つまみ細工専門【てしごと屋】教室とお店のブログ

成人式や卒業式、七五三・・・着物用『髪飾り』を作る【てしごと屋】がお届けする「和のこと」「髪飾りの裏話」など…

ゆるく着るきもの

夏着物と、着物屋さんのカフェイベント

さて、夏着物を着ましたので、画像をUPします^^
それと一緒に、行った場所もとっても素敵だったので、画像をUP!

まず、着て行った着物・・・
6/15夏着物全身が撮れなくて帯周りだけですみません(>_<)

着物は祖母と同じ世代の方からの頂き物。
濃い目の青に縞と、萩など秋草柄。

帯も萩の刺繍です。(こちらはリサイクル店で購入)
帯揚げはアジアン雑貨店のスカーフみたいなもの
帯締めは祖母の洋服で使っていたベルトで。

超適当なのですが、けなされたことなんてないですよ〜^^
みなさんも自由に着ましょう♪


つけていた髪飾りはこちらです♪千代髪〜蜻蛉
髪飾りは、先日発売した「夏の千代髪」の蜻蛉を付けて行きました。
この髪飾りを作った生地で、使えない部分がだいぶんあったので、そこを替え袖にして、つけて行きました(※1)

で、行った場所はと言うと、こちら!
↓ ↓ ↓
目白のゆうどさん東京目白にある古民家「ゆうど」さん。

時折、レンタルスペースとして、いろいろなイベントがある場所です。

大通りからちょっと入っただけなのに、すごく静かで涼しい!
お庭の緑のおかげかも・・・





ゆうどさんにはにゃんこが来ます^^にゃんこもたくさん休んでいきます^^
くつろげます・・・♪

さて、ここで熊谷のきものこすぎさんが「こすぎカフェ」という、着物屋さんなのに「カフェ」というイベントをやっていたのです。

カフェという名の通り?到着すると「飲み物は何にしますか?」と。


一番上に・・・「ビール」

・・・おいおい(笑)と思ったら、こすぎさん自らぐびぐび飲んでいました^^;
お客様ももちろん♪

で、そんな中たくさんの夏着物の反物を、普通の呉服屋さんはこんな風に広げて見せてくれないのですが、ざー!ざー!っと、たくさん見せてくれました(あるものすべて!)
こんな風です。

たくさんの反物を惜しげもなく広げてくれるこすぎさん(写真を撮ると言ったらこすぎさん、わざとらしい笑顔で止まっています(笑))

夏の染め帯も、たくさん拝見できました。
いつかほしいな、そんなものもたくさん。
絵画と同じですもんね
一つ一つ手描き。贅沢です^^*

いいものはたくさん見て、いつかほしいな、と心に留めておくというのが必要だと思います
今買う必要はない、いつかほしい、でいいと思うんですね。
それを糧にがんばる、と!^^

さて、会場には、問屋さんもいらっしゃって、花緒をすげ変えてくれていました。
やっとこういうすげ変えの場面にでくわしたので、私やっと、下駄の花緒を替えられました(´▽`*

下駄の花緒を新しく♪作業中・・・

素早いです。

そしてきっちりしたお仕事です。

お会いできてよかった^^

実は、私がよく立ち寄る川越の駅に近い履物屋さん(下駄、草履の品ぞろえがすごい!)の商品、その問屋さんのものだと!いうのです。
おお〜、ご縁〜!


「あそこは一番数多いし安いと思うよ^^」だそうです。

確かにお安いのに、「これあの着物にいいな」とか、「これ素敵」と思うものが多い。
なるほど〜と思ったのでした。

替えた下駄をはいているのが、こちらです。

すげかえたばかりの下駄♪ちょっと室内で撮ったので色がわかりにくくてすみません。

内側が赤(真っ赤)外側が白地に紺?か黒で大きな麻の葉、というものをチョイス

こういうちょっと変わったのが好きです^^
しばらくはこの花緒で行きます♪

ということで、夏の着物でした。

※1昨日は日差しはありましたが、そんなに暑くなかったです。
ちなみに、私は中には長襦袢ではなく、二部式の裾除けと半襦袢を着ています。
半襦袢は綿麻で涼しく。
袖は着物によって付け替えてます♪
つけるといっても、4〜5針ちくちくと縫うだけなので、ごく簡単。

髪飾りと替え袖が実は同じ生地なのよ〜♪と自分で満足してお出かけでした(笑)

ここでゆっくりお話して、このあとは大宮のパレスホテルで開催された「tweetupさいたま」に行ってきました。
そのお話は地元の彩の国ブログの方で!

