2020年05月01日

[この記事は常時TOPにあります]
ボドゲ会の告知です!下北沢にてボドゲ会を開催いたします!

第16回びーえむのボドゲ会(東京都・下北沢)
・日時:2016年6月3日(金)/9:30~21:00(閉館22:00)
・場所:代田区民センター2階 [第一会議室(定員30)] 
東京都世田谷区代田6-34-13
http://www.city.setagaya.lg.jp/shisetsu/1202/1235/d00004102.html
小田急線・京王井の頭線「下北沢駅」下車 南口より徒歩4分 
地図は上記サイトにございます 
会費:300円  17時以降参加は100円
人数:20名


しばらく延期します詳細決まったらまた告知します

・twipla&mixiは未告知です。
それではよろしくお願いいたします! 

2019年06月24日

DSC_0486
第31回び~えむのぼどげ会ぷち!
日時:2016年6月24日(金)
場所:東京都千代田区外神田1-11-5 秋葉原スーパービル8F(JR秋葉原駅から徒歩3分) 
会費:250円(イエローサブマリン秋葉原RPGショップ様へお支払いください) 
人数:30人 
店舗URL:http://www.yellowsubmarine.co.jp/shop/shop-059.htm 
・twipla
http://twipla.jp/events/203346
・mixi
http://mixi.jp/view_community.pl?id=6126633
それではよろしくお願いします!

2016年05月25日

この日は自宅でクローズ会。勿論いつものメンバーです。
と言う訳でいつもの通り2人用ゲームからスタート。
このクローズ会の一時間のお陰で2人用ゲームが無駄にならないのが結構助かってます♪
積まずに済むから気軽に買える!(∩´∀`)∩
image

image
・セブンワンダーデュエル
 (初プレイ)
プレイ人数:2人用
プレイ時間:インスト込みで40分くらい
お気に入り度:3+/5
ルールの難しさ:3/5
デザイナー:アントワン・ボザ

2人用になったセブンワンダー、セブンワンダーデュエルで遊びました!
ドラフトゲームがあまり好みではない事が多くて発売当初はスルーしていたゲーム。
どうも面白いと言う話を良く聞くので購入。
元のセブンワンダーと随分プレイ感が違うという話だったしね。

2人用のデュエルはドラフトと言っても場に出ているカードを順番に獲得していくシステム。
ロチェスタードラフトって言うらしいよ??
裏になっているカードは上に重なっているカードが場からなくなると表になります。

場からカードを取ったら
・自分の場に置いて自分の強化
・7不思議の達成
・お金の獲得

以上から選択。これを交互に繰り返していきます。

軍事を伸ばして相手の国の奥まで侵攻
科学カードを一定数獲得
どちらかで即座に勝利します
場からカードがなくなって通常通りゲームが終了時した場合は
勝利点が多いプレイヤーが勝利です。

今回はひたすら軍事を強化。
そういえば通常のセブンワンダーで遊んだ時もとりあえず軍事を強化していた気がします。
相手は科学カードを掻き集める。どっちが先に条件を満たすのか。
どっちも条件を満たせない可能性もあるのでその時用に勝利点カードも幾つか獲得しておきます。

今回はかなり巡りが良かったね。
image
軍事面での勝利!
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

中々楽しいです。セブンワンダーよりもこっちが楽しい。
セブンワンダーより相手と戦っている感があるのが良いね。
自分の得を取るか、相手の必要なカードをカットするかのジレンマがデュエルの方が分り易いです。

セブンワンダーは並びが離れた相手が何をやっているのか全然わからないので
誰が勝っているのか、自分の立ち位置が現時点でどのくらいなのかが
全く分らないのがちょっと気になってたんだよね。デュエルは2人なので流石にそこは分り易い。

ルールも比較的簡単でじっくり遊んだ感がある良ゲームでした。
暫く2人用ゲームの定番として遊んでいきたいな~と思いました。買ってよかった( ^ω^)

では次!
image
・ゾンビタワー3D (初プレイ)
プレイ人数:3-4人用
プレイ時間:インスト込みで60分くらい
お気に入り度:3-/5
ルールの難しさ:2/5
デザイナー:秋口ぎぐる

