よいちゅうぶ

うるおいアーカイブス。

warpaint02
出会い方が例によって「来日情報を知る」→「まったく知らん人たちなんだが」→「1曲で土下座しながらサンキューYouTube」、というまさに「角-鹿取-サンチェ」的黄金リレーと化しております。アルバム3枚目にしてようやく団体チェックイン完了ウォーペイント御一行様、いらっしゃいませ。ご到着までの不手際を心よりお詫び申し上げます。



ジャンル的には違えど、「ク~ッたまらん」の名言一言でもって、すべてのスノッブな音楽批評を無効化してしまった点において偉大すぎる中山康樹先生。私なんざただの浮かれた音楽リスナーですので、そんな先生の域にはもちろん到底及びませんが、この(↑)よいちゅうぶ1曲だけで「私の好きな音楽完璧混ぜたらこうなります」と今後ご挨拶可能になりました。ウ~ッたまらん。



と悶絶しつついらん注釈ですが、厳密には1発目の"Disco//Very"は前作(2nd)『Warpaint』収録です。なんですが、演奏は今作リリース後のほぼ直近のモノ。アレンジも絶妙にハイブリッド化して、今作からの珠玉の2発目(↑)3発目(↓)と完全にシームレスに繋がる、これぞまさにウォーペイントの最新モード。とってもディスコでニュー・ソング。



なにせ出会い方がアレなんで、当然のように今作から一個ずつ2nd→1st→デビューEPへと秋鮭顔負けに遡ってみたところ、基本、ウォーペイントは全然ディスコでもニュー・ソングでもなかったという。なかったんですが、デビュー時のっけから超絶ミディアムで非キャッチーに連綿と続いてきているにもかかわらず、各盤聴けば聴くほど恐ろしくじわじわきます。曲、力量、言うことないです。



言うことないんで我慢しきれず一つだけ言いますが、各人これだけ魅惑的なのに、一方でセクシャルバイオレットNo.1臭は完全にゼロ、という奇跡の公約を理想的に実現してしまったウォーペイン党。あなたなら何派に所属するんですか?もちろん私はモズガワ派。その最高のドラミング以前に、そもそも「すてらもずがわ」という謎の響きそのものが驚異的にありがたい。毎日唱えたい。



心を無にして「もずがわもずがわ」と根気よく念仏していたら、おかげさまで拙よいちゅうぶが、地味に創刊200号と相成ったことに今気づきました。誠にありがたいことです。

IMG_8896
3人になったマニック・ストリート・プリーチャーズが、困り果てながら名盤『エヴリシング・マスト・ゴー』を出して早20年、その泣ける歴史と価値を大いに祝いましょう、という企画です。その前に、自分でチケット確保しながら本当にくだらない用件で4人マニックスの記念すべき初来日公演をスルーして早24年、そっちの泣ける歴史も今こそ地味に祝わせてください。



祝いついでにどさくさ紛れて言いますけど、24年前の初来日涙のスルーから私、大ショックのあまり(というのは嘘なんですが)マニックス自体を完全スルーし続け(いろいろ忙しかったんです、ほんとすみません)、実は今回まで『エヴリシング・マスト・ゴー』すら聴いてなかったんですよ。本当に申し訳ございませんでした。



そんな無責任極まりない『ジェネレーション・テロリスト』ジェネレーションな私を4REALに救ってくれたのが、10月も終わりに差し掛かろうとしていたある晩、『これどうしましょう』という謎タイトルによる同志からの一通のメール。当夜、まさしく「やきとん・マスト・ゴー」的に心身とも(腹)いっぱいいっぱいだった私を一瞬で「もうスルーしてはいけない」と覚醒させてくれたのが、「いや、これスルーしていいのかなって思ったので念のためご連絡申し上げます(以下今次公演情報のリンク)」というストイックなまでに研ぎ澄まされた文面。ありがとうございました。ようやく『エヴリシング・マスト・ゴー』との邂逅を果たせました。



というわけで散々スルーしておいてなんなんですが、この【前半】名盤全曲完全再現+【後半】代表曲ふりかけまくりのライヴを体感して、あらためてマニックスの音楽って、もう表現に困ってしまうくらい我々人間にはスルー不可、身体に必要不可欠な養分なんだなと再認識しました。ほら、日本人ならどんなにスカしてても、「死ぬ前最後は炊きたてのご飯だけ食べたいだろ」みたいな普遍的真理。



そう、マニックスこそがお米。もはや名盤『E.M.G.』と名品「T.K.G.」が同じにしか読めないレベルでマニックスは素晴らしい、というのが四半世紀もの泣ける歴史を経ての私の結論です。もちろん全力で褒めてます。ごちそうさまでした。

setlist.
[1st set 'Everything Must Go'] 1. Elvis Impersonator: Blackpool Pier 2. A Design for Life 3. Kevin Carter 4. Enola/Alone 5. Everything Must Go 6. Small Black Flowers That Grow in the Sky 7. The Girl Who Wanted to Be God 8. Removables 9. Australia 10. Interiors (Song for Willem de Kooning) 11. Further Away 12. No Surface All Feeling [2nd set] 13. Stay Beautiful 14. Ocean Spray 15. You Love Us 16. You Stole the Sun From My Heart 17. Walk Me to the Bridge 18. Your Love Alone Is Not Enough 19. A Song for Departure 20. If You Tolerate This Your Children Will Be Next 21. Born to End 22. Show Me the Wonder 23. Motorcycle Emptiness

olgatempo
一応CDの単なる紹介のために作った当該「音楽」カテゴリーなんですが、もはや直近のが昨年3月のコートニー・バーネットに遡ってしまい、以降その間、自分はテーム・インパラとレディオヘッドの2枚しか聴いてないんじゃなかろうか...という地味な自己再発見の機会をありがとうございますオルガ・ベルさま。



オルガ・キュリレンコ、オルガ・ベル、オルガズム...さすが世界三大オルガの看板に偽りなし、作詞・作曲・演奏・プロデュースほぼ余裕の一人で、相当に素晴らしいです。キーボーディストですがリズムに対するいい意味での執着を非常に感じますし、前衛性と商品性の絶妙な境界線をさくさく歩けちゃってるのも、ただ「センス」の一言では済まない偉業だと思います。ソロ3作目だそうですが、きっと前の2作も普通に素晴らしいんでしょうね。



こんな素敵な「オルガからの手紙」を拝受してしまった以上、「で、ダープロは?そろそろいい加減...」と思うのが人情じゃないですか。そしたら突然9月末にデイヴからの手紙が届いて、世界中のその筋が狂喜乱舞したと思うんですよ。



私だって早速その方面の同志に「手紙が!手紙が!」って報告しましたし、こんな4年もの音信不通をすべて許せる尋常ならざるブッ飛び高水準に、涙を禁じ得ませんでした。そ、そしたらなんと、今度は程なくして10月頭にアンバーからも速達が。



「愛しのアンバー、念願のソロデビュー本当におめでとう。才能ある君ならいくらでもできるのに難しいことなど一切せず、逆にこんなキュートでカラフルな近況をわかりやすく伝えてくれて、おじさんはすっかり安心しました」と私も返事をしたいんですけどね。このレベルまでくると、どんなに怖くても確認だけはせざるを得ませんよね、「二人とも本当に元気なんですか?」って。そしたらどうもアンバーは心機一転西海岸での新生活が本当に前向きみたいなんですが、そのまま東海岸のデイヴが本当に漆黒の闇っぽくて...あまりに心配なので、取り急ぎデイヴには「悲しいだろうがPVまで白黒にしなくたっていいじゃないか、なにも幸せだった頃のハモりとかそんなビシバシにサンプリングせんでも...アンバーがカラーなのは気にせず、君は世界一才能があるんだから再び立ち上がるんだ!」と投函しておきました。なんというこの世界的にしんどすぎる転居と破局のお知らせ。



ちなみに2016年10月19日現在、Twitterでオルガはデイヴとダープロ公式とアンバーをフォロー、デイヴはダープロとアンバーとオルガをフォロー、ダープロはアンバーとオルガとデイヴをフォロー、アンバーはオルガをフォローしてデイヴとダープロをフォローせず...という切ない事案が。以上、現役最高峰、ダーティー・プロジェクターズ完全非公認のメルマガでした。

関連記事
[Hostess Club Weekender] DIRTY PROJECTORS (13/02/03 Zepp DiverCity TOKYO)

IMG_8883
例えばかの名将トミー・ラソーダ氏が「俺の体にはドジャーブルーの血が流れてるぜ」と公言すれば、川島なお美さんは「私の血管の中はカベルネソーヴィニヨンです」と絶妙に呼応する...ジャンルを超え、自らの根源性を定義する名言は枚挙にいとまがありませんが、今こそ自分も「実は生まれてからずっと心拍リズムがウィーウィルロックユーのズンズンチャでした」と告白したいです。ブライアン作曲してくれてありがとう。



とにもかくにも、フレディ生誕70年・没後25年・バンド結成約45年・前回武道館でやってからほぼ30年...という区切りの極み的なこの2016年現在において、世界中の「クイーンでできている人たち」をいまだエンターテインし続けてくれているのも、まず第一にアダム・ランバートの存在のおかげです。この世に生まれてきてくれてありがとう。



"アンダー・プレッシャー"では正面のQ型スクリーンにわざわざボウイ様の凛々しい顔を投射。「次の曲はボウイだ」と200%花を持たせる状態で、自らボウイ役を買って出るロジャーありがとう。



さすがに「今頃空の上で2人一緒に歌ってんのかな」とか想像すると寂しくもなりましたが、すかさずアダムが「僕は(どんなに頑張っても)フレディじゃないけど、今夜は皆でフレディを祝福しませんか」という偉すぎる自己認識と怒涛の歌唱力でもって祭りに引き戻してくれたので、まったく問題ありませんでした。



そもそもまったく問題ないのは一昨年のサマソニで確認済みでしたが、正直今回ばかりは「いよいよ単独終わったあとの喪失感」が個人的には心配で...しかしこちらも全楽曲が持つ異常な普遍性と、世界中を永遠にハシャがせる多幸感のおかげで「こりゃまた来たって全然不思議じゃない、是非とも相応のギャラをガッツリ積むように」とあらためてポジティブになれました。



ちなみに予想通り武道館全体がうちの母を筆頭に相当カオスなことになっていて、○十年前に遡って盛り上がる女性集団、"レディオ・ガ・ガ"王道の手拍子など完全無視で終始オペラグラスな男性、涙ぐむ夫婦、それ以前にいつまでたっても自分の席にたどり着けてないと思われる人々...



そして、記念すべきクイーン通算20回目の武道館公演だったにもかかわらず、入魂の「ジュウニカイデス!」MCをしてしまったブライアン・メイという天文学者的カオス。大丈夫、30回目での成功をまだまだ待ってます。

setlist.
1. Seven Seas of Rhye 2. Hammer to Fall 3. Stone Cold Crazy 4. Fat Bottomed Girls 5. Don't Stop Me Now 6. Killer Queen 7. Somebody to Love 8. Love of My Life (Brian May on vocals) 9. Teo Torriatte (Let Us Cling Together) (Brian May on vocals) 10. These Are the Days of Our Lives (Roger Taylor on vocals) ~ Drum Battle (Roger Taylor vs Rufus Taylor) 11. Under Pressure 12. Crazy Little Thing Called Love 13. Another One Bites the Dust 14. I Want It All 15. Who Wants to Live Forever ~ Guitar Solo (Brian May) 16. Tie Your Mother Down 17. I Want to Break Free 18. I Was Born to Love You 19. Bohemian Rhapsody 20. Radio Ga Ga [Ec] 21. We Will Rock You 22. We Are the Champions ~ God Save the Queen

IMG_8852
なんかすっかり「季刊 よいちゅうぶ」ですら怪しくなってきましたが、レディオヘッドのおかげで無事に消滅時効を中断できました。今年のサマソニを総括しますと、ザ・イエロー・モンキーはやはり感動的に素晴らしく、サカナクションのときに食べたドライカレーが予想外にとても美味しかったです。



あと、一昨年のサマソニでドリームズ・カム・トゥルーのファンの方々に「ちょっと静かにしてもらえませんか?」と静かに怒られた反省を活かし、今回はチーム内で演奏中無駄な私語を極力慎むようにしたのも、フェス全体におけるマナー向上の一助となれた気がしてよかったと思います。



いずれにせよレディオヘッドが始まってしまったらチーム内ただひたすら沈黙せざるを得ないわけで、結局会話的に一番盛り上がったのが、「帰りの海浜幕張までがもう辛すぎる」というチーム平均年齢に相応しいトピックでした。



平均年齢だとレディオヘッドも結構な水準になってきましたが、トムは引き続きとても元気、「ライブ中に変なテンションの人になる」のもむしろ通常仕様以上。おまけに(遠方からだったので確証ないけど多分)あのジョニーまでもが、「キョウハアツイデスネ」みたいなMCを繰り出す画期的な瞬間もあり。とにかくみんなご機嫌そうで何よりでした。



ご機嫌すぎたからかどうかまではわかりませんが、全サマソニ的要望に応えてアンコールクリープを入れたレディオヘッド。特別臭ゼロなのが素晴らしかった。ここまできたら最後、クリープ後トム伝説の「コンバンハ~」での終演再現を期待しない方がおかしいんですが、「コンバンハ~」で〆るどころか、オチを拒否して普通に2曲もやり続けたのがもっと素晴らしかった。芸人からの卒業。



以上、「レディオヘッドは最新こそ最盛」なので、当然今って「史上最高にとんでもない」ことをお伝えできればなと。また、秋季号も発刊できればなと。どっちもできてなかったらすみません。

setlist.
1. Burn the Witch 2. Daydreaming 3. Decks Dark 4. Desert Island Disk 5. Ful Stop 6. 2+2=5 7. Airbag 8. Reckoner 9. No Surprises 10. Bloom 11. Identikit 12. The Numbers 13. The Gloaming 14. The National Anthem 15. Lotus Flower 16. Everything in Its Right Place 17. Idioteque [Ec] 18. Let Down 19. Present Tense 20. Nude 21. Creep 22. Bodysnatchers 23. Street Spirit (Fade Out)

このページのトップヘ