今日は「呉服の日」です♪

さて、12時超えましたので、今日は5月29日です。

「呉服の日」(529なので!)です^^

浴衣でもいいし、おうちでちょいっと羽織るだけでもいいし、出したことのない着物を、箪笥から出してみる日にしてもいいと思います。

全国の着物好きは着物を着てうふうふ楽しそうにしてると思います♪
みなさんも、ご一緒に♪うふうふ(´▽`*

最近のお出かけ着物(仕事編)

ここのところ「おうちきもの」とか普段着物をUPすることが多いので、ちょっと
「仕事で出かけた時に着た着物」を載せてみます^^

※私の場合仕事と言っても、こういう「制作業」とでもいうか、「自営業」なので、そうそうかしこまった席でもありません。
フォーマルでは当然ないです
ご承知の上読んでみてください^^

まずは、初めてお目にかかる着物屋さんに行く時のコーデ
※この日は雨だったので、まず「雨対策」が基本になってます。

お仕事で着た着物・初めて会う着物屋さんへ行く〜!1帯周りこんな風です。
着物:黒地に赤い花柄の入ったお召(頂き物)
帯:紺×ピンクの名古屋帯(叔母から頂き物)

※3月中旬ということで、春なのに、雨って言うことで、淡い色合いは着られませんでした。
なので、せめて・・・と、帯周りに明るめの色合いをもってきてみました。
…でも帯締めの色がちょっと失敗
だな(>_<)
こういうこともあります・・(笑)

次は、この上にきていった雨ゴート(違う叔母からの頂き物)
お仕事で着た着物・初めて会う着物屋さんへ行く〜!雨だったのでコートこんな感じです…。

雨ゴート(あまごーと)は、着物を着た丈と同じになるくらいの仕立てになっています。
ちょっと頂き物なので、丈が足りなかった…けど、着物が柔らかもの(紬じゃないっていうこと)ではないから大丈夫!(笑)
で、雨ということは、コートもですが「足元」が大事です。
普通の草履や下駄では泥が跳ねて汚れてしまいますしね。

で、これの登場。 「時雨草履」です。
お仕事で着た着物・初めて会う着物屋さんへ行く〜!雨用草履 しぐれぞうり、と読みます。
防寒草履ということもあります。


※普通の草履の形に、つま先部分にまあるい囲いがついたものです。
私はこれが一番安心して歩けます。

過去に「雨下駄(ちょっと歯が高い)」につま皮とか、「草履に携帯用草履カバー」とかを試したのですが、どっちも歩くときに危なっかしくて^^;
この一体型になった時雨草履に落ち着きました。
ちょっと重たいのですが便利です。(ちなみにオークションでゲットですw)
雨に関しては一番下にちょっと書き添えますね

ラスト、髪飾り。
お仕事で着た着物・初めて会う着物屋さんへ行く〜!髪飾りですえ〜…
髪飾り屋のくせに、自分の髪飾りは超適当(´▽`;
自分のために髪飾りを作るっていうこと自体がほとんどない
ですしね。
これはボケてて申し訳ないのですが、ビーズで作った髪飾り・・・で商品として採用しなかったもの(笑)
そんなものです、自分のものって…。
******
では次のコーデ。
この時は、これまた初めてお目にかかるメーカーさんに、伺うということでこんなコーデにしました。
仕事で着た着物・打合せなど1帯周り・・・

着物:紫小紋(リサイクルで購入、お気に入り)
帯:黒地にバラの名古屋帯(頂き物)
帯締め:誕生日に頂いたもの(自分で選びました)
帯留め:自作ビーズ


※この小紋は私にとって春の定番です。
着物デビューしたころに、「これ似合うんじゃない?」と勧めてもらったものです
リサイクルだけど、一回も着てない状態のいいものでした。

