タグ:狛犬

というわけで(アルマイトのヤカンを買った(付、壁紙):2019年07月25日)、かっぱ橋道具街へ行ったのだが、ここまで来て浅草寺に行かないわけにはいくまいということで行ってきた。夏休みも序盤だからか、思ったより人は多くなかったが、それでも外国人観光客でごった返していた。

そんな中、ちょっといい狛犬を見付けた。浅草寺には何度行ったか分からないぐらい行っているが、この狛犬にはついぞ気が付かなかった。何しろ境内は広いし、人が多すぎる。

狛犬がいたのは、浅草寺の末社(と言っていいのだろうか?)恵日須大黒天堂。本堂の右隣(向かって左)に金龍権現・九頭龍権現の小さな祠があるが、その近くにある。ゆっくり見ている時間がなかったので(暑かったし・・・)、銘などは見付けられなかったが、たぶん江戸時代中期ごろじゃないだろうか。
浅草寺恵日須大黒天堂の狛犬
向かって右側。
浅草寺恵日須大黒天堂の狛犬(右)
左側。
浅草寺恵日須大黒天堂の狛犬(左)
このお堂自体もなかなか面白い。扁額には「恵日須/弘法大師作/大黒天」と書いてある。なんと、空海が作った(とされる)石像である。
浅草寺恵日須大黒天堂扁額
石碑にも弘法大師作とある。この石碑は天保15年(1844年)に建てられたものらしい。
石碑
で、中に入っている恵比寿・大黒天像は・・・
浅草寺恵日須大黒天像
金網のせいでうっすらとしか見えない。立て札の説明書きによると、延宝3年(1675年)に浅草寺に奉納されたものだという。空海作ってのは、マアあれだ。

しばらく散歩して浅草神社の方へ行ったら、猿回しやってた。犬と猿に同時に出会えるとは縁起がいい。投げ銭奮発しておいた。
猿回し
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

8月のトルコ旅行のとき、飛行機を乗り継いで、まず最初に行ったのはカッパドキアだった。ホテルの前でバスを降りたら、いきなり犬がやってきた。人に対して全く警戒していないので、ホテルの飼い犬かと思ったら、野良ちゃんだった。

その時は夜だったので、気にしなかったが、次の日、町を歩いていると、いたるところに犬がいる。台湾やベトナム、中国福建省も野良犬が多かったが、ここはその比ではない。いたるところにゴロゴロしている。
カッパドキア犬

田舎だからかと思ったらそうではない。大都市、イスタンブールにもたくさんいる。
イスタンブール犬

人間がいてもお構いなし。
イスタンブール犬2

トルコの野良犬は、総じて大人しく、人に向かって吠えているところを見たことがない。それどころか、子供が豪快に投げて遊んでいるのを見た。それでも噛むどころか吠えもしないのだから大したものだが、それは投げるものではない。

上の二枚の写真をよくご覧いただくと分かるが、イスタンブールの犬は耳にピアスをしている。ガイドさんに聞いたところ、これは予防注射をしているという印だそうだ。つまり、公的に保護された野良犬なのである。

犬も多いが猫も多い。ごく普通の猫だが、食うものはいくらでもありそうなのに、何故か日本の野良猫よりも小さく痩せている。これまた、人を全く恐れている気配がない。

これはトプカプ宮殿の中にいた猫。隠れているつもりらしい。
トプカプ宮殿猫

こちらは、かつてオリエント急行の終着駅だった駅にいた猫。ベンチに座っていたら寄ってきて妙なポーズをとり始めた。誘惑しているつもりだろうか。上のと似ているが別猫である。
駅猫

カッパドキアは「美しい馬の地」という意味のペルシャ語に由来している。もともと優秀な馬の産地だったそうだ。今でも馬を飼っている牧場がある。
カッパドキア牧場

白馬非馬。
カッパドキア馬


そろそろ珍獣をご覧にいれよう。これはトルコにはどこにでもいる烏である。なんと、白と黒のツートンカラー。カラスの常識を覆すカラスである。
イスタンブール烏

イスタンブール烏2

前に紹介したカササギ(フランスで七夕鳥:2011年08月06日参照)やオナガなど、カラスの仲間で黒一色でないのは珍しくない。だが、それらは「言われてみればカラスかな」という程度で、あまりカラスっぽくない。これは、ハシブトガラスなどと比べると、スマートだが、どこからどうみてもカラスでありながら、ツートーンというところがすごい。

