2014年01月27日

この日は久しぶりに調布のあなに遊びに行きました。今回で2回目の参加。
場所も近いので機会が合えばまた行きたいな~とは思ってたんですがどうもタイミングが合わず
一年ぶりぐらいの参加なんじゃなかろうか(;^ω^)
到着して受付、ヒリュウさん発見。ロシアンレールロードやるなら参加したい!
と言う話をしていたら早速卓が立つようだったのでこの日はロシアンレールロードからだよ!
DSC_0093
・ロシアンレールロード (初プレイ)
プレイ人数:2-4人用
プレイ時間:インスト込みで3時間弱
お気に入り度:5/5
ルールの難しさ:4/5
デザイナー:H.オーレイ&L.オグラー

この重さのゲームだと自分は敬遠する事が多いのですがヒリュウさんが絶賛している事もあり、
期待と若干の不安が織り交じった感じで参加しましたw
タイトル通りロシアにある鉄道「シベリア横断鉄道」「キエフ鉄道」「サンテクトペテルブルグ鉄道」
を伸ばしていって点数を伸ばしていくゲーム。
鉄道は共通の場にあるのではなく各プレイヤー毎にある専用ボードで伸ばしていきます。
上の写真がその専用ボード。

ゲームシステムは非常にオーソドックスなワーカープレイスメント。
下の写真にある共通のボードに自分のワーカーを置いてそのアクションを実行します。
DSC_0094
アクションの種類は
・線路を延ばす
・汽車or工場の獲得
・技術を伸ばす
・金貨orラウンド限定の追加ワーカー獲得
・技術者の雇用
・手番順の獲得

それぞれの中で細かく置く場所の違い等もあるけれども基本的にはここから選択。
後は置く場所によって必要なワーカーの数が違ったりします。

既に置いて場所には置けないという事も含めて良い意味で捻りのない完全に直球ストライクのワーカープレイスメントゲーム。
作りこまれてるな~ってのがプレイ中にもヒシヒシ伝わってきますね。面白い!

とりあえず初回プレイなので一番分かりやすく点数を稼げるであろう
シベリア横断鉄道を延ばす+工場の技術を伸ばすプレイで行くことに。
後はこれは自分が初回プレイで多くやる事なんですがとにかく目先の点数を稼ぐ!先の事は考えない!
と言うプレイの方針で遊ぶ事にしましたw
想定通り(?)5ラウンド目まではトップだったのですが6ラウンド目に2位に落ち
最終7ラウンド目は3位で終了(´Д⊂ヽ
スタートプレイヤーを1回も取らないのは流石に駄目だったね(;´∀`)

いや~これは面白い!プレイ時間はメーカー自らが「ここ数年で一番の重量級作品」
と言うだけあってかなりの長さです。
でもゲーム中はピリピリした緊張感があるのでだれる事もなく遊べます。
ワーカープレイスメントが好きなら是非一度遊ぶべきでしょう。
非常に重厚でじっくりと作りこまれたゲームを楽しむ事ができます。
料理に例えるなら珍しいおかずがあるコース料理じゃなくて
じっくり煮込まれたボルシチみたいな感じのゲーム
です。(なんだそりゃ)

プレイ時間が長いと自分のボドゲ環境では立ちづらいから、
ヒリュウさんに遊ばせて貰えばいいか~と思ってたけどブログ書いてたら欲しくなってきたな、
どうしようかな(;^ω^)

そのまま同じメンバーで次はこれです!
DSC_0095
・炭鉱讃歌 (ゲームの詳細はリンク先参照)

ロシアンレールロードの後にこちらもワーカープレイスメントの炭鉱讃歌。
しかしこれはあれだね。「食い合わせが悪かった」
ロシアンレールロードがワーカーの置き合いになるカツカツなゲームなのに
炭鉱讃歌は+1多くワーカーを置けば同じ場所に置けるのでなんか温く感じる

実際はこの+1ワーカーを多く置かせるというところも勝負どころなんですけどねw
このゲームのポイントは同じ仕事や同じ石炭を運んだ方がアクションやワーカーの節約にはなるけど
それだけだと最終的な点数が伸びない
という所。良く出来てるわ。

今回はこのゲームの経験値の差を使って勝利!
しかしあれやね、この時ほど「ボードゲームの食い合わせは大事」
って事を体感した事はなかったです。
重いゲームを遊んだ後に超軽いダイスゲームとかやるとやたら面白かったりするじゃない?
そういう事だよね?w

と言う訳で2連続ワーカープレイスメントでちょっと疲れたので軽いゲームをやりますw
DSC_0097
・萌札 (ゲームの詳細はリンク先参照)

いきなり写真がヒドイ勝負になってますねwww
そして正直前回以上に書く事はもうないという(;^ω^)

まぁ前回書いたとおりアホゲーですw
今回もテロリスト学級委員長VS女騎士(だっけかな?)でどっちが萌えるかとか
果たして今回の親に男の娘属性があるのか!(結果:ありませんでした)とか楽しい場が誕生しましたw
良いゲームだよねw早く自分も欲しいです。
委託販売マダァ?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

