CT検査の正式な結果、数人の医師で

見たところ肺に5mmの結節だか結石だか

が見つかりました。

来月に又、再検査します。

乳がんのあった方向です

何かのかたまりが歯みたいな形で

ポコッとついていました。

主治医以外は「炎症なんかでもなります」

と言ってましたが。手術から二年

2-3年の時が一番再発とか多いとどこかで

読んだ。もしかしたら肺に癌ができた

のかもしれませんが。

とにかく変な咳がセキが風邪の時は出て

階段を上るのもゼーゼーという感じで。

ここにがん闘病のブログカテゴリーありますが

下手するとそっちに移動か。

他にも闘病記のカテゴリーはありますが。

二年目にして急にですね。

もし癌だったらすぐに大きくなるだろうから

放射線でつぶすかな。

それか風邪の季節にセキが出ていたので

これの炎症でできたのかもしれない。

ラジガゼも終わったし。

これ続いてたらラジオで励まされて

変なラジオになってたかもしれない。

とにかく左胸のほうはシミとかもできるので

できやすい体質なんだろうと思う。

しかし形が変すぎるのでもしかしたら

癌かもね

もし癌だとしたら小さいうちに見つかったと

いうことで治療かな。

良い方のことを考えながら病院に居ましたが

悪い方の覚悟をしていた方がいいな。

あれですわーとなったときに

ああそうか、やっぱり出来るものなんだな

一個とは目出たいじゃないか。

などと考えます。

でも半分はそうじゃないよーー

とも考えて

おとなしく過ごすとするか

1-2月にNPOのオッサンのことで本当に

ストレスを受けたんです。

四六時中苦しんでました。

あんな化け物みたいな人殺ししそうな

おっさんと病院に通ってたら絶対に

来年かそのころにはガンになるよと

強く思いました。

そのストレスをまだ抱えたままの検査でした

おっさんには「CT検査ですから精神的に
不安定になりますからCT検査なので
どうしても一人で行きます」

と断って気色悪く

にたーーと笑いながら

「一人のほうが不安定じゃないんですか」

Y「ええ、ひとりだとね落ち着くんですよ」

その前に二か月間くらい送られた

家に押しかけてきて上がられて携帯番号と

メルアドとられて。

そのあとも真っ暗な山に連れていかれるのを

危機一髪で助かったり。

1-2年間かかわらなくてもたった2-3か月だけで

もう何かが肺にできてしまうなんてね。

ストレスなのかな。

あいつがいたら絶対になるという確信が

あったんですよ。

しかしCTと血液検査のときにはじめの頃に

腫瘍マーカーというのがね

癌が有っても上がらない体質なのに

飛び上がりましてね。

先生が

これは何かの間違いです。

と言っててそのときも不安だったけどね

やっぱり正常だったとなったんで。

検査で何かが多少でたりすることを

すぐにこれはもうガンだなと言っても

前回はそうではなかったことがありますし。

自分では風邪の時に肺に炎症起こしてるよ

てのは感じたんですがね。

本当に炎症でそんなのできたかもしれないし

検査も二月じゃなかったかな三月か

腫瘍しゅようかもしれないしな。

ルキがあまりにも痩せて見えるんで

あの人の表情を見てたら

到底わたしが治った人に見えない程

彼は心にそれこそガンになるほど

ショックを受けていると思うんです前から

母親の時にそうだった私のように

過去に免疫が無いからね。

だからね検査の結果が一回どうだからと

癌だという話をせずに結果まで待つか

それともはじめに決めたのは

もう二度となったら言わないからねーー

だったのですが。一人でTAXIで帰ってきて

誰一人も言う相手もおりませず

日記として日記客の皆さんに教えるのは

どっちでもいいんだけど。

ルキに伝わってしまいますわ。

しかし私の前に若い男の人が物凄くガンで

他の専門病院を紹介されていたんですが

その人の近所で通いやすい病院。

私はその人の顔も見れませんでした

が自分までちょっとこんなもの見つかってしまい

昨日
 
江口君のことを考えていたんですよ。

と暗く書いた日記って大体そうじゃないんだー
ーという結果に成ると

思うんだけど。逆にちがうんだよこれは

ガンなわけないさーーーて書いてたら

それだったりね。



私は両親のぬいぐるみと昨日ははじめてか

江口くんという少年を想像してねたんです

そしたら江口君は私が野崎観音に行くことや

浅草のおみやげものやに行くことを

かなえてくれたのです。腕を組んで

あまり歩けない私でも江口君は

すきなところどこにでも連れて行く能力が

あるんだなと。それも疲れないわけです

空想で飛んでいくから

ルルドの泉を飲んでますから

もしかしたらつぎの検査は五月だから

風邪での炎症でできた結石か結節なら

消えてるかもしれませんけどね。

私はガンでは死なないまたは随分と年取るまで

癌にならない気もするんだけどね。

昨日すごい服買いましたね

ルキは売れてない頃に俺の人生はこのままじゃ

終わらないってなんか予感はあった

といっているでしょう。

私もこのままじゃ終わらないかもしれないと

思うんですがね。これでもしも

そのカタマリといっても5mmなんですがね

5mmってシミでも皮膚にありますけどね

もしそれが皮膚の表にもできるように

中にもなんかできた風邪のせいだった

とかなら人生もう一度、考えますよ。

何があっても考えられない自分がいるんですがね。

血圧はかったら正常でした。

それと東大のサンプルに参加してくださいと

先生にいわれまして。血をとるのが怖くないので

参加しますが。次のCT検査の時に

血もとられるんですよ。

これはガンだ再発だ転移だと思う患者に

先生がそんなこと頼むかな。

気になったのはあまりの顔の大きさでした

なんという太った顔だろうかと。

Rukiも空想に出て来ましたよしかしね

この少年がこの人なのか???でした。

癌に成ったら大切な物はお金ではないんですよ。

癌かもとなったときだけわかるんですよ。