仕事で着た着物・打合せなど・電車に乗るのでお太鼓じゃないです
帯を後ろから・・・
ちょっと自撮りなのでみにくくてすみません^^;
電車に乗ったりするときにお太鼓だと寄りかかれないので(本当は寄りかかっちゃだめですよ〜(笑))、
潰してもまた形が整えられる角出し風。



風が冷たかったので、この上に・・・コート。
仕事で着た着物・打合せなど・まだ寒い時期はコートを着て
※このコートはごく最近オークションで買いました。
この柄がどうしても欲しかったのと、色が濃い紫で大好きだったので即決!
値段は言えないほど激安でした(笑)


そしてラスト、髪型〜と髪飾り。
仕事で着た着物・打合せなど・お団子につまみのかんざし自作今回も余りもの(笑)のかんざし
ただ、これはお気に入りの生地を使っているので、まあよしとしましょう^^;
髪型はお団子です〜。

このかんざしは帯飾りにもなる人気商品です。
※WEBではなく、イベントなどの時に販売しています。
******
ということで、仕事の時はこんな感じです。
パーティーですなんて言うときとか、イベントですなんていうときは、また違ったコーデになりますが、参考まで^^

あ、どっちも中は半襦袢です。
楽に着て、楽しむ!
これ大事♪


◆雨について◆

着物を着始めて「雨の時は着られない・・・」って、最初なるんですよね
私もコートも草履もないときは、雨の時は用意しててもあきらめていました。

まず必要なものは上記のとおりコートと足元
足元に関しては先程書いたとおり、人によって合う合わないがあるので、可能なら色々試してみて、足元が危なくない、相性のいいものを選ぶといいです。

コートは、今は軽いものがありますが、ちょっと前まではちょっと重たい&くらい色目のものが主流でした。
上品マダムはその軽くて着やすそうなものをお仕立てして着ているようですが(街で見かける)、私なんかはそこまでお金かけられないので、もらいものでまわします。
もらいものが無い場合、オークションやリサイクル着物でサイズが合うものを選ぶといいです

その時、「着丈」はきっちりチェックするといいでしょう^^
先程も書きましたが、はねが来ないようにするため
、です。

これからは暖かい季節になるので、あえて雨の支度はせず、
「濡れるの上等!」で裸足に下駄などで出かけるのもいいと思います♪
※もちろん洗える着物限定ですけどね(笑)

とにかく楽しんじゃえ!が私の言いたいことです♪
楽しみましょ^^

フネさん生活に至るまで〜

フネさん生活とは・・・

「外出するときは洋服、家にいる時は基本着物、礼装は着物で」

という着るものの分け方をしている、ということです(笑)
分かりやすいですよね?
これツイッターでどなたかが言っていて、なるほどな〜って思ったんで、使ってます^^
※ちなみに波平さん生活は男性版のそれですね。家に帰ってくると着物着てますよね。
昔のマンガだと、ドラえもんに出てくるのび太くんのパパも、家では着物だったんですよ〜!(豆知識w)

さて、着物を自分で着始めてそろそろ8年で、自分の着ている着物、必要だなと思うものが、はっきりしてきたので、誰かの参考になるかもしれないし…と、まとめてみます。
******

■着物はじめ
着物に入りたてのころ
とにかく、何が何だか分からなかったので、ひとまず着物に慣れた人に聞いたり、ネットを見たり、雑誌見たり・・・
研究してみて。
鉄板コーデを真似っこ
大島+つづれ帯+赤い絞りの羽織みたいな感じです。(これ全部買ったもの)

あとはひたすらきれいに帯が結べるように練習してました(家で)
母親は自分で着つけはできませんが、口出すことはできたので(笑)、特に着付け教室に行くことは無く、着付けの本を見て、あとは見よう見まねで自己流で完成させて行きました。
かなり自己流で来てますが、まずばれたことはありません

