つまみ細工専門【てしごと屋】教室とお店のブログ

成人式や卒業式、七五三・・・着物用『髪飾り』を作る【てしごと屋】がお届けする「和のこと」「髪飾りの裏話」など…

2023年二十歳の振袖用かんざし講習【初心者向け】

今年度から「成人式」という呼び名がなくなった二十歳をお祝いする日。

呼び名が変わっても、振袖は着るし、着るなら小物や髪飾りにもこだわりたいもの。

今年もあと3ヶ月ほどとなりましたが、盆栽町つまみ細工教室では、
  • 全4回
  • 土日祝日のみのスケジュール設定
  • 初心者向けの内容
  • 使う道具は全て貸し出し
  • 飾り台、保管箱付
  • 受講費には材料費と箱代込で追加なし

という、短期型の特別講習を行います。

■短期型つまみ細工講習とは

まずこちらをご覧下さい。

IMG_8980


この可愛いデザインのつまみ細工かんざしを、111月に2回、12月に2回の、合計4回で作るものです。

色はピンク、赤、水色、紫から選べます
他の色をご希望の場合、カラーオーダー料金が追加で\¥8800〜で承ります(色数により価格は異なります)

■受講費

¥46,000
この受講費には下記が全て含まれます
  • 4回分の受講費
  • かんざし材料一式
  • 飾り台、保管箱一式
  • 道具のレンタル費用
  • 講師によるかんざし組み上げ代

飾り台と保管箱の画像はこちらを参照
高級感あふれる黒台紙でかんざしが映えます
IMG_8981
飾り台は保管箱に入る仕様になっています。

■スケジュール

第一回 11/3(木・祝) 13:30〜15:30
第二回 11/23(水・祝)13:30〜15:30
第三回 12/4(日)13:30〜15:30
第四回 12/10(土)13:30〜15:30


■参加、お申込み方法

公式サイトからお申込み
△電話でお申込み(048(783)4168(11〜17時) 月木定休)
D樟椶翰菘垢任申込み(ブログ最後にアクセス案内有)

■受講にあたっての注意事項

当日書類でもご案内さしあげますが、事前に必ずご確認の上、お申込み下さい。
  • 4回のうち、1回までは別日への振替を承ります。(その場合、通常教室内での受講となります、ご了承ください)
  • お休みされる場合、返金はございません 
  • 作業スピードによっては、第三回の後、ご自宅で作業をしていただく場合がございます 
  • ご自宅での作業、完成が難しい場合、別料金がかかりますが、講師が制作することも可能です
  • 弊社の都合、または悪天候などで教室開催ができない場合、別日に振替日を設けさせていただきます

IMG_3193
アクセス(近隣に駐車場が少ないので、出来るだけ公共交通機関でお越し下さい)

東武野田線「大宮公園駅」から地図の通り歩いてすぐ
JR各線「土呂駅」(とろえき)からは盆栽美術館前を通り約10分

電話→048(783)4168(11〜17時) 月木定休
住所→埼玉県さいたま市北区盆栽町84-2
公式サイト(運営会社株式会社東京クラフトにとびます)

つまみ細工の通常教室と三日間集中講習と。

来週は、盆栽町つまみ細工教室では、秋の三日間集中講習です。

今回は初級コースと中級コース

通常のつまみ細工教室と違うのは、午前午後とお昼は挟むものの連続4時間×3日という本当に集中した日程で受講していただくことと、土台を家で作ってきていただくこと、その2点だけです。(通常の中級コース以上を受講している方の中には、土台のおちりんは家で全部作ってきてしまう方も少なくないです)

内容的にこちらから伝えるべきことで端折ることは一切ありません。
短期間だから簡単に…ではなく、短期間だからこそ覚えたことを復習するまでの時間が短いので、一気に覚えられるようにと思って指導させていただきます。

なのでここから書くことは、通常教室に通っている方にもぜひ読んでいただきたいと思います(^^)


初級では、例えば下記の画像
IMG_8564
1番手前から順に作り、奥の方の特殊なものを除き、7作品(進度によっては減ったり増えたりします)以上を、中級では下記のふたつIMG_6005
こちらを作ります。

かんざしには「組み上げ」という仕上げ作業までに全てを乾燥させておく必要があるので、1日目と2日目でお花を全部制作します。

花数が多いですが、同じ形のものも多いので、淡々と作業していきます。

その淡々と作業していく中で、「スピードと形の正確さ」が身につきます


また、中級が初級と違うのは、「花芯」(かしん)です。
画像のそれぞれのお花の真ん中、小さなおしべめしべのようなものがついていると思います。
ペップという伝統の素材です。
これの作り方も習得します。

