市大野球部日記

横浜市立大学硬式野球部の部員・マネージャーによる野球部活動日記です。

10月14日 秋季リーグ戦 vs松蔭大学

本日行われました秋季リーグ第5週2戦目
松蔭大学さんとの試合の結果報告を致します。

市大 000 000 010 1
松大 110 000 00x 2

1中野2
2伊藤4→5
3小出7→1→7
4坂本5→佐々木4
5原6 
6森田1→田中(章)8→9
7山中8→7→8
8木村9→PH竹森→長治8→PH原田→三吉1
9渡邉3 

1回裏
2アウトから2連打を浴び1点を失います。

2回裏
1アウト二三塁でライトへタイムリーヒットを
打たれますが木村の好送球で1点に抑えます。

3回から小出が登板し毎回ランナーを
出しますが7回まで0点に抑えます。

6回表
田中章が相手のエラーで出塁しチャンスを
作り、代打の竹森がレフト前ヒットを
放ちますがホームでタッチアウトとなります。

8回裏
三吉が登板し2つ三振をとり
三者凡退に抑えます。

8回表
田中章がヒットで出塁しチャンスを作り
山中がライトへのタイムリーヒットを放ちます。
その後代打の原田がライト前へヒットを
打ちますが追加点を加えることは出来ません。

9回表
1アウトから伊藤がフォアボールで
出塁しますがダブルプレーでゲームセットと
なります。

この試合で本学の秋季リーグの日程が
終了し、3位という結果に終わりました。
四年生とできる最後の試合と
なってしまいましたがこの試合で
四年生全員の活躍を見ることが出来ました。

秋季リーグが終わると代が変わります。
四年生たちが抜ける穴は大きいものですが
これから訪れる冬でどれだけ力をつけられるか
が春のリーグ戦で勝てるかどうかに
繋がってくると思います。

先輩たちから学んだことを忘れずに
これからの野球に活かしていけるように
していきたいと思います。

本日の日記は田中勇が担当致しました。

10月13日 秋季リーグvs松蔭大学

こんばんは。
本日行われました松蔭大学さんとの試合結果を報告致します。


松大 001 100 200 4
市大 000 200 000 2


1小出7
2竹森3→渡邉3
3山中8→9
4中野2
5原6
6森田DH
7坂本5
8木村9→田中(章)8
9伊藤4
P三吉→遠江

市大は後攻です。

1,2回はピッチャーの好投により両チーム無得点のまま試合は進みます。

3回の表、ツーベースで出塁とヒットで進塁を許すと、センターフライのタッチアップで1点を失います。

続く4回の表、ツーアウトからフォアボールで出塁を許し、2本のヒットで1点を失点します。

しかし、その裏の攻撃でツーアウトから4番中野がフォアボールで出塁し盗塁で進塁すると、続く5番原のレフトへのツーベースで1点を返します。また、続く6番森田のセンター前ヒットで2点目を得点します。

そして7回の表、トップバッターにフォアボールで出塁、送りバントで進塁を許し、ツーベースとシングルヒットで2点を失います。

その裏の市大の攻撃では、伊藤と小出の2者連続ヒットと山中のフォアボールで満塁としましたが、あと一本が出ず無得点に終わりました。

そのまま試合は進み、2-4で敗れました。


本日の試合では、一時は同点に追いついたものの相手ピッチャーのボールを捉えることが出来ずになかなか試合の流れを掴めない試合となりました。

本日の結果により優勝は無くなってしまいました。しかし、明日明後日と2連勝して今シーズンを終えるために、まず明日の試合を勝てるように気合いを入れて頑張りますので、応援のほどよろしくお願いします。

本日の日記は熊谷が担当致しました。






10月12日  原敦希

こんにちは。
引退日記、最後は原がお送りします。

早いもので、秋季リーグ戦は優勝の可能性を僅かに残しながら、最終週を迎えました。
今日も最後の練習(仮)を終え、迫る引退を感じました。


それでは自身の大学野球を振り返りたいと思います。

まず僕が大学野球をやろうと思った理由は、
両親に高校最後の試合を見せられなかったからです。

1回戦でまあまあ強い相手に勝ち、2回戦へ。
そして、勝てると思っていた相手にまさかの敗北。勝てると思っていたし、仕事もあって両親は見に来れませんでした。

ほぼ辛いことしかなかった高校野球生活を支えてくれた両親に最後の試合を見せられなかったことが後悔で、大学でも野球をやろうと決めました。

その後悔が両親にもあるのでしょうか、1年生の頃からリーグ戦のたびに群馬から試合を見にきてくれています。
最後の学生野球、全力プレーを見せることができればと思います。