・・・というか、「着付けの流派」とか「着付けの先生」というものが出来た歴史時代浅いので、私たちの母、祖母世代は、みんな代々受け継いでというか、親のを見よう見まねでやって、あとは自己流に直して着やすくしていく…というのが一般的だったようです。
だから、「着付け教室に通わないと着てはいけない」なんていうことはないんですよ
誰だって、適当に着てていいんです。

ただの「着る物」だから♪
洋服の工夫と同じことでっす。

■慣れ始めた頃
その後、母親の持ってる着物を全部調べてウールがあったので、
「ウールとかを普段に着よう」と思ったところ…

「半幅帯が無い」「圧倒的に普段着が無い」ことが判明

ここら辺は買ったりしてそろえ始めました。

■頂き着物時代
…そうしたら、親戚などから膨大な着物をもらうことになり…
手持ちの着物が一気に3倍以上
に(´▽`;

「着物着るので、いらないのあったらちょうだい♪」と宣言してしまうと、こうなります、という見本です(笑)

人によって持っている着物が違いました。
例えば・・・

母の場合は「礼装一般」一式。+ちょっとウール
祖母や親せきは「普段着+おしゃれ紬」系が多い


なので、ここで普段着と礼装の数のバランスが取れて…
結果、最初のころにさんざんリサイクルやオークションで買った着物は、着る機会が無くなってしまったのです。

頂いた着物が趣味に合っていたということもあり、
やはり「縁あって手元に着た物」を優先にしたいですし、買ったものは人に譲ったりして、頂き物を中心に着るようになりました。

■フォーマル着物
ちょうど入園や結婚式が続いて、母の礼装などを一通り着て、フォーマルは持ち物でなんとか回る(着尽くせるか危うい量w)ことが分かったので、買い足さない方向に決めました。

■仕事やイベントでの着物
こっちは頂き物ではなく、初期に買ったちょっと派手系の着物を着ています。
仕事・イベントだと、ホコリになることもあるので、ウールの派手(目立つように!)なものなどが中心。
普通の方はこの着物の着方はしないですよね^^;
参考になりませんね…

■現在
ということで、ちょっと遠回りしましたが
「フネさん生活」が自分にはあっているらしいと判明した着物生活8年目の春・・・でございます。
普段着物はここのところ写真を何回か載せていますが、ウール+半幅帯が中心です。


※着なくなった着物※
最初の数年はよくわからなかったので、ポリの出来上がり着物も買ったりしてみたのですが、私にはどうも合わなかったので、こちらも譲ってしまいました^^;
夏物も、普段着も、天然素材じゃないとどうも合わない。
ポリの良さも知っているけど、合わないものはしょうがないです。

ここら辺は、何回か着ているうちに、自分に合うかあわないか、好きか嫌いかが、分かってくると思います。
ポリが着やすくて好き、という人も多いので、最初はバランス良く色々着て見るといいと思います^^


→で、結論として、「色々試してみないとたどり着けなかったんだろうなあ」と。
最初から自分にしっくりくる着物ってどういうものかなんて、分からない。
こんなにウールや木綿が合うとは思ってなかったです。
ポリは便利だし、もっとたくさん着て出かけるって思ってました。

■今後?
素敵な着物や帯を見れば欲しいのは山々なのだけど…
持っているものを着るだけで精一杯なので、それに心血注ぎたいな〜と。
実際、頂き物の中に礼装がたくさんあるけど、これから死ぬまでにすべてを一回ずつでも着られるかどうかあやしいですし^^;
黒留袖なんて、母、おば、祖母・・・と、3枚ありますw
どうしよう。

買い足すとしたら、小物になると思います。
帯揚げとか帯締め、草履下駄、礼装用に伊達衿などです。

今はこのあたりに落ち着いています^^
興味のある皆さん〜着物初めてみませんか?
相談にも、のりますよ!