そして次はヤフオクで落札して早くやってみたかったこれです!
DSC_0111
・おかしな遺言 (基本ゲームの詳細はリンク先参照)
・おかしな遺言拡張・お払い箱
  (初プレイ)
プレイ人数:2-5人用
プレイ時間:インスト込みで90~120分ぐらい
お気に入り度:5/5
ルールの難しさ:4/5
デザイナー:ウラディミール・スーヒイ

取った写真が最初の1枚に合わないな~と思ったので別の時の写真です。
おかしな遺言の拡張、いくつか増えている事があるけれど大きく違うところは
ボードの計画フェイズに使う部分がある程度ランダムになった事
職業が最初に決まっていてそれをクビになる必要がでた事。
DSC_0100
ボードに関してはクリックして拡大してもらうとわかりやすいんだけど、
まずワーカーを3つ使えるようになる計画が増えた事
またさっき言ったようにある程度ランダム性が出ていて、計画タイルの置く場所は変わらないんだけど
裏表の違いがあり、それでやる度にある程度ゲーム性が変わるようになっています。
また職業の要素が増えたため、クビになるためにお叱りマーカーを置ける場所が増えています。

DSC_0099
職業カードはこんな感じ。終盤に写真を撮ったんでもうクビ寸前w
これもゲーム開始時にランダムで決まるのですが4or5箇所にお叱りマーカーを置く部分があります。
置いてなければ左側にあるお金の数字合計が給料として入ってきてしまいます
上の写真だともう3金しか給料入りません。やったね!
破産しなければならないのに給料が入ってきてしまうし、
そもそもクビになってないと破産をする事自体ができません。
しかも最初のターンの頃は10金前後給料が入って来てしまいます。
5金払うのにだってひーひー言うのに5金!やめて!破産できなくなっちゃう!><

クビになるには全ての給料マークを埋める事。埋める方法は2つ
・お金の右側にあるマークに対応したカードを場に出して使う事
ポイントは場に出して使う必要があるので事前に出しておいた
不動産カードをメンテナンスしたり出してある執事カード等を使用済みにしても駄目という事。
しっかり手元から出した時以外ではカウントされません。またオペラに行ってもOKです。
職業カードに仮面マークがあればですが。
・ボードのお叱りマーカーを受け取る所にワーカーを置く
この場合は職業カードのどの部分でもお叱りマーク置く事ができます。
手元に対応のカードがなかったり、カード自体はあるけど無駄にアクションつかってまでして
該当のカードを使いたくない!と言う時にはワーカーを使いましょう。

共通のルールですがお叱りマーカーは1ターンに絶対に1つしか置く事ができません。
ですので必ず4or5ターンないとクビにはならず破産も出来ず給料も入ってきてしまいますw

DSC_0098
今回は船乗り+紳士の社交場をメインにお金を減らしていく作戦。
最初に3アクション掛かってしまうけど後々1アクションで7金払える。
勿論他の船乗りに対応しているカードを使えばどんどんお金を減らせる!強い!
・・・と思ったんですがネックが職業カードにある農場マーク。
( ´゚д゚`)エー農場買わないと駄目なの?予定狂うんですけど?と思って渋々農場買ったんですが
「ワーカーでそこを処理すれば良いだけじゃない」と気が付いたのは次のターン。
ボクの借金人生計画破綻しまくりですよ!><

この無駄に買った農場、その後のクビに関わる人生計画含めてまったく噛みあいません。
仕方がないからほとんどメンテナンスでお金使う事もなく売りに(´Д⊂ヽ
結局最終ターンにお金が残って終了。どうせお金残ってしまうならとクビにすらならず。
残念4位(3位だっけかな?)でした(´Д⊂ヽ

いやぁ面白いなぁ。ちょっとルール増えてゲーム時間も増えてしまったけど良い拡張です。
現状は日本で通常販売がないのでヤフオクか直輸入しか方法がないですが、
遺言好きなら是非購入をおススメします。
普段からやや重いゲームで遊んでる人は最初から拡張入れても良いかもね。

結構時間が掛かるゲームで遊んでいたため残り時間も少なく遊べそうなのは1ゲーム。
この日最後はこれです!
DSC_0102
・ウーゴ!  (初プレイ)
プレイ人数:2-4人用
プレイ時間:インスト込みで45分ぐらい
お気に入り度:3/5
ルールの難しさ:2/5
デザイナー:R.ヘークストラ&T.ヤンセン&P.ズイドホ

去年のエッセンで話題になったトリックテイキングゲームのウーゴ!をプレイ。
訳した人によってユーゴ!だったりウゴ!だったり。
この日ゲームに入っていた説明書はユーゴ!と書いてありましたw

という事で自分の最近の課題であるトリックテイキングゲームです(;^ω^)
マストフォロー系で切り札はありません。またフォローできなかった場合は
勿論別色のカードを出すのですが別の色のカードを出した場合でも
その場で一番大きい数字のカードを出した人がトリックを取る
事になります。
トリックを取れた場合(出したカードによっては負けた場合も)農夫チップを手に入れます。

取ったカードは色毎に場に並べます。各色の一番上のカードが得点になります。
なので前半で8のカードを取って喜んでいたら0のカードを送り込まれてガッカリ!なんて事もあり。
また得点になるのは最初は2色まで。ボードに農夫チップを置いていくