弓道部優勝
 本学弓道部が女子団体で関東規模の大会に優勝した。優勝した大会は第36回全関東 学生 弓道選手権大会。関東地区の大学86校が出場、平成18年6月17、18日に日本武道館で行なわれた。同大会に優勝するのは本学弓道部史上初。【写真=大会での写真 弓道部提供】
 同大会では3名で1チームを作り、それに2人の控えが加わる。計12本引いて出場校86校の内的中の多い方24校が予選を上がり、その後は2校同士でのトーナメント戦となる。
 女子団体戦のメンバーは向田香緒里さん(日亜3年)・長友美華さん(経営3年)・檜尾有樹絵さん(環境理学3年)、控えに小林美緒さん(経済3年)・板東由希子さん(環境理学3年)。予選は12本中9本を当てて2位通過、その後の決勝戦では強豪の桜美林大学を下して優勝した。

 関東地区の大学では「あまり名が知られていない」本学弓道部。今回の優勝は「ダークホースだった」。部員からは「(強豪の)東京の私大に勝ててうれしい」という声が聞えた。
 コーチを雇って練習を行なう他大学に比べ、本学弓道部は学生だけでの練習運営。今回の優勝の要因には「学生だけだから団結力が出た」「チームのメンバーに対する不安がない」事が挙げられるのではないか、ということだ。

 8月24・25日には本学弓道部が主催「全関東甲信越大会」が神奈川県立武道館で行なわれる。同大会は一般学生も見に行くことが出来る。
【向】