ジングルベルジングルベルXmas。

それでは今日はキリスト教の話をします。

パチパチパチ。

だってクリスマスってキリストの誕生日だよ。

知恵袋で凄い質問が有りましてね

仏教を知らない仏教の方から。

もうすぐクリスマスですがキリストはどうして神なのに

人間に生まれたのか。

わざわざ人間になる必要ないでしょ神なら。

それとですね、聖母マリアさまは処女だったのに

神様が妊娠させてしまったと言うことは

神様は隠れてエッチしたのじゃないかと。

こんな疑問を普通の方は持ってたりしますよね。

うちの母親なんてキリストさまというのは

処刑されたでしょ。だからダメなんだという

考え方だったわけです。

まずどうして神が人間にならなきゃいけなかったかてのは

キツネを助けようとすればキツネになったわけですよ。

人間を救うために人間になりました。

人類を救うために人になった。

それからマリア様が妊娠したときに

妊娠させたのは「父なる神」と「イエスキリスト」と

「聖霊」と言う三個の神のうちの聖霊様です。

聖霊てのは聖書の中では姿は見えないか

イエスキリストに現れた時は白い鳩の姿でした。

教会が世の中にできたりねお弟子さんたちが

弱かったのに急に強くなって世界に布教に

行ったのも聖霊がおりたせいです。

聖霊のせいで処女マリアはイエスキリストを妊娠した。

これを無原罪のお宿りと言います。

聖母マリアさま自身もこうだったそうです。

ルルドの泉で学校に行ってないベルナデッタさんに

聖母マリアが現れた時に、貴方はどなたですか?

きくと「私は無原罪のお宿りです」とお答えになった。

しかしその難しい言葉をベルナデッタさんが

知ってるはずはなかったんですよ。

でもそれを司教様とか教会の偉い人に話した時に

それは聖母マリアさまですとなったわけです。

元々、聖母マリアさまご本人も罪なくして

生まれたと言われています。だからですね

生きたままで天国にあげられたんですよ。

処女マリアが妊娠したのは二千年前ですが

ちなみにきくところによると処女が妊娠することは

科学的にわずかに有るそうです。


最後にうちの親が勘違いしてた。

神様ならなんで処刑されてしまったんだてことですよね。

ここが一番重大なところで

全ての人間の罪に対して神様の息子イエスが

人類の罪の身代わりになって

何の罪もないのに十字架に付けられて殺されました。

これは生まれる前から決められてた

旧約聖書のイザヤ書にやがて救い主が現れて

このようになるということが書かれてる。

その預言の書物の通りになったわけです。

キリストが十字架で死ぬことによって人類の罪はすべて許された。

それを信じる人の罪は許される。

更にですねイエスキリストという神様はですね

三日目にピンピンした姿で生き返ったんですよ。

そして弟子に会ってるんですよ。

私は幽霊ではないとおっしゃった。

新約聖書に書いてありますけどもね。

それでもこの世にずっと神様が居たら

人はなんでもかんでもやってもらいすがるでしょ

病気治すのも、食べ物用意するのも、

死んだ人間を生き返らせてくれとまで頼むからね。

おられたときは何万人もがパンも出してもらった。

だから神様イエスキリストは天国に戻られたんですよ。

他にどんな宗教の教祖でも死んで生き返った人は

居ないんです。キリストは完全に人間の肉体として

三日後に生き返られた。

だけど処刑されたときにヤリで刺された傷口は

そのまま有って「ここに指を入れて見なさい」

て弟子に言って弟子は指を入れた。

本当に三日前に亡くなられたキリストさまだと

確認できたわけです

この体験を弟子たちはしたわけですよ。

そしたら死ぬのも怖くなくなったんです。

それでキリストさまが世界に布教に行けと言うから

死もおそれずに行ったわけです。

世界で20億人以上がキリスト教徒ですね。