ヤッターマン1号、櫻井翔、
ヤッターマン2号、福田沙紀。

衣装は、何と5000万円
それぞれ5着ずつ作り、
10回も作り直したそうです。

 


1970年代のアニメの実写化。

最近、アニメの実写化が多いですが、
面白かった試しがないです。

ハリウッド映画のように、
お金をかければ、
バットマンのようないいのも出来るかも知れないのですが。

まず実写化で感じるのが、
アニメで見た空気感と違う。

バットマンではブラックなイメージが
実写化されても残っていた。

こう言ったものならいいが、
邦画で実写化すると、
なんかちゃちになり、
アニメとのイメージが違うと言う不満が出ます。

 


でもこのヤッターマン、見た感じかっこいいです。
櫻井翔と、福田沙紀もかっこいいです。

ズームインでは、このヤッターマンを3ヶ月間
追跡するそうです。

7:30頃のエンタメのコーナーでするのでは。

監督は、ヤッターマンが飛ぶシーンにも妥協を許さず、
何度も取り直し。

スタッフはみんなヤッターマン世代なので、
みんな真剣です。

 


当時は、このヤッターマン、ワンパターんとよく言われました。
僕は、しょうじき面白いと思いませんでした。

でも毎週見てました。
視聴率も良かったです。
それも土曜日の夜と、いい時間の放送だったからです。

 


CGとの合成で映像は綺麗です。

でも楽しみなのは、
ドロンジョーは深田恭子。
いったいどんな衣装を着るのでしょうか?(m~-~)エロエロ

楽しみですね。
←これが一番楽しみなのか!!

でも大したことないでしょう。"(ノ_・、)" 

 


映画は、来年3月7日上映。

映像は綺麗し、
櫻井翔、福田沙紀もかっこよく、
アニメより面白くなりそうで、
少し期待しています。



櫻井翔は、
「大人になって、・・ごっこを本気でやっているよう」
と言ってました(笑)

この記事が面白いと思った方は、
拍手してもらえると嬉しいです。
コメントも歓迎します。

人気ランキング

引用:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081205-00000023-flix-movi
芸能ニュースを、笑いで斬るTOP