タグ:魯迅

日本人にとって紹興といえば紹興酒だが、魯迅の故郷でもある。で、魯迅といえば、多くの人が中学生時代に国語の授業で読んだ「故郷」だろう。なにしろ、中学3年生用の教科書で「故郷」が入っていないものはない。紹興は「故郷」の舞台である。

魯迅『故郷』(井上紅梅訳):青空文庫

上のリンクは井上紅梅による青空文庫のものだが、以下の訳は、岩波文庫『阿Q正伝・狂人日記(吶喊)』(魯迅作 竹内好訳)によるもので、教科書に取り上げられたものと同じある。

物語は、主人公が船に乗って故郷に帰るシーンから始まる。

きびしい寒さのなかを、二千里のはてから、別れて二十年にもなる故郷へ、私は帰った。
もう真冬の候であった。そのうえ故郷に近づくにつれて、空模様はあやしくなり、冷い風がヒューヒュー音を立てて、船のなかまで吹きこんできた。苫のすき間から外をうかがうと、鉛色の空の下、わびしい村々が、いささかの活気もなく、あちこちに横たわっていた。
この船、どんな船だろうか。終わりの方では、こんな描写も出てくる。
母と宏児とは寝入った。私も横になって、船の底に水のぶつかる音をききながら、いま自分は、自分の道を歩いているとわかった。
僕が初めてこれを読んだ時には、小型漁船ぐらいの大きさだと思っていた。なにしろ大人二人と子供一人が寝られる大きさである。ところが、現物はこんな感じ。
船
僕のカヤックよりちょっと大きい程度のボートである。よく見ると、カマボコ型の部分が竹か何かで編まれたカゴのようになっていて、現物を見ると「苫のすき間から外をうかがう(从蓬隙向外一望)」や「船の底に水のぶつかる音をききながら(听船底潺潺的水声)」という意味がよく分かる。

上の写真は、泊まったホテルの中庭にあった一種の置物だが、一歩外へ出ると、観光用として今でも乗ることができる。乗ったことはないが、これなら苫のすき間から外をうかがうことも、寝転がって水のぶつかる音を聞くこともできそうだ。
観光船

主人公の故郷の家の入口は、こう描写されている。
明くる日の朝はやく、私はわが家の表門に立った。屋根には一面に枯草のやれ茎が、折からの風になびいて、この古い家が持ち主を変えるよりほかなかった理由を説きあかし顔である。

魯迅故居表門
ここから家の屋根は見えないので、この「屋根」とは家の屋根ではなく、門の屋根である。原文では「瓦楞」となっていて、これは瓦が並んでいる部分のことらしい。

主人公と閏土が初めて会うのは、台所である。
ある日のこと、母が私に、閏土が来たと知らせてくれた。飛んでいってみると、かれは台所にいた。
別れるのも台所。
閏土も台所の隅にかくれて、いやがって泣いていたが、とうとう父親に連れてゆかれた。
で、その台所がこれ。
台所
たしかに隠れたくなる感じがする。

閏土の田舎での生活の話を聞いて、驚嘆する都会っ子の主人公。
閏土が海辺にいるとき、かれらは私と同様、高い屏に囲まれた中庭から四角な空を眺めているだけなのだ。(闰土在海边时,他们都和我一样只看见院子里高墙上的四角的天空。)

印象的なシーンだが、これも日本人にはちょっとピンと来ない。日本の家のほとんどは屏に囲まれていないし、囲まれているほどの家は、大邸宅だから空は四角くない。

しかし、ほとんどの中国の家は高い屏で囲まれている。その上、魯迅の家は幅が狭く奥行きのある敷地に、中庭を挟んで、家がいくつも並んでいる形式なので、中庭の空はたしかに四角く見える。
屏 

この物語には、二回帽子が出てくる。
つやのいい丸顔で、小さな毛織りの帽子をかぶり、キラキラ光る銀の首輪をはめていた。
頭には古ぼけた毛織りの帽子、身には薄手の綿入れ一枚、全身ぶるぶるふるえている。

