)参照)を書くためWikipediaを調べていたら、溥傑の妻、嵯峨浩の項に意外なことが書いてあった。
日本に引揚げた後、父・実勝が経営する町田学園の書道教師として生計を立てながら、日吉(神奈川県横浜市港北区)に移転した嵯峨家の実家で、2人の娘たちと生活した。一方、溥傑は、溥儀とともに撫順の労働改造所に収容され、長らく連絡をとることすらできなかった。(Wikipedia:嵯峨浩)
なんと、溥傑の奥さんが品川エトワール(町田学園)の書道教師だったらしい。そりゃ溥傑に看板を頼むなんて容易いことだ。

しかも、Wikipediaの記事によると、父親が経営者だったとある。品川エトワールのサイトを見てみると、現在の理事長は嵯峨実允氏という人で、嵯峨実勝の孫にあたるらしい。

理事長挨拶:品川エトワール女子高等学校

それでは、なぜ嵯峨学園ではなく町田学園なのかという疑問もわいてくるが、これもちゃんとWikipediaに書いてあった。

妹の幾久子が町田学園(現・品川エトワール女子高等学校)の創始者・町田徳之助に嫁いだ縁で、昭和24年(1949年)6月15日、町田学園エトワール幼稚園を開園し初代園長を務めた。(嵯峨実勝:Wikipedia)

ちなみに嵯峨家は、かつての正親町三条家で、藤原北家の流れをくんでいる。由緒正しいなんてもんじゃない。

もうちょっと調べればいろいろ出てきそうだが、とりあえず覚えに書いた次第。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

現代では、漢字とひらがな、カタカナを交ぜて書くのは当たり前のことだが、江戸時代以前はそうではなかった。漢字と平仮名(もしくは平仮名のみ)か、片仮名と漢字のどちらかである。これは、平仮名を使う層と、片仮名を使う層が別であったことを意味している。

物語や和歌・日記文学などは、ほとんどの作品が漢字平仮名交じり(というか平仮名漢字交じり)である。しかし、説話集の場合、キングオブ説話集であるところの『今昔物語集』をはじめとして、漢字片仮名交じりの作品も多い。今、本文を作成している、国会図書館本『蒙求和歌』もその一つである。なお、影印はこちら。

国会図書館本『蒙求和歌』:国立国会図書館デジタルコレクション

『蒙求和歌』は、タイトル通り「和歌」が含まれるが、やはり漢字片仮名交じりで書かれている。ところが、冬部第15話「虞延剋期」は、なぜか和歌だけ平仮名で書かれている。写真右をめくると、和歌と次の恋部の目録が現れる。
『蒙求和歌』虞延剋期
国会図書館本の和歌は本文と同じ書き方で、二字程度下げ、一行で書かれるのが通例なのに、ここは平仮名二行で書かれている。

それにしても上手い。見事な連綿である。まわりの片仮名や漢字と比べると、水を得た魚のような書きぶりだ。

ここだけいきなり平仮名になったのはなぜだろう。ちょっと理由が思いつかないが、冬部の最後の歌であることと、ちょうど改丁してすぐだから、ここだけ見ると、それほど違和感はない。むしろ、こちらの書き方の方が自然な感じがする。

ところが、恋部(冬部の次)を翻刻していて驚愕した。恋部第10話「飛燕体軽」である。
飛燕体軽
ここは通例通り、二字下げの一行(一番左の行)で書かれているのだが、よく見ると「クモヒは(者)るか(可)に」と、なぜか「はるかに」だけが平仮名で書かれている。漢字片仮名平仮名交じりである。こんなヘンな書き方は見たことがない。
クモヒはるかに
まだ半分弱しか翻刻していないので、他にもこのような例があるのかもしれないが、どうにも意味が分からない。

しかし、ここまで翻刻して、「どうもこの書写者は片仮名が苦手そうだな」という感じがしている。「ワ」と「ハ」の区別がついていないようだし、似た字や漢字との誤写も多い。もとが漢籍なので、めったに使わないような漢字も多くて、これが見たこともない形を取っていることもある。

だから、たぶん珍しい漢字や書き慣れない片仮名ばっかり書いていて、ストレスが溜まっちゃったんじゃないだろうか。ストレスが溜まったあげく、いきなり得意な平仮名で歌を書いて発散したり、無意識のうちに平仮名が混じっちゃったりしたんだろう。少々安直だけど、今のところはそんなふうにしか思えない。

