no title



1: きゅう ★ 2018/11/25(日) 17:05:41.30 ID:CAP_USER9
 2010年ごろ、「アイドル戦国時代」という言葉が世に出た。多数のアイドルが誕生し、AKB48グループ、ももいろクローバーZ、“坂道シリーズ”などが次々とお茶の間に進出する――。

 あれから8年。すでに解散したグループ、卒業していったメンバーも多い。2006年にグループと同名のバラエティ番組から生まれたアイドリング!!!は、2010年スタートのTOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)でホスト役を務め、アイドル戦国時代のキープレーヤーになっていった。

 リーダー(当時)の遠藤舞さんは不思議な存在で、グループでもっとも高い歌唱力を持ちながら、当時のインタビューから「裏方のほうが向いてるかも」と語っていた。

 アイドリング!!!卒業後、ソロアーティストとして3年半活動し、芸能界を引退した遠藤さん。当時のこと、そして現在のことをじっくり聞いた。(全2回の1回目/ #2 へ続く) 
https://news.infoseek.co.jp/article/bunshun_9787/


2: きゅう ★ 2018/11/25(日) 17:06:05.61 ID:CAP_USER9
もともと美容系の専門学校に行くつもりだった
――アイドリング!!!在籍中に何度も取材しましたが、遠藤さんには「アイドルはスキマ産業」とか見出しになることを話してくれる印象があって。

遠藤 自分で話していて、「これは見出しになるかな」とは思ってました(笑)。

――そうでしたか(笑)。アイドリング!!!以前の話からお聞きしたいんですが。

遠藤 遡りますねぇ(笑)。

――はい(笑)。もともと美容系の専門学校を目指していたところをスカウトされて事務所に入ったということですが、芸能界に踏み出すことに躊躇はなかったですか?

遠藤 ありましたね。専門学校が決まっていたし、そもそも芸能人にまったく興味がなかったので。それでも入ったのはノリというか、若かったんだと思います。10代の判断力なんて子供ですから。祖母に「専門学校にはいつでも行けるけど、今回みたいな縁のある話はここで逃したらもうないかもしれない。いましかできないことならやってみたら?」と言われたことも大きかったです。

――自分がアイドルになりたいとは。

遠藤 まったく思ってなかったですね。小さい頃から「かわいい。かわいい」とチヤホヤされて、「人前に立つことが好きなのかもしれない」と薄々気づいた結果、芸能の世界に入るという子が多いと思うんです。だけど、私は真逆でしたね。

TikTokをやるようなタイプではなく……
――アイドルにあるような自己顕示欲は?

遠藤 ほぼゼロですね。いまって事務所に入らなくてもYouTubeなりインスタなりでいくらでも自己表現ができるじゃないですか。時代はだいぶ変わりましたよねぇ。ただ、私が10年遅く生まれていても自分からTikTokをやるような子じゃなかったと思うなぁ。

――とはいえ自分のことが嫌い、ということはなく。

遠藤 そんなネガティブなわけじゃなくて。自分で好きなことをやっている時は楽しいんですけど、人に見せたり共有することに価値を感じないんですよ。たとえばピアノを弾くことが好きだったら自分で弾くことが楽しいだけで、その動画を撮ってSNSにアップしようという価値観がなくて。

「素人すぎるから」受かったアイドリング!!!
――事務所に入ってすぐアイドリング!!!のオーディションに受かったことで「やめられなくなったな」と思いました?

遠藤 思いました。思いました。当時のマネージャーさんから電話があって「受かったよ」と聞いた時にもう後に引けないんだって。ただ、話のネタになることを探すのは好きだったので、いい人生経験になるかなとは思いました。

――芸能界での経験もあるメンバーもいるなかで、自分のキャラは薄いと思うことはありましたか?

遠藤 そうですね。番組開始当初のディレクターだった塩谷亮さんから「なんで受かったと思う?」と聞かれたことがあって。私は答えられなかったんですけど、正解は「素人すぎるから」だったんです。オーディションの時に「なんでここにいるのか分からないです」と言ったんですけど、そんな人いないじゃないですか。塩谷さんも変わっている方なので、「なんでここにいるのか分からないヤツがアイドルに混じっているポジションが面白い」と映ったらしいんです。ただ、そう言われた時に「このままじゃいられない」と悟って。「素人」だけが持ち味と言われても、それは擦れていくものじゃないですか。番組の10回目くらいでなくなっているかもしれない。早い段階で「素人」に替わるアイデンティティを見つけなきゃいけないという不安感はありました。


3: きゅう ★ 2018/11/25(日) 17:06:20.74 ID:CAP_USER9
笑いが取れたときが一番褒められる
――アイドリング!!!自体が王道のアイドルグループではなかったですよね。バラエティ番組中心のアイドルでした。

