猛暑のピークは2回

(1)7月下旬〜8月はじめ頃
(2)8月下旬〜9月上旬頃

(1)ほど厳しい暑さになる可能性があります。

ニュースです最初の方が厳しい暑さてことは

8月中ごろからは少しマシなのか。

そうじゃないかなーと思ってた。

はじめにこんなに厳しいとね

後になってゆるみますよね。

二つの高気圧がポイントだそうです。

しかし個人個人で対策をすべきですね。

昔は年よりは何となくエアコンもなくても

あっそうやスナック行ってカラオケを

熱唱してた気がするねうちの親父は。

その前はなんとなく夏を乗り越えてたような

暑さ以外の別のことを凄く考えるてのも方法です。

実際は35度といっても外は雨が降ったりして

インコのポンタが大騒ぎしてて

どうしたんやと思ったらエサ入れを地面に落としてて

さらに塩土というエサも落とそうと

片方のひっかけははずして

もう片方を外そうと必死になりながら大騒ぎ

走り回っての大騒ぎ。

それでねエサが落ちたのかと思ってかけて

座ってるとまたも大騒ぎ。どうしたんやと

見に行くと何かが欠けている。

そこにポンタの鈴が無い。

大きなピンクの鈴を下に落としてしまって

これが原因か。オモチャが落下して

遊べなくなって大騒ぎしてたんでしょうね。

エサも全部新しいエサに替えました。

種類は同じ物ですけどね。

空きがらを吹き飛ばして後から継ぎ足して

というやり方をしてたんですが

湿気がひどいのかエアコンの水もれてて

エサの色も悪い気がして

それでも山もり入ってて

こうやって育ててきたから

どうしようかなと思ってたんですが

全然わからなくて自分で

穀物ですから勿体ないですし。

だけどポン太が何もかも取り外して

大騒ぎしたんでエサも全部捨てて替えました。

普段は継ぎ足してやるほうがね万が一ね

飼い主もアッ、エサ切れてるかもとか

毎日のこと疲れませんしね

山盛り入れておけばね。

いい加減に小鳥飼ってる人なんかは

今日はエサやらずで明日亡くなってた

ああ一日エサやらないと死ぬのか

驚いたなで終わらせてしまったりしますね。

アホかとボケかと思いますけど

本当に小鳥を飼っていくんだという覚悟して

遂に手に入れて籠にもお金かけて

小鳥の為に朝起きて

水とかあそうや今日ね眠すぎて

青菜やらなかったんだわ。

昼にやろうとしたのが夜まで寝てしまい。

でもエサの中にね生の青菜より好きらしい

乾燥したウサギの緑チモニーをね

ジューサーかけて短く切り刻んだの入れてて。

ポン太以外は生の青菜はほぼ食べないんですよ。

いくらやっても生のあまり食べませんね。

ポンタは今、鈴を鳴らしてはエサ食べて

また鈴鳴らしてはエサ食べてというのを

ご機嫌に繰り返しています。

10回以上繰り返すつもりらしい。

ピーちゃんも作ってやった紙でできた

鏡みたいなのをくるくる回しています。

しかしポン太は水入れまで下に落とそうとしますからね

そんなことしたら生きられないってことを

ところが水入れは中々、下には落下しません

青菜入れとかはヤクルトの容器で

エサ入れも私が引っかけるところを作ったから

落ちるのはゆるいんだろうな。

でもジャンボインコとか他はそんなことしないよ。

ヤクルトのは同じく落としますね。

先日にポン太がすぐに鈴を鳴らしたんで

看護婦さんが手を叩いて


「お上手お上手ーーー」


喜んでて。故マメノスケが10年以上も

遊び続けた鈴なのです。

体くらい大きいんだけどね。

凄い音が鳴るし楽しいんだろうな。

丸ごと新しいエサに替えたら

食べるのをやめませんね。

しかしマメノスケという百歳の年よりインコを

なくしたピーちゃんはポーッとしています。

やけにじっとポーーッとしてることが多く

連れ合いを失くした人間のようです。

マメは百歳だったけど人間で言うとね

ピーちゃんがみたらもういてもたっても

いられないくらいマメのカゴに行きたくて

よじ登ってくるくるくるくる回って

オスに多分、精悍さがセイカンさがあったんですね。

タカかワシみたいな目でしたがね

10年も生きてるとね。

そしてジャンボインコの夫婦にもピーちゃんは

張り付いて一日中のぞき続けて

何をやってるんだと思いましたが

これもインコのオスに精悍セイカンさが

男性ホルモンみたいなものかな。

見ただけで男性そのものて感じで

それにひかれるのかもしれない。

ところがポンタはあまり興味を示されない

赤ん坊みたいなもんだからじゃないかな。

ジャンボインコはねワラでできたカゴを

切ったのの上に二羽で止まってて

なんか50年前の流行りの置物みたい

親が結婚したときにもらったのか

オシドリですか見事な夫婦鳥のオキモノ

ありましたが。ヤフオクで探してももう無いな。

クジャクみたいな羽の置物でしたがね。

ポンタは鈴に寄り添って寝ていましたが

高岡美樹さんのラジオかけると前に出てきて

とまっています。

毎日何時間も高岡さんの聴かせるから

飼い主の声と勘違いしてるんでは。

GazettEの曲すら聴けないというこの暑さなのか

真夏は凄いなと思う。

こういうのかけますと見た目は涼しい冬なんだけどな。


曲は曲だけのものとRukiが思うならば

一千%この私もそう思っています。

貼ったけどきけません。モンローウォークという名曲が

流れていますラジオから。

夏にモンローウォークは合うよねだけどさ

本当にGazettEを聴けない暑さだよ。体も

暑さが心臓にきてつらいからね。



モンローウォークよりこっちの曲の方がね

自分のテーマソングだなどと思っていたんですよ

人生はゲームというフレーズがあります


モンローウォークは自分とは関係がないって思うんですよ

だけどありえなくないよな為替なんかで金持ちになった時

夏のホテルやビーチにいることも。

わかりまへんで人生ね。

自分の歌では無いけども未来の幸せを歌っているって

思える曲ですね女から見るとモンローウォークは。

自分にはそんなこと無いって思い込む必要はない。

だって女てさ化粧したらドレスに着替えたら

髪を整えたならばどれだけの美人に変身するか

自分はあまりわかってなかったりするけど

びっくりするほどの人はいるよ。

昔通い詰めてたエミさんていう33才のモデルさんね

こんなの初めて見たと思ったよ・・・・