いや、ストレスが溜まっているのは、翻刻している僕なんですけどね。

篆刻でもしましょうか(その6・┛)の続き。

さて、いよいよ仕上げ。印を捺したら、問題点を見つけて、そこを補刀する。陰影に、マジックなどで印を付けると分かりやすい。

下の写真は、後から印(しるし)をつけたもの。ついでに撃辺(周辺部の意図的な欠け)を入れる所にも印を入れてみた。
補刀A
白文の方は、線自体にはあまり手を入れず、刻り残しを取るようにした。
補刀B
朱文の方は、刻り残しを取るのは当然だが、全体に線が太くなってしまったので、全体にもう少し細くしたい。

問題はどこに撃辺は入れる場所が難しい。僕の場合、

・全体を見て白っぽい所に多く入れる。
・文字の欠けの多い所に入れる。

ようにしている。

白っぽいところに入れるのは、メリハリが必要だからである。欠けの多い所に撃辺を入れると、失敗感が無くなる。ハデに撃辺を入れるのを好む人もいるが、僕はあまりわざとらしいのは好きではないので、印刀で軽く叩く程度にする。

そういう視点で見ると、白文「寒来暑往」は右下の「来」以外の三文字が白っぽい。特に「暑」「寒」は画数が多く、うまく刻れていない。ここを撃辺でごまかす。

朱文「秋収冬蔵」は、右下「収」が白っぽくなっている。このあたりに撃辺を多く入れてさらに白くする。実は、すでにワクも細くしてある。

てなことを考えて、完成したのが、これ。こういうと、一度でこうなったようだが、実は、捺して補刀してという作業を4回ほど繰り返している。前の印影よりも、印泥が付きすぎてしまったので、ちょっと印象が変わってしまった。

寒来暑往
秋収冬蔵
まだ気に入らないところもあるが、あんまり補刀して、全然違うものになってしまうのもどうかと思うので、今回はこのぐらいにして、一応完成ということにしておこう。

あとは仕上げに側款を刻る。側款とは書道でいう落款のことだが・・・印を学校に置いて来ちゃったので、これ以上できない。今年はこれでおしまい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

篆刻でもしましょうか(その5・刻る)の続き。

刻り上がってから随分経ってしまった。申し訳ない。さて、次にすることは、いうまでもなく印を捺すことである。まずは、水で残った墨を洗い流し、乾かしてから捺す。

捺すときに、認印では朱肉を使うが、篆刻では印泥を使う。
印泥
「泥」というだけあって、一般の朱肉と違いドロドロしている。よもぎの繊維(もぐさ)と油と朱砂で出来ているそうだ。時間が経つと油が浮いてしまうので、ときどき練らなければならない。もちろん、買ったばっかりのときも練る必要がある。

印泥にはさまざまな種類があるが、西泠印社のものが一般的だ。値段もサイズも色もさまざまだが、2両装以上が使いやすいだろう。

上の写真で見ても分かるように、どろどろなので、片手で印盒(いんごう・印泥の入っている容器)を持ち、もう片手に印を持って、軽やかに繰り返し、まんべんなく印面に付ける。この時、軽やかにやらないと、印面から毛が生える。その場合は、一旦拭いて付け直したほうがいい。

印泥は付け足りなくてもダメだが、付けすぎてもダメだ。足りないと、霜降りになってしまって論外、多すぎると、カブってしまい、うまく刻れていても、線がなまくらになってしまう。気温によって硬さが変わるので、なかなか難しい。

印泥を付けたらいよいよ捺す。これを「┛(けんいん)」という。「─廚任△辰董嵶襦廚任呂覆い里巴躇奸ゴム印ではないので、下に少しやわらかいものを敷く。あくまで「少し」で、柔らかすぎるとめり込んでしまってきれいに押せない。「印褥(いんじょく)」という専用のものもあるが、なければ、硬い平らな面の上に、半紙などの紙を数枚重ねて敷いてもよい。

印を静かに真上から紙の上に置いて、力をかける。ブレないように注意しよう。離すときは真上に離すこと。人は四角いハンコを持つと、「バーン」と押したくなるものらしいが、ゆっくり丁寧にやらないと、うまく捺せない。

