Reitaが見てる番組ね社会派でしょ

ちょっと怖そうと思って

ニコ動画で今日ね一本だけ見たけど

前に紹介したのがあったわ。

その番組なのかは分からないけど

ロシアで寒さに凍える少年が居て

人々が助けてくれるかどうかを

見せたことが有りました。

これはReitaの言ってる番組ではないようですが

趣旨は同じですね。

貴方ならその時にどうしますか

ていうやつですね。



そしてReitaの言ってた番組から一つ。

フードスタンプのを見ました。

アメリカでは貧しい人に一万円分くらいの

食品を買えるカードあって。

それで払おうとするんだけど全然足りないの

赤ん坊のミルクなどを買おうとする女性が居て

周りの人が助けるんですね。



これニコ動のコメントでは日本人は

この場合、助けないという声が目立ちました。

元から日本人はお金なかったら買いに行かないよね。

15-6才の時にスーパーでやたら日用品を買ったら

とんでもなくオーバーして。

一緒に居た中学生の従姉妹の目を見て

助けてくれるかなって思ったけど無理で。

買ったものを減らして購入しましたけどね。

日本のスーパーとかお店のサービスは

素晴らしいわけですが。お金足りない人に

周りの客が助けることはほぼ無いんでは??

だけどアメリカはこれが普通なのか

ほとんどの人が助けて払おうするなんて。

払わなかった人もお金が有れば助けたかったと

言ってますね。

日本は梨が二個で780円とか

リンゴが一つ250円とかさ。

人気DJでも買わないってさ。安いブドウが

有ったから帰りにそれを買おうと思うけど

売り切れてないかなて。

スイカは中くらいで二千円とかでしょ

バナナは買えるんですよ百円で売ってるから。

ずーっとバナナ食べてますけどね。

仕方ないなと言いながらでもバナナは好きだし

親がおる時は梨とかブドウとか毎日のように

袋に一杯食べてたよ。親が買ってくれたのよね

この夏は遂にスイカ買ってない

オークションでも二個送料入れると3千円くらいはします。

今年はアイスクリームを毎日のように食べて

暑さを乗り越えてたからね。

スイカ受け取るのも嫌なら二階に運ぶのも嫌で

暑さでスイカよりアイスだという感じでしたね。

そんな夏も終わりっぽいよね。

今年ついにスイカ食べないのか。

途中まで殺人的な暑さだったのに

八月の途中でエネルギーが切れたように

34度でなんだこの涼しさって感じで朝のうちだけですけどね。

凄かったな一時ね。

結論、日本人は金がなかったら

なかっただけの買い物しかしない。

しかし助けるかどうかの話でしょ。

お金無いんですって泣き崩れてる女性に

頭の中では三千円をこれを持って帰りなさいって

渡すの想像はするけども。

とにかくスーパーでそんな文化はないから。

ただパチンコには高収入の肉親に

毎月ね五万くらい貸してましたけどね

遂にもっと貸したという幻覚見るようになり

貸すのをやめているところです。