やわらぎの家づくりブログ

滋賀で木造住宅の新築・リフォームならやわらぎ住宅。まじめな家づくりで「いいね」と言っていただける暮らしづくりをお手伝い。

カテゴリ: 出町の現場

1
基礎工事中のやわらぎの家、出町の現場。配筋検査に合格すると
立ち上がり部分の型枠を組み、アンカーボルトをセット。位置と本数
を入念にチェックしたらコンクリートの打設です。


2
先ずは立ち上がり部分の足元からコンクリートを流していきます。


3
その次に立ち上がり部分、最後に残りのベース部分へ打設…。
はい、やわらぎの家の基礎は一体打ち工法。ベース部分と立ち上がり
部分を一発で仕上ます!


4
数日後仕上がった基礎がこちら。


5
通常の基礎と大きく変わりませんが、打ち継ぎが無い分仕上りは
キレイなように思います。見た目だけでなく侵入経路を絶つことで
シロアリ対策にもなっています。


6
基礎が仕上がった段階で基礎断熱材の施工も完了。断熱材は
コンクリートに密着しています。


7
もちろん一般的な基礎と同様に仕上りのチェック。


8
このあと給排水工事の先行工事分、土台敷きへと続きます。


バナー50×130


1
やわらぎの家、出町の現場です。現在基礎工事中。捨てコンが
固まったらその上に外周部の型枠を立て、鉄筋を組んでいきます。


2

4
施工品質のバラつきをできるだけ無くすため、やわらぎの家
では基礎図に合わせて割付した基礎鉄筋ユニットを採用。
鉄筋同士は全強度交差溶接を採用し鉄筋本来の品質も維持
しています。


3
人通口など基礎の立ち上がりが途切れる部分はその分鉄筋で
補強。たくさんの鉄筋が込み合います。


5
このあと第三者機関による基礎配筋の検査を受け次の工程へと
進んでいきます。



バナー50×130




地盤補強工事を終えた出町の現場は先日より
基礎工事に着手しました。

1
この日の作業は防水シート敷きこみ、捨てコンクリートまで。
中央ではサイコロスペーサーづくり。


2
やわらぎの家は基礎が新しくなりました。この段階で
排水・給水用のサヤ管を仕込みます。


3
防水シートの重ね幅は150mm以上。めくれ上がり
防止のためしっかりとテープ留め。破れがないかしっかり
チェックします。


このあと鉄筋組みの工程へ進みますが、またまた台風が
接近中本日は現場はもちろんモデルハウス・営業所も
社員全員手分けして台風養生でした。

バナー50×130




やわらぎ住宅本社から数分の近江八幡市出町で新たな工事が
スタートしました。先ずは地盤補強工事から。

1
今回の地盤補強工法はやわらぎ住宅定番のH型PCパイル工法。
この工法が不要な場合と不可能な場合を除き採用しています。
不要な場合とは補強深さが浅い場合。不可能な場合とは現場の
状況で重機が進入できない場合など。


2
横向きに積んであるので写真ではI型ですが実際はH型です。
高強度コンクリートからなるパイルの中にはPC鋼のより線が
入っているため衝撃にも強いのです。


3
先ずはパイルを打つ位置をオーガーで掘削します。
ビスを打つ前の下穴のようなイメージです。とはいえ
マーカーで示した位置にピッタリとまっすぐに掘削。


4
オーガーが随分と地中に入りました。


5
次にパイルを重機で吊り上げオーガーで開けた穴に
建て込みます。写真はH型の向きを調整している様子。
強度に関係なくとも全てのパイルの向きを揃えます。


6
途中パイルが垂直かどうかチェック。


7
パイルは打撃ではなく押し込む(圧入する)ので
振動・騒音も少ないのが利点。ある程度のところで
吊っていたワイヤーを外します。


8
9
10
最後の一押しは専用の棒?を使って。


11
パイルのてっぺんの高さを測って1本完了。地表より
もっと出ているパイルはあとでカットして高さを揃えます。


12
ご覧のとおり残土も非常に少ないのも助かります。
この現場は計30本のパイルを使用しました。

工事の様子を動画でフェイスブックにアップしています。
https://www.facebook.com/yawaragijutaku/

バナー_60×160



このページのトップヘ