上手く捺せるようになるには、経験を必要とする・・・などと偉そうなことを言っているが、実は僕もあまり得意ではない。篆刻で、一番難しいのは┛だと思う。

さて、捺してみた。
寒来暑往1st秋収冬蔵1st
うーん、ちょっと印泥が足りなかったようだ。

もちろん、これで終わりではない。どちらも刻り残しがあるし、思ったように刻れていない部分もある。次は、印影を見ながら、修正を加えていく。これを「補刀(ほとう)」という。また、中の文字に比べて、まわりが真っ直ぐすぎるので、意図的に欠けを加える。これを「撃辺(げきへん)」という。

それは次回の講釈で。

篆刻でもしましょうか(その7・補刀と撃辺)に続く。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

篆刻でもしましょうか(その4・布字する)の続き。

それでは、刻(ほ)ってみよう。使う道具はこれ。印刀という。
印刀
印刀にはいろいろなタイプがあるが、初めての人は上の写真にある永字牌の9mm一択でよい。

9mmというのは印刀の幅である。初めて見ると、かなり大きく感じられるが、これぐらいの方が力をかけやすい。使うのは角なので、これで小さな印も刻れる。印の大きさにしたがって印刀を使い分けることはあまりない。

印刀と印材があれば、刻れるのだが、印を固定する「印床」を使う人もいる。僕は基本的にこれを使わない。印を刻るときは、印材を何度も回転させるので、邪魔くさいからである。

僕の場合、印刀をこんなふうに持つ。僕の持ち方は全くの自己流なので、参考にならないかもしれないが、ようは印刀の角の部分で刻る。
僕の持ち方
上の写真では、手前に刻っていくことを想定している。

印刀は刃物だから、刃のある方向にしか刻れない。横から見るとこういう動かし方になる。
印刀を動かす方向
刃物を使い慣れている人なら、自然にPush方向に動かすが、そうでない人はPull方向に動かしてしまいがちだ。こちらには刃がないので、キズが付くだけである。僕はこれを「峰打ち」と呼んでいる。

上から見たところ。印刀は右に少し傾ける。この図はちょっと傾けすぎたかもしれない。最初の写真ぐらいがいいだろう。
印刀と線の関係
白い線が刻った痕である。手前方向に刻っていくと、右側が直線になり、左側に波ができる。

Fig.2は手前に向けて刻る方法を描いているが、手前から向こうでも、横でもかまわない。日本人はFig.2の方向に刻る人が多いが、中国人は右から左に刻る人が多いそうだ。当然、左利きの人は左右が逆になる。

次に印材を180度回転させて、反対側から刻ると・・・
一本の線を刻る
このような線になる。あとは真ん中の黒く残った部分を適当にさらってやれば、一本の線が完成する。線の幅が狭いときは真ん中は残らない。

ゴム印ではないから、あんまりきれいに刻れていても面白くない。刻る音がごりごり聞こえるぐらい大胆にやる。多少の欠けは気にしない。味である。大概の失敗は味でごまかすのが篆刻の基本である。

さて、全部刻ると、こんな感じになる。
刻りあがり

ここでは、白文の刻り方を例にとったが、朱文はこの応用でできる。直線になる方が文字の線に、波の方が余白になるようにすればいい。

さて、それでは捺してみましょう。
篆刻でもしましょうか(その6・┛)に続く。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

篆刻でもしましょうか(その3・印稿を作る)の続き。

印稿ができたら、それを印面に書き込む。これを「布字」という。いよいよ印材の登場だ。

説明するまでもないが、印を刻る石を印材という。一個数百円のものから、何百万円もするものまであるが、よほどの大富豪でないかぎり、浙江省産の青田石(せいでんせき)や内モンゴル産の巴林石(ぱりんせき)などを使う。

参考のため、アマゾンのアフィリを付けておくが、硬さや不純物に個体差があるので、できるだけ通信販売ではなく、書道具屋で買ったほうがいい。石の質は経験を積めばある程度見極めがつくが、こればっかりは簡単に説明できない。おおむね、食ったらうまそうに見える石は刻りやすい。青田石の場合、良い印材ほど舟和の芋ようかんに似ている。


さて、いよいよ印材に書き込むわけだが、その前に、印面を平らにならす作業をしなければならない。

800番ぐらいの耐水ペーパーを平らな面に置き、水をかけて印面を磨く。鏡やガラスなどの上がよいと言われる。丁寧にやらないと、四隅がまるくなってしまうので注意。円を描くように丸く磨く人と、前後に磨く人がいるが、僕は前後に動かす派である。


