やわらぎの家づくりブログ

滋賀で木造住宅の新築・リフォームならやわらぎ住宅。まじめな家づくりで「いいね」と言っていただける暮らしづくりをお手伝い。

カテゴリ: 平屋

南川瀬の平屋住宅は先日、社内の完了点検を行いました。
社内完了点検では主に打ち合わせ内容と相違がないか、
排水管の水漏れがないかなど確認します。

1
2
ファサードはホワイト系の門型の部分がアクセントになって
います。片流れ屋根で、方位的にも将来太陽光発電を載せても
効率良さそうです。


3
門型部分の壁にはインターホンのカメラとポストを取付。雨でも
濡れることなく配達物を取りに行けます。


4
白い門型の内側はこんな感じに屋根がかかってます。
玄関ドアはYKKヴェナート。


7
天井に羽目板を使った玄関ホール。


8
玄関に付けたL型の手摺はカワジュン製です。


9
和室。地窓の上に押入れを設けています。その左側は床の間風
スペース。当社では現在圧倒的に大壁和室が多いです。


5
外から見た地窓はこんな感じです。


12
カバの無垢フローリング仕上げとしたリビング。1.5間の掃き出し窓
から十分な採光が確保できています。


6
ワイドな掃き出し窓の外側は屋根のかかるタイル張りの
テラスになっています。うらやましいスペースです。


10
11
リビングと和室は隣接しています。引き込みの建具でこのように
仕切ることができます。


13
ダイニングキッチン側。キッチンの向こうは脱衣室・浴室です。


14
キッチンは水ほうき水栓とスーパークリーンフード
(レンジフード)が好評で採用率が高いTOTO製。


15
洗面脱衣室。洗濯した物を干しに、勝手口からすぐに外へ出る
ことができる間取り。洗面化粧台もTOTO製。


16
洗面脱衣室には奥行きのあるサニタリー収納。


17
ユニットバスもTOTO製です。保温浴槽はもちろん
ほっカラリ床などが特徴です。このお宅は片引き戸を
採用されスッキリ。


21
トイレ。各メーカーの節水競争も以前と比べると
落ち着いてきたように思います。現在は防汚性・
清掃性の戦い?


18
分電盤はスマートコスモ。HEMSの中核機器AiSEGの計測ユニットを
内臓した分電盤です。(パナソニック製)


19
やわらぎの家は基礎断熱工法。床下の空気環境も考え
写真の給気口から床下へ空気を送り込みます。


20
床下の空気はこのスリットから1Fへ戻ります。
ゆるやかな空気の流れをつくり出すことで床下の空気の
淀みをなくします。


南川瀬の平屋住宅はもうすぐお引渡し。次なる平屋の
要望に応えるため、ベースとなる提案プランを準備中です。

バナー50×130


1
南川瀬の平屋住宅は内装クロス工事が終了していました。
電気工事の仕上げ途中で、空気清浄機等はまだ付いてません。
天井から生えている?のは換気システムの給気口の部分。


2
3
和室。床の間に押入れ、神棚を置く場所もあります。


4
5
外では暑いなか職人さんが床タイルの施工中でした。
一枚一枚丁寧に貼っていただいてます。


6
基礎の立ち上がり部分には弾性塗料を塗ります。意匠面もですが
コンクリートの中性化抑制にもなります。


7
エントランス部分。足場が外れてました。


8
足場が外れる前に樋の施工も完了。受け金具の
取付間隔などチェックします。受け金具の取付間隔は
一般エリアと多雪エリアとで変えています。
軒下の穴がたくさん開いた部分で軒裏の換気をします。


9
エコキュートの設置台。エコキュートは満水時相当な
重量になるため過去には年月が経って傾いたことも。
改善を繰り返し現在の施工方法となっています。


10
外では電気工事業者さんも頑張っておられます。
勝手口の照明の取り付け中。
2階がない分工事の進捗が早いように感じます。
次来るときには完成してるかも。


バナー50×130
次回、完成見学は9月10日・11日です。


1
連日猛暑が続きます。やわらぎ住宅では現場でも熱中症
に気をつけるための張り紙をしております。
さて南川瀬の平屋のお宅の進捗です。


2
天井の羽目板施工が完了した玄関ホールです。


3
他の部分はまだ下地の状態です。


4
こちらは天井埋込型空気清浄機の取り付け枠。


5
熱交換型の換気システム。お気付きかもしれませんが
天井下地は全て鋼製なわけではありません。モーター
などで振動がある機器を設置する部分には適さないため
使い分けています。造作工事が必要な複雑な形状の場合
なども木下地とします。


6
キッチン部分の給水・給湯の立上。床養生の間から
施工の終わった無垢フロアが見えています。


7
外部は外壁仕上げのサイディングがほぼ張り終わっています。


BlogPaint
以前にも書いたとおり使用外壁はニチハのフュージェ。板間の
目地が目立たないのが特徴です。上の写真では赤矢印の辺りに
目地があります。


9
で、それ以外の通常目地にはこのプラチナシールを
使用します。パリアスではニチハ以外のメーカーの
サイディングを選ばれても高耐久シールを使用してます。


10
暑い中まだまだ工事は続きます。



バナー_60×160


このページのトップヘ