遠藤 番組を作っている方がどうやら「面白」主体で物事を考えているなと気がついたんです。面白いことを言って笑いが取れた時が一番褒められるから、みんなの中に「面白いことをすればいいんだ」と刷り込まれていくんですよね。とくに初期のライブや握手会がなかった時期は、収録現場にいる人たちに認めてもらおうとするわけで。アイドルになるために頑張るんじゃなくて、面白いことを言うために頑張るという、肩書きはアイドルだけど、独自の路線を走っていたのかもしれません。

――バカリズム升野さんは、アイドリング!!!をアイドル扱いしない司会ぶりでしたよね。

遠藤 アイドルになれない自分にとって、アイドル扱いしないMCがいることですごく助かりました。自分の居場所があるような感じがしたんです。アイドルっぽいことをさせられていたらすぐにやめていたと思います。

――長く続いた番組なので、演出家やプロデューサーが変わっていきましたが、そこには対応できましたか?

遠藤 演出の方が違うとこんなに変わるんだ、というのはひとつの学びでした。プレイヤーとの相性もあるし、人間だから好き嫌いもあるでしょうけど、仕事なので関係なくやっていかなきゃいけないのがプロなんだって。升野さんを見てそう感じました。ひとつ思ったのは、企画の意図が分かりやすいとプレイヤーとしてはやりやすいということ。意図された「面白」までの道筋が理解できるといいんですけど、そうじゃない時は苦戦しました。ただ、感心するくらい多くの企画があったので、その中に迷走気味の企画があったとしてもしょうがないことだと思います。

自分の歌がアイドル楽曲に向いていないなと……
――アイドリング!!!は段々とライブが増えていって。遠藤さんの歌唱力が発揮されていくわけですよね。

遠藤 いや、そんなことはなくて。早い段階から自分の歌がアイドル楽曲に向いてないなとは思っていたんです。上手い下手じゃなく、自分が歌うと浮いてしまう。だから、あえて平坦に歌ったり、レコーディングではすごく気を遣ってました。

――でも、Dメロは必ずといっていいほど遠藤さんが歌うなど、自分の声がアイドリング!!!の曲に欠かせないものになっていくわけじゃないですか。

遠藤 私は自己評価が高くないので、「この曲に私の声は合わないんじゃないか」と思うこともあったし、ディレクターさんに電話して「バランスが悪いので、私のパートを減らしてもらえませんか」とお願いしたこともありました。

「ドヤ、上手いやろ」みたいな歌手が好きじゃない
――前のポジションに行きたい理由が「歌唱パートが増えるから」というアイドルも多いけど、遠藤さんはそうじゃなかったと。

遠藤 それよりもいいものを作って世の中に評価されたほうがいいじゃないですか。プレイヤーよりも裏方寄りの考え方なのかもしれません。だから、レコーディングは楽しかったんです。

――でも、ライブになるとまた違って。

遠藤 苦手でしたね(笑)。

――遠藤さんのソロパートが来た時、会場の「待ってました感」はすごいものがありましたよ。

遠藤 伝わってよかったなと思うこともあって。私、「ドヤ、上手いやろ」みたいな歌手の方が好きじゃないんです。仮にそう思っていても包み隠して歌ってほしい願望があって。自分もそうでありたいとバランスをとってきたつもりなんです。だから、ファンの方に「ドヤ感のない歌い方がいい」と言っていただいた時はホッとした自分がいました(笑)。


4: きゅう ★ 2018/11/25(日) 17:06:26.91 ID:CAP_USER9
23、24歳で甘酸っぱい恋愛を歌う違和感
――ビルボードライブ東京で行ったソロライブあたりからグループで活動していくなかで、「ひとりで歌っていきたい」と思うようになったんですか?

遠藤 「ひとりでやっていける」と思ったことはなくて。ひとりでやれるような器じゃないけど、アイドルグループに長くいることはできないという葛藤がありました。10歳近く下の子と同じ衣装を着て、同じ内容の歌詞を歌うことに大人として違和感があったんです。23、24歳の年齢で中学生に当てはまるような甘酸っぱい恋愛を歌っても説得力がないんじゃないかって。グループにいることと自分がいるべき場所の乖離を感じたので、25歳が限界だろうなと思っていたんです。

――それで25歳での卒業を決めた。

遠藤 本当はもっと早く卒業したくて打診していたんですけど、すぐに抜けられるようなポジションではなかったので、あのタイミングになりました。もっと若くからはじめていれば、ああいった曲を楽しく歌えていたんでしょうけど、私は頑固で意固地で面倒くさい人なので、言ってることとやっていることが違うとイライラしてしまうんですよ。ただ、活動全体としては楽しい瞬間のほうが全然多くて。とくに、みんなと「面白」を追求することはなんて楽しいんだろうと感じていました。