昔は買ってきた印材の面が、どう見ても平らでなかったり、のこぎりで切ったキズがあったりして、荒いペーパーから細かいものへ順番にかけていったものだが、最近は最初から平らになっているものが多いので、それほどしつこくやる必要はない。

さて、印面を磨いたら、白文なら朱墨を、朱文なら墨を印面に塗る。あとは、前回の印稿と同じ。印稿の文字を左右反転させて、鏡で確認しつつ何度も修正しつつ書き込んでいく。口で言うと難しそうだが、篆書は水平・垂直・左右対称が基本なので、それほど難しくない。このとき、印稿よりもいい感じになっちゃうことがあるが、それはそれでよい。

で、できたのがこれ。
布字布字2

さて、次回はいよいよ刻ります。刻りまくります。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

前回の篆刻でもしましょうか(その2・印稿の前に)を踏まえて、印の完成予想図である印稿を作ってみよう。

まず、どのような順番で文字を並べるかだが、4文字の場合、通常は次のような順番で並べる。
通常の配置
別の並べ方として、次のようなものもある。たとえば「一期一会」を普通の並べ方にすると、上半分ばかりスカスカになってしまう。そういうときは図のように反時計回りにぐるっと配置にする。これを回文印という。
回文印
二文字の場合は左右に並べる。篆書は本来縦長なので、印面が正方形であるかぎり、縦に並べることはない。左右に並べる場合、右から左へ読めるようにする。縦書の場合、上から下、右から左へ読んでいくから、二文字だとこうなるのである。
二文字
今回はいずれも4文字なので、最初の並べ方で問題ない。

印稿は人によって様々な作り方がある。筆で半紙などにいくつも書く人もいるし、鉛筆などで作る人もいる。今ならパソコンで作ることもできる。しかし、ここでは、多くの入門書に書かれている、墨と朱墨で推敲する方法をとることにする。この方法は、なんだかんだ言っても、章法(収め方)を学ぶのには一番適切な方法だと思う。

必要なのは、ハガキのような厚紙と、墨、朱墨、それぞれの硯、小筆である。

墨は普段使っている墨汁でもいいし、磨ってもよい。朱墨は、添削用の液体朱墨では薄いので、固形の朱墨を使う。したがって、硯は墨と朱墨用の二面必要である。篆刻用の二面硯というのもあるが、硯を二面使うよりも使いにくいので僕は使っていない。

まず、厚紙を墨で真っ黒に塗る。印材の大きさを鉛筆などでとり、白文(字が白くなる)なら、その大きさを朱で塗って、墨で印面を書き込む。朱文(字が赤くなる)なら、そのまま朱で書き込む。朱を塗ったり、墨を塗ったりを繰り返して、文字の位置や線の太さを調整し、推敲する。

実際やってみると、ほんの少し書き換えただけで、印象が変わるのが分かる。初心者は早く刻りたい一心で、いい加減にやってしまいがちだが、印の良し悪しが理解できてくると、この工程が一番楽しい。

で、今回作ったのが、これ。実際のサイズは前回のエントリの漢印とほぼ同じ、2.4cm四方(8分という)である。
印稿
上が「寒来暑往」で白文、下が「秋収冬蔵」で朱文。白文は文字の線を太く、朱文は細くがセオリーである。

朱文の場合、印全体のワクを取る必要があり、このワクの太さも、作品を構成する重要な要素になる。古璽風の場合はワクを文字よりも太くするが、漢印風の場合はワクは細くなるのが基本。ただし、四辺すべて同じ太さにする必要はない。

「寒来暑往」は、「寒暑往」は横画がやたらと多く、右下の「来」がちょっと目立つ。これをうまく調和させて、なおかつ変化のポイントとしよう・・・。

とか、

「秋収冬蔵」は、画数の多い字と少ない字がいい塩梅で並んでいる。逆に言うと、普通に並べちゃうと、つまらない印になってしまうから、空間の多い「収」を利用して、粗密の変化を付けよう。ワクも右下が細くなるようにしよう・・・。

などと考えて作ってみた。

もちろん、僕にこの通り刻れる腕はないし、実際に刻ってみると、思わぬ欠けが出来てしまうことも多い。それはそのときの成り行きで対処する。印稿は一つの理想であって、本当のゴールではないので、それでいいと思っている。

実は、こんな印稿を作るのは久しぶりだが、どうにも見づらい。もともと目が悪いので、普段老眼を感じることはなかったが、篆刻をやると如実に分かる。

さて、次はこれを左右反転して印面に書き込む。これを布字という。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