ついでにオマケ、狛犬のようなもの。イスタンブールの考古学博物館にて。
狛犬のようなもの
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

池上線の御嶽山駅という印象的な駅名のもとになったのが、御嶽神社である。駅名になっているだけあって非常に近く、駅から歩いて数分で着く。

「御嶽神社」と書かれた石碑と、鳥居の比率がどう考えてもおかしい。書かれている字も、石に対してデカすぎるので、ものすごい迫力だ。

御嶽神社鳥居

この「御嶽神社」、僕は「みたけじんじゃ」と読むものだとばかり思っていた。ところが、御嶽山駅のエントリで「おんたけじんじゃ」ではないかと言われて調べてみたら、たしかに公式サイトに「ootaku ONTAKE shrine」と書いてあった。

大田区御嶽神社

中世文学が専門なので、御嶽といえば吉野の御嶽神社(金峰山)を想起してしまうのと、この神社の隣に「みたけ幼稚園」があるので、「みたけ」だと思い込んでいたのである。実際は、金峰山にルーツを持つ神社は「みたけ」で、木曽御嶽山にルーツをもつものは「おんたけ」と読むらしい。

木曽御嶽山の御嶽信仰は金峰山に影響を受けたもので、江戸時代以降、庶民の信仰を集めたという。山岳信仰なので、ここには狼型の狛犬がいることが予想できる。

さて、鳥居をくぐると、まず大きな狛犬が目に入る。丁寧に柵に入っている。

御嶽神社(参道狛犬右)

御嶽神社(参道狛犬左)

とてもいい細工だと思うが、足をみると石材が剥がれ落ちているのが分かる。砂岩のような柔らかい素材でできているらしい。台座には慶応三年(1867)とあるように見えるのだが、狛犬と材質が違うので、もともとのものかどうかは分からない。

本殿の手前にもう一対の狛犬がいる。これが狼型狛犬である。

御嶽神社(本殿)

古そうに見えるが、いつのものかは分からない。壊れていてよくわからないが、チョコレートみたいな謎の物体を咥えているのと、狼なのに右には角があった形跡があるのが珍しい。
御嶽神社(本殿狛犬右)

御嶽神社(本殿狛犬左)

狼型と言っても、狛犬に興味のない人からすると、犬にしか見えないかもしれない。おそらくこれを作った人も犬を参考にしたはずなのでそう見えるのは仕方がない。だが、ちゃんとオオカミである工夫をしている。

その一つは肋骨だ。上の写真をよく見ると、脇腹にスジが入っているのが見える。犬型の狛犬にはこれがない。もう一つは牙で、これも犬の場合は表現しない。

狼型は山岳信仰の神社でよく見られる。「浅間神社」や「御嶽神社」なら狼型である可能性が高いので、要チェックである。

この本殿を右に回ると、もう一つ小さな神社(末社という)があった。大鳥神社となっている。ここにもなかなかいい狛犬がいた。

御嶽神社(末社大鳥神社)

御嶽神社(大鳥神社狛犬右)

御嶽神社(大鳥神社狛犬左)

なぜか上目遣い。ただ、この置き方はちょっとおかしい。本来向かい合っていたのではないだろうか。

後ろ姿もキュート。

御嶽神社(大鳥神社狛犬背中)

この狛犬にも台座に銘があるが、崩れていて「天」ぐらいしか見えない。

<つづく>
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

さて、昨日のエントリ(岩木山神社:2013年08月07日)の続き、岩木山神社の狛犬である。

岩木山神社(楼門)

岩木山神社の狛犬は、この楼門の手前に写っている一対と、玉垣の裏に一対、そして楼門をくぐったところに一対いる。順番に紹介しよう。

まず楼門の前の狛犬。台座に「紀元二千六百年」とあるので、昭和15年(1940年)に作られたものと分かる。

岩木山神社の狛犬(昭和15年製左)岩木山神社の狛犬(昭和15年製右)

この時代のものらしく、なかなか立派な狛犬だが、これはあくまで前座。

主役はこちら。楼門の階段を上がったところの玉垣の裏にいる。

岩木山神社の狛犬(玉垣左)岩木山神社の狛犬(玉垣右側)

玉垣にへばりついている、名状しがたい狛犬のようなもの。ちゃんと阿吽になっていて、左は逆立ちである。こんなのは他に例を見ない。
別の角度から見ると、長い尻尾が生えているのが分かる。