去年の秋のゲームマーケットで購入したゾンビタワー3Dです。
協力ゲームなのでこの面子だと1人協力ゲーム嫌いが居るのですが
「個人目的があるし、別のプレイヤーが何をやっているかわからないから
あれやってこれやってと指示される事はないよ」
と説得して遊ぶ事にしました。

塔に沢山発生するゾンビから逃げ回ってクリアに必要なアイテムを回収。
その後特定の位置に移動して脱出!が目的のゲーム。
ゾンビを倒す方法はほとんどありません。
どちらかと言うと要救助者を囮にしてゾンビから逃げ惑う事がほとんどです。
やってみるとわかりますが、ゲーム途中からプレイヤーみんなが
要救助者をデコイと呼ぶ用になります
あいつらマジでデコイ

このゲームのポイントはお互いが何をやっているかが見えない所
各自、ランダムに得点となる条件があるため
仲間に嘘をついて得点するために必要なアイテムを回して貰うのも大事と言うゲーム。
またこれによって奉行問題を解決しているのも良いですね。
だって相手何をやっているかわからないから口を出す方法がないものw
そして、なんといっても見た目の良さとインパクトがとても良いので
ゲーム開始時の時点でテンションが上がるゲームです。

これねこの日遊んだ時はかなり面白かったんですよ。
翌日のゲーム会にも思わず持って行ってしまうくらい。そしてその翌日に気が付いてしまいました。

ランダム性に関しての調整が非常に甘いです。
初日は必要なアイテムが山札の底に溜まっていたので
ヒーヒー良いながら喜んで遊んでいたのですが翌日遊んだ時は
クリア条件に必要なカードが山札の最初の方に集まってしまっていて即効クリア
え?もう終わりみたいな終了を迎えてしまいました。
まずこれクリアに必要なカードを山の底になるようにする調整が必要な気がする。
山札の3分の1ぐらいに入れてシャッフルとかね。

あと個人の得点条件。これ完全ダメ。条件を達成できるかどうかがランダムすぎる
ゲームの面白さにまったく繋がっていません。普通の協力ゲームとして遊んだ方が良いよ。
まぁそれによって要救助者が更にデコイとしての意味しかなさなくなるのですがw
(要救助者の1人の救出毎に1勝利点)

面白いゲームなのですが、正直調整不足が目立ってしまうゲーム。本当に惜しいです。
楽しく遊ぶにはハウスルールでちょこちょこ調整が必要でしょう。
うーむ2、3回テストプレイをすれば気が付きそうなんだけどなぁ。

後、説明書に一部結構ゲームバランスに関わる
かなり致命的なエラッタがあるので遊ぶ時には注意やで。

次!
image
・ケルトダイス (ゲームの詳細はリンク先参照)

軽めのゲームをやりたい!と言う声があったのでケルトダイスで遊びました。
結構好きだよ、ケルトダイスw
悩むところは振りなおしの際にどれを残すかとどの列の駒を進めるかの二つ。

さくっと遊べて悪くないよ。
あんまり脳みそ使いたくないけれど
ただダイスを振るだけってのは嫌だなって時に丁度良いゲームです。

じっくり遊ぶゲームではないので、
ちゃんとした(?)ダイスゲームで遊びたければ違うゲームを選びましょう。

次!この日最後!
image
ブラッティ・イン その2 その3 その4 その5 その6(ゲームの詳細はリンク先参照)
この日も遊んだよブラッディインです。
何度も遊んでいるので今回はかなり実験的なプレイをしてみました。
まず1つは建物を5つ建築!どや!

