2013年03月21日

ありがとうございました。

 私事になりますが、この度の人事異動により山形県教育庁スポーツ保健課国体推進室への転勤を命じられました。このような形でお礼を申し上げるのは失礼と存じますが、一言お礼を申し上げます。

 24歳で新採として本校に赴任しましたが、体育教師として県内唯一の体育設置校である母校で教壇に立てたことはこの上ない幸せでありました。以来、母校のためそして母校スキー部の監督としてガムシャラに走ってまいりました。振り返ると15年という月日が流れ、私も40歳を迎えようとしております。
 
 赴任して3年間は、恩師菊地勉先生に指導者としてのノウハウを徹底的に叩き込まれました。恩師が1度県へ転勤された日のことを昨日のように覚えております。Jrオリンピックへ向かうバスを運転しながら不安と寂しさで涙が止まらず前が見えないくらいでした。しかし、頭の片隅では「俺にもいつかそんな日が来るんだろうなぁ」と漠然と思った事を鮮明に記憶しております。その日が来てしまいました。

 15年間、素晴らしい選手・あたたかい保護者・仲間たちに支えられながらここまでまいりました。この間、おかげさまをもちまして、インターハイ・国体を含め全国大会での優勝5回、全国入賞58回という素晴らしいプレゼントをいただきました。また、中学時代に実績のある選手が活躍してくれることはもちろんですが、本校に入学してくるのは中学時代に全中も東北中も出たことのない、スキー靴の履き方から教えなければならない選手が大半でした。そんな選手たちが3年かけて全国で勝負できるようになったり、大学で活躍してくれたりと、たくましく成長していく姿は「どんな試練でも乗り越えてみせる」という私のモチベーションでもありました。選手達やコーチングスタッフとの思い出はここでは語りつくせません。

 「自分の信念は絶対曲げない」そんな思いで突き進んでまいりました。頑固故にたくさんの方々と衝突もしました。「あいつは変わり者だ」とか「あいつはバカだ」とまで言われたこともあります。しかし、選手たちが「自分の信念」をしっかり持った人間に成長して巣立っていく姿を見るのが毎年の楽しみでした。選手たちとともによく歌っていた「プライド」という歌は私の人生のテーマソングとなりました。

 この先、私にどんなことが待っているのか想像もつきません。今は何も考えられない状況ですが、教え子たちは私の一生の宝物です。この宝物を胸に新天地へ向かいたいと思います。選手には非常に厳しく接してきました。こんなに気まぐれで厳しい監督に最後までついてきてくれて本当にありがとう。今後はいちOBとして母校スキー部を応援していきたいと考えております。がんばれ後輩たち!皆様方におかれましては引き続き山形中央高校スキー部にご支援・ご声援いただきますよう忠心よりお願い申し上げます。

 最後に、これまで15年に渡り、ご支持をいただき、ご協力いただきました皆様に深く、深く感謝を申し上げます。母校スキー部の益々の隆盛を心からお祈りいたします。
                                         
                                                    
平成25年3月21日
                                          
山形県立山形中央高等学校スキー部
                                                
 監督 田村 崇

 きまぐれに更新してきたこのブログも「これが最後か」と思うとなかなかエンターキーが押せません。
  
Posted by ychskiteam at 17:30Comments(13)TrackBack(0)

2013年03月20日

第10回上越国際カップ 2日目

男子GSで設楽が2位にはいりSAJポイント1ケタを獲得。新3年生小川も26位ながら30点台前半をゲット。  
Posted by ychskiteam at 17:25Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月17日

選抜初出場 板垣大健闘18位 男子SL

選抜初出場の板垣が大健闘の18位。一本目34番スタートから20位につけ、二本目緩斜面での致命的なミスをしながらもトータル18位。入賞ラインまで二本合計でも0,68と迫った。勝負事にタラレバはないがあの緩斜面でのミスがなければ十分に手が届いた。しかしながら、沢山の事を学んだことだろう。DSC_0277全国の壁の高さ、厚さ。全国で勝負する事の厳しさ、難しさ。今日の思いを年間を通じて心に刻んで、さらに向上してもらいたい。そして、最も大切な事は、
この事を単に個人の事としてとらえずにチーム全体が同じ気持ちをもって、新しい年度を迎えてほしい。  
Posted by ychskiteam at 14:01Comments(1)TrackBack(0)

2013年03月13日

若いころを思い出して・・・

 今、第25回全国高等学校選抜スキー大会で富良野に来てます。明日から富良野市長杯を皮切りに明後日、選抜の開会式を迎えます。
 11日・12日と富良野スキー場の大会コースで大変いい練習をさせていただきました。しかし、うちの選手は明日の富良野市長杯への参加資格がなく出場できません。ここ富良野スキー場も修学旅行などで大変込んでいて、今日から2日間練習する場所がなくなりました。
 うちの選手3名と山形東の選手2名にどうしても練習環境を整えたいと考え、あるスキー場へ2日前に電話を入れました。そこは国道38号線を通るたびに「いいスキー場だなぁ」といつも運転しながら眺めるだけのスキー場でした。もちろん知り合いなど誰もいません。
 ホームページを見て「ダメモト」で電話しみました。誰も出ませんでした。町営?第3セクター?なのか町役場の電話番号も載っていたので町役場に問い合わせたところ「本日定休日」とのことで現場の担当者の名前を教えてくれました。「スキー場に定休日っあるんだぁ」と思いながら、次の日(昨日)スキー場へ電話すると担当者が電話に出てくれて、練習を快く引き受けていただきました。
 実際に今日行ってみるとスキー場の規模こそ小さいけれど、練習で使わせていただいたコースは素晴らしいコースでした。車窓から見るよりはるかに素晴らしいコース。最高の練習環境を提供していただきました。「明日、また来たい。でも、夕方から選抜の開会式があるので・・・」と伝えると、本来であれば明日は午後1時からのリフト営業を、9時から我々のためにリフトをまわしてくれるとのこと。人の暖かさに触れ、ただただ感謝・感謝。来シーズンは是非、ここで合宿をしたいと思いました。
 若いころを思い出しました。「カケダシ」の頃、練習環境を求めてよく、ツテもない、コネもない、知り合いもいないスキー場へ飛び込んでいき、頭をさげ練習させてもらった記憶がよみがえりました。そんなスキー場がいくつもあります。今でこそそんなことはしませんが当時、若くて血気盛んな私はいい練習がしたいがために、こちらのリクエストが通らず、スキー場側と衝突することもしばしばありました。それでもいい練習環境を環境求めて土下座したこともありました。(韓国で)【笑】
 あれから15年がたちました。久しぶりの「飛び込み」に「あの頃は若かったなぁ」と思う反面、「あの頃のパワーが今もあればなぁー」とつくづく思った1日でした。


   
Posted by ychskiteam at 18:06Comments(2)TrackBack(0)

2013年03月09日

設楽、大健闘。第68回北海道スキー選手権 3位

DSC_0275  
Posted by ychskiteam at 13:38Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月08日

あれから10年

カムイスキーリンクスに来ました。山科選手がインターハイ優勝した場所。宿もその時と同じ。ふと、思えばあれから10年の月日が流れてました。DSC_0274  
Posted by ychskiteam at 10:55Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月07日

第19回福島県選手権 二年生健闘

第19回福島県選手権SGで、最近力をつけてきた板垣、小川が健闘の5位、8位。1362629918693  
Posted by ychskiteam at 13:23Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月04日

設楽2連勝 ヘルトカップGS

設楽が2連勝。二年生も健闘。1日目小川が12位、2日目板垣14位DSC_0273
  
Posted by ychskiteam at 20:11Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月02日

卒業式

今年も4名の選手が巣立っていきました。
DSC00304
  
Posted by ychskiteam at 15:35Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月27日

第35回東北高等学校スキー選手権大会 板垣連日入賞

第35回東北高等学校スキー選手権大会 

【男子SL】

 第5位 板垣直貴

DSC00303  
Posted by ychskiteam at 19:05Comments(0)TrackBack(0)