追悼します。

子供の頃に一番のアイドルといえば時代は

西城秀樹さんでした。

TVと目と目が合うと恥ずかしくて

今も忘れない

あっちに見えてる分けちゃうのになーー

歌詞 情熱の嵐
その笑顔、僕の物、この若さ君のものー


なんといっても薔薇の鎖やね

歌詞 愛する二人は離れていても寂しくはないさ夜も朝も



薔薇のクサリやでー凄いタイトル

今見ても照れますね

見えてないのに向こうに。

綺麗なかっこ良すぎるスターでした。

秀樹さんの唄って本当の愛を教えられるよね

そこまではここまでは出来へんわとか

ローラとかはな。命を捨てると歌ってるからね

でもフォーリングの人もなんかそうだったけど

私って歌にだまされてるのかな。



私は無理やとかそんなことやからダメなんやな

串カツ食べに行くのもままならないんですよね。

無茶苦茶かっこええやろ。

そしてこの曲やね心に残り続けています

もっと多くの曲がそうですがね

歌詞
歌:西城秀樹. 作詞:阿久悠. 作曲:三木たかし.

何年でも待つよと いったらあなたはさびしく 微笑みながらそんなことをしたら 不幸になるわ忘れた方が いいというありがとう しあわせだったわ一緒に歩けなくって ごめんなさいあたたかい 春の陽ざしの中で熱があるように僕はふるえてた



この曲は当時こころに残ったけど

現実には成ってはいけないような



半世紀くらいたってるけど

秀樹さんほどに見た目の良い歌手は

日本の歌謡界で出てない

秀樹さんが18才くらいから見てるのに

黒服でもかっこええな。