そんなわけで、
大学で野球をやりたい!
と思って入部したわけではなかったので、大学野球をやる意義を見出せない時期もありました。
ただ遊んで4年間過ごすより部活をやっていた方が絶対自分の為になる、と心の中では思っても、なかなかモチベーションを保てない時期もありました。


でも1年の秋のリーグ戦で優勝したときに、大学野球をやってよかったと思うことができました。このリーグ戦を通じて、やっとチームの一員になれたかなという感覚が持てました。
チームを引っ張る先輩たちの姿を見て、言葉を聞いて、自分も上の立場になったらこうやってチームを引っ張っていきたいと思っていました。


でもそこからは自分に対して本当にうんざりする毎日でした。
お荷物世代の同期たちが目に見えて野球が上達していく中、自分はケガを繰り返したり、自身の成長を感じられないまま学年が上がっていきました。

先輩たちが引退していき、自分が主将になりました。
元気があるわけでも、実力があるわけでもない、そんな自分が後輩たちに何か主将として示すことができるのだろうかと不安な中、新チームがスタートしました。それでも一個上の家舗さんの背中を見てきて、自分なりの主将をやりきろうと決意しました。


主将になってから冬の間、いろいろな事を思い描いて練習に取り組みました。

でも冬が明けてシーズンが始まると、全然うまくいかないし、自分のこともうまくいかなくて、自分の力の無さにうんざりする毎日でした。
春には11人もの新入生が入部してくれました。この後輩たちに優勝を体験させたい、そして1部に行きたいと思いました。
春リーグで工芸に負けた時は人生で一番悔しい思いをしました。



今振り返ってみると、
一年秋に思い描いていた主将、主将になったときに目標にした主将。
どちらともかけ離れた主将になってしまいました。

指示を出す時も、話をする時も、本当に主将に向いてないなあといつも思っていました。

臼杵さんには選手としても主将としても本当に最後までたくさん迷惑をかけました。3年生になるくらいまで臼杵さんとまともに話をした記憶がないですが、たぶん指導などをしにくい僕のことを使い続けてくれた臼杵さんには感謝してもしきれません。4年生になると色々と会話できるようになりました。主将になってからは野球のこともそれ以外のことも、特にはきつくたくさん指導してもらいました。臼杵さんを胴上げするという主将になってからの目標を達成できるかはわかりませんが、最後にプレーで感謝の気持ちを伝えたいです。



こんな感じで、大学野球はキツイ思いをすることの方が多かったです。
それでもこうして最後まで主将をできたのは、同期の存在があったからだと思います。
4人の同期。一人一人支え方は全く違うけど、本当に支えてもらってました。たぶん彼らには僕を支えている感覚はないだろうけど、感謝しています。

また、OBの方々や市大を応援してくれている方々の存在の大きさも実感しました。とくにこの1年は、そういった方々が尽力してくれているからこそ、自分たちは不自由なく野球ができているのだと感じることができました。

たくさんの方が応援してくれる、支えてくれている環境もあり、市大で野球ができてよかったと自信を持って言えます。
仲間たちと1つの目標に向かって取り組んだ日々はかけがえのないものです。そんな大学野球を最後に勝って締めくくれるよう、全力で戦います。
この3年半市大野球部で学んだことを残りの試合で体現して、引退したいと思います。


長々と失礼しました。
長すぎるって伊藤くんに文句言われそうです。


応援を宜しくお願いします!
今までありがとうございました!

10月10日三吉央起〜完〜

本日の引退日記第四弾は三吉が担当します。

短いようでやっぱり長かった4年間を振り返りたいと思います。
一年生
神奈川二部なら聞いたことないし自分でもやっていけるだろうと慢心の元入部します。
しかしレベルの高さを痛感しやっていけるのか不安になりました。
秋に優勝して、自分も先輩達が試合で活躍する姿を見て自分もああなりたいと胸に誓います。
秋頃に原くんと会話をしなくなります。

二年生
春になると原くんと仲直りします。
初めて彼女ができました。12日でフラれます。
伊藤君が留年します。
夏からピッチャーをやり始めます。

三年生
最優秀投手賞を獲得します。
冬のスノボ合宿でお尻から流血しました。
この頃から上の世界でも野球がやりたいと強く思い始めます。
中川さんが留年します。

四年生
春先に記事にして取り上げ注目していただきました。元カノ全員から連絡が来ました。切ない気持ちになります。
本気で一部を狙って挑んだ春のリーグ戦で結果が出せず、自分に自信がなくなりました。
リーグ戦直前に怪我をして絶望し、野球を続けるか悩み人生で初めて挫折を経験しました。
多分若部が留年します。

ざっと書いただけでも4年間で野球のみならず沢山の事を経験しました。
4年間で同じ時間を過ごし、同じ目標に向かって困難や楽しさを共有できる仲間を得ました。

一番大きい収穫は人生で目標ができた事です。

そして現在、怪我と向き合うことで自分が何をしたいのか、何を成し遂げたいのかを考える事ができました。
僕は今季のリーグ戦が終わったらトミージョン手術を受けます。
そしてリハビリをし、今までよりレベルアップして横浜市立大学史上初のプロ野球選手を目指します。
この夢は沢山の出会いがあって、沢山の経験をしたからこそ今こうして言葉にできています。
特に臼杵さんには感謝してもしきれないです。かなり怒られたし喧嘩した事もあったけど、それでもたくさん指導していただきここまで来ることができました。ありがとうございます。

もっとレベルの高い相手と対戦して、勝って仲間と喜び合って、レベルの高い野球をしたい。

今のチームでその思いを出来るのは優勝しない限りあと2試合で終わってしまいます。
僕はこのチームが大好きなので少しでも長くこのチームで野球がしたいです。

4年間野球を通じて出会えた人達への感謝の気持ちを自分の野球人生で返していけるようにこれからの人生挑戦していきたいと思います。

近い将来、150km/h以上の速球をバンバン投げてまた話題なっている予定なので、皆さん注目しといて下さい!
名門出身じゃなくてもやれるということを証明したいと思います。

4年間ありがとうございました!

10月9日 渡邉


こんにちは。
本日は引退日記第3弾を渡邉が担当します。
 
3年前、当時主将であった黒田さんと1つ上の中川さんが最後の日記で確か「大学野球は辛いことが8割、楽しいことが2割くらいの感覚だった」と仰っていました。
その当時は1年生で深く意味を理解していませんでしたが、4年間を振り返ってみると本当に辛いことが多かったです。
 
市大の野球部は強豪校という訳でもなく、どんな相手でも楽に勝てた試合の記憶はあまりありません。
また私個人としても大学野球のレベルの高さを日々痛感する毎日で、常に努力しても結果が必ず出るわけではない厳しい世界に何度も逃げ出しそうになりました。
 
実際何度も辞めたいと思ったし、2回ほど本当に辞めようとした事もありましたが、それでも続けてこられたのはもう野球を通じて純粋に勝ち負けにこだわることができる最後の機会だという認識があったことと、市大の野球部という環境に救われたことが大きかったです。
 
市大の野球部は人数が少ないです。だからこそ監督である臼杵さんもありえないようなミスをしても一人一人ちゃんと見ていてくれるし、チームメイトのみんなも練習に付き合ってくれるし、人数が少ない分全員野球で勝つ、という気持ちがあるからこそ自分の事も戦力として見ていてくれているから、しんどいけど頑張ろうという気持ちになることができました。上手くいかないことが多い分、結果が出た時は人一倍喜びを感じることもできました。
 
あとは普通に仲がいいのも野球を続けてこられたひとつの要因でした。特に小板橋(さん)と中野とは25mプール4杯分くらいのお酒を飲みました。笑
 
とまあ市大野球部の良いところはいっぱいあるんですけど、この辺にしときます。
この野球部で臼杵さんや同期、先輩後輩やOBの方に会ってなかったら、ぼくはたぶん普通に辞めてたと思います。
1年生の6月に練習試合で清水さんにめちゃめちゃ怒られて金沢八景のココイチで原くんと部活辞めてどのサークルに入るか真剣に話してたことも今となっては笑い話です。笑
 
まだプレーオフの可能性も残ってるので、まず今週2連勝でいけるように残りの野球人生を悔いなく終えていきたいです。
引退したら週8で飲み歩いてると思うので、この日記を読んでる方、どこかで見かけたら1杯奢ってください!笑
 
4年間、お世話になりました!
本日は渡邉が担当しました。

10月7日 秋季リーグ戦 vs東京工芸大学

こんにちは。本日行われました東京工芸大学さんとの試合結果を報告します。

市大 100 030 000   4
工芸 000 010 000   1

1 小出 7→1
2 木村 9→長治8
3 山中 8→9→7
4 中野 2
5 原    6
6 森田 1→3→渡邊3
7 坂本 5→佐々木4→PH勇
8 竹森 3→高瀬1→田中章9
9 伊藤 4→5
P森田→高瀬→小出

市大は先攻です。
初回に小出かツーベースヒットで出塁すると、中野のタイムリーで1点先制します。

そこから両投手が好投し0点が続きます。

そして5回、先頭の森田がツーベースヒットで出塁すると、相手のエラーで1点、四球でランナーが溜まったところで小出のタイムリーで2点とり、この回3点とります。

しかしその裏、タイムリーヒットを浴び、1点返されます。

その後は両投手が好投し0が続きそのまま4-1で勝利しました。

なんとか来週に優勝の可能性を作ることができたので、可能性は低いですが最後まで諦めず松蔭大学さんとの試合に臨みたいと思います。
この試合では守備、攻撃ともに課題が残る試合となったので、来週に向けてしっかり調整して行きたいと思います。

臼杵さんと4年生を胴上げできるように来週の試合頑張りますので、応援の方よろしくお願いします。

本日は中野が担当しました。

10月6日秋季リーグ戦vs東京工芸大学

こんばんは。
本日行われました東京工芸大学さんとの試合結果をお知らせ致します。

1小出DH 
2佐々木4 →竹森PH→高橋9
3山中8 →7
4中野2
5原6 
6森田3 →長治PR→8
7原田7 →田中章8→渡邊3
8木村9 →坂本PH→5→若部4
9伊藤5 →4→5
P遠江 

市大は後攻です。

初回、先発遠江は相手打線を三者凡退に打ち取ります。
しかし、二回表ツーアウトから出したランナーを連携ミスにより生還を許し、先制されます。
一方、攻撃ではなかなかチャンスを作れず、無得点が続いてしまいます。
先発遠江は2回以降、一点も許さず試合は終盤を迎えます。
7回裏、ワンアウトから中野がファーボールで出塁すると、その後の森田が内野安打で繋ぎ、チャンスを作りますが、後続が続かず得点を挙げることができません。
8回裏も先頭の坂本がヒットで出塁し、チャンスを作りますが、得点には結びつきません。
9回表、遠江が相手打線を三者凡退に打ち取り、攻撃に良いリズムを呼び込みます。
9回裏、中野が打撃妨害で出塁し、原が内野安打を放ち、長治が死球を得て満塁となります。ここで、相手バッテリーのミスにより、中野が生還し同点に追いつきます。チャンスは続きサヨナラのチャンスでしたが、ここではもう一点が奪えず、延長タイブレークとなります。
10回表、遠江はランナー1.2塁から始まるタイブレークで、先頭バッターにヒットを打たれ、満塁となります。しかし、その後のバッターから三者連続三振を奪いこの回を無失点で凌ぎます。
10回裏、ワンアウト1.2塁から小出が左中間へとタイムリーヒットを放ち、2対1でサヨナラ勝ちしました。

本日の試合は先発遠江が、終盤まで援護がない中、粘り強く無失点を続け相手に流れを渡さなかったことが、9回の同点、10回のタイブレークでのサヨナラ勝ちに繋がりました。
攻撃面では、なかなかチャンスを作ることができませんでしたが、少ないチャンスを得点につなげることができました。
明日の試合でも、二連勝で勝ち点を取れるよう今日のように粘り強く、全力で戦っていきます。応援よろしくお願いします。