別の角度から見た岩木山神社玉垣の狛犬


とりあえず真似してみた。本当は左の真似もしたかったのだが、一歩間違えると大けがしかねないのでやめた。

真似してみた


銘がないので、いつ、だれが作ったものか定かではないが、売店にあった説明書によると、貞享3年(1687)から元禄7年(1694)の大造営の際に作られたものと考えられているらしい。

さて、楼門をくぐったところにも一対の狛犬がいる。こちらは台座に銘があり、明治21年(1888年)に作られたことが分かる。
なかなかユニークな顔をしている(特に笑っているようにしか見えない阿形)が、さっきのインパクトが強すぎてあまり写真を撮らなかった。ごめんなさい。

岩木山神社の狛犬(明治21年製左)

(明治21年製右)


お参りも終わったし、それじゃあ駐車場に戻りましょうと参道を歩いていたら、途中にあった末社(出雲神社)で妙なものを発見した。

岩木山神社末社の名状しがたい狛犬のようなもの

なんと、狛犬がいるはずのところに恵比寿・大黒である。左側の恵比寿さんが持っている釣竿は、本物の竹になっているのが面白い。

恵比寿大黒

出雲大社の祭神は大国主なので大黒様(ダイコクが音通するため。本来大黒天はインドの神様)は分かるが、恵比寿はなぜだろう。単純にコンビとみなされているのか、あるいは「えびす」が「蝦夷」を意味しているからかもしれない。いずれにしても、こんなふうに狛犬然として置かれているのを見たことがない。

さて、狛犬ではないが、一の鳥居の左右にアイスを売っているおばさんがいた。「ちりんちりんアイス」というそうだ。

ちりんちりんアイス売り

秋田のババヘラ同様、おばちゃんがヘラで盛り付けてくれる。ここでは二種類(リンゴとパイナップル)のシャーベットを大盛りにして100円だった。

この日はやたらと暑くてうまかったが、まだ梅雨が明けていなかったので、前の日までは全然売れなかったそうだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

7月29日から8月1日にかけて、ヨメと津軽地方を旅行してきた。

津軽はかなり昔、自動車(自転車ではない)で一人旅したことがある。東京から関越自動車道で日本海側に出て、そこからは一般道で、新潟、山形、秋田、岩手、青森と旅した。どのくらい行っていたのか、よく覚えていないが少なくとも一週間は行っていたはずだ。

その時、津軽半島では金木の斜陽館(太宰治生家)に行ったのだが、ちょうど旅館から資料館に変わる工事中で入れなかった。平成8年に斜陽館を金木町が買い取り、復元して資料館としてオープンしたのが平成10年4月なので、行ったのは平成9年(1997年)の夏である。

その時立ち寄った、三厩というところにある義経寺の狛犬を撮ったのが、初めて撮った狛犬である。三厩の義経寺についてはあらためて書こうと思っているが、とりあえず僕にとっての思い出の狛犬を紹介したい。
義経寺の狛犬(左)義経寺の狛犬(右)

そのころは、よく分からないまま撮影したが、今見るとこの狛犬、いろいろ個性的だ。

まず、目玉が完全に穴として表現されている。こういうのは他にないではないが、ここまで彫らず掘らずともいいのにと思えるほど、深い穴が空いているのはちょっと見たことがない。

義経寺の狛犬(右アップ)

全体に彫りが浅く、全体の造形にもとの石の四角さが残っているのも面白い。尻尾のところなどは、四角いアクリルケースにでも突っ込まれたように見える。

義経寺の狛犬(右後姿)


台座に銘が彫られていた。作った人の名前はないが、明治35年の作。予想していたよりも古かった。
IMGP2439


この狛犬に会ったとき、僕は20代の終わりだった。大学院の博士課程を満期退学し、これからどうしようか悩んでいた時である。

僕は、たぶん何かを変えようと思って旅に出たのだろう。「たぶん」というのは自分でもよく分からないからである。

あれから15年が経つ。この後も何度か何かを変えようと思って旅に出たが、結局何も変わらなかった。まあ、旅に出たぐらいで何かが変わるぐらいなら苦労はしない。

ただ、それでも少しずつ楽にはなったと思う。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

井の頭恩賜公園(通称井の頭公園)の弁天堂には、なかなかすごいご面相の狛犬がいる。

この狛犬、いるのは知っていた。いつか撮りたいと思っていたのだが、天気が悪かったり、暗かったり、柵が閉まっていたりと、なかなか撮る機会がなかった。

一月一日、ようやく撮ることができたので、狛犬マニアの諸兄にお目にかけることとしよう。

この狛犬、台座の銘によると明和8年(1772年)5月に造られた。ちなみに目黒の行人坂大円寺を火元とする明和の大火は明和9年2月なので、その約半年前に造られたことになる。