このあたりは細かなことで、つまみ細工本体の技術とは別なのですが、ペップが使えると、パールビーズ、ラインストーンなどとはイメージが異なり、いかにも日本的なかんざしを作ることができるので、つまみ細工を学ぶのであれば、積極的に使っていってほしい素材です。

このあたりは、通常教室でも同じで、月に一回の2時間で「ここまで仕上げる」というゴールラインを決め、作業をしていくことで、均一な技術が身に付いていきます。

この辺りのお話は教室の中でたまにお話しするのですが、初級で
「丁寧に」「一枚一枚」と言われているので、中級に入ってから求められる
「スピード」と「技術の正確さ」の技術は、それとは別物と思っている方が多く、スピードを上げていくことが難しいと感じる方もいらっしゃいます。

一度体験すると、どういうことかわかると思いますので、まだつまみ細工をやったことがない方も、これから習おうかなという方も、すでに習っている方も、意識してみてください

では、秋は芸術の秋ともいいます。
楽しんでつまみ細工を作ってくださいね!


半くす作品見本「秋の水面」
IMG_8191


盆栽町つまみ細工教室

048(783)4168(11〜17時) 月木定休IMG_3193
所在地
埼玉県さいたま市北区盆栽町84-2

アクセス
東武野田線「大宮公園」駅より地図の通りで徒歩約1分
JR「土呂駅」(宇都宮線他各線)からは、盆栽美術館の前を通って、約10分

※近隣にコインパーキングはございますが、土日は混み合います、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。

つまみ細工教室10月開始受講生募集

【ヒラソルつまみ細工教室10月期新規募集】


通常コースの10月開始受講、
下記のクラスで数名ずつの募集です

船橋クラス(船橋駅徒歩約5分)
第2火曜日10:30〜
盆栽町クラス(大宮公園駅徒歩約1分)
第1&第3金曜日10:30〜/13:30〜
…第2日曜日10:30〜/12:30〜


どのクラスも画像のような初心者アクセサリーコースまたは初級かんざしコースから、中級、上級、応用各コースを受講可能。
IMG_8564

IMG_8565

IMG_8566

IMG_8567

受講スタイルご案内

■月1〜2回曜日と時間を決めて受講
一回あたりの受講費は\3600(教室ごとに異なりますが、上記2ヶ所はこの価格です。更新は3ヶ月単位
材料費はその都度お支払い
■教室時間は約2時間
体験講習は約1時間、材料費込\2200

■その他
成人式や七五三用にオーダー講習も可能です、別途お問合せ下さい。



すべてのお問合せは下記株式会社東京クラフトまでお願いいたします。


株式会社東京クラフト
公式サイトにお問合せがフォームございます

048(783)4168(11〜17時) 月木定休

所在地:埼玉県さいたま市北区盆栽町84-2
IMG_4349

つまみ細工教室・講師コースの中間報告

4月から一年間の予定で開講中のを講師コース」こんな感じでやっています〜

IMG_8330

これは午前クラスの様子なのですが、場所は同じです。
人数が3名なのでゆったりしていますし、質問し放題です(^^)


IMG_8328
平川先生の手ですね。

IMG_8327
これは工藤のお昼ご飯です笑

たまには栄養バランスの良いものを…!
美味しかったです🙏

講師コースは、一つ目の課題「七五三勝山かんざし」が、次回で組み上げ、二つ目、三つ目の課題は自由課題なので、今日は素材をどう選択したか(なぜにそれにしたか)あたりの発表を。

この後はその自由課題の大詰め。
そして最終課題へ進みます。


※見学希望の方へは、また通常クラス内でご案内もいたしますが、メールでの応募受付となります。
よろしくお願い申し上げます。


ヒラソルつまみ細工教室
株式会社東京クラフト

048(783)4168(11〜17時) 月木定休
盆栽町つまみ細工教室はこちら
IMG_4349
最寄り駅は

アーバンパークライン(東武野田線)「大宮公園」です。

8月の予定表など

8月はお盆休みがあるので、教室の日程もつめつめになっていますが…

IMG_8095
凡例
黄色…お休み
緑…つまみ細工教室
青…ブライダルブーケ講習
満…満席

8/10〜17はお盆休みです。

初心者体験講習や、親子体験(お子さんが小学生未満、それ以上はお一人で通常の体験講習受講が可能です)ご希望の方は、緑の印の日で、ご都合の良い日をご連絡ください。

初心者体験講習はお一人\2200(八重梅制作)
親子体験講習はお二人で\3600(八重梅と、一重の梅制作)


