つまみ細工専門【てしごと屋】教室とお店のブログ

成人式や卒業式、七五三・・・着物用『髪飾り』を作る【てしごと屋】がお届けする「和のこと」「髪飾りの裏話」など…

母親として着る着物

子供の卒業式と日本髪

教室紹介の多い最近では珍しく、今日は着物画像などです。

まずは息子の卒業式に着て行った着物画像です。
卒業式の着物

顔は緊張してるだけで怒ってるわけではないです笑
写真苦手なんですよねえ。

ツイッターをご覧になった方はご存知かと思いますが、何しろ卒業式までやっとこさっとたどり着きました。
感慨深いです。

…しかし、この後に中学校入学が控えてますしね^^;
どうなるやら、ですが、ひとまず!オッケイ!

さて、次は画像から!
日本髪、川越の和の手仕事屋にて
え、ここはどこ??な写真ですねえ^^

以前から知り合いだった川越の結髪師、関場さんに丸髷を結っていただきました!
念願だった日本髪!
丸髷は結婚後の髪型なので、派手なかんざし類はなく、櫛関係で飾るのみです。

この着物は先ほどの卒業式と同じもの。
帯だけ袋帯にしています。
※卒業式当日は色々あるだろうことがわかっていたので、初めから袋帯はやめて名古屋帯でいくことにしてました。
これはこれでありです。
皆さんも気楽に着てみてほしいなあと思います^^

さて、日本髪ですが、結い始めてからだいたい二時間。
少し足し毛をしてますが、地毛結いです。

結っていても、結い上がった後も、非常に頭が楽。
重くはなく、むしろポニーテールなんかよりずーっと楽なのです。
鬢付け油のいい香りもまた、影響しているかもしれません。

以前こちらでもお知らせしたように、4月からこちらの関場さんのお店「和の手仕事屋」さん二階で、つまみ細工教室が始まります。

第四水曜日、午前は10時〜
午後は13時〜
お申し込みは和の手仕事屋さんまで直接お願いいたします。
和の手仕事屋ホームページ

『先生』の袴に合わせる髪飾り!

今日は、少し前に幼稚園の先生に作った「袴用髪飾り」をご紹介します。

先生ということで、父兄の前でつけるには、あまり派手すぎてはいけない、大きすぎてもいけない・・・。
ということで、ほどほどの可愛さ、大人っぽさ、そしてお祝いなので華やかさを持ったものを作りました。

まず一つ目。
先生向け☆つまみ細工の卒業袴用髪飾り

白とピンクがメインの髪飾りです。
金具は何にでも合わせやすいようにコームにしました。
パールが付いているので、フォーマルっぽさもあります。

これは小さなピンも付けたセットにしました。
ピンは浴衣の時や普段のお出かけなど、ちょっとしたときに使えるので便利です^^
先生用☆卒業式の袴向け髪飾り☆つまみ細工

セット内容はこんな感じ。。。
一緒につけるとより豪華な感じになりますので、お友達の結婚式などにつけて行くことも可能です!
(参考価格:8400円・税込)

次に少し落ち着いた色合いの髪飾りです。
先生の卒業式用☆袴に合わせてつまみ細工の髪飾りを!

色合いと、つまみの形を少し変えています。
こうして、基本のデザイン…「パールビーズ+つまみ細工」は同じでも、色と形を少し変えることで、こんなに印象が変わります。
(参考価格:6300円・税込)

他に、先生用に人気の髪飾りはというと、「総ビーズの髪飾り」です。
総ビーズ髪飾り☆卒業式、そして先生の袴にもおススメ!

これはピンクと金色、という一番使いやすい色合いです。(華姫シリーズ
もちろん、ピンクを水色に変えたり、緑に変えたり…自由に変えることができます。
こちらにビーズ髪飾りが色々のっています
色変更のご相談も、お気軽にどうぞ。(場合によってはセミオーダーメイドになり追加料金がかかることもございます。ご確認ください)

母の日に!

もうすぐ母の日。

てしごと屋では、毎年フラワーアレンジメントと髪飾りをセットでお届けする母の日ギフトを取り扱っています。

取り扱っています、というか・・・

髪飾りはてしごと屋の手作り
フラワーアレンジメントは近所のお花屋さんの手作り


という手作りのセットです^^

お届けイメージはこのような感じ・・・
母の日ギフトに☆フラワーアレンジメント付受付開始!

