ヤッチノさとしの北海道旅日記^^千客万来!!

北海道在住のヤッチノがお気に入りの旅行、温泉、グルメなどをいろいろと紹介します。

たんぽぽの群生地^^とクラゲの雲!

たんぽぽ1
  遠別から豊富の酪農地帯では、この時期になると所々で”たんぽぽの群生地”が見られます。たんぽぽは単体で見ると、どこにでもある決して珍しくない植物ですが、一面に咲いていると、なかなかの眺望となります。思わず綺麗だな〜と見とれてしまいます


たんぽぽ2
  一面の黄色い絨毯を2頭の鹿が連れ添って歩いていました。おそらくお腹が空いて山から下りてきたんでしょうが、そんなことを忘れるくらいほのぼのとした眺めでした
  このあと、鹿たちは僕らの方を見つめる訳ですが、そのとき自分は凍ってしまって、その表情を写すことができませんでした。正気に戻ってカメラを向けたときには、山に向かって飛び跳ねるところでした


利尻富士1
  北里から丸松に向かう途中で、風車と利尻富士を背景に撮ってみました。一番左の風車が回っていなかったので長居はしませんでしたが、たんぽぽの群生地がこの辺りにも点在していました。


利尻富士2
  最後にたんぽぽとは関係ありませんが、この日は利尻富士にクラゲのような雲がかかっていました。頂上に雲がかかる景色は何度も見たことがありますが、このような雲は遠別に来てからはじめてのことです


↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ 人気ブログランキングへ</a> </div> <div class=

道の駅「ウトナイ湖」^^の豚まん!

IMG_5061_1
  最近、仕事や家のことが忙しく少々バテ気味です。更新が滞り、今日もGWのネタですが、どうかご勘弁ください
  4月30日に国道36号線を南下し、道の駅「ウトナイ湖」(苫小牧市)に行ってきました。GW(4月30日)ということもあって渋滞を覚悟していましたが、天候の影響か、観光を自粛している人が多いのか、”サブロクセン”の流れは非常にスムーズでした。


IMG_5046_1
  苫小牧といえば、”ほっき”や”よいとまけ”、カレーラーメンですが、自分はそれよりも、数年前に一声を風靡した「駒大苫小牧高校」を思い出します。あの感動はマーくんに引き継がれていますが、チームの優勝は今年も厳しそう・・・


IMG_5042_1
  国の指定鳥獣保護区でラムサール条約にも登録されている「ウトナイ湖」です
渡り鳥の季節になると白鳥やマガンなどが飛来するようですが、この日は二羽のハクチョウが並んで眠って(まさか?大丈夫?)いるだけでした
  時期的にもう遅いのでしょうか?美唄の宮島沼に通っていたころが懐かしいです。


IMG_5055_1
  道の駅「ウトナイ湖」は平成21年にオープンしたため、室内はご覧のように清潔です。この写真にうつる床の電球は、まるで蛍のようでした。


IMG_5049_1
  この日のランチは、苫小牧では有名な「B1とんちゃん」の豚まんです
道の駅の店員さんが一生懸命宣伝していたので、食べてみることに・・・


IMG_5054_1
  これは、うまい!ボリュームも肉厚も自分好みで満足です。価格は300円ですが、もし立ち寄ることがあれば、是非食べてみてください。


↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ 人気ブログランキングへ</a> </div> <div class=

寒地土木研究所^^の千島桜が満開!

チシマザクラ1
  独立行政法人 土木研究所「寒地土木研究所」(札幌市豊平区平岸1条)に行ってきました。僕にとっては一度も聞いたことのない公の機関ですが、この構内に咲く千島(チシマ)桜は、とにかく可憐で、見事なくらい満開でした。


チシマザクラ3
  連休中(5/5)のため、予想以上に込んでいました。ここ数日天気が悪かったのと、ここの桜が満開だという口コミが直前で広がったからでしょうね。
  寒地土木研究所の千島桜は、今年で13回目の公開で、5月11日まで一般公開されるそうです。


チシマザクラ2
  道東や道北を中心に本州北部の山、南千島、サハリンに咲く北方の桜
「ソメイヨシノ」や「エゾヤマザクラ」に比べて花びらが小さく、可憐な感じがします。木々も最大で5メートルほどで、アンダーからの眺めもいいですよ。


チシマザクラ4
  桜並木の間に「精進川」という小さな川が流れています。川の流れを聞きながらの花見もいいもんですね。


チシマザクラ6

↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ 人気ブログランキングへ</a> </div> <div class=

豊岬の金比羅神社^^今回は夕陽も・・

豊岬1
  かつて、豊岬(とよさき)に住む漁師が流れ着いた金比羅様のお札(ふだ)を祭り、この地に神社と鳥居を建てたそうです。
  豊岬は、日本海でも波が高いで、それまでは何度も遭難事故が起きていました。ところが、金比羅様のお札を祭ってからは、不思議と船の遭難事故がなくなったそうです。


豊岬2
  一枚目が金比羅神社、そしてこれが金比羅神社の鳥居です。前回は昼の画像でしたが、今日は夕陽を交えての写真です。
  雲の照り返しがないのは残念でしたが、鳥居の間に夕陽を撮せたのがはじめてで、少しばかり感動しました。


豊岬3
  次回は少し離れたところから、斜め?度の角度で再挑戦したいと思っています。鳥居に夕陽が重なるのはいつごろなのかな?


