2008年11月05日

先日よりご紹介している『サーパスシティ紫原三丁目』は、
鹿児島県では初の『子育てにやさしい住まいと環境』認定マンションです

この制度って何?初めて聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。
新居を探している世代は、子育て真っ最中の30代が中心です。

ミキハウス子育て総研では、そんなママたちの声を参考に、住宅専門家、マーケティングチームとともに「子育て」という視点から住まいを考えました
そこで『子育てにやさしい住まいと環境』というソフト面を評価基準として、当社専属認定士が新築物件をチェックし、規定数を充たした物件を認定物件として認定マークを発行・掲示しています。

『サーパスシティ紫原三丁目』もこの認定を受けた新築マンションです。

ちなみにどんな評価項目があるかというと

POINT1  リビングがしっかり見える、見通しの良いキッチン

POINT2  カビやダニの発生を抑えるフローリング仕上げ 

POINT3  お風呂の床が滑りにくい

POINT4  お子様がぶつかった時に大ケガにならないように柱や梁の角を丸く処理する 

POINT5  防犯性の高い鍵やツーロック等を採用した玄関ドア 

POINT6  お母さんとお子様が一緒に入れるゆとりのトイレスペース 

などなど・・・全部で100項目のうち6割以上をクリアすれば、子育て支援マンションとして認定されます

ちなみにこの認定は住宅性能評価とは無関係です。

ここ沖縄では、このような子育て支援認定マンションの事例はまだないようですが、出生率全国NO.1の沖縄ですので、今後このような物件が登場してくるかもしれませんね

ゴーゴー育児ドットコム






(15:18)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