・・・・・全然得点入りませんでした(´;ω;`)

だめだだめだめw
ゲームの展開にもよるけれどやっぱり基本は3軒ぐらいしか家は建たないよ。
それ以上立てると得点を取りにいくターン数が足りなくなってしまう。

ただ、今回もう1つの実験として取ってみた食料雑貨商。これは結構強い気がする。
使い道を間違えると給料の支払いで自分が死ぬだけになってしまうけれど
コスト0や1のカードをバランス良く掻き集めればかなり手番を圧縮できる気がする。
コスト3の建物の中では上位に位置するカードではないでしょうか。

と言うかコスト3のカードなら全体的にこのカードぐらいの強さが欲しいよね(´Д`)


この日のゲームはこれで終了!新宿に行って飲んで食べて解散でした。
またよろしくやで。

2016年05月24日

この日は身内で集まってのクローズ会。
1人事前に不参加が決まっていたので1日中3人で遊びました。
事前にツイッターで3人でおススメのゲームって何~?みたいな話題を振っておいて
結局全て採用せず全部自分で決めたような記憶があります(;^ω^)
だってみんな僕が持ってないゲームばっかり言うんだもん!><
サンマルコとか持ってねーから!

と言う訳で場所はいつもの秋葉原YS、最初はここからスタート!
image
・キングダム その2 その3 その4(ゲームの詳細はリンク先参照)
まずはキングダムからこの日はスタート!
自分も好きだし、いつも遊んでいる面子からも好評のゲーム。
ただやっぱり3人以下が良いよね、4人はちょっと微妙。

今まで何度か遊んでいるんだけれどドラゴンタイルの処理が間違っていたので
正確なルールで遊びました。
たださ、これルールブックに
[ドラゴンタイルは同じ段や列にある全ての資源タイルの数字(青)を0にします]
って書いてあるのよ。正しくは
[ドラゴンタイルと同じ段や列にある城の得点計算時のみ
資源タイルの数字(青)を0として計算する]
が正確なルール。

どうやってもそんな風には読み取れません。
ルールブックの最後のページの得点計算の例を見てようやく気が付く事ができる。
ちょっとルールブックおかしくね?(;^ω^)
確かにドラゴンタイル強すぎるな~とは思ってたんだけどさ。
これで若干弱体化。それでもまだ強いけどw

このゲーム、ベストは2人で遊んだときらしいね。
ただ2人の時は2人専用ゲーム出すだろうからこれを2人で遊ぶ事はないだろうな~
と思っていたんだけど、今これを書いている最中に1回2人で遊んでも良いかもと思ってきました。
今度やってみよう(ぉぃ

次!
image

image
・デウス その2 その3 その4(ゲームの詳細はリンク先参照)
か~なり久しぶりにデウスで遊びました。
ツイッター上を「デウス楽しいでうす」が飛び交ったのも懐かしい話になってきました。
正直デウスは確かに楽しいゲームなのですがどっちかと言うと
デウス楽しいでうすと言うのが楽しかった気がします。

経験値を生かして目指せデウスで初勝利!と思ったのですが2~3点差で負けたよ><
これも4人でやると相手が何が出来るようになっているのか訳がわからなくなるので
3人ぐらいが丁度良いよね。
久しぶりに遊んだけど楽しかった♪(∩´∀`)∩

次!
image
・ビッグディール その2(ゲームの詳細はリンク先参照)
3人でも面白いよ!と言われていたような気がするので試しに3人で遊んでみました。
ビッグディールです。
潰して会社建ててまた潰してと手番でゴチャゴチャやるのが楽しいです。

ただこれは4人の方が楽しいかな?
なんか今までよりもなにか盛り上がりに欠けるような印象でした。
Raelさんが居なかったからかもしれない。
未プレイで興味がある方は是非Raelさんと遊んでみてくださいw
すげー楽しいからwww

image

image
・ケルトタイル (ゲームの詳細はリンク先参照)
ちょっとそろそろ1回軽いのをやろうか~と言う事でケルトタイルで遊びました。
うむ、楽しい。軽さの割りに適度に考えどころがあって良い。
インストもさくっと終わってゲーム自体もさくっと終わってそれでも遊び応えがある。

これはいいね~、ケルト系の中でも特に好きかも。
メインディッシュにはならないけれど、ちょっと間に挟むには丁度良いゲームだと思います。

次!
image
・P.I. (初プレイ)
プレイ人数:2-5人用
プレイ時間:インスト込みで60分ぐらい
お気に入り度:4/5 
ルールの難しさ:2/5
デザイナー:マーティン・ワレス

積んでいるゲームで3人ベストのゲームが何かないかな~?と思って探していたら
このP.I.がboadgamegeekで3人がベストいう事になっていたので持込みしました。
日本発売して直ぐぐらいに買ったから3~4年積んでいたゲーム。
3~4年で積みおろされたなら早い方であろう(ぉぃ

自分の隣のプレイヤーが自分が当てるべき犯罪者犯罪現場犯罪の種類のカードを引く。
各プレイヤーが別々の目的を持つことになります。
早く当てると高得点、ただ焦って間違えると失点するよと言うゲーム。

このゲーム突っ込みどころが一つあって、事件の解決フェイスの宣言が
「この事件の犯人はモーリス。彼がリトルイタリー銀行強盗をしていたんだ!」
な~んて宣言をして全て正解したらOKなんだが
何の事件が起きていたかは最初から分ってるはずでしょ?
事件が起きたから犯人探しに動いてるんでしょ?

「そうか!分ったぞ!今回の事件は銀行強盗だったんだ!」とか

おかしいだろ

なんて思ってしまいました。皆様どうでしょうか。

ゲームの内容は小学生の頃に遊んだ潜水艦ゲームみたいな感じ。
マスターマインド風って言うのが正解なの?シラナイケド。

どこか一つのエリアを指定して、その場所に自分の正解が何個、周辺に何個あるか
を自分の答えを知っているプレイヤーに教えて貰う。それに応じてボード上にマーカーを置く。
置かれたマーカーから推理して正解を当てるゲームです。

なるほど、これはあんまり他人数で遊んで楽しいゲームではないね。
他人の手番の行動が自分に何も影響がないから単純に待ち時間になってしまう。
3人がベストと言うのはそういう事でしょう。4人がギリギリで5人は絶対にアウト
なんで5人で遊べるデザインにしたのか悩むレベル。

3人で遊ぶ分にはかなり楽しかったです。ボードのデザインが良いよね。
ただ口語体での説明書はやめて欲しいなぁ。
これが原因でルールブックを読む気がしなかったのが積んでいた理由だったりします。

次!
image
・アンユージュアルサスペクツ その2(ゲームの詳細はリンク先参照)
3人だとどうだろ?と思ったけれど試しに遊んでみました。
アンユージュアルサスペクツです。
見た目の印象からヒントに対してYes/NOを答えて犯人を当ててもらうゲーム。
3人でも結構楽しいですね。これは特に人数を問わないなぁ。
パーティゲーム好きにはおススメですよ。
見た目がパーティゲームに見えないのが弱点ですがw

次!これでこの日の最後!
image
・ヴァイキング その2 その3 その4(ゲームの詳細はリンク先参照)
やっぱり3人ゲームならこれだよね!という事で最後はヴァイキングです。

黒い駒大事だよね!という事で結構集めたつもりだったのですが
それ以上に海賊が大量に襲い掛かって来ました(´;ω;`)
お金も大して手に入ってないのに最後に8金も分捕られたら勝利点払うに決まってますけど!
飯も足りてませんけど!という事で勝敗は覚えてないのですが
盤面的に勝った気がしません
多分負けたんじゃないかな、負けた事にしよう。

楽しいですよ、ヴァイキング。手番順を毎ラウンド競るルールだと4人でも楽しいのかな。
その内4人で競りありでやってみたいな。


これでこの日は終了!夜は銀座ライオンで飲んで食べて帰りました。
銀座ライオン、高いけどやっぱりご飯とお酒が美味しいのよねん♪

2016年05月15日

それではプチ会のレポの続きです。
寝落ち寸前で書いているから誤字チェックしないでアップします。
文章おかしくても無視推奨!

image
・パカルのロケット その2(ゲームの詳細はリンク先参照)
パズル&エリアマジョリティのパカルのロケットで遊びました!
中央のエリアから初めてずるずる~っと外側に伸ばしていく感じでピラミッドを建築。
途中である川のマジョリティにも絡めるように。

