奇跡が起きた。神への祈りとこ記事をUPした8日だ。

タイの洞くつの少年たちに

潜水ダイバーによる脱出が始まって

最初の4人に続き2人を救出成功した。




あの記事は実は8日ではなくて7日か6日頃に

書いたのを。つらくなって一度引っ込めて

やっぱり8日にUPしたものでした。

お祈りが書いてあったのとあれこれと

案を書きすぎて・・・。

あのお祈りには書かなかったもう一つの

言葉が有り。それは

神よ貴方に不可能はないことを私は知っています

でした。

うっつらかった。少年たちのことを知った数日。

といっても2-3日なんだけども。

結局ね日本製のビニール袋とか家具を入れるやつですよ。

そんなものを利用すれば日本製のこんなのも




これは50cmくらいの幅のも有り。

各サイズがあるんですがね。

結局は方法はあると思うんですよ。

全身麻酔にして家具用のビニール袋で運ぶとか。

まだ残っている人たちがいます。

これから脱出が成功しますように。

泳いだことも無いのに泥水の中を何kmも

泳ぎ切った少年たちの勇気をたたえます。

それは尊敬にあたいします。

そしてタイのダイバーの人たち

そして決行した指導者のこと。

そして神の力をたたえます。

無事に13人全員が生還に成功しますように。

天の父よお力をお貸しくださいアーメン。

やっぱりビザ食べさせたのが効いたかな。

また馬鹿なことを書いているとつらくなります

親と電話させたのも効果があったのではないかと

親の声を洞窟の外で聞いたならば

命をかけてもここから脱出して見せるという

潜水中の恐怖感さえ乗り越えられたのではないか

それと目印のロープをつたっての潜水だったようです

タイはボランティアにも支えられています


少年たちやダイバーたちはこの距離を行ったようです


もしかしたら一本のロープのために

それにつかまるとロープは水の上に出てるんで

水の上に首を出して通れた部分も有ったのかと。




一方で日本はこのように水に浸かっています

うちもこういう目にあいかけたわけですが

皆さんの家もそうだったでしょ

こんなになってもそれでもね

あきらめてはいけないんだなとこれ見てわかりますよ


この人たちねローンで買った家が水没してですよ

家電も洋服も何かもがパーです。

ローンだけが残ることも有りますよね。

仕事が有ればね裸一貫でまたがんばろうとなるかもしれんけど

年よりにはきついですよね。

家を買う時、建てるときに立地とか安全性を考えないと

川の近くでは大雨のたびにヒヤヒヤしますよ。

と多くの死者が出ていることを知らずに書きました。