まずは右。

井の頭狛犬右


井の頭狛犬右アップ


口を開けているためか、顔面を思いっきりパンチされてびっくりしているような顔である。

続いて左。

井の頭狛犬左

井の頭狛犬左アップ


こちらもパンチめり込み顔には違いないが、歯をぐっと食いしばっているので、なかなか立派な顔になっている。

時代がくだるにつれて、狛犬の意匠は派手になっていくが、この時代はシンプルなものが多い。下の写真は右の後姿。このように尻尾が立っているのも、この時代の特徴である。

しっぽ


弁天堂からもっとも近い公園の出口を出たところに、ちょっと珍しい石像がある。

宇賀神


宇賀神(うがじん)という神様で、人面蛇身の異様な姿をしている。弁天様の頭の上に乗っていたりして、弁財天と習合しているが今一つ由来の分からない神様である。

ちなみに、こちらは狛犬より古い明和4年の作。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

東京都大田区にある磐井神社はそれほど大きな神社ではないが、延喜式内社である。ここの狛犬がなかなかユニークなので紹介する。

まず、右。
磐井神社の狛犬(右)

こちらは左。
磐井神社の狛犬(左)


どこがユニークか分かるだろうか。

興味のない人には分からないかもしれないが、子獅子の数が多いのである。

右の前足に二匹じゃれていて、尻のあたりに一匹乗っかっている。左にも足元に二匹、背中の高いところに一匹いる。合計六匹。

もちろん、子獅子そのものは珍しくない。狛犬は右がメス(獅子)で左がオス(狛犬)になっていて、右のメスに子獅子がいることが多い。普通一匹、せいぜい二匹ぐらいで、ここまで子だくさんなのはちょっと珍しい。

なぜこんなに子獅子がいるのか分からないが、もしかしたら、奉納した人の子供が6人だったのかもしれない。

カメラがショボかったので、写りはイマイチだが、子獅子のアップを二枚ほど挙げておく。

磐井神社の小獅子(右の足元)


磐井神社の小獅子(左の背中)


彫りがとてもいい。動きが感じられ、狛犬・子獅子ともに表情が生き生きとしている。台座の銘も立派な隷書で、誰が書いたか分からないが、明治14年とある。石工は高橋安五郎なる人物。

磐井神社狛犬の銘


磐井神社の境内には、笠島弁天社という神社があるのだが・・・。

笠島弁天社立ち入り禁止"


なんと地震で鳥居が壊れかけていて、立ち入り禁止になっていた。とりあえず、鳥居だけ撮ってきた。

笠島弁天社鳥居
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

先月の終わりに戸隠神社に行ってきた。戸隠神社は、宝光社・火之御子社・中社・九頭龍社・奥社の五つからなり、火之御子社以外には狛犬がいた。なかなかいい狛犬だったので紹介しよう。

まず、宝光社の狛犬から。

戸隠神社宝光社の狛犬

それほど古いものではないだろうが、明らかに頭がでかくて、写真に撮るとパースがおかしくなる。顔をよく見ると、立派なキバも付いていてなかなか迫力のある狛犬だが、いかんせん胴体がナサケナイ。頭に比べて胴体が小さいだけでなく、造型もやや甘く見える。

こういう頭ばかり迫力がある狛犬というのはときおり見かける。頭から作って、胴体を彫るときには納期に間に合わなくなってしまったのだろうか。

逆光で頭をドアップにしたら、なんとなく夏らしい写真になった。そこで、これを今月の壁紙にする。

戸隠神社宝光社の狛犬 1024×768
戸隠神社宝光社の狛犬 1280×1024

次は中社。

戸隠神社中社の狛犬

手前の狛犬は、おそらく江戸時代のものだろう。非常に端正な狛犬である。後ろのは狛犬マニアには好かれない大量生産の昭和タイプ。こうして並べてみると、狛犬マニアでなくても、手前の狛犬には造形的な美しさがあるのが分かるだろう・・・って分かんないかな、やっぱり。

