[歴史解説]織豊政権 パート5

どうも、アリスです。
第五弾は「秀吉の対外政策と朝鮮侵略」を解説します。
なぜ秀吉は朝鮮を攻めに行ったのか。
今回も教科書に沿って、一部補足を加えながら解説していきます。


秀吉の対外政策と朝鮮侵略         
秀吉は1587年に九州を平定した後、キリシタン大名の大村純忠がイエズス会に寄付をしていたことを知り、大名のキリスト教信仰を許可制にした。
さらにその後バテレン追放令によってキリスト教宣教師を国外追放した。(※1)
そして秀吉は日本を中心とした東アジアの国際秩序を作ろうとし、インドのゴアのポルトガル政局、フィリピンのマニラのスペイン政局、高山国(台湾)に対し服属と入貢を求めた。
1587年には朝鮮にも入貢と明への先導を求めたが(※2)、断られたため1592年、15万もの大軍を朝鮮に派遣した
文禄の役
この戦いでは漢城、平壌を占領したが、李舜臣率いる水軍によって
日本軍は不利に陥った。
(※3)
秀吉はその後1597年に14万の軍を朝鮮に出し(慶長の役)、
秀吉が病死すると撤兵した。

※1 後の江戸時代ではオランダを除くヨーロッパ諸国との貿易は禁じられた。
  オランダが貿易を許された理由は、キリスト教の布教をしない
  プロテスタントであったからである。
  ちなみに、さらに後にイギリスも貿易しようと来日するが、
  王妃がカトリック(布教する)だからという理由で断られた。

※2 朝鮮は当時侵略されないために貧しくなることを国策にしていた。
  明へ女性を貢ぐほど物がなかった。
  日本は幕末に侵略されないために進化したが、
  朝鮮は侵略されないために取柄をなくしたのだ。
  筆者は最善ではないが賢い判断だと思う。

※3 このように教科書に記述されていたが、
  実際の李舜臣の水軍は日本軍の補給を断つため、釜山浦を
  襲撃したが、日本軍撃退されている。
  ちなみに、その戦いにおいての日本軍の大名の死者は
  一名のみで、それもさほど強くない大名であった。
  なお、いずれの戦いにおいても日本軍が有利であった。

[歴史解説]織豊政権 パート4

どうも、アリスです。
第四弾は「検地と刀狩」を解説します。
刀狩は有名ですね。いったい何のためにしたのでしょうか?
今回も教科書に沿って、一部補足を加えながら解説していきます。


検地と刀狩                
秀吉は新しく手に入れた領地の経済力を見るため、
太閤検地を行った。土地の面積の基準を町、段、畝、歩に統一、米を計る升を京枡に統一し、村ごとの田畑や家屋の面積、等級を調査。その石高(村高)を定めた。
検地表には農民の田畑と屋敷地を登録した(※1)。(一地一作人
天下統一を果たした1591年には検地表国絵図の提出を全国の大名へ求めた。
これによって、大名の所有する領地が決定し、大名の力は石高と比例するようになった。

秀吉は検地のほかに農民に対する刀狩も行った。(※2)
1588年に刀狩令を出し、農民の武器を没収した。
1591年には人掃令(※3)を出し、武家奉公人(兵)が町人、百姓になることを、百姓が町人や職人になることを禁止した。これによって兵農分離が完成した。

※1 現在でいう戸籍のようなもの。

※2 農民の間では刀は自立性や名誉を表すものであった。

※3 と、教科書には書いてあるが、
  実際は1592年に豊臣秀次が行ったこと。
  朝鮮出兵に向けて徴兵できる男性の数を調べるために行われた。

[歴史解説]織豊政権 パート3

どうも、アリスです。
第三弾は「豊臣秀吉の全国統一」を解説します。
農民出身の武将で有名ですね。
今回も教科書に沿って、一部補足を加えながら解説していきます。


豊臣秀吉の全国統一            
〇秀吉のしたこと
尾張に生まれた秀吉は農民から信長の家臣にまで出世した。
1582年、信長を倒した
山崎の合戦で明智光秀を、
賤ケ岳の戦いで柴田勝家を倒し、信長の後継者となった。
1584年には小牧・長久手の戦いで織田信雄と徳川家康の軍と戦ったが、和睦に終わった。
翌年1585年、秀吉は朝廷から関白に任命され、長宗我部元親をくだし、四国を平定した。さらに翌年太政大臣
(※1)に任命され名実ともに日本一の男になった。その後秀吉は天子様(※2)から権力を頂いたと称し、全国の大名に停戦を命令し、領地の確定を秀吉の独断によって行うとした(※3)。これに違反した九州の島津義久を1587年に、小田原の北条氏政、氏男を1590年に倒し、東北地方の伊達政宗ら諸大名を服属させ、天下統一を果たした。

〇秀吉の政治
秀吉は、京都に建てた聚楽亭に後陽成天皇を迎え入れ、諸大名に自分と天皇へ忠誠を誓わせ、天皇の権威を巧みに使って統一国家を作り上げていった。
また、貨幣経済の発展にも努め、佐渡、岩見大森、但馬生野などの主要な鉱山を活用し、天生大判などを発行した。(※4)

