やわらぎの家づくりブログ

滋賀で木造住宅の新築・リフォームならやわらぎ住宅。まじめな家づくりで「いいね」と言っていただける暮らしづくりをお手伝い。

カテゴリ: 東近江市F邸

今更ですがあけましておめでとうございます。
2017年初投稿のブログは昨年お引渡しした
東近江の家の完成写真です。


001
リビングは勾配天井で2階部分とつながる広々空間。
木目の天井で全体が引き締まった印象に。


002
リビングには一段上がった畳コーナー。畳の下の空間は引き出しを
設けて収納として活用。


003
掃き出し窓によってとても明るい畳コーナー。写真左には吊り収納や
床の間風のスペース。右側には足をおろして使えるカウンターを
設けました。


004
畳コーナー側からリビングを見たところです。シーリングファンや
2階ホールの手摺など、所々にある「黒」が効いています。


005
キッチン横には階段下のスペースを利用したカウンター。そのまま
進むと食品庫・勝手口へと続く使い勝手のよい動線です。


006
キッチン自体はI型ですが、アイランド型のように両サイドが通れる
ようにプランニングしています。


007
玄関部分。リビング同様に勾配天井で解放感のある空間です。


008
横スリットのサッシに沿って、玄関の土間をそのまま進むとテラスにつながります。


008-1
そのテラス。深い軒に覆われているので洗濯を干すスペースにも最適。
ちゃんと物干し金物付いてます!


009
再び玄関。テラスとは反対側は土間収納になっています。


010
その土間収納。圧巻の収納量ですね。


011
玄関から2階・リビング・テラス・水廻りへと分かれます。
正面のドアの向こうが水廻りです。


012
水廻りゾーンの一角にある1階トイレ。手洗いのボウルと
カウンター下のタオル掛けはお客様がセレクトされてきたもの。
アクセントクロスと雰囲気ピッタリあってます!


013
2階ホールからリビングを見下ろしたところ。「家族がどこにいても
わかる」そんなお家ですね。


014
2階ホール。今は二部屋ですが、将来的に壁を設けることでもう
一部屋増やせるようになっています。


015
2階にある小屋裏収納。屋根の勾配に沿ってきれいな形でつくれました。


016
大きな屋根と長い軒のラインがきれいな建物外観。載ってる太陽光パネルは
10kW超。ネットゼロエネルギーハウスです。


年明けからありがたいことにバタバタ。
今年もやわらぎ住宅をよろしくお願いいたします。

バナー50×130




1
東近江市のパリアスの現場です。大工さんによる石こうボードの
工事が進み随分とかたちが見えてきました。写真はリビングにある
一段上がった畳スペース。


2
階段。クロス工事の前のボード継ぎ目の処理中。


3
2階ホールからリビングを見たところ。吹き抜け部分の
工事のために内部足場が組まれています。


4
キッチン横には階段下のスペースを利用してカウンターを
設けました。


5
次はクロス工事。職人さんの準備も進みます。


6
外部です。軒の深いテラスにはリビングからも玄関土間
からも出ることができます。


7
太陽光パネルも設置完了。空気の澄んださわやかな青空。
工事も引き渡しに向けラストスパートです。


バナー50×130




8
東近江市のパリアス、現場の進捗です。外壁工事も順調に進んで
おります。屋根には太陽光発電の架台が見えます。大きさからみて
なかなかの搭載量。


1
内部の方はユニットバスの工事が終了しておりました。


2
大工工事も順調。フロアもどんどん貼れていきます。
といってもすぐに養生するので見えませんが。


BlogPaint
階段もかかりました。これで2階の確認もスムーズに
できます。

4
電気工事も並行して進捗中。オレンジ色のものは
LAN配線や電話配線等を通すための配管です。


5
2階はフロア張りもこれからの状態。それぞれの
窓からの光で本当に明るい現場です。


6
同じく2階の小屋裏収納のスペースです。広い!だけでなく小屋束
が無い設計なので使いやすそうです。

このあとしばらくは大工工事が続きます。


バナー50×130




1
前回の養生の様子から、吹き付け工事が完了した東近江市の
パリアスの現場です。


2
外壁面、屋根面ともにびっしりと施工。


3
建物の内外を貫通するボルトなどは熱橋(ヒートブリッジ)
となり熱を伝えてしまいます。結果、結露の原因になるとも
いわれているのでここもしっかり断熱し対策します。


4
整然とならんだ構造もきれいですが、しっかりと
整理された現場もきれいです。


5
小屋裏収納。屋根断熱なので小屋裏空間の利用や
ロフトに対応しやすいのです。


6
外部側への膨らみがないか(通気層が確保できているか)
をチェックしてこの日は終了です。


バナー50×130




1
久しぶりの更新となります「家づくりブログ」。今回は東近江市F邸の
様子です。サッシの画像、ボカシ加工ではありません。


2
吹き付け断熱施工を前に断熱がかかってはいけない
部分を養生しているのです。何事も事前の段取りが大事。


3-1
開口部分はマスカー(テープとビニールが一体化した便利アイテム)で養生。


4
吹き付け断熱工事の間は大工さんはきれいに片付けて
現場を空けます。


5
6
断熱材の中に入ってしまう外壁部分の配線関係は
この段階で施工を終えておきます。もちろん吹き付け後の
変更は不可。


7
屋根部分の通気スペーサー。ずれたり外れたりしてないか
吹き付け前に再度チェック。


8
建物の外には1台車が待機中。


9
その車の中。断熱材のもととなる液体の入ったドラム缶
が積まれています。
養生を終えたら吹き付け工事。
次にお伝えするのは断熱びっしりの現場の様子です。


バナー50×130





このページのトップヘ