前者は子供のころの閏土、後者は大人になって再会したときの閏土である。この対比によって、閏土の変わりようがわかるのだが、この「毛織りの帽子」は原文では「毡帽」となっている。黒い厚手のフエルトでできた、この地方独特の帽子である。
烏毡帽をかぶったオッサン
僕もかぶってみた。
かぶってみた
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

以前、友人に「今、中学校で何を教えているの?」と聞かれて、魯迅の『故郷』をやっていると答えると、彼は「ああ、サスマタ・チャーだろ」と言った。

なにやらどこかの国の人名みたいだが、武器の刺叉とチャーという動物の名前である。面白いことに彼は『故郷』のストーリーをろくに覚えておらず、チャーを刺又で突くシーンだけは鮮明に覚えているという。

「今は寒いけどな、夏になったら、おいらとこへ来るといいや。おいら、昼間は海へ貝殻拾いに行くんだ。赤いのも、青いのも、なんでもあるよ。『鬼おどし』もあるし、『観音様の手』もあるよ。晩には、父ちゃんとすいかの番に行くのさ。おまえも来いよ。」
「どろぼうの番?」
「そうじゃない。通りがかりの人が、のどが渇いて、すいかを取って食ったって、そんなの、おいらとこじゃ、どろぼうなんて思やしない。番をするのは、穴ぐまや、はりねずみや、チャーさ。月のある晩に、いいかい、ガリガリって音がしたら、チャーがすいかをかじってるんだ。そうしたら、手に刺叉を持って、忍び寄って……。」
 そのときわたしは、その「チャー」というのがどんなものか、見当もつかなかった――今でも見当はつかない――が、ただなんとなく、小犬のような、そして獰猛な動物だという感じがした。
「かみつかない?」
「刺叉があるじゃないか。忍び寄って、チャーを見つけたら突くのさ。あん畜生、利口だから、こっちへ走ってくるよ。そうして、またをくぐって逃げてしまうよ。なにしろ、毛が油みたいに滑っこくて……。」(竹内好訳・原文は故郷:亦凡公益図書館参照)


ここでは片仮名にしたが、「チャー」には「猹」という漢字があってちゃんとunicodeにも入っている。ところがこの動物、「故郷」にしか出てこない。

この漢字は新華字典にもちゃんと載っていて、

猹cha2 貛類野獣,喜歓吃瓜(見于魯迅小説《故郷》)


とある。

亦凡公益図書館の電子テキストの注によると、この漢字は魯迅が創作したもので、魯迅自身どういう動物か知らないらしい。発音がchaの二声だと分かるのは、魯迅が「査」のような発音だといっているからである。文字を作った本人も正体が分からないのに、「貛」に似ているとか、瓜を好むとかまことしやかに書いてあって面白い。

他の辞書も調べてみたが、おおむね同じで、おそらく新華字典から取っているのだろう。ちなみに、日本の漢和辞典でも、僕の電子辞書に入っていた漢字源にはちゃんと載っていて、

貛(カン)(あなぐま)に似た獣。うりを好む。魯迅が小説「故郷」で創作した字。


とあって、やはり新華字典を踏襲しているようだ。

それにしても、これは、どう考えても「故郷」にしか使われない字である。こういう字ってUnicodeにどのくらいあるんだろう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr



伝説の日中文化サロン上海・内山書店 (平凡社新書)を読んだ。

内山書店といえば、神保町の内山書店である。

今はどうか分からないが、学生時代、ここの二階で本を探していると、何故かかならずお茶が出た。お茶が出る古本屋というのはいくつかあったが、それもなじみ客がイスに座ったときぐらいで、買おうが買うまいが誰彼なくお茶を出していたのはこの店ぐらいだろう。

立って片手に本持っているときでもお茶を入れてくれるので、こぼしたらどうしようと冷や冷やしたものだ。

当時お茶を出してくれたのは、かなり高齢のおばあちゃんだった。この方、実は内山完造の養女で、東京内山書店創業者にして完造の弟、内山嘉吉の奥さんなのだが、そのときはそんなことは知らなかった。

あるとき、いつもお茶を出してもらって悪いので本を買った。何を買ったかは覚えていない。お金を払うと、おばあちゃん、レジのボタンを押した。すると、

チーン!