――「面白」を追求するチームプレーがあったと。

遠藤 そこにやりがいを感じていたんです。ライブのMCでも、どうやってトークを転がしていこうか一生懸命考えてましたから。このメンバーに振ったら隣のメンバーが突っ込んで、と膨らませていって、最後にドカンと突き抜けた瞬間がめっちゃくちゃ気持ち良くて。私にとっては快楽でした。

「私がこうボケるから、こうツッコんで」
――事前にメンバー同士で打ち合わせをしていたんですか?

遠藤 「私がこうボケるから、こうツッコんで」という話はしてました。ライブの台本って割とアバウトなんですよ。たとえば2曲歌い終わった後、「〇〇ちゃんどうでした?」と書いてあるんですけど、それが嫌いで。「どうでした?」と聞かれても当たり障りないことしか答えられないし、お客さんも聞き飽きていると思っていたので、途中から「私はこう話すから」と細かいところまで打ち合わせするようになったんです。

――セトリや衣装は与えられる部分はあるけど、MCは自由度が高かったんですね。

遠藤 そこにクリエイティブが発生していたんだと思います。

――実際、アイドリング!!!のライブは、バラエティ要素とライブが上手く融合している時が面白かったです。

遠藤 そう思っていただけると、我々としては感無量ですね。ING(アイドリング!!!の後継ユニット)のMCがつまらないとヤキモキして教えたくなります(笑)。その子の発言が跳ねた時、何を言ったのか、なんで跳ねたのか、何回目で飽きられたか、覚えて記録していかないといけなくて。MCは一番頭を使うんですよ。INGの子たちには「歌やダンスを頑張っているけど、一番難しいのはMCだから練習や打ち合わせが必要だよ」と口酸っぱく言ってますね。

――アイドリング!!!のMCが面白いのは、番組で鍛えられていただけじゃなく“レシピ”があったんですね。

遠藤 ある程度はありましたね。MCって追求すればするほど奥が深いことが分かってくるんですよ。ふざけながら真剣に考えてました。だからさかっち(酒井瞳)とか、MCをクリエイトしてきたメンバーとはいまでも仲がいいんですよ。

えんどう・まい/1988年生まれ。2006年からアイドルグループ「アイドリング!!!」に所属、リーダーを務める。2014年にグループを卒業、ソロ活動開始。2017年、芸能界引退。現在は女性向けのボイストレーナー、レコーディングの仮歌などで活躍。

(大貫 真之介)



7: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:08:22.34 ID:poWzl5620
若さしか取り柄の無い99%のアイドルはそうだろうな
1万人に一人レベルのルックスなら40までいけるよ



9: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:09:28.77 ID:cE6UHlMf0
ボイストレーナて誰でも出来るのかな



11: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:13:31.82 ID:K+yntbfE0
はやめに女優にシフトしないと行き場ないよな



12: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:13:45.38 ID:V9D3kVOn0
芸能人は個性アンデンティが無いとやっていけない
遠藤舞と言えばコレって感じの個性が必要だった



13: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:14:10.25 ID:ZvmmT+6c0
アイドル戦国時代って言ったってピンでたえられる奴が一人もいねーじゃねーか



15: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:16:40.89 ID:FE1Sbpcv0
>>13
あやや



20: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:19:23.24 ID:1Yr73AWt0
何気にPerfumeをディスっている。



21: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:19:50.75 ID:z0ojB3Tm0
別にファンでもないのに、1号から9号までは何となく全員言える不思議



39: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:26:40.58 ID:GyKG50lQ0
>>21
初期にフジテレビで深夜にやっていたの見てたから俺も大体言える
アイドルというより普通にお笑い番組として面白かった



22: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:20:33.52 ID:ltEWAWA50
引退したのにまだ語るのかよw



23: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:20:42.03 ID:nFB20GSI0
男は40ぐらいまでアイドルできるかもしれんが女で30越えたアイドルとかきついわな
女優なりバラエティーなりシフトしないと女は生き残れない



36: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:25:51.33 ID:+xTaKeHl0
>>23
女性は出産という現実的な問題があるからな
30代の未婚女性タレントなんて、どこも人手と金を使って売り出したりしないよ



30: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:23:14.94 ID:LUY9RI+R0
つねに10代の若いタレント志望の子が供給されるわけだしな



31: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:24:31.14 ID:ByD0945B0
ももちがいたグループかと思ったら違った



32: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:24:46.93 ID:k5F5DM+f0
まあルールはないけど一般的にはそんな感じかもね