※1 現在ではあまり実感が湧かないが、一昔前の内閣総理大臣のようなもの。
  適任者がいなければ太政大臣は設置しないという選ばれしものがなれるもの。

※2 天皇陛下のこと。天子や皇帝という言葉は中国大陸からの輸入だが、
  全く別の概念となっている。天皇という言葉は日本独自のもの。


※3 このため、秀吉が最も恐れた黒田家の領地は
  秀吉のいる大阪から離された九州の豊前中津になった。

※4 それでも、役人の給料などにはコメが使われた。

[歴史解説]織豊政権 パート2

どうも、アリスです。
第二弾は「織田信長の統一事業」を解説します。
いかにも戦国時代な人物が出てきました。
今回も教科書に沿って、一部補足を加えながら解説していきますね。


織田信長の統一事業            
〇信長の生涯
戦国武将の中で一番最初に天下統一に乗り出したのが
織田信長である。信長は1560年に今川義元、1567年に斎藤氏を打ち破り、
拠点を岐阜城に移した後、「天下布武」(※1)の印判によって
上洛の意思を示した。さらにその翌年1568年、足利義昭を将軍にするため
京都に向かった。しかし、1573年に義昭が権力回復のため信長に敵対した。
信長はこれを倒し、室町幕府は滅びた。
(※2)

そして、同じく1573年、信長は近江の朝倉氏、越前の浅井氏を倒し、
延暦寺の焼き討ちをして強大な宗教的権威を屈服させ、
1575年の長篠合戦(※3)で武田勝頼軍に勝利し、さらに翌年
近江に安土城を建設し、本拠とした。信長はその後1574年に伊勢長島、1575年には越前の一向一揆を鎮圧し、1580年には石山本願寺を屈服させた。
快進撃を続けた信長であったが、1582年に毛利氏征討の最中泊まった本能寺で明智光秀に謀反を起こされ、その生涯に幕を閉じた。(※4)

〇信長の政治
信長は家臣団を城下町に移住させ、機動的で強力な軍事力を確保しただけでなく、
経済面では楽市令を出し、商業を重視した政策を取り、
また堺を直轄地にして高い経済力を自分のものにした。

※1 文字だけ見ると武力で天下を取るという意味に見えなくもないが、
  本当は七徳の武を以て天下を取るという意味である。
  七徳の武とは暴力をやめ、戦をやめ、天下を保ち、
  功績を成し、民を安定させ、民衆を仲良くさせ、
  財を豊かにすることである。

※2 室町幕府は、この時まで崩れておらず、
  官位任命を仕事としていた。

※3 鉄砲隊の活躍が描かれることがあるが、
  実際は鉄砲隊よりも装填の時間を埋める
  弓や槍の部隊の方が脅威であった。

※4 原因は諸説あるが、その中の一つに
  徳川家康を倒そうとして逆に倒されたというものがある。
  命がけの逆ドッキリ説である。

[歴史解説]織豊政権 パート1

どうも、アリスです。
今日は第一弾として「ヨーロッパ人の東アジア進出」と
南蛮貿易とキリスト教」を解説します。
教科書に沿って、一部補足を加えながら解説していきますね。


ヨーロッパ人の東アジア進出        
主にスペインとポルトガルがキリスト教の布教と海外貿易の拡大をするため、東アジアに植民地と貿易拠点を手に入れ、
琉球と、日本、朝鮮、明(※1)、シャム(※2)、アンナンとの間の中継貿易に参入した。大航海時代の始まりである。

※1 教科書には中国とあるが、どこを指しているか不明なため、
    当時の呼称を使用した。恐らく万里の長城より南の地域のことと思われる。

※2 教科書にはないが当時貿易していた。
  現在のタイ王国。シャムネコのシャムの語源。
南蛮貿易とキリスト教           
1543年にポルトガル人を乗せた明の倭寇の船が九州南部の種子島に漂着し、
島主の種子島時堯が鉄砲を買い求め、家臣に使い方と製造法を教えた。
その後もポルトガルは日本との貿易を続け、スペインも1584年に肥前の平戸に来航し、
こちらも日本と貿易を開始した。
当時、彼らは南蛮人(※1)と呼ばれたため、南蛮貿易と呼ぶ。
南蛮人は明の鉄砲や生糸をもたらし、日本はなどを交易した。
また、1549年にイエズス会のフランシスコ・ザビエル(※2)が鹿児島に到着。
大内義隆、大友義鎮らの保護により、日本でのキリスト教の布教が進められた。


※1 スペインはフィリピンのマニラ、ポルトガルはフィリピンの上の
  マカオから来ていた。これらの地域は日本より南にあったため
  南蛮と呼ばれた。また、他国の者を野蛮人とするのは中国大陸から
  輸入した概念。

※2 ザビエルと言えば、頭頂部の薄い肖像画が有名だが、
  実際はトンスラと呼ばれるものであり、
  さらにイエズス会ではトンスラもしないため、
  間違いである可能性が大きい。
nigaoe_zabieru_xavier
いらすとやのザビエル
ギャラリー
  • [歴史解説]織豊政権 パート1
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