2~4位は競っているのに1位の黄色だけ飛びぬけて上に居ます。
いやらしい奴ですね。
インスト勝ちや!
建築済みのピラミッドを生かせるような建て方が分っているかどうかが重要。
インスト時にそれが重要って話をしっかりした上で遊んだ方が良いかも。
バラバラに建てると勝てません。
勿論一点集中しても点数が伸びないので
じわ~っとじわ~っとエリアを延ばしていくと高得点が狙えますよ~。

次!
image
・ヴァイキング その2 その3(ゲームの詳細はリンク先参照)
この日もヴァイキングで遊んでいます。今後このゲームの登場回数かなり多いと思いますよ。
今までの反省を生かして今回は黒駒を重点的に獲得。ちょっと余ってしまったくらい(;´∀`)
でも黒駒をしっかり取っていると展開が楽だね。心穏やかにゲームを進行する事ができます( ^ω^ )

完成した島のボーナスも狙えるようにタイル配置。ただあんまり勝利点が伸びてる感じに見えないな~。
残念ながら前過ぎて誰が勝ったか覚えてないのですが「ヴァイキングで勝った記憶jがほとんどない」ので
多分負けたと思います。勝ったら覚えていると思うんだよね。
好きなゲームで勝ったならきっと覚えているはず。負けた!負けた事にしよう。

image

・サンタフェ (初プレイ)
プレイ人数:2-5人用
プレイ時間:インスト込みで120分ぐらい
お気に入り度:3+/5 
ルールの難しさ:2/5
デザイナー:アラン・ムーン

アランムーンの初期の鉄道ゲームです。手番では目的地カードを場に出してその後線路を2本置く。
目的地カードを達成すると勝利点が獲得できます。基本的にはこれだけ。
他にも幾つかルールはあるけど省略!

チケットトゥライドと違ってカードを使って線路を置くわけではないので
ルールに従っていれば好きなように線路が置けます。
基本的には一本線で繋がるようにする事が必要ですが特殊カードを使えば分岐も可能です。
逆に言うと特殊カードなしで分岐を作ってはいけません。
線路を使い切ったり置けない状態になったらゲーム終了。一番得点が高い人が勝利です。

細かい処理部分はあるけれどルールもそれほど多くない遊び易いゲームです。
チケットトゥライドと違って、カード運の要素が無い分こちらのの方が戦略に感じます。

線路の取った取られた感はこのサンタフェの方が強いですね。
序盤は結構地味ですが中盤あたりからお互いの思惑が見えてきてかなり悩まされるゲームです。
特殊カードを使うと目的地カードが置けないので点数が伸びない。
でもやはり特殊カードは便利なので出来る限り使いたい。ここが悩ましいです。

鉄道ゲームが好きならかなり楽しめるのではないでしょうか。
チケライとユニオンパシフィックを足して2で割ったようなゲームと言う話を良く聞きます。
自分はユニオンパシフィックが未プレイなので実際のところはわからないんですけどねw

予断ですがこのゲームを始める際に
インストが途中まで進む→人が増える→まだ入れますよ~→インストしなおし
→インストが途中まで進む→人が増える→まだ入れますよ~→インストしなおし
そんなこんなでしゅだっちさんが3回ぐらい連続でインストしていました。
お陰でしっかいrルールを理解してからゲームを開始出来ましたw

しゅだっちさんお疲れ様でした!3ヶ月前の話ですが

次!
image
・トレド (ゲームの詳細はリンク先参照)
かなり久しぶりのトレドで遊びました!ちょっと久しぶりに遊びたかったんだよね。
Xeilさんと初めて遊んだ時のゲームと言うちょっとした思い出のあるゲームです。
そっか前に遊んだのは2年以上前か~。好きなんだけどあんまり出す機会がなかったゲーム。
良いゲームなんだけどね。

今前に書いた記事を見てビックリしたのがゲームの評価。
流石にお気に入り5は高すぎないかな?(;^ω^)
今なら4くらいかな?と思ってます。

手番では4つのアクションから1つを選択。
その内1つはゲーム前半で行うことが出来なくなり、もう一つは駒をスタート地点に戻すという
あまり行うことのないアクション。なのでゲーム途中からはアクションは実質2択になります。