33: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:25:00.30 ID:KX3CQEWV0
やっぱりやる気のない人ってサッといなくなるよな
ただこうやって界隈周辺で仕事してるのは
潰しが利かない故なのかまだ色気が残ってるのか

43205494_321759788654828_651260004355014656_n
o0750071314133847282


45: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:34:33.92 ID:2b5ppp860
>>33
普通に考えて学歴ない女性がやれる仕事なんて販売業くらいしかないしな
それも25歳からだと18歳からやってる子からは差がついてるところからスタート
それならコネもノウハウも解ってる世界でフラフラ仕事した方がまだいいのかもよ



34: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:25:18.74 ID:f0jRPggU0
指原は25歳超えただろw



47: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:35:09.91 ID:+xTaKeHl0
>>34
柏木と須田は27歳だぞ



37: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:25:52.35 ID:xlUF48o70
売れないアイドルは20才には決断しないと
25才はまあまあ売れたアイドルが決断する年齢



38: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:25:58.72 ID:Pxh32zGk0
渡辺裕太と結婚してれば安泰だったのに



54: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:37:51.13 ID:WzHmMG4Q0
まいぷる元気にやってんのかよかった



55: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:38:35.03 ID:v4Dst+kM0
朝日は相当若かったんだな



58: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:39:52.23 ID:uV5SyQPL0
声優になれば、40過ぎてもライブできるぞ。

1424610755-0847-001


70: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:49:12.90 ID:fOnkYXh/0
30代のアイドルとか今普通にいるし喧嘩売ってると思われちゃうんじゃないの



73: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:50:33.55 ID:DCx1ASPZ0
22で限界だろ



74: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:50:45.44 ID:/sCvw3cV0
乃木坂は婆さんばっかだぞ



76: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:50:56.81 ID:E+oaACP90
女子プロレスも25歳定年制があったときは新陳代謝が働いてたけどなくなってからは
ベテランがずっと居座って新人が育たず衰退していったな



79: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:54:47.11 ID:ptn7qFDS0
ワンクールで終わるかもと言われ、バイト先のダイエーのすし屋に籍を置いたまま。。。
当時、升野は芸人だけでは食っていけずカラオケ屋でバイト
青春すなあ



80: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:55:16.31 ID:47FdW0Qj0
はよ結婚でもせえよ
みたいな感じになってくるからな



81: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 17:55:43.44 ID:E7fXKQRA0
>10歳近く下の子と同じ衣装を着て、同じ内容の歌詞を歌うことに大人として違和感があったんです。
>23、24歳の年齢で中学生に当てはまるような甘酸っぱい恋愛を歌っても説得力がないんじゃないかって。

これは、ごく普通の感覚だよなあ
むしろ、これを感じずに、25過ぎてグループに居続けてる子らの頭の中が知りたいわw



88: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 18:02:49.31 ID:V3HM8Ebq0
見てる方も高齢化してるんだから純烈みたいに何歳までやってもいいだろ



97: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 18:10:47.32 ID:+xTaKeHl0
>>88
女性アイドルグループは、高校野球と同じだろ。
10代後半の子たちが、アイドルに青春を捧げてる姿を、楽しく見るものであって、
アラサーが中高生の集団で威張り散らしてるのを、苦笑いしながら見るものではない。



99: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 18:12:53.03 ID:E+oaACP90
松田聖子はファン層を同性の女性にシフトできたから結婚出産してもアイドル続けられた



103: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 18:15:50.44 ID:VX67D1U70
入った当時はまさか接触風俗が業界を席巻するとは思わんかったろうなぁ



110: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 18:18:50.99 ID:QJ7MZ8p20
知らない人だけど分析が鋭いね 読ませるインタビューだった



115: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 18:23:20.18 ID:hzy5XK5P0
すーちゃんわ26歳やけどまだまだアイドルいけるでえ!

Dp9bo9wVAAAupXP


120: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 18:33:40.83 ID:dT03Yd200
まいぷるは、今も昔もちゃんとした大人だ。
彼女は本来裏方なんだろうけと、
やっぱり当時彼女の才能に、可能性がありすぎてみんな夢を見たよね。



136: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 19:15:05.76 ID:OWEi4kLU0
なんかこういう上から語って熱くなれない奴嫌いだわ
しかも偉そうな事言ってるくせに売れなくて引退してもまだ芸能界の端っこにしがみついてるし



141: 名無しさん@恐縮です 2018/11/25(日) 19:37:48.95 ID:/5L53DFq0
遠藤舞さんは自分からは何も行動を起こさない
周りに言われて初めて行動に移す
結構、やる気のない甘ったれた娘なんだと思う







http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543133141/