という音ともに、おばあちゃんが転んでしまった。一瞬何が起こったかわからなかったが、よく見るとあの引き出しみたいな部分が、社長のお腹に当たったのである。あわてて助け起こしたのを覚えている。

さて、この本によると上海内山書店では、奥にお茶が飲めるスペースがあり、そこに多くの文人・文化人・学生が集まったという。やはり誰彼となくお茶を出していたそうで、あのお茶はその名残だったらしい。

僕はこの本を読むまで、漠然と上海内山書店が日中文人の交流の場だったということしか知らなかった。上海の内山書店跡にも行ったことがあるが、銀行の壁にプレートが貼られているだけなので、ああここかという程度のものだった。

しかし、実際にはそんな生易しいものではなかったのである。この本には「伝説の日中文化サロン」などと暢気な題名が付いているが、革命家、スパイ、軍隊が跋扈する、魔都上海を舞台にしたノンフィクションサスペンスである。

それにしても、ここに描かれる内山完造の人物像は魅力的である。内山完造は、よく日中友好の架け橋などといわれるが、そんな安直な言葉では表せない。この時代に、こんな芯の通った日本人がいたとは、溜飲が下がる思いである。

分かりやすく言うと、ゴルゴ13的なかっこよさ。あ、よけい分かりにくかったか?すみません。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

上海市の中学・高校アンケート 最も好きな作家は魯迅

ちょっと「本当かよ!」とか思ってしまうが、上海なら魯迅が最後に住んでいたところだし、日本の高校生よりもはるかにエリート意識が高そうだから、こうなってもそんなに不思議じゃないのかもしれない。日本で同じアンケートを採ったら、漱石や鴎外は何位ぐらいになるんだろう。少なくとも1位じゃないことは間違いないと思うけど。

魯迅は日本人にもなじみのある作家である。なによりも特筆すべきは、その教科書に採用される作品数で、中学校では『故郷』が不動の小説教材三大定番の一つ(後の二つはヘッセ『少年の日の思い出(クジャクヤママユ)』と『走れメロス』)だし、高校現代文では『藤野先生』が多くの教科書に採られている。また、中学道徳の教科書にも魯迅の作品があったのを記憶している。

教材としての長さがちょうどいいのと、中高生に理解しやすいのが理由だろう。この二つを満たす短編小説は意外と少ない。しかしそれ以上に、イデオロギーばりばりの読み方ができる一方、日本人好みの情緒的な読みも許される普遍性の高さが教科書に採用される一番の理由ではないだろうか。

僕はどういうわけだか、ある一時期魯迅詣でをしたことがある。上海の魯迅記念館と魯迅故居、紹興の魯迅記念館と魯迅故居、東北大学(日本)を同じ年に回ったのだ。わざとそうしたのではなく、たまたま同じ年に重なったのである。残念ながら北京の魯迅記念館には一度も行っていない。

一番印象に残っているのは、紹興の魯迅故居。ここは『故郷』の舞台になった場所である。

この街は、いかにも江南らしく運河が縦横無尽に通っていて、『故郷』にもでてくる舟が多く行き交う。かなり観光地化されているが、それでも『故郷』の面影をしのぶことができる。

ああ、閏土の心は神秘の宝庫で、わたしの遊び仲間とは大違いだ。こんなことはわたしの友達はなにも知ってはいない。閏土が海辺にいるとき、彼らはわたしと同様、高い塀に囲まれた中庭から四角な空を眺めているだけなのだ

僕はこの一節を思い出して、中庭から空を眺めてみた。なるほど四角い。魯迅故居は奥行きがあるわりには幅が狭く、塀が異常に高いのである。今度行くときには20mmぐらいの超広角レンズを持っていこうと思った。

魯迅少年になったつもりで、感傷に浸っていたら、閉館時間まぎわになってしまった。といっても時間を過ぎたわけじゃない。まだ5分は合ったはずだ。それなのに、門を出ようとしたら、なんと閉まっているじゃないか。

開けろコラー!有〜人〜!(合ってるのか?この中国語)

魯迅故居の台所写真は紹興市、魯迅故居の台所。『故郷』で最初に「わたし」と閏土が出会った場所。
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

↑このページのトップヘ