やる事は剣を作ってお城に届ける事。
自分は最初から最高の価値の剣を作ってお城に届ける事にしました。
これが結局は失敗だったのかも。
送り届けた当初は「これ絶対俺の勝ちやん!」と思っていたのですが
そうは問屋が降ろしてくれませんでした><

最初にがんばり過ぎた分他の人より完全に手が遅れています。
早いもの勝ちの絵画の得点にも絡めません。
ビリとまではいかないにしても3位ぐらいだったかな~?と。

こういうシンプルなゲームでかつしっかりとボードを使って駒を動かすゲーム大好きです。
そっか確かにお気に入り度って意味では点数高いんだなこのゲーム。

んで次!最後!
image
・ケルトタイル (初プレイ)
プレイ人数:2-4人用
プレイ時間:インスト込みで20分ぐらい
お気に入り度:4+/5 
ルールの難しさ:1/5
デザイナー:ライナー・クニツィア

最後はクニツィア先生のケルトタイルで最後です。これがとても楽しかった!(∩´∀`)∩

タイルを全部裏に返してゲーム開始。
手番でやる事は以下
タイルを表に返してタイルを獲得タイルを表に返して場に戻す既に表になっているタイルを獲得
獲得したタイルは色事に並べます。
獲得したタイルは数字を昇順または降順にしか並べられません。
これは元のケルトと同じ。

特殊タイルが幾つかあります。
クローバーは連続行動が可能。願いの石はゲーム終了時に集めた数に応じて得点又は失点。
の中に数字が書いてあるタイルはその数字分だけゲーム終了時に得点になります。

全てのタイルが表になったらゲーム終了。
色事に何枚タイルを場に並べたか次第で得点が変わります。
最終的に得点が一番高い人が勝利です。

これは面白い。各色各数字に対してタイルが一枚になっています。
残っているタイルの確認が容易なのでどの色のタイルを取るか、
パスするべきなのかが結構ギリギリで、しかも情報の重要な部分が目に見えている分だけ
非常に悩ましくなっています。
とは言え、勝つか負けるかは運要素高めのゲーム。
特にこのケルトタイルは勝敗に関わる運要素が高いと思います。

さくっと終わるので運で負けても全然気にならないですね。
もう一回!と言いたくなるゲーム。ちょこっと時間が空いて「なにか遊べるゲームない?」
なんて言う時に丁度良いプレイ感のゲームです。インストも直ぐ終わるしね。
軽めのゲームとして今一番持ち歩いている率が高いゲームです。
ケルトが好きなら是非遊んでみてください。良いですよ~、これ。


こんなところでゲーム会終了です!この後はいつもの通り順々餃子で二次会。
ぷち会の二次会も久しぶりだよね。
平日会は今後も続けていく予定です。次回開催時には是非遊びに来てください!
では以上です!


2016年05月14日

それではぷち会のレポです。前回でも前々回ですらなく前々々回のレポです。

・・・マジかよ(マジです)

この日は入院明けて最初のぷち会開催日。
まずは瑠璃さんと合流、(∩´∀`)∩ワーイお久しぶり。
ちょっとまったけど余り人が来ないので二人でゲーム始めましたよっと。
image
・ロストシティ (初プレイ)
プレイ人数:2人用
プレイ時間:インスト込みで20分ぐらい
お気に入り度:3+/5 
ルールの難しさ:2/5
デザイナー:ライナー・クニツィア

クニツィア先生の2人用ゲーム、ロストシティで遊びました。
ロストシティボードゲームはなんども遊んでいますが、2人用のロストシティは初プレイ。
「まぁケルトだろ?昇順のみになったぐらいで
ルールとかプレイ感とかそんなに変わらないんでしょ?」
baki
まずそもそも得点計算のルールがちょっと違う
カードを出した列のカードの数字の合計から-20をしたもの
がその列の得点。
なのでケルトやロストシティボードゲームと違って単純に枚数を出せば良いと言う物ではない。
ある程度カードを出したら大きめの数字を出さないと高得点が見込めない。