本日の日記は佐々木が担当いたしました。



10月5日 伊藤

こんにちは。前回から始まった引退日記を書かせていただきます伊藤です。

日記を書くにあたって大学生活を振り返るといろいろなことが思い出されます。

試合前に耳にスコーンを詰められた1年目。冬にはオフにもかかわらず一年生だけで特訓をしました。この時はTOEICは取れませんでした。

徐々に試合に出場し始めた2年目。横浜駅の道路で清水さんに放り投げられました。ちなみにこの時もTOEICは取れませんでした。

小板橋さんがエラーばっかりするせいでサードを守り始めた3年目。秋リーグ戦では最終節まで優勝争いに加わりました。ちなみにこの時にTOEICを取得しました。

そして最上級生になった4年目。春のリーグ戦で優勝を逃し、一部で野球をする事はできなくなってしまいました。最近はなかなか結果が出ず苦しい毎日を過ごしています。

しかし、チームとしてはまだ秋季リーグ戦優勝の可能性が残っているので最上級生として出来ることを少しでもして有終の美を飾れるように頑張りたいとおもいます。

原田がすごい長文を書いて読むのに疲れたと思うので僕は簡潔にまとめさせていただきました。読者思いの伊藤を是非応援してください。

以上です。

10月3日 原田

こんばんは。

本日から始まる引退日記第1号です。

本当は同期でありながら3年生でもある伊藤選手からの予定でしたが、バイトだのなんだの難癖をつけてきて、僕からのスタートとなりました。相変わらず不躾なやつです。



最後なので今までお世話になった監督の臼杵さんを中心に書こうと思います。



臼杵さんは最近、事あるごとにプレッシャーをかけてきます。4年生に。

秋リーグ戦前のオープン選では、もうラストチャンスだの、ヒット打ったりいいプレーしたら首の皮1枚つながっただの、必要以上に言ってきました。

放っておいてももう引退するのに、先日の練習でも伊藤、渡邉、原田は引退か、引退か、とやじってきました。
ちなみにですが、僕らとは別に2年生若部選手は戦力外通告が見込まれていました。今後の巻き返しに期待しましょう。

プレー中は特にプレッシャーをかけてくるわけではありませんが、臼杵さん不在時だと原主将は守備力が10上がり、甲子園を沸かせた根尾選手ばりの好プレーを繰り出します。臼杵さんがいる時にそんなプレーは見たことありません。

僕も臼杵さんがいない時には通天閣プッシュバントを決めたり、ライトゴロしたり、(ランニング)ホームラン打ったりしました。

今一度僕らの扱い方を見直してほしいと思います。




と、不満はこんな所です。笑笑
こんなこと書いたら怒られそうですが、引退前の特権という事で。笑





まあさっきのは冗談で本当は感謝の気持ちでいっぱいです。

臼杵さんは休みを使って、野球部に時間を割いてくださいました。野球の技術もそれ以外の部分も臼杵さんから指導してもらう事で、自分自身の成長につながりました。
感謝してもしきれないと思います。多分自分が社会人になって始めて臼杵さんの大変さに気づくとおもいます。
色々な形で後輩に還元したり、これから社会に貢献する事で恩返しができたらなと思います。


そして大学野球をやるにあたって、OBの方々や先輩方、後輩達、家族など、いろいろな方にお世話になりました。高校の時よりも自分達で運営する面が増えた事で、不自由なく野球ができることによりありがたみを感じるようになりました。

まだ少しありますが、ありがとうございました!!

あと残り2節、4連勝できるように頑張ります!
あと、臼杵さんのプレッシャーにも負けないようにします笑

4年間ありがとうございました!!


原田が担当しました。



10月2日 石丸


こんにちは。
最近気温の変化が激しいですが、みなさんは風邪などひいていませんでしょうか。

一人暮らしで体調を崩すと本当に大変です。
体調管理には気をつけたいものですね…(*_*)

ところでこの日記を読んでいるみなさんには、ずっと続けている何かがありますか?
何でもいいのですが、どうしてやってるの?と聞かれてうまく理由を答えられないものがあると思います。

私の場合それがマネージャーです。
ずっとと言っても今年で5年目になりますが、私の学生生活の大半を占めています。

周りの人は「よくそんなしんどそうなこと続くよね」「大変そう」と口を揃えて言います。
そして「なんで続けてるの?」と聞かれます。

確かに野球が好きというのは理由の1つですが、どうして続けているのか聞かれると「わからない」という気持ちが正直です。

しかしこれは悪い意味ではなく、「どうして続けているのかよく分からないけどやめられないもの」なのです。

みんなが言うように、辛いことも腹が立つことも数え切れないくらいあります。
もし野球部じゃなければ、と思うことももちろんあります。

それでも野球部に携わっていたいと思うのは、その辛さをはるかに超える大切なものがあるからです。

試合に勝つというのはもちろんですが、試合に勝てたのは部員の努力あっての結果で、その過程を共にしてきたことが一層の喜びに繋がります。
オフの日にもグラウンドを覗けば練習をしている部員がいる。
打てなくて、ミスをして、悔しいからまだ残って練習をする。
そういう姿を見てきたからこそ感じられる密かな喜びもあります。
ふとした時の笑顔だったり、感謝の言葉だったり、言い出せばキリがないほどみんなの姿や言葉は私の原動力になっています。
もちろんその反対もありますけどね(笑)

普段は言いませんが、みんなには本当に感謝しているし、みんなのことをすごく尊敬しています。

マネージャーを続ける理由については結局わからないままですが、きっとこれからもマネージャーでよかった!と感じることがたくさんあると思います(^^)


いよいよ今期のリーグ戦もラストスパートです。
少しでも4年生と長く一緒にいられるように、優勝そして一部昇格に向けて4試合頑張ります!

本日の日記はマネージャー石丸が担当いたしました。
月別アーカイブ
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