IMG_2478

七五三向け体験講習(\6600)などもいつでも受講可能です。
お問合せください。

すべてのお問合せ先は
盆栽町つまみ細工教室/てしごと屋盆栽村店
048(783)4168(11〜17時) 月木定休

所在地
埼玉県さいたま市北区盆栽町84-2
IMG_4349

七月なはだより

お店に貼ったり、お客様や受講生の皆さんに配っているものです。
IMG_7438

お問合せ

てしごと屋盆栽村店
盆栽町つまみ細工教室


048(783)4168(11〜17時) 月木定休
埼玉県さいたま市北区盆栽町84-2
IMG_4349

公式サイト

三日間集中講習2022秋開催決定

盆栽町つまみ細工教室

三日間集中講習(初心者向け)

2022.9.17(土)、18(日)、19(月・祝)

初夏に続いて、三日間の集中講習です。
受講要項をよくご覧いただき、お申込み下さい。

IMG_7907

受講要項

【募集人数】
5名(初心者コースはつまみ細工の経験は問いません、基礎から指導いたします)


【お申込み方法】
公式サイトもしくは店舗へのお電話(記事最後に記載)からお願いいたします


【受講費用】

どのコースも三日間、合計6コマ(1コマ約2時間)受講

*初心者アクセサリーコース
8作品材料費込み ¥40,400

中級かんざし.魁璽
かんざし2点、アクセサリー1点、合計3点の作品材料費込み ¥36,900

○今回受講の特典○

初心者コース
  • レベル3キット「桜のバレッタ」×1
  • でんぷん糊300g(受講中は教室にある糊を使います、ご自宅での制作にご使用下さい)
  • オリジナルトートバッグ×1


中級かんざし .魁璽
  • かんざし制作のための保存ケース一式
  • レベル3キットからお好きなもの1点
  • でんぷん糊300g(受講中は教室にある糊を使います、ご自宅での制作にご使用下さい)

【この三日間でできるようになること】


初心者コース
  • でんぷん糊の扱い方
  • 丸つまみ、剣つまみの基礎
  • 二重丸つまみ、二重剣つまみ
  • 基本の梅、菊、桜、バラ、菜の花、蝶の葺き方
  • つまみ細工アクセサリーを作るための土台作りの基礎
中級かんざし .魁璽
  • おちりんなど、かんざし に特有の素材の扱い方
  • かんざしの組み上げ
  • 藤下がりの基本
  • かんざしの本来の使い方など

IMG_9302
※参考画像
初心者さんのアクセサリーコース一例(実際制作するものと制作しないものがあります)

手前から順に作って行きます。
一つずつ作ることで、技術もしっかりステップアップしていきます。

IMG_6005
中級かんざし コースの2点
これとアクセサリーコースの「紅葉チャーム」を作ります

【受講時間】

午前講習10:30〜12:30
午後講習13:30〜15:30

お昼休みが約1時間あります。
近隣に飲食店やコンビニがありますので、そちらをご利用下さい
お昼休み時間は教室整備をしますので、中には入れません、ご了承ください。大きなお荷物はお預かりします

【初級カリキュラム】

1日目

1コマ目)

  • 三日間の流れの説明
  • 八重梅」制作(ブローチもしくはヘアピン)
  • 三段剣菊バッグハンガー、指輪土台制作
昼休み

2コマ目

  • 三段剣菊バッグハンガー制作
  • 指輪制作
  • ぽんぽん菊土台制作
  • 2日目に制作する作品の土台作り、説明

宿題…八重桜ショールピン以降の土台作り


2日目
3コマ目
  • ぽんぽん菊制作
昼休み
4コマ目

  • 八重桜ショールピン制作
  • 二重梅バレッタ制作

3日目
5コマ目

  • 蝶々と菜の花ブローチ制作
  • 蝶々と菜の花かんざし組み上げ
昼休み
6コマ目
  • 5コマ目までに終わらなかった課題の仕上げ。
  • 全て終わった方には、これまでの課題から苦手範囲を復習できる課題を個別に選定、制作(追加材料費有り

【中級かんざし .魁璽后

1日目

1コマ目)

  • 三日間の流れの説明
  • おちりんの扱い方説明
  • 八重桜」制作その1
昼休み
2コマ目

  • 八重桜制作その2
  • 宿題の説明

宿題…姫菊かんざし土台作り


2日目
3コマ目
  • 姫菊制作その1

4コマ目
  • 姫菊制作その2
※宿題…ここまでに仕上がらなかった花

3日目
5コマ目

  • 八重桜かんざしの藤下がり制作
  • 紅葉チャーム制作1
昼休み
6コマ目
  • 八重桜かんざし、姫菊かんざし 組み上げ
  • 5コマ目までに終わらなかった課題の仕上げ。
  • 全て終わった方には、これまでの課題から苦手範囲を復習できる課題を個別に選定、希望により制作(追加材料費有り

