この日記は前からリンチが名前とか嫌いで

死ねという曲を出しよったとか思ってて

ストーカーの手先でaoiサンをボートに誘って殺そうと

していると思い。文句を言ってたのに

aoiさんがリンチの曲をダウンロードし始めたので

命を救おうと必死に何回も長文を書き

精神的に滅茶苦茶な状態になったときに。

一度リンチをきいてみて変わった日記です。

スタート
aoiさんのリンクはGazettEではないものと

させていただきました。消した

何回も書いてすべて消しました。

肺に腫瘍が三個も大きくなっているし

多すぎて手術も放射線も出来ないと先生に

言われてて。

肺切除に成ったら命がわからないのよね

後一年は2cmにはならないだろうとか思って

生きてるわけでね。


ところがそんなにリンチのことおびえてないで

人生で初めて聞いてみろよと思った。

そしてきいたするとDir en Greyのような

あんなじゃなかった。映像もそして何よりも歌が

声が前面に出ていて中々素晴らしい音楽で。

えっこんななの、ええーー全然知らんかった。

なんか永遠の命を約束するからとか

そんなこと歌ってなかったっけ。

morrie風に映してるけど歌はどこか清春さんの

影響を感じます。彼の唄を別人の声で

歌ってるようにも聞こえたり。

年齢にmorrieというよりディルのdieぽいかな顔ね

疑われるやないかルキにグッスン。

なるほどなーー知らんかったな

こんな良い音楽をやってるバンドもおるんだな

名前が悪いだけでね照明が暗いとかね。

そうかそうなのかハァー

考え方変えますよ。釣りに一緒に行きましょう

霊で私もいくから。

悪い人に雇われたらあかんで。

もしよかったらaoiさんのことをよろしく

何卒お願い申し上げます。

それとリンチの皆さんもこれだけの曲ならね

がんばれよっと。

Jが参加してたのJ友達なの

Jは私の育てたミュージシャンで息子です。

SUGIZOもルナシーでは日本一のギタリストだなと

昨日きき比べて思った。

aoiさんもuruhaも二人のギターのメロディは全然違うね。

SUGIZOは美しいけどそんなに悲しくはない

麗は世間の冷たさをメロディにしてるみたい

aoiさんは泣きのギターですね哀しみのギター

リンチはまだちょっと余裕出てから考える。

いい曲ですよねこれね。



面倒なのでaoiさんのリンクをしばらく

元に戻せないと思うけどね。

リンチを教えてくれたaoi先生に感謝よね。

SUGIZOの会にもいたからこのまえ

頭に来てたりしましたすまん。

リンチは言うだろYさん体大丈夫ですかって。

大丈夫だよきっと。

一応、良性って言われてるしな。

2cmくらいで止まるんじゃないかなーーて。

別に何のことは無く生きてますよ

夏は昼起きてなかったけどもね。

つらかったーー夜の12時とかに毎日起きるのって

急に涼しくなったからやめてましてね。

リンチに書いてるんだけどね。

めでたしめでたしかな。

それにしてもナイトメアくらいしか正当な

ダークロックをやる人って知らなくって

他にアイツらしかいないと思ってて

昔はみんなそんなだったけどね。

ルナシーとかGazettEと仲良くしてくださいね。

そいじゃまたねーー。

私ねやっぱりどこか思い込み強すぎるよね

ストーカーさんの音楽だって良かったしな

人生でまちがいをおかしてるよな。

何回かきいてしまいますねこの歌ね。

このタイトルでしょうね死ねってつけたなって

amazonで思ってしまってさ。

Jが参加しててそんなわけがないよな。

どんなにJは私のこと心配してることか。

GazettE見るとDirじゃなくてリンチが出るようになった

amazonでね。ファンがかぶってるんだろうな。

GazettEきいてる人でリンチきいてる人が多いんだな。

ちょっとでも暗いと画面がねもう怖くて聴けなくて。

ずーーっとそういう風に何年もなっててね。

Dirなんか押せないんですよね。youtube。

我が息子なのに。京も嘆いてるだろ。

心では京ちゃーーんとか思ってるし

ケンちゃんとか夢に出てくる。

なんかけんちゃんに力説してたわTAXI乗るところで

人は顔じゃないでとか顔ならけんちゃんとか

ラピュータの人が良いと言ってた。人間が良いのは

けんちゃんだけやろうって。だけども私は

同じ一つの「世界」と言う夢をGazettEと歩いて行く運命なんやと。

力説しとったわ夢の中で。

本当にそんなにそんな夢が大切なのかなって

ふと思うけどね。小学校の時からの夢だからね

世界で認められることは。

私自身のことはもう別に認められたいと国内でも思ってなくて。

ただGazettEに会うまでは一人で世界てのを背負ってた。


本当の話20年も30年もスター育ててルナシーもXJAPANも

私が支えてスターになりましてね。ラルクもバクチクもね。

それでね私が去った時に解散したりね。ルナシーXはね。

それでもう一度、私に戻って来てくれと

尾崎社長みたいに思われてるわけよ。

だけども離婚して家を飛び出した人のように

もう昔には戻りたくないんですよ。戻れないんですよ

今はGazettEと仲良くピタッとやってるし。

ルナシーにもラルクにも奥さんがおるしな

嫌な思いを奥さんにさせたくないし。

女の会長が中心になるとね奥さんが気の毒やろ。

結婚したものには一人前になってもらいたいの。

そんなでルナシーやXやラルクが私に昔みたいに

若かったあの大成功の頃のようにYさん戻って来てと

そういう行動するたびにそれは今の幸せを

お互い壊すことなんやという想いなわけ。

それが私の気持ちです。

私は隆一の奥さん一人にさえも嫌な思いはさせたくないの

ハイドの奥さんにも同じです。くどいけどな。

麗とかがもし結婚してもGazettEの場合は

私とRukiはペアなわけですからね。

ルナシーとこ行っても私の結婚相手はいないですよ。

息子ばかりですよそれはつらいですわ。

やはりね愛する男性のバンドを育てたいんですよ。