上の方だけ見るとReitaには見えなかった

View this post on Instagram

こんなカッチリした日もありました。職質の心配もなかったし🤘🏻

REITAさん(@reita_the_gazette_)がシェアした投稿 -



結婚式の披露宴に出たのかな。

挨拶したりして。キャハハハハ誰の

姪とかスタッフ?

そんな時になんだけどさ。

こないだヒキコモリなのに死にかけたんだよ。

外科に行くのにTAXIに来てもらうために

呼び出したらかなり遅くなりますと詫びられて

まだまだ来ないのかと思いながら外に出たら

もう来てたんですよ。

運転手さんが家の入り口まで迎えに来て

「あーあーどうもどうもーー」

て付いて行って

車まで数mの道路を渡ろうとしたの

目の前に待ってたTAXIが有ったから

そしたらその瞬間に運転手さんが腕を

私の目の前に出して

「ああー待って!!車がきます」

瞬時に止めてくれたのその後に

猛スピードで大きな車が目の前を通過。

もしも運転手さんが腕で止めてくれてなかったら

私は車にひかれてたんだよ。

一歩のところで私は助かったわけですよ

やはり外は合ってないなとあらためて思った。

これがもしも運転手さんが迎えに車を降りて

私の玄関まで来てなかったならば

やばーーー。

ひきこもりなのにやばかった。

皆さんもくれぐれも

道の向こうに友達を見つけたからとか

飛び出したりするのとか渡る時ね

とにかく車には気をつけましょう。