【必要な道具、持ち物】

  • 筆記用具
  • おしぼりタオル
  • 作品を持ち帰るための入れ物(初級のみ)


他、下記必要な道具はお貸し出しいたします。(受講後もお使いになる方は購入も可能です)


○貸し出し道具一式


専用ピンセット
糊板2枚
手芸用ハサミ
ペンチ、ニッパー類
他必要な道具、材料全て


記載以外のわからないことやお申込みは、下記までお願いいたします。

盆栽町つまみ細工教室
048(783)4168(11〜17時) 月木定休
公式サイト


所在地
埼玉県さいたま市北区盆栽町84-2

アクセス
東武野田線「大宮公園」駅から、地図の通り、1分弱
JR宇都宮線他各線「土呂」(とろ)駅から、盆栽美術館前を通って約10分
IMG_4349

プロとは?の話と講師コース

半くす作品の見本から、配置図起こして生地の設計書いてってまとめる作業してて、ふと考えたことがあって、Twitterに連投したものに、加筆してまとめました。


その見本はこちら。

IMG_7325

半くすコース後半の一つめ。
「秋の水面」

昔、ここまでしてなかったなって考えてました笑


この作品は(もちろん他のものも同じですが)何回か作り直してて、なんとか「これなら何とかいけるかな」というレベルにやっと達したもの。

なので、やっと設計図とかを起こせる。


ここにくるまでに、スケッチやテスト見本や、失敗作数えきれない。

今はそれが当たり前になったけど、昔はそんな意識してなくて。


「これ作りたい」「この色いいな」「楽しいなー」って、自分中心でした。



ものづくりって、

妥協しないでどこまでできるか?」を常に意識してないと、(人間は)絶対妥協するから。気をつけています。


そんなこんなの、苦労してきたからこそわかるあれこれを手取り足取りでやっているのが、ヒラソルつまみ細工教室主催の講師コース、です。


プロ育成のコースですが、プロになってほしい以前に、「プロ意識とは何か」なんじゃないかなと思ってます。


大変なことの方が多いから、プロにはならなくてもいいけど、意識をもってほしい、って。


意識がかわれば、自然と作るものがかわります。


だから、つまみ細工でプロになりたい方も、極めたい方も、そうじゃない方も、もちろん色々な方がいます。


仕事にしたいんです」という人は多いけれど、そういう人の中で、この講師コースまでたどり着いた人がいないんです。


確実に近道なのに、仕事にしたいと言う人ほど早くにやめていきます


なぜなんでしょうねえ。


これまでの仕事の中で見聞きした中、なんとなくの感覚で思うことは、



「仕事にしたい」=「自分が作りたい物を作って売りたい」


なのかなっていうことです。


ものづくりを仕事に選ぶということは、それに付随する全てのことを自分でやるか、誰かに委託するかしかないのですが、その付随することがめちゃくちゃ多いのです。


もちろんつまみ細工に限った話ではなく、世の中の全てのもの、サービスなどがそうなのですが。


例えば…

  • 商品を作るための素材選び、仕入れ
  • デザイン
  • 制作
  • ラッピング、展示方法企画
  • 販売方法企画
  • 販売、営業
  • 会計処理
  • 素材やもろもろの棚卸し
  • 税務申告
  • クレーム処理
  • などなど…


これ、一人でやるの、無理じゃないですか^^;
だから、続けられる人が少ないんですよね。

続けていればいつかステップアップしていけますが、途中でやめてしまったら、そこで階段は終わります。

すごくすごく、難しいんですよね。

なので、そこら辺噛み砕いて、つまみ細工を作る技術においては一定レベルに達した方々に、講師コースということで、レクチャーしている…という感じに捉えていただけると、ヒラソルつまみ細工教室の講師コースがなんで一年間なのか、一回約3時間なのか、数年に一回しか開催されないのか…など、わかっていただけるかと思います。

通常の教室とは、内容も深さも違うはずです。
ここに辿り着いて、この記事を読んでいるあなたも、いつかいかがですか?

ここまで来ちゃうと楽しいですよ(^^)
楽しんだもの勝ちですからね!楽しくいきましょう。


盆栽町つまみ細工教室
株式会社東京クラフト
048(783)4168(11〜17時) 月木定休

埼玉県さいたま市北区盆栽町84-2

てしごと屋オークション
ツイッター☆
最新情報つぶやき中 ツイッター
by Tweet Button
過去の記事
髪飾りのてしごと屋
てしごと屋へメッセージ
最新のコメント
カピバラさん
  • ライブドアブログ