豊岬4
  その後、地平線を歩いていると、夕陽が何とも綺麗ではありませんか?
この日は所要があって留萌からの帰りでしたが、家族にも見せてあげたかったです。


豊岬5

豊岬6
  前回の夏のドライブでは、頸椎椎間板ヘルニアの治療中に娘をおんぶして、この階段を降りてきました。どうやら冬期間は解体されるみたいです。
  車で金比羅神社に向かう方は、岬センターまで行かず、キャンプ場に向かう右斜道を通って港の方へ下ってみてください。駐車場もあるのでゆっくりできますよ。


↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ 人気ブログランキングへ</a> </div> <div class=

遠別で観た^^カモメの陸上がり!

カモメ1
  先週の日曜日に遠別町の海岸線をドライブしていると、ご覧のようなカモメの大群に出会いました。海の近くに住む者としては、陸に上がるカモメは珍しくありませんが、こうした光景を見ると天候の心配をしてしまいます。それは・・
 「カモメが陸に上がると雨が降る」、「カモメが陸に移動したら嵐の前兆」、「カモメが陸にあがると漁はできない」 
  という言い伝えがあるからです。実際にこの日は、雨模様でその通りの天候となりました


カモメ2
  自分の進行方向と同じ、南に向かって、しかも群れをなして移動し、少し休憩した後、また飛び立つという動作を繰り返しました。
  天候が悪いときは魚が海の深い部分に潜ってしまうので、この白いハンターたちは陸の虫を必死に探し、食べているのです。


カモメ3
  最後に、遠別の海岸線にあるサイロを背景にワンショット!
むむむ・・・天候が悪いので、望遠を家に置いてきてしまった
このカモメが海に出ると天気もよくなり、漁師さんも安心して漁に出るのでしょうか、今日は遠別のカモメくんを紹介しました。

↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ 人気ブログランキングへ</A> </div> <div class=

苫前町上平^^夫婦愛の鐘!

64daf3b5.jpg
  家に帰ってもパソコンが開けず、久々の携帯投稿です(^_^)v〜パソコンを開くと、モンスターがやってきて、パソコンを攻撃するのです。先日は5(%)のキーをえぐりとられました。 
  家の話はさておき、今日紹介するのは昨年立ち寄った苫前町上平の「夫婦(めおと)の鐘」です。観光雑誌に載るほど有名ではありませんが、ここから見える夕陽や天売・焼尻島はとても綺麗です。 この鐘を鳴らすと家庭円満、子孫繁栄のご利益があるそうですが、かみさんと長女は海に一直線!一人寂しく丘に登りました。


↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ 人気ブログランキングへ</A> </div> <div class=

幌延町^^ビジターセンター前の塔

IMG_4652_1
  降り積もった雪が解け、春の訪れを感じさせるオンネベツ川
稚内の帰り道、道道106号線からパンケ沼へ向かう途中に撮しました。(3月の終わり頃)
  最近、このような小さな川を眺めるのが習慣となっています。川が曲線になってたりすると、それだけで車を止めてしまします。


IMG_4637_1
  川の話はさておき、本日ブログで紹介するのは、「幌延町ビジターセンター」前に建つこの展望台です。以前から一度登ってみたかったのですが、なかなかお邪魔することがなく、今回パンケ沼に行く途中にようやくそれが実現しました。


IMG_4629_1
  地面から観るとこんな感じ・・・かなりの高さです
  この日は強風のため、登るのが怖かったです。階段の脇の高さも自分の身長より低く、飛ばされるのではないかと心配でした。


IMG_4630_1
  でも頂上に着くと、まずはビジターセンター右側に見える「長沼」


IMG_4634_1
  「オトンルイの風車群」(南西の方角だったと思います)


IMG_4635_1
  幌延町でいえば、東に位置する北進地区(北進の丘やトナカイ牧場があり、観光客も多い)が見えました。


IMG_4631_1
  今は閉鎖中の「幌延町ビジターセンター」ですが、今年は何度か足を運ぼうと思っています。中にはサロベツ原野に生息する野鳥や草花を調べられる資料がたくさんあるようなので、今から楽しみにしています
  塔から降りるときも飛ばされるような強風でした(蟹歩き・・・)


↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ 人気ブログランキングへ</A> </div> <div class=

夏のロングドライブ^^と写真道展!!

