長浜市のコバコ、引き続き基礎工事の様子です。


鉄筋を組み終わった段階で配筋の検査を受けます。
鉄筋だけでなく、サイコロ(鉄筋の被り厚さを確保する
ためのもの)の間隔などもチェックします。
IMG_3342



排水管が基礎部分を貫通する部分にはサヤ管を使用します。
排水管が直接コンクリートに埋まらないようにすることで何か
あった際のメンテナンスが可能となります。
IMG_3346


ウッドデッキ部分の独立基礎です。小さいですがきちんと
規定とおりの配筋を行います。
IMG_3355


そしていよいよコンクリートの打設です。こちらの現場は敷地の
状況からコンクリートポンプ車を使用。
1464


敷地の奥側からコンクリートを流し込んで、あともう少しというところ。
ベース部分が固まったら基礎の立ち上がり部分へと進みます。
1474



【FREEQ】HOMES-ROGO×y
バナー50×130