そしてプレイ感ですが思っていたより終了が早いです。
なので大きめの数字を大事に取っておくと「あれ?これ出す暇ないぞ?(;・∀・)」
と言う事になりがちです。特にケルトプレイ済みだとなりやすいんじゃないでしょうか。

ケルトシリーズ、ロストシティ&ロストシティボードゲーム。
ルールの基本フォーマットが同じでこれだけ色々なプレイ感を楽しめるとは思わなかった。
くにちーさんは凄いな!
このロストシティもかなり楽しめました。
ただ同じクニツィアの2人用ゲームならバトルラインやアンギャルドの方が好みかな(´∀`)

では次!
image
・8か28か (初プレイ)
プレイ人数:3-5人用
プレイ時間:インスト込みで30分ぐらい
お気に入り度:3/5 
ルールの難しさ:2/5
デザイナー:Michael Hirtle&David Hoyt&Colin Morgan

瑠璃さん持込みの8か28かで遊びました!
ブラックジャック系のゲームです。
ディーラーが全員にカードを貰うかパスをするかを聞いて貰うと宣言した人にカードを渡す。
全員がパスをするまでそれの繰り返し。
カードを配る毎に場に宝石が貯まっていきます。
ソフトパスなのでパスをした後の後の順目でカードを貰うと宣言する事も可能です。
全員がパスをしたら全員がカードをオープン。

8未満の数字で8に一番近い数字の人
28未満で28に一番近い数字の人が勝利。勿論ぴったりが一番強い。
場に出ている宝石を頭分け。余りは次のラウンドに持ち越し。
宝石のストックがなくなるまでプレイして最終的に宝石を一番集めた人が勝利。

1・11と書かれた数字があり、これはどちらにも使う事が出来ます。
8の得点計算と28の得点計算の両方で別々で使っても良いので
例えば「1・11「1・11」「6」のカードを持っていると両方で宝石が貰える。
これが出来ると非常に美味しいw

シンプルルールのバーストゲームです。
1の枚数が多いのでぴったりを狙い易いゲーム。
個人的にはもうちょっと1が少ないバランスの方が面白いかな?と思いました。

次!
image
・クランス (ゲームの詳細はリンク先参照)
正体隠匿系のクランスで遊びました!
駒を丸ごと隣のエリアに動かすだけのシンプルルール。
さくっと終わるけれど遊び応えがあって結構お気に入りです。

前半である程度差が付いていても後半の方が得点の伸びが大きいので
結構逆転が効くところも好みです。あんまり差が付きすぎると流石に厳しいですが(´∀`)
4人でしか遊んだ事がないけれど、Geekを見ると2人がベストみたいですね。
確かに人数少ない方が面白いかもだな。
ただ2人だとガチ過ぎて頭が痛くなりそうなので今度3人ぐらいで遊んでみたいです。

次!
image
ごいた その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8(ゲームの詳細はリンク先参照)
かーなり久しぶりにごいたで遊びました。前回遊んだの1年前か~。
なんかどこかで抜けてるような気もするけど、確かに随分遊んでなかった感はある。

ごいたに関してはもう突き抜けて遊んでいる方々が沢山いるので
自分が何も語る事はありません。楽しいよね、ぐらいかなw

次!
image
・アンユージュアルサスペクツ (ゲームの詳細はリンク先参照)
以前の温泉ゲーム会で遊んだアンユージュアルサスペクツです。
真面目気味なイラスト、身長までイラストに描いてあってテーマが犯人探し。
ガチゲーにしか見えませんが完全にパーティゲームです( ^ω^ )

「彼/彼女は映画を見ますか?」
「彼/彼女は料理を作りますか?」
等々を見た目で判断するゲームです。前回も言いましたが人間見た目が大事です
質問に対してYes/NOを答える人と犯人を捜す人の完成が違うとびっくりする程
あっという間にゲームが終わる事もありますがそれはそれで面白いです。

良いパーティゲームですよ。
チーム戦のルールもあってそれも面白いらしいのでその内チーム戦でも遊んでみたいです。


とりあえずここら辺で前半終了!後半へ続く!
出来れば明日後半書きたい!(フラグ)