おうち着物

e4330c2d.jpg画像は外で撮ったのですが、帰ってか9ずっと家でも着物です。
ここ数日、連続で着物で出かけたので、ついでに?帰ってからも帯だけ変えて過ごしてみてます。

…普通…(笑)

特に違和感とかないですし、不都合なことも特にはない。
家事するときはかっぽうぎで。(これがまた暖かい)

今日はブーツだったので靴下ですが、この前みたいに足袋だって普通に暮らせるし…

困ること…あまりないです。
自分でもここまで違和感ないとはびっくり(笑)

車の運転もできますしね。
自転車はまだ乗ってないですが、知人などは普通に乗ってたし、冬なら腰から下に巻くコートのようなものがあれば暖かいです。(私は祖母のがあるので、それを使う予定)

着物じゃあなんにもできないじゃない!って言う人は、おそらく

よそいきの着物=正絹、帯はお太鼓…みたいなのを想像するからだと思います。
今日の着物もこの前と同じウールですし、帯も半幅帯で帯板なし(帯板=帯のお腹側に入れるプレートみたいなの。入れるとぴんと美しくなります。)

スーパーも仕事もこれで。
問題なしなので、洋服と同じレベルで選んで着られそうです(*^o^*)

授業参観に着物。

授業参観っていっても、私立小学校とかでもないので、ごく普段着なのです。
なので、着物もごくごく普段着で。

ざっくりまとめましたので、参考?になれば・・・。

まず自撮りなので全体なくて申し訳ないのですが。。
授業参観に来て行った着物着物:ウール(母のお下がり・レンガ色)
帯:お土産でもらった石垣の綿帯(グレー)
見えずらいけど、帯締めの位置に紫とか色々な色の靴紐(飾り・ちょうちょ結び)
半衿は手ぬぐい
羽織:これだけ正絹・リサイクルで購入(1000円くらいw淡いクリーム系にちょいとだけ柄入り)
バッグ:普段持ってるふつーの。
足袋:別珍のあったか足袋
草履:オークションで買ったシンプルな草履。
・・・に、寒かったからマフラー。(洋服用。なんでもOK)

※寒いからブーツにしようかと思ったのですが、学校は脱がないと行けないから、短く着つけるとみっともないかなーと思って、足袋と草履にしました。
脱ぐ必要がなかったら確実にブーツでしたね^^

で、それぞれ詳細?みたいなもの…
まず髪型・・・
授業参観に着物・髪型もラフに^^なんていうんだろう、一つに結わいて、髪の束を根元でくるっと持ちあげただけ。
そこに、毛糸のシュシュ(友達作)つけただけです。
毛先なんかはそのまま。

授業参観だし、着物着たことがない人が多い中にいくので、
「こんな着物でも、着方でも、髪型でも大丈夫なんだよ〜」

っていう意味で、あえて気楽な感じにしました。

近所とかならこれで全然おっけーですよね。
まあ、普通にポニーテールにしてることも多いです。(授業参観だと目立つからやめました^^;)

次は…外での足元〜
授業参観に着物・髪型・超ラフ☆別珍足袋については一番最後にさらに詳しく!↓

で、草履は、オークションで、どこかの呉服屋さんから安く購入
普段がつがつ歩く私はあっちこっちすぐキズにしてしまうので^^;
高価なものは買いません(笑)
たぶん1000円ちょっとだったと思います。
縮緬の花緒とかではないので、ごく普段着、ウールや紬にあわせます
(そろそろ傷が…)

さて!
帰宅後に、帯だけ家用に変えたところ
2012-2-22-ouchi家=家事をする=汚れる可能性高し!
ということで、これは家用の半幅
です。
・・・と言っても、たぶん、さっき締めていた帯より物はいいかもしれない(笑)

絹の半幅で、いただきものなのです。
かなり古いということと、この色(抹茶に渋い青)だと私の着物にあわないことが多いので、家用になってます。
普通はおうちっていうのはウールの半幅とかかな?

さて、最後に足元です。
授業参観に着物・冬なので別珍たび
別珍というのは、洋服でも使いますよね。
毛足が長くて、艶がある、あったか素材。
冬はこれ、必需品です!
今まで「ネル裏」の普通の足袋をはいていたのですが、別珍はいたら、もう、これしか無理(笑)
すごくあったかいです。
裏はもちろんネルになってます。
ちなみにこちらのです染織こだまさん足袋のページ

・・・というかんじで、「ゆる〜く」着たっていいじゃない〜着物でした。
入学式、卒園式のとはまたちょっと違います^^

見比べてみてくださいね♪

そして、「普段着物着られるようになりたい!」という方!
別に着付け教室に行かなくったって大丈夫!(私行ってないw)
着物をもってなかったら親戚の中から探したり、それでもなかったらオークションなどを使う手も
あります。

遠くの方で、分からないことがあったら、メールでお気軽に聞いて下さいね^^
ツイッターでも、facebookでもいいですよ〜!

今日はこのまま夜まで着物〜。

川越の成田山別院☆骨董市!

成田山の蚤の市でゲット☆ハデ色帯締めたち
可愛い着物女子発見☆
寒い日でしたが、今年初の骨董市、行ってきました(*^o^*)
寒〜い寒い(笑)
お店の皆さんも寒そう!

画像は今日の収穫と、帯締めをガサガサ探っていた時に出会った可愛い着物女子♪
後ろの柄を見てほしい〜!ということで、背中をパシャリ!
インパクトありますねえ〜^^
気合い入ってて、コートなしでした!素晴らしい〜!見習おう・・・!


左の方はまだこれから着物を揃えよう…というところだそうです(^O^)
着物を着始めて、特に親戚にもらうとかがない場合、骨董市に行く方が多いです。
何より安いですしね。

探し方によっては、かなりの掘り出し物がある場合も…!

彼女たち、収穫はどうだったのでしょう?
気になります…
あ、私が「これなんかあうよ〜」と言った帯締めは、買ってすぐにしめていました♪
素晴らしい早さ…!
見習おう。
いつだって、フットワーク軽くないとね^^


生地は洗ってアイロン中です。
秋にはつまみの髪飾りや手縫い髪飾りとして再デビューの予定!
お楽しみに♪


来月も、川越は28日開催。
浦和の調神社は第4土曜日

まだの方も次回ぜひ(*^o^*)

夏キモノ♪

8fd73433.jpg
44369018.jpg
さてお久しぶり?です(^_^)

8月ということで夏祭りや花火大会があちこちで!
最近は毎日のように浴衣の方とすれ違います♪
浴衣、嬉しいですねぇ(*^o^*)

若いコが楽しそうに着ているとすごく嬉しい!

ふわふわの「兵児帯」(へこおび)を可愛く蝶結びにしていたり、カンカン帽をかぶっていたり…

大人になるとできないたくさんのフリルやお花など、浴衣との和洋折衷も、うんとやってみて下さい♪

「そんな着方して…」なんて言う人は確実に減っていますし、第一言われたって気にしなくて大丈夫♪
だって可愛く着たいものねぇ(*^o^*)

ということで…、浴衣ではないのですが、今日参加してきた
気軽にキモノ着てみない?というイベント(?)
「ぶらっと着物」での私の着物とスカイツリーの画像です〜。

スカイツリー…でかいです。
初めて見たので、びっくりしました。

浅草で有名なキントウンビルやビールビル…の横に見えました。
また、新しい景色ができていくんですね〜

さ、私の今日の着物は夏のウール。
浴衣の方が半数だったかな?

今回は初めて!ティーンの女の子が参加♪
嬉しいなあ(*^o^*)
黒地にピンクなどの可愛い花柄。
どうしてもこの着物の集まりに行きたい!ってお母さんにお願いしたんですって(*^o^*)
親娘三人でいらしてました。

女の子はいいなぁ〜ウチ、息子だからなぁ…(^_^;)
どうなるか(笑)

小さなお子さんもたくさん、浴衣や甚平を着て、来てくれました!
みんな似合ってたなあ。
やっぱり、日本人だもん!ということですかね〜(^_^)

暑かったので涼んでばっかりでしたが、久しぶりに着物着物着物…のお出かけで、楽しかった♪
次回はどこだろう?聞いて来なかった(笑)

9月の「単」シーズンが過ぎたら、秋
ほんとのウール着物が出番!
着やすくてオススメです(^O^)

ということで…まとまりがない文章ですみません、今日の着物でした!
てしごと屋オークション
ツイッター☆
最新情報つぶやき中 ツイッター
by Tweet Button
過去の記事
髪飾りのてしごと屋
てしごと屋へメッセージ
最新のコメント
カピバラさん
  • ライブドアブログ