January 10, 2007

『年末行事』 大掃除 rie 

人材派遣・アウトソーシングの「イーストグループ」

 年末かならずやってくる「大掃除」それは、苦痛だ。
TVや雑誌で、毎年、<お掃除グッズ>が紹介され、
イベントのように取り上げられ、かなりプレッシャーになる。
 やらなければいけないのはわかっているが、
やりたくない「夏休みの宿題」のように。
 見て見ぬフリはできるのだが、
この義務感に苛まれながら新年を迎えるのも気分が良くない。
 しかし、今年は違った。最終日に、事務所を大掃除する際、
「○○ペット」という合成洗剤を使って何気なく机をふいた時、
驚いた。
 キレイに白くなったのだ。当たり前だと思われるが、
なぜ驚いたかというと、毎日、水ぶきしているにもかかわらず、
きれいに輝いた。
 改めて化学製品のスゴサを実感した。
手あれを恐れて市販のものは、数年使ってなかったのだが、
その見事な仕事ぶりに感動した。
 あらゆる身の回りのモノを磨いた。
テープ台、電話、パンチ、ごみ箱、ストーブ、携帯電話...
早く我が家にも試したい。あれにあそこに。
 かなり所帯じみた話になってきたが、その衝動を抑えつつ、
次の日、早速購入し、あらゆるところを拭いた、磨いた。
 かなりの充実感で(手荒れはしたが)部屋も片付け終わる。
非常に気持ちが良い。その空間の空気まで磨いた気分になる。
【風水】で、家や部屋は、
幸運をよぶためにきれいにするよういわれるが、
それは、迷信や、占いではなく、
生活している環境がヒトの心や気持ちに大きく影響する事を、
身体で、実感する事ができる。
 なぜなら、掃除の前後で、気持ちが、明確に変化する。
気分がスッキリし、身体も身軽になったように感じる。
 身の回りのモノに対して、愛情さえ湧いてくる。
これからは、この年末行事も、義務ではなく,悦びにかえよう。
事務所も我が家も、一年の煤を払って、
 気分良く新しい年を迎えられそうだ。
いのしし年、この快適な環境が続きますように。。。。

項目へ戻る                                      

目次へ戻る



イーストグループ 人材派遣 営業本部