2013年12月12日

と言う訳で2日目続き!

旅行前からやろう!と言っていたコレですよ!
DSC_0895
・おかしな遺言 (ゲームの詳細はリンク先参照)

遂に5回目の登場のおかしな遺言。借金こさえて破産したら勝利のゲームです。
今回は不動産管理人を使ってひたすら物件を高く買う→安く売る
を繰り返すプレイを実行。これがかなり上手くはまりました!
不動産管理人のお蔭でアクションポイントを使わずに売り買いが出来るし、
質を落とすためにメンテナンスもしないのでアクションポイントの管理が凄い楽w
これはいけるで!

6ターン目で借金9で終了したものの、残念ながら同点。
同点の場合は計画フェイズでより左の計画を選んでいた人が勝利!と言う事で
残念ながら敗北。でも考えていた戦術が有効とわかったのでとても満足でした( ^ω^ )

ちなみに今回の旅行メンバーの中でリアルに一番散財する人間と二番目に散財する人間が
そのままワンツー決めたよねwなんて話になりました。
そうです、あれだけボドゲを買っているけれど
ボクはこのメンバー中で『二番目に散財する人間』なんです!
みんなボドゲ300(そろそろ400だけど)個なんて大した事ないぞ!


ボドゲで遊んで酒飲んで雑談した後はご飯の時間!
今回のメインはこの猪鍋です!これが煮立てる前↓
DSCF5226

煮立てた後がこちら↓
DSCF5239

白い肉が脂身なのですがこれが適度に歯ごたえが有って美味しい!
脂身と赤身の部分を交互に食べるのが良いですね。
とてもおいしゅうございました!

さぁ飯食った後は風呂入って酒飲んでボドゲだ!
DSC_0898
・禁断の砂漠 (初プレイ)
プレイ人数:2-5人用
プレイ時間:インスト込みで60分ぐらい
お気に入り度:3/5 
ルールの難しさ:3/5
デザイナー:マット・リーコック

パンデミックや禁断の島で有名なリーコックの今年の新作ボードゲーム。これも協力ゲームです。
飛行船の部品を集めて飛行船を完成させ、禁断の砂漠から脱出したら勝利です。
タイルに砂が積もってしまうと通過ができなくなってしまうため適度に砂の除去が必要。
自分のターンにやれる事は以下
・移動
・砂の除去
・探索(裏になっているタイルを表にする)
・飛行船の部品の獲得

パンデミックやフラッシュポイントより、ずっと簡単なルール。
禁断の島はやってないけど同じくらい簡単なのかな?

1つの部品に対して2つ部品がどこに隠れているかを示しているタイルが存在します。
それを4つ集めて飛行場から全員が脱出することが勝利条件
敗北条件は
・誰かが水不足で死亡
・砂を場に配置する時に砂タイル不足で置けなかった時
以上の2種類です。

とりあえず初級の難易度で試してみたところ、
もう少しでクリアのところで砂不足になってしまいゲームオーバー。
と言うか恐らく水も足りなかった(;・∀・)

ちょっと悔しいねって話で速攻2回目のプレイw
1回やるとどうすれば良いかが見えてくるし、なんだかんだ言って初級の難易度。
余裕でクリアとなったのでありました♪
DSC_0001
砂の補充の時に一緒にタイルの位置が動くシステムが中々面白いです。
2回目のプレイの時にちょっと簡単すぎるかな~?なんて思ったのですが
よく考えたら初級で遊んだんだから当たり前だよねw
近いうちに標準難易度かそれ以上で遊んでみたいと思います。

段々お酒も入って夜も近づくと難しいゲームは出来なくなるのでルール簡単で
しかもほぼインスト不用のコレをやりますよ!
DSC_0912
・伝説のかけらSAGA 
プレイ人数:3-6人用
プレイ時間:インスト込みで30分弱(ゲーム展開次第ではもっと短い)
お気に入り度:5/5 
ルールの難しさ:1/5
デザイナー:中村 聡

10年前に出た国産カードゲーム「伝説のかけら」
昔、相当遊び倒したゲームなのですが遊びすぎてカードがボロボロになってしまった事と
カードが何枚か無くなってしまったので廃棄。
この間、駿河屋で出ていた時に懐かしすぎて思わず買ってしまったゲームです。
嫌いな人もいるかとは思いますが僕は大好きです!

ゲームバランスは『崩壊しているところでまとまっている』感じのするゲームですw
ルールは非常に簡単です。
・手札のカードを1枚場に出してテキストが書いてあればそれを必ず実行
・山札からカードを1枚引く
どちらかだけ!
勝利条件は
・手札を全て場に出す
この場合は全員、場に出ているカードが得点で手元のカードが失点
・手札の合計得点を20点以上にする
この場合は全員、手札のカードが得点で場にあるカードが失点

どちらの場合も勝利条件を満たした人が+10点ボーナス。
また山札がなくなった場合も終了になりその場合は
場に出ているカードが得点で手元のカードが失点になります。
この場合は+10点ボーナスは発生しません。
誰かが50点越えるまで遊んで越えた人が出たらその段階で得点が一番高い人が勝利です。

本当に簡単なゲームです。カードのテキストも『カードを3枚引く』とか『カードを全員1枚左に回す』とか
簡単な事しか書いてないので基本的にはカード説明のインストもせずに開始できます。
必要なのはリバースカードとスキップカードのアイコンの見分けぐらいじゃないでしょうか?
1ゲームが短いのでインストするより1回遊んで試した方が早いぐらいです。

ちなみにどのくらい早いかと言うと
『ゲーム開始直後に「カードを3枚引く」を使った瞬間手札の合計が20を越えて終了』
になる事があるぐらい早いですwww
それだけ言うとバランス崩壊してるじゃん!と思うかもしれませんが、1回が短いのであまり気になりません。
「おいマジかよ!こっちも手札良かったのに!><」とかそんな話がでる軽いゲーム。
バカゲーと言っても良いかもしれないw
カードの雰囲気も良いので1回やってみると言いと思いますよw

後は酒→風呂→寝るのコンボを決めて2日目終了!
3日目は流石に散歩に出る事にしたんだぜ!w


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ガノン   2013年12月12日 11:27
「おかしな遺言」は「チューダーの薔薇」や「ツォルキン」「レーベンヘルツ」と並びBMボドゲ十傑に入る面白さ。
またやりたい。
2. Posted by いえろ~   2013年12月12日 20:26
残り6つは何にしたらええんやろwフラッシュポイントとか入れても良いのかな?

コメントする

名前
 
  絵文字