2016年05月08日

レポを書く体力が沸かないので検索キーワード紹介コーナーやります。
4月中のあの更新頻度でこれをやる意味があるのだろうかと言う疑問はありますが。

んで順位は以下。
なんと今回殿堂入りとか関係なしにダンジョンロールランク外!
ちょっと寂しくもあるね(ぉ
5位は同着ですのよっと

1位アリストメイズ
2位さまよえるオランダ人
3位マカバナ
4位シャーク
5位ゾンビタワー3D / ワンダフル映画祭

1位はアリストメイズ
ゲムマが近いのが関係するのかね?そもそもレビューしているサイトが少ない
と言う事もある。ちょっと久しぶりに遊んでみても良いかな~。
あんましルールをちゃんと読まずにやったような記憶がある。
そもそもあそこのゲーム、いつもルールブック読みづらいんだよね><

2位はさまよえるオランダ人
ニューゲームズオーダーの新版の影響がまだまだ強いんでしょう。
ルール自体は簡単なんですが、プレイヤー間でゲームバランスを取る必要があるので
ある程度ゲーム慣れしているプレイヤー同士で遊ばないとあまり楽しくありません。

ただゲーム慣れしているプレイヤーが複数集まったなら別のゲームやりたいな~
なんて思ってしまうなんども出しどころの難しいゲーム。5,000個のうちどのくらい売れたんだろう?

3位はマカバナ
バッティング系の陣取りゲーム。バネストあたりが入荷したんだっけ?勘違いかもだけど。
中々楽しいですよ。ただこれもゲーム慣れが必要かな?

4位はシャーク
ダイスを使った株系のゲーム。なんで突然これが上がってきたんだろうw
シャークトレードの影響?単純にサメ映画で検索して偶然ここが引っかかった??
古いゲームですが結構楽しいです。運要素強いけどねw

5位は同着で2つのゲーム。
1個はゾンビタワー3D。ギミックが中々楽しいです。
欠点は勝利条件を満たすアイテムが手に入るかどうかがかなり運要素が高いので
運が良いとあっと言う間に勝利条件を満たして直ぐにクリアできてしまうところ。
こうなると残念ながら盛り上がらない(;^ω^)
ランダムとは言え、山の下に入るようにする調整が必要かもね。
後は各プレイヤー毎の勝利条件。
これが調整不足過ぎてまったく生きていない。採用しない方が良いくらい。

もう一個はワンダフル映画祭。映画を作るゲーム。
役者や監督を競りで手に入れるよ。ネタゲームですw
たまにやるには良いよね。と言うか久しぶりにやりたいかも!( ^ω^ )

ランキングは以上!後は個別で気になったフレーズ紹介です。

・テイクイットイージーボードゲーム売っている場所
さ、流石にもうないんじゃないかな(;・∀・)

・カードゲーム はい いいえ 答える 正体隠匿
こ、コードネーム!で有ってる?あのゲーム正体隠匿って言うかな(;´∀`)

・長蛇の列 ルール ボードゲーム
万里の長城のルールを使ってください。
新カードのルールが載ってないけど、なんとなくアイコンでわかるべ?

・トシ&ミヨ
トシ×ミヨじゃなくて本当に良かった

・お金乗せて落とすと終わる。ゲーム
これはわからん(´・ω・`)

・駒澤大学から長津田 タクシー

諭吉の似顔絵1枚では恐らく足りない。素直に田園都市線使おうよ。
終電逃したなら白タクな。

・川治温泉 らんりょう
・川治 らんりょう ブログ
・源泉の宿 らんりょう ブログ
・川治温泉らんりょう宿泊記
・川治温泉 旅行記

実は前々から川治温泉のキーワードでいらっしゃる方が結構多いようです。
ゴメンナサイここは温泉ブログではなくボドゲブログです。

・プララーヤ 感想
なんか最近増えてきましたプララーヤ。5月の検索キーワードでは良い順位に入るかも。
感想?未プレイだからしらない!(`・ω・´)


今回はこんなとこかな。今後ともよろしゅう。