写真道展2
  昨年の7月24日に幌延町から枝幸町、雄武町とロングドライブに行ってきました。そのときはまだ遠別町ではなく、留萌市に住んでいたため、距離数でいえば、かなりの距離を走ったことになります。(家族も帰省中だった)
  夏のオホーツクの海や普段では観ることができない海を背景とした牧草ロール、牛の群れ、その他たくさんの草花撮ってきました。


それで、なぜこの季節に夏の写真なのかというと・・・実は

  
写真道展
  その日に撮した一枚が、この度の写真道展で入選しました。写真道展は今年で58回目となる歴史の深い写真展らしく、自分自身もびっくりしています札幌の道新ギャラリーで5月12日から17日まで開催、写真に興味のある方はご覧になってください。


写真道展3
  実際の写真はブログに載せませんが、この場面から草花に限りなく接近し、PLフィルターを使って青い空と面白い形をした雲を何枚も写しました。
  今はカメラ&ブログよりも子育てが趣味?なので、一生に一度の入選でしょうが、嬉しかったです(ブログの写真は2枚とも北海道枝幸町)


↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ 人気ブログランキングへ</A> </div> <div class=

宗谷岬からオホーツクへ^^流氷!

宗谷村1
  冬の宗谷岬を観光したあとは(いや〜ほんとに寒むかったです)、オホーツク海へ南下しました。時期が1月29日ということで、流氷はどうかな?と思っていましたが、たまたま通った漁港に流氷が広がっていてびっくり、久々で感動しました
  遠別に引越しするまえは、JRでゆったり行こう(観光パック)と思っていた流氷観光ですが、次回から車でもよさそうです〜さすがに網走・紋別は厳しいので・・・

 
宗谷村2
  かつては”海の厄介者”といわれた流氷群確かにこういった漁村のまちでは(漁にも影響するので)、そんな気がします。
  オホーツク海は日本海のような大きな時化や荒波がありませんが、港にこれほどの流氷があると大変です。


道の駅2
  流氷を観たあとは、道の駅でトイレ休憩オホーツクに慣れていないためか、寒さの影響でトイレが近くなっているのか、(コンビニも少ない)ここへ駆け込む観光客?が多数いました。
  冬期間は事務所自体も無人になるらしく、2,3枚のパンフレットを持って出てきました。


道の駅4
  道の駅に隣接するレストラン(食堂)です
  前回の枝幸町のこともあるので、おそらくやってないだろうと思いましたが、その通り・・・先客がすぐに食堂から出てきました。  どさん子ながら冬の北海道を実感


道の駅3
  猿仏村といえば猿払牛乳が有名ですが、いくら酪農が盛んとはいえ「牛乳ラーメン」とは恐ろしい感じがしますもしここで食べることになれば、もう一つの主要産業(ホタテ)のラーメンを選びたいです。


↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ 人気ブログランキングへ</A> </div> <div class=

冬のの宗谷岬^^に行っていました!

IMG_3605_1
  北海道を旅行する多くの人が、ここを目指してやってくるという「宗谷岬」
日本の最北端、北緯45度31分14秒の感動はやはり格別なものがあるのでしょうか。我が家は約2年半ぶりにやってきました。
  1月29日午後12時40分、気温はマイナス7度・・・北海道が一番寒いのはだいたい2月ですから、時期や時間帯を考えるとまだ暖かい方ですね。


IMG_3618_1IMG_3620_1
  頂上の「宗谷岬公園」を目指し、徒歩で登りはじめました。風が強くて飛ばされそうでしたが、2年ぶりの訪問ということで、頑張ってみました 

頂上に到着して


IMG_3621_1
 まずは、ここから宗谷岬を眺めることにしました。明治35年帝政ロシアのバルチック艦隊を監視するために建てられた望楼です。当時は列強の植民地時代、ここから天塩、音威子府と攻められていたら、今の北海道は・・・ぞっとします。


IMG_3623_1IMG_3624_1
  新聞等で知っていましたが、現在は老朽化のため頂上に登ることができません。


IMG_3625_1
  地平線と雲の間に青空が見える冬の眺望です。夏の眺めはこちらからどうぞ
宗谷観光その2


IMG_3630_1
  晴れた日にはサハリン(樺太)の南端、クリリオン岬の建物が見えると聞きますが、カメラでは微妙、双眼鏡をもってくればよかったです

望楼を降りて次は


IMG_3634_1
 昭和59年に起きた大韓航空機撃墜事件の慰留碑、「祈りの塔」です。当時の民間機事故としては最大級のもので、たくさんの方が犠牲になりました。小さい頃だったのであまり覚えていませんが、旧ソ連軍が領海に入った民間機を打ち落とすという痛ましい事件でした。


IMG_3622_1
  最後に最北端の灯台「宗谷岬灯台」です。留萌に住んでいた頃にお隣の増毛町に列車で旅をしましたが、そこの灯台も四角柱でした

【追伸】
 9日前の発生した東日本大震災により被災された方々とご家族に対して、心からお見舞い申し上げます。現地の方の生の声を聞くと、ことばにできないほど辛い気持ちになりますが、できることから協力していきたいです。


↓ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 地域生活ブログ 北海道情報へ にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ 人気ブログランキングへ</a> </div> <div class=

Blog Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
Profile
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