最後に奥社。

戸隠神社奥社の狛犬

狛犬マニアでない人には珍しく思われるかもしれないが、これは獅子山系といい、それほど珍しくはない。獅子山とは、石造の獅子が遊んでいる岩山のことで、この獅子は奥社の狛犬のように尻を上げているものが多い。

ちなみに、後ろに映っている社殿は奥社ではなく九頭龍社である。奥社は九頭龍社の向かって右側にある。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

いよいよブログ強化月間も終盤に入り、ネタ切れしてきたので、自分語りでもしよう。

このブログを継続して読んでいる方は、中川はなんと多趣味なんだろうと思う方もいるかもしれない。どれも半可通なのだが、多趣味には違いない。

これらの趣味は一見ばらばらだが、実はつながりがある。

始まりは狛犬だった。僕は国文学を専攻する学生で、その関係で、いろいろな神社仏閣に行った。そこで、狛犬に個性があることに気づいたのである。

それまでは、狛犬というのは、せいぜい稲荷の狐と普通の狛犬だけだと思っていた。ところが、狼(浅間神社・御嶽神社)、猿(日枝神社)、牛(天満宮)、兎(調神社)など、いろいろな神使が狛犬代わりに置かれていることを知った。

そのきっかけになったのが、板橋区桜川の御嶽神社にいる狼型。これに関しては、だいぶ前に書いた(狛犬との出会い:品川武術倶楽部)ことがあるので省略する。その後、みな同じと思っていた普通の狛犬にも個性があることが分かった。

そこで、僕は狛犬の写真を撮ることにした。本来なら、由来などを調べる方に走るところかもしれないが、本業が調べることなので、どうもそちらには食指が動かなかった。で、どうせ撮るなら美しく撮りたい。そこで写真にはまった。

狛犬は動かないから簡単に撮れると思ったら大間違いだ。なにしろ、必ず二体いる。それも、薄暗い場所にいることが多い。右に光が当たっていれば、左は真っ暗だったり、両方真っ暗だったり、なかなか難しい。どんなに暗くても、ストロボを当てれば撮れることは撮れるのだが、平板になってしまい、狛犬の魅力を引き出すことはできない。

そんなわけで、CONTAX G1を買った。一眼レフでなく、レンジファインダーのカメラにしたのは、小さいことと、幼稚園などが併設されていることが多い神社やお寺で、怪しまれないためである。

僕はそれまで、コンパクトカメラしか使ったことがなかった。それに比べたら、このカメラで撮った写真はとても美しく見えた。

さらに、写真を撮るという行為そのものが楽しくなった。そこで、なぜかクラシックカメラにはまりだした。

クラシックカメラは高い。本当はライカやコンタックスがほしかったが、金がないので、もっぱらソ連・ロシア・東欧のカメラとレンズを買った。これらのカメラは、なにしろ共産圏のものだから、質感はチープだったが、単純構造のせいか意外と故障がなく、レンズは東ドイツの技術を受け継いでいるので、写りはなかなかいいし、その気になれば、ライカやコンタックスのレンズを付けることもできる。

それからしばらくたって、デジカメの時代が来た。僕はそれに抵抗して銀塩カメラを使い続けたが、時代の波には勝てず、ついにデジカメを使うようなった。デジカメの一眼レフを買ったのは去年の五月である。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

camranyさんからお題いただきました。

狛犬撮影をしていて、最大の敵は雨である。もともと薄暗いところにあることが多いのに、より暗くなってしまうし、なんといっても移動がしにくいからである。だから、狛犬目当てで行くときは、晴れの日を選ぶ。

しかし、雨が似合う狛犬というのもある。もちろん雨を狙ったものではなく、旅先でたまたま雨が降ってしまったものだ。
#写真はすべてクリックすると大きくなります。

たとえばこれ。つい最近撮ったもので、箱根神社の狛犬(6月23日のエントリ参照)である。

箱根神社の狛犬1

箱根神社の狛犬2(後姿)

箱根神社の狛犬3(アップ)

全身苔むしていて、なにやら哲学者のようだ。

いつ作られたものか、苔で全く読めなかったが(おそらく、幕末か明治だろう)、こいつにはそんなことは関係ないんだろうな。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