昨日はリンチとaoiさんの事を勘違いしまして

物凄い日記を二回くらい消して。

精神的に今日も立ち直れなかったのですが。

Rukiのtwitterを見ますと彼は何か誤解したようで。

彼も別のアーティストの曲を紹介してました。

あとで聴いてみるか。

私はリンチが悪の手先と思い込んで

ボロボロになったんですよ。

リンチはただの良い人たちかもしれませんね。




右の子供が良い味出してますね

イラストで描いてるんでしょうかね。

江口君みたいだ。

しかし私はRukiのtwitterで落ち着きました。

気持ちが上がりました。

ReitaとUruhaのラジオも昨日なのに

まだ聞けてない状態なんですよ。

aoiさんに身の危険が迫ってると思い込んだから。

今ねコオロギみたいな虫がね腕にとまってた。

お盆の頃にコオロギとは

ご先祖様ぽいけど殺虫剤しました。

この前も虫が腕にくっついてたから

こういうのを泣き面に虫といいますね。

#Repost @the_gazette_official with @get_repost ・・・ the GazettE Live Tour18 THE NINTH / PHASE #01-PHENOMENON- 長野県・ホクト文化ホール公演、ありがとうございました! 次回は8月26日(日) 東京エレクトロンホール宮城にて公演開催! 17:30開場/18:00開演、先行グッズ会場販売は15:30よりスタート予定です。 皆さま、次は宮城でお会いしましょう! . the GazettE Live Tour 18 THE NINTH / PHASE #01-PHENOMENON- Thank you Nagano Hokuto Community Hall! The next show will be held in Miyagi at the venue "Tokyo Electron Hall Miyagi " on August 26 (Sun)! Open 5:30 pm / Start 6:00 pm, tour merchandise sale at a venue is scheduled to start from 3:30 pm. See you soon at the next city! #thegazette #live #ninth #01 #phenomenon

gazette_KAI_さん(@gazette_kai_)がシェアした投稿 -



つまらないことで泣いていると虫にまで

やられるんですよね。

ナースはお盆には人の霊がたくさん見える

と言ってました。

供養のために書くとするか。

ナースの親戚が自殺したんですよ。

それでね霊能者の所に家族が行くと

いつも持ってた小さな黒いバックが

あるはずだと言うんですよ。

そこに何かが必ずあるって。

家族たちは帰って調べると本当にバックが有り

チャックをあけて中を見ても何もなかったんだって。

それでなんだあの霊能者の言うことは

嘘だったねーーと笑っていたそうな。

しかし最後にもう一度チャックをあけて

見てみたらそこに遺書が入っていたそうです。

それで皆さんはその霊能者を信じるように

なったそうです。


Reitaについてる霊は本の読みすぎでしょうね。

なんかの本の読みすぎだな。

しかしあんなにライブにのめりこむというか

入り込んだ状態でやってるとすると

普通の家庭に戻る時にかなりギャップとか

あるんじゃないかな。本人も言ってたけどね。


モスクワに着きましてねユーチューブの旅は。

建物が全部お城みたい度が過ぎて立派でね

あんなでは日本の家見た時に

なかなかの一戸建ててもウサギ小屋に見えるよ。

それと空の青さが真っ青で。日本の空と違う

浮かんでる雲が真っ白で絵に描いたみたいに

こんなの現実に有るのかと

そこに江口君を見たよ。雲の上で飛び跳ねて

Yちゃーーん僕ここだよーー
あっ写っちゃった。

それから電車、また寝台車に乗って

サンクトペテルブルグに行きましてね。

ここはエルミタージュ美術館がありまして

世界三大美術館なんですよ。

レオナルドダビンチの作品もあるんですよ。

しかし鉄道マニアは何の興味も無いらしく

チケット買ってみたのが20分間。

美術品を撮影したのは一分ちょっと。

もしも見たければ世界の人が撮影OKの

載せてますから見れますがね。

この美術館はもともとはロマノフ王朝の城です。

今も猫が正式に60匹やとわれてまして。

一匹ずつ名前が有って困難な仕事についているという

身分証明書を持ってて。

彼らは大体は地下にいましてね

何の仕事をしてるかというとネズミとり。

これは彼らでなければ難しいらしい。

とてつもない大きさだしな建物がね。

美術館の外にもゴロゴロしてまして

「猫には注意をはらってください」

て看板があるんです。

凄い所で働いてるエリートな猫もいるんですね。

ナースに生まれ変わったら何に成りたいときかれ

私は天国の大天使様になりたいから

この世にはしばらく生まれ変わりたくないって

答えましてね。でもあの猫見ると

あの仕事は結構よいような気がします。

ダビンチの作品を守り。それの下で

お城の美術館に勤めてるなんて凄いですよね。

その猫をはりましょうか。



ただ私が人としてこの美術館に採用されたとき

猫の世話ですになって。

猫の世話に明け暮れる毎日で

美術品は全然見られないお仕事に成ると

つらいなと。

友達が多くなると精神的なダメージを受ける回数は

週に一度とかになったりしますね。

昔たくさんのロッカーを世話してた時に

必ず1-2週間に一度、誰かが週刊誌載るような

事件を起こしたりしましてね。

私は昨日もだけどゴハンに水かけてしか

食べられなくなって。

私が36才位のときに親がガンになりましてね

もうミュージシャンのことを抱えることは無理と

なったわけなんですよ。

友達が多ければ頻繁に事件は起きますし

それを耐えれる若さなら持てますけどもね

ものには限界がありますね。

もう立ち直った感じですけどね。

GazettEとしか付き合ってないと

年に一度くらいしか起きない感じしますね。

そうでないと持ちません私が逃げるしかない。

肉体と精神と両方の弱さが有りますから

凄いストレスを受け続けて暮らすことは無理なんです。

だからこんな仕事ばかりしてる真面目なバンドを

女との写真一枚すら見ること無いような

GazettEしか選べません。