アレンジメントは、テーブルにも置いて頂けるように、大きすぎない程度にしています。
一般的なお花屋さんで、3000円〜4000円で販売しているようなアレンジメントを、+2000円程度という価格でご提供(´▽`*
これは、お願いしているお花屋さんが、市場で直接お花を仕入れているから
できることです。

その代わり、お花の種類はカーネーション以外はお任せ下さいm(_ _)m
カーネーションについては「赤系」「ピンク系」などのご指定が可能ですので、ご注文時にご希望をお書きください。

髪飾りはこんな感じ・・
卒業式や入学式、結婚式に、フォーマル用髪飾り「春の」

着物を着るお母さんに、ということですと、こちら「ビーズ髪飾り・春の」がイチオシ。 
何より「使いやすい」です。


他のビーズ髪飾り全品、母の日セットがございます。
ビーズ髪飾り以外でセットをご希望の場合も、ホームページには記載がございませんが、可能ですので、お気軽にお申し付けください。

今年は着物☆カーニバルに出店する都合もあり、ホームページからは、
カーニバル前【〜5/2】までの受付となります。
申し訳ございませんが、ご了承ください。

お電話の場合、カーニバル期間中も承っておりますので、こちらもお気軽にどうぞ。

成人式や七五三もそうなのですが、早めに用意すると、心に余裕がうまれます。
余裕を持って、お母さんにありがとうを伝えて差し上げて下さい^^

お問い合わせ、お待ちしております!
髪飾りのてしごと屋
048-621-0222(10〜18時受付)

お母さんの着物姿に、ビーズの髪飾り人気です♩

卒業式や入学式など、春はお母さんたちが着物やフォーマルウェアを着る機会がたくさんあります^^
今日は、てしごと屋で人気のフォーマル用髪飾りをご紹介します。
画像1

こちら…!
華コームという商品で、真ん中の花びらが可愛いデザイン。
小さめですが、キラキラ感もありますので、派手すぎず、ほどよい存在感。

卒業式の先生、教員の方々にも人気です♩

てしごと屋の「ビーズ髪飾り」から見てみて下さい。
ご相談もお気軽にどうぞ^^

家族の結婚式や七五三の時に着る着物

家族が結婚したり、また七五三を迎えたりという時に、

せっかくだから、着物を着よう、と思う方、多いと思います

最近相談を受けた例をあげながら、ちょっと私なりの見解を書いてます^^
あくまでも私の意見ですので、地方によって、家によって、考え方は様々に違いますので、いろいろな意見の中の一つとしてお読みください。

最近受けた相談の共通キーワードは

「お母さんの着物」です。


まず一例目。

兄弟の結婚式に出る友人Aさんから、「着物着たいんだけどどうしよう」という相談。

その友人は未婚なので、本来は「振袖」
を着るということになります。

案としては、

1)式場で振袖か色無地を借りる。
2)お母様のつけ下げを着る


大まかにこの2つでした。

結局、Aさんは2)お母様のつけ下げを選びました。

やっぱり「お母さんの」というのは強い
と思います。

そのつけ下げは、地味目ですが、お母様が若いころに来ていたものだそうで、可愛い柄行きでした。
そのままでは着られないということで、「染め替え」(*1)をして、帯を手持ちの中から選んで、帯締め帯揚げは買って、コーデしました。

本来振袖を着るべき立場ですが、ご兄弟の結婚されるご家族の方も、あまり形式にこだわらないということで、振袖じゃないとダメ、ということにはならなかったのです。

今はそういうおうち多いと思います。

…となったら、やっぱり「借りた振袖」より、「染め替えしたお母さんのつけ下げ」を着ていくでしょうね。

結婚式とかは、そんなに回数あるものではないので、着られる機会があったら着る、というスタンスがいいと思います。

重い腰を上げて染め替えした着物は、きっと友人がこれから持ち続けて、何回かは着る機会も出てくると思います。
そういうきっかけにも、なりますよね^^


さて、二例目。

末のお嬢さんの七五三を迎えるという方からご相談で、

「七五三のお子さんのお姉さんの着る着物」(写真撮影)
についてでした。

まだ学生さんです。

お母さんの希望としては・・・

「自分が若いころ着ていた訪問着を、娘に着てほしい」

でも、おかしいかしら?という相談
でした。

七五三を迎えるお嬢さんはもちろん七五三用のお祝い着、振袖ですから、行ってみたら盛装です。

未婚の姉妹なら、本来格を合わせて「振袖」で、となるところですが、

私はどちらでもいいのではないだろうか、と思いました。

 「レンタル店で借りた振袖」と…、「お母さんが若いころに来ていた訪問着」


訪問着は既婚女性の準礼装(だったかな?留袖ほどの格はないというものですね)。
本来未婚のお嬢さんが着るものではありません

でも、家族の写真ですし、思い出を取った方がいいのではないかと、思ったのです。

見た目を気にするなら、悩むも何も「振袖借りる」となるのですが、今って、そういう時代じゃないですよね。

将来、お姉さんが妹さんの七五三写真を見て、

「あ、このときの着物、お母さんのだよね」って、話ができますよね^^

私はお母さんの訪問着を着ることに賛成です。


私が同じ立場だったら、やっぱりこっちを選ぶでしょうしね。

これが、兄弟の結婚式というのであれば、前述の友人のように、「相手方のご家族の意向」も聞かないといけません。
でも、家族のうちうちの話ですから、一番大切だな〜と思うものを優先するのがいいと思います、とお答えしました。

******

ということで、2例、書いてみました。
色々な「着物についてのご相談」を受けますが、その人その時で、最善の選択肢って、まったく異なるんですよね。

周りにいる色々な方に意見を聞いてみてください。
きっといろいろな考え方があると思います^^

周りに着物について分かる方がいらっしゃらなかったら、てしごと屋へメールやお電話いただいても大丈夫です。
お気軽にどうぞ。

facebookで髪飾りプレゼント企画☆

こんばんは^^
てしごと屋の金澤です。

前回の記事でちょっと触れた「facebookのぞいてみてくださいね…」の詳細です。

てしごと屋では、facebookにファンページという、ブログのようなHPのような、自由なページをもっているのですが、facebookに登録されている方限定で、

こちらの・・・
大人のリボン髪飾り
「大人のリボン髪飾り」を一名様にプレゼント!企画中です。

応募方法は、
髪飾りのてしごと屋や金澤美保のfacebookページで
「この企画が紹介されている記事」に、

この髪飾りの名前・・・を、考えてコメント下さい。

応募頂いた中から、私が・・・そう、私がなのですが…ピン!と来たものに決めさせていただきます。


もうすでに昨日から始まっているので、いくつか名前案も出ています。
同じ意見です〜でもOK、コメントだけでもOkなので、お気軽に応募して下さい。
特に名前や住所など書く必要はありません。
締め切りは5/18の24時です!


当選された方には私の方からメッセージを送ります

もうすぐ発売なので、今のうちにプレゼントで手に入れるのもテです!
。。。と言っても、生地に限りがあるため一名様で申し訳ないです(>_<)

お待ちしています♪
髪飾りのてしごと屋のfacebookページ

授業参観に着物。

授業参観っていっても、私立小学校とかでもないので、ごく普段着なのです。
なので、着物もごくごく普段着で。

ざっくりまとめましたので、参考?になれば・・・。

まず自撮りなので全体なくて申し訳ないのですが。。
授業参観に来て行った着物着物:ウール(母のお下がり・レンガ色)
帯:お土産でもらった石垣の綿帯(グレー)
見えずらいけど、帯締めの位置に紫とか色々な色の靴紐(飾り・ちょうちょ結び)
半衿は手ぬぐい
羽織:これだけ正絹・リサイクルで購入(1000円くらいw淡いクリーム系にちょいとだけ柄入り)
バッグ:普段持ってるふつーの。
足袋:別珍のあったか足袋
草履:オークションで買ったシンプルな草履。
・・・に、寒かったからマフラー。(洋服用。なんでもOK)

※寒いからブーツにしようかと思ったのですが、学校は脱がないと行けないから、短く着つけるとみっともないかなーと思って、足袋と草履にしました。
脱ぐ必要がなかったら確実にブーツでしたね^^

で、それぞれ詳細?みたいなもの…
まず髪型・・・
授業参観に着物・髪型もラフに^^なんていうんだろう、一つに結わいて、髪の束を根元でくるっと持ちあげただけ。
そこに、毛糸のシュシュ(友達作)つけただけです。
毛先なんかはそのまま。

授業参観だし、着物着たことがない人が多い中にいくので、
「こんな着物でも、着方でも、髪型でも大丈夫なんだよ〜」

っていう意味で、あえて気楽な感じにしました。

近所とかならこれで全然おっけーですよね。
まあ、普通にポニーテールにしてることも多いです。(授業参観だと目立つからやめました^^;)

次は…外での足元〜
授業参観に着物・髪型・超ラフ☆別珍足袋については一番最後にさらに詳しく!↓

で、草履は、オークションで、どこかの呉服屋さんから安く購入
普段がつがつ歩く私はあっちこっちすぐキズにしてしまうので^^;
高価なものは買いません(笑)
たぶん1000円ちょっとだったと思います。
縮緬の花緒とかではないので、ごく普段着、ウールや紬にあわせます
(そろそろ傷が…)

さて!
帰宅後に、帯だけ家用に変えたところ
2012-2-22-ouchi家=家事をする=汚れる可能性高し!
ということで、これは家用の半幅
です。
・・・と言っても、たぶん、さっき締めていた帯より物はいいかもしれない(笑)

絹の半幅で、いただきものなのです。
かなり古いということと、この色(抹茶に渋い青)だと私の着物にあわないことが多いので、家用になってます。
普通はおうちっていうのはウールの半幅とかかな?

さて、最後に足元です。
授業参観に着物・冬なので別珍たび
別珍というのは、洋服でも使いますよね。
毛足が長くて、艶がある、あったか素材。
冬はこれ、必需品です!
今まで「ネル裏」の普通の足袋をはいていたのですが、別珍はいたら、もう、これしか無理(笑)
すごくあったかいです。
裏はもちろんネルになってます。
ちなみにこちらのです染織こだまさん足袋のページ

・・・というかんじで、「ゆる〜く」着たっていいじゃない〜着物でした。
入学式、卒園式のとはまたちょっと違います^^

見比べてみてくださいね♪

そして、「普段着物着られるようになりたい!」という方!
別に着付け教室に行かなくったって大丈夫!(私行ってないw)
着物をもってなかったら親戚の中から探したり、それでもなかったらオークションなどを使う手も
あります。

遠くの方で、分からないことがあったら、メールでお気軽に聞いて下さいね^^
ツイッターでも、facebookでもいいですよ〜!

今日はこのまま夜まで着物〜。

式典の着物〜まとめ記事

小僧の入園などで着物を着た時は、当日にそれぞれアップしたと思うのですが、改めて画像を時系列で並べてみます^O^
※携帯画像などのことが多く、ちょっと画質は悪いのですが、ご了承ください。。。

入園式の着物・ママ向け・母親の着物卒園式の着物・ママ向け・母親の着物入学式の着物・ママ向け・母親の着物


左から「入園式」「卒園式」「入学式」です。
以下それぞれ着物の説明と、選んだ経緯など。

【入園式の着物】
※画像は他の時に撮ってます。おまけに帯は名古屋帯です。画像間違ってます、すみません。。
入園式で着物を着てくるお母さんはまずいないだろう…と予測はしていたのですが(笑・実際いませんでした^^;)、小僧にとって一生に一回の幼稚園の入園式ですし、着物で行こうと決めていました。
…まあ着られるスーツもなかったので、着物以外の選択余地は無かったのですが。

遠目には色無地に見えるのですが、総絞りの着物です。
帯は名古屋帯をあわせいきました。

本来総絞りだと「紬」くらいの扱いだ、とこの着物をくれた叔母に聞いていたのですが、まあ、入園式ですし・・
そんなに気にすることもないだろうと判断しました
特に、うちは割とフリーダムな幼稚園に通っていたので、そんなセレクトで全然大丈夫でしたが、「格」を気にしないといけないようなところでしたら、総絞りはアウトですので、気をつけてください^^;

【卒園式の着物】
こちらも遠目には色無地に見えます
(なんならさっきの着物と同じなのじゃないか…とも見えます)が、これは
「江戸小紋」に帯は袋帯。
******
[メモ]
江戸小紋という言は、一度は耳にしたことがあるかもしれません。
近くで見ないとよくわからないほど細かい「点」で、柄を染めてあるものです。
東京染め小紋(江戸小紋)説明

この小紋は、普通に着物で使う「小紋の着物」とは違います
「江戸小紋」は江戸小紋と覚えてしまいましょう(笑)
ちなみに、江戸小紋に「家紋」を入れると、もうちょっと「格」が上がります
格って、難しいですねえ…。
着物初心者の時は「格」って言われると、ドキドキしてしまうんですよね^^;
面白味でもあるのですが、逆にそういうのが、着物を着る時に足かせになるなら、無い方が良いのに…とも思ったりもします。難しいですね。
******

江戸小紋はこうして袋帯と合わせて結婚式や入学式に来て行くことが出来る着物です。
色無地と同じように考えていいと思います。
袋帯ではなく、名古屋帯を合わせると、もっと気楽な場に来て行けます
^^

*このピンクに銀と黒の袋帯は、私の母の若いころのもの。
今あんまり見ない柄だと思いますが、けっこう好きです。
この時は、着物のお母さんが私含めて4名!
「やったー増えたー!」と大喜びしました(笑)

【入学式の着物】
母のつけ下げに自分の袋帯
です。
上半身なのであんまり柄が見えないですね、すみません。
生け花が描かれてます。
地は白に見えますが、江戸小紋みたいな感じで青海波(せいがいは)です。
帯は、唯一自分で購入したもの。自分で買った着物なんて本当に数えるほどで、あとはみんな頂き物です^^;
******
[メモ]
つけ下げは、訪問着に次ぐ格、といわれています
小紋のように「上下がない柄」ではなく、この場合生け花が、ちゃんと同じ方向を向いています。
ただし、訪問着のように「つながった柄」ではありません
訪問着は、縫い目で柄が途切れずにつながっています。
つけ下げはつながなくて良いように、着物の反物の幅に収まる感じで柄が入っているのです。

先程の江戸小紋と比べると・・・場所に寄るので比べようがないのですが、私の中では同じくらいなのじゃないかな〜という感覚で、訪問着を着ていくほどではないな…という時に選ぶ感じです。
******
袋帯は現代のものなので、まあ無難な感じの柄です。

…という感じで、小学校の卒業式はまだ数年後なので考えてませんが…今持っている着物でいうと・・・訪問着かなあ・・・。

今色々な着物の言葉(訪問着とかつけ下げとか)が出てきましたが、ちょっとでも知ってると、入りやすいものです。
何も知らないで着るというのもあれなので、一度詳しい人に聞いてみるといいと思います。
今着物を着る時に「敷居が高い」と感じられるのは、そういう現代の決まりごとを、親から教わってきてない、ということも大きいのだと思います
うちの場合、祖母も母も着物を着てくれていて、着付けは出来なくても「何がどこには着て行けない」とか、それくらいの初歩的なことは教えてくれたので、着物にも入りやすかったのです^^

きっとお近くに着物のことをちゃんと分かっている人がいると思いますので、探してみてください。
もしいなかったら、私に気軽に聞いてくださいね!
普段ウールとか銘仙ばっかり着てる私ですが、一応ちゃんとしたところにも着て行ってるので(笑)安心して下さい。
ちなみに、入学式に着たつけ下げは友人の結婚式に、帯を変えて着て行きましたよ^^
つけ下げでも結婚式などに着て行けるものもあります♪

メールじゃなくツイッターとかで話しかけてくださっても大丈夫です♪
七五三や入学式などちょっと格などが気になる場合で、もう着ていきたい着物がある・・という方は、画像を送っていただけると、わかりやすいです

普段着に着物を着る場合、格がどうとか、あまり気にしなくていいと思います。
気楽に楽しく行きましょう^^
てしごと屋オークション
ツイッター☆
最新情報つぶやき中 ツイッター
by Tweet Button
過去の記事
髪飾りのてしごと屋
てしごと屋へメッセージ
最新のコメント
カピバラさん
  • ライブドアブログ