2015年10月29日(木)晴れ

勝尾寺の創建は神亀四年(727)、善仲、善算の双子兄弟が草庵を構え修業されたことに始まる。
そののち天平神護元年(765)、光仁天皇の皇子開成が二師出逢い止住し、宝亀六年(775)七月十三日
般若台に大般若経六百巻を理経して一寺を建て、彌勒寺と号し、開山に至る。

開山堂には、善仲、善算と開成皇子の木像が安置され、毎年十月二十九日の開成皇子の命日には
宮内庁と勝尾寺で御正辰祭が勤められている。

今回早朝から御正辰祭(ごしょうしんさい)見学に訪れた。

万歩計
8,400歩
5.6km

7:53 勝尾寺到着
IMG_6897

8:03 駐車場へ 
参詣口の女性に今日の御正辰祭の予定を聞くと9:30開始だそうだ。
宮内庁から勅使が来られる時は勅使門が開かれる。
寒いので駐車場の車内から門を監視する。
(まるで張り込み)
IMG_6899

9:29 勅使門が開かれた  開くのは一年に一回だけ
IMG_6902

 IMG_6907
9:31 宮内庁3人 勝尾寺僧侶1人が来た。
IMG_6908
一礼して境内へ
IMG_6909
IMG_6910
9:32 すぐに門は閉められた
IMG_6900

大急ぎで拝観券を買って追いかける
IMG_6912
 
開山堂へ行くかと思ったが
IMG_6913

本堂から二階堂への道から山道へ
IMG_6914
 IMG_6915

獣避けの柵を開けて登る
IMG_6920

石ころの多い山道を普通の靴や草履では歩きにくいだろうな
IMG_6923
9:59 開成皇子墓に到着
既に祭壇が準備されて 僧侶2人 関係者2人が待っていた。
IMG_6927
IMG_6930
10:01 全員一礼して祭典開始 
IMG_6933
宮内庁の3人が一人づつ 拝礼
IMG_6937
次に勝尾寺の僧侶3人 関係者2人の 5人が順に拝礼
IMG_6942
10:08 拝礼終了
IMG_6946
御神酒を僧侶に
IMG_6948

反対側から式の様子を見ようと座禅石の方に来る。
IMG_6950
宮内庁の3人が来られた。 
東海自然歩道の説明をしてあげる。
仏事なのでハイキングシューズで来れないそうだ。
IMG_6956
10:35 開山堂へ下りる
IMG_6958
10:38 開山堂の上の蔀戸だけが開けられた。開成皇子像の厨子は締められている。
IMG_6960
10:46 宮内庁 僧侶が 来られた
IMG_6964
読経が始まる
IMG_6971
最後まで厨子は閉じたまま
IMG_6978
11:11 読経が終わり仏事も終了
IMG_6980
11:18 再び勅使門が開かれ
宮内庁の3人が拝礼して門を出る・
IMG_6984

11:20 勅使門が閉められ終了  約2時間の催事であった。
IMG_6988