お見パ日記

2005年11月26日

ハニワさんと

今日、ご近所OLハニワさんとご飯を食べに行きました。

正直、もう顔はすっかり忘れていたのですが
待ち合わせの場所に現れた彼女は
正直かわいかったです。

目がパッチリしていて、
服装もセンス良く、
笑顔はすごくかわいかったのです。が、、、

近くでよく見ると
お肌が。。。

彼女曰く、今年29歳らしいのですが、
近くで見ると、もう30代後半のようでした。。。

年齢をごまかしてるのかと思い、
間接的に年齢がわかるような質問をしてみたのですが、
やっぱり29歳のようです。

話もこれといって楽しくもなく、
もういいや。と思って
私の最近の愚行を洗いざらい話しました。

なので、たぶん、もうダメでしょう。

やっぱりお見パって難しいですね。
短時間しか話する機会が無いので、
どうしても見た目が8〜9割になっちゃって
なかなか気の合う人とは出会えないですね。



2005年11月23日

美人コンパ

先日のお見パでメルアドをくれた
ちょっと年上の女性・門田さんとコンパでした。

約束通り3on3でのガチンコ勝負です。

彼女達は同じ職場の同期ということなのですが、
派遣社員ということもあり
彼女達の間で歳の差がありそうでした。

その中で34歳の門田さんは、
後の2人と比べてちょとお年を召している感がありましたが、
ナント、美人さんなんです。
背は低いんですけど。

何でお見パの席で全く話をしてない私に
メルアドをくれたのか疑問です。
よっぽど彼女の狭い好みのツボにはまっていたんでしょうね。
そうじゃないと、お見パの席で
たくさん誘いがあったでしょうから
普通そっちに行くと思います。

う〜ん。
何ででしょう。

美人でモテモテそうなだけに不思議です。。。


で、コンパはと言いますと、
私の友人が途中からかなり飛ばしていたので、
正直、彼女達の印象は薄いです。
いや、私が酔ってあんまり覚えてないだけなのかも。。
とにかく、彼女達のことはあんまりわからないままでした。
特に美人・門田さんは大騒ぎしてた私の友人と
一番距離が離れてたからなのか
そんなに活発に話をしてなかったように見受けられました。

帰り際、彼女がチョコをくれました。
これも私がチョコを自分で買うのがはずかしいと
メールに書いていたからでした。

この手、使えますね( ̄ー ̄)


そして、帰ってから「楽しかったよ」メールを送ったんですが、
彼女からの返事がなかなかなくて、
お見パで知り合った女性とは
2回目以降出会うことができないというジンクスに
またも当てはまって
今回もダメか〜。
と諦めて寝ました。



しかししばらくしてから、彼女から返信がありました。
「今日は楽しかったです!!
 ほんま、また行こうね〜」と。

やった!

これでジンクスもうち破れました。
しかも相手は美人ですよ!!

でも、まだ不安要素が、、、
ひょっとしたら、今回のコンパでは
私があんまり話してなかったから
いけたのかも。。。

その可能性は十二分にあります。。




2005年11月19日

忘れさられてなかった

先日のお見パで出会った
門田さんとは別の、メルアドをもらった女性、ハニワさん。

ハニワさんって!
って思うでしょうけど、そのとおり。そうですよね。
おかしいんですけど、名前がわかんないんです。
正確には、聞いたけど忘れました。
それで適当に仮名を名付けました。

昨日の日記でもう一人の方に行っておけば。。
って書いてましたけど、そのもう一人の方がハニワさんです。

お見パのあった日にメールして以来、
ちょうど一週間が経った今夜、久しぶりにメールしてみました。

もう返事してくれないんじゃないかと思っていたんですが
無事返信してもらえました。

良かった〜(=^_^=)

今日のメールで分かったんですが、
彼女とは職場がすごく近いです。
電車では一応隣駅なんですが、
私の職場は二つの駅の中間地点近くにあるので、
2番目に近い最寄り駅といったところでしょうか。
所要時間は徒歩で約10分です。

これならちょっと空いた時間ができれば
すぐ食事に行けそうです。

思い切って連絡とってみて良かったです。




2005年11月18日

どーりで

先日のお見パでメルアドをもらった3人の内の1人、
門田さん。

彼女とコンパをする日が決まり店を予約しました。
その報告と待ち合わせの時間と場所を
彼女に連絡すると、
「ありがとう」という返事が送られてきました。
そしてその後に、「プロフィール教えて。」と。

先日のお見パで
門田さんからメルアドをもらったのですが、
彼女とは全く話をしてないので
何もわからないんです。
でもたまたま私の友人が
彼女とお見パの席で話をしたらしく
それを頼りに彼女のメルアドに
連絡をすることにしたんです。

そして、彼女から「年齢とか教えて。」と書いてあったので、
正直に「33歳」※と答えると引かれるかなぁ。
とちょっと迷ったのですが、
ここで正直に言ってダメやったらしょうがないか。
と腹をくくりました。
それに今月は食事会が多かったせいでお金もないですし、
正直に答えることにしました。

※このブログを始めてから
 1つ歳をとりました。

そしてそのメールに彼女のプロフィール教えて。
とも書いて送りました。
全く知らない相手なので、年齢を聞くのは失礼かと思い
敢えて年齢のことは聞かなかったんです。

すると彼女からそのメールに対する返信がありました。

見てみると、
「歳は34です。」と。


ガーン!

彼女を知ってる私の友人は彼女の年齢について
オブラートに包んだような表現をしていたのですが、
その理由が今やっと解りました。

1つ年上でも良いことは良いんですけどね。

でもそのメールには「1つ違いなんですね。」ではなく
「歳が近いんで良かったです。」と書いてあったので、
学年は2つ上の可能性が高いです。

は〜。

メルアドをもらったもう一人の方に行っておけば良かったです。
彼女とはメルアドをもらったその日しか連絡してないで
また復活させてみようと思います。
ちゃんと返信してくれるかなぁ?

いや、いや、
人によったら2つ上でも良いんですよ。
でも年齢に対するトキメキが。。。

悲しいかな、男は若い女の子が好きなんですよね〜。





2005年11月12日

お見パに行きました。

久しぶりにお見パに行きました。
正直、あんまり乗り気じゃなかったんですが、
友人がどうしても。というので仕方なく行く羽目になりました。

今回はお見パのチケットを購入するときの話から。。。

今回参加したお見パはチケットぴあでチケットを購入すると
会場でチケットを購入するより500円安いということで、
コンビニのチケットぴあのシステムを利用しました。

たまたま行ったコンビニのレジをお姉さんは
かわいい人だったので、もうお見パに行かなくて良いから
「この人で良い。」というか「この人が良い。」と思いました。
が、さすがにそういう訳にも行かず、チケットを申し込みました。
その申込みのコード票を読み込むと、
「お見合いパーティー」の文字がレジに表示されました。
その瞬間、そのかわいい店員さんは、
ぽっ。
と顔を赤らめました。
その表情を読み取った私も少しはずかしかったんですが、
ここで私がはずかしがったらダメだと思い。
無理矢理、堂々とした態度で彼女と接しました。
無事チケットを購入することはできたんですが、
かわいい子のいるコンビニは避けるようにしようと思います。

本題のお見パ話に入ります。

時期的にクリスマスに向けての彼氏探し(女性の立場)には
1〜2週早いかな。とは思っていたのですが
行ってみるとけっこうレベルは高かったです。

会場は大きい部屋と小さい部屋があり、
今回は小さい部屋の方に席があてがわれたので
少し不利でした。
大きい部屋と小さい部屋は自由に行き来できるんですが、
たくさん人が集まる大きい部屋から
わざわざ小さい部屋に来るってことは
気に入った人が小部屋にいるっていうことがわかった上でないと
なかなか来にくいんじゃないかと思います。
でも、その不利な条件にも関わらず、
女性から男性へのアプローチの時には、
二人の女性から同時にアタックされ、
ジャンケンになりました。
ジャンケンになるなんて、初めての経験です。
これは僕の運気も上がってきたなって。密かに思いました。

その後も順調に会話を重ね、最後の告白タイムの前に
アピールタイムという時間がありました。
アピールタイムというのは気に入った異性に
メッセージカードを渡すという儀式なのですが、
その間、皆目を開けたまま行動します。

この目を開けたまま。っていうのがくせ者で、
今回、私が話した女性はなぜか一カ所に固まっていて、
8人くらいの長テーブルの中に、4人も話をした女の子がいました。
それで、このアピールタイムのときにそのうち3人に
メッセージカードを渡したかったんですが、
まる見えですから、まさか、一人だけ渡さないというわけにもいかず、
かといって、8人中4人にカードを渡したら、
軽いやつというレッテルを貼られるような気がしたので
泣く泣く、このアピールタイムの時にカードを渡すのを諦めました。

でもその後の告白タイムの時は目をつむるので
ちゃんと3人ともにカードは忍ばせておきました。

そのせいもあって、今回の告白タイムのときのカードは
2枚しかもらえませんでした。
トホホ。。
全然運気は上がってなかったようです。

でもそれと別に教えてもらったメルアドもあるので、
今回獲得したメルアドは3つ。
そのうち1つはちょっと。。。。って感じだったので、
実質2つでした。

その2件にさっそくメールしてみて
「また食事行こうよ」という約束を取り付けました。
1人は1対1。
もう一人は3対3になりそうです。

今回のちょっと負け状態の原因は
明らかにアピールタイムに起因している思うんですが、
どうすれば良いのか。
結局答えは出ませんでした。
さっき書いた1対1で食事の約束をした女の子が
固まりの中の1人だったんですが、
他の3人にアピールしておけば、
4人からメルアドを教えてもらえたかもしれませんが、
軽いやつだという風に見られたら
1人もメルアドをもらえなかったハズ。
どちらが正解だったのか。。。
謎です。

今回「話したかったけど・・・」カードが4枚もらえたので、
少し丸坊主コンプレックスからも解放されました。
少しだけの理由は、ニット帽を着用していたからです。
もし帽子が無かったらどうなっていたのか。
帽子がなかっても大丈夫だったのかどうか、
ちょっとわからないんですけど、
帽子を被っておけば、見た目的には大丈夫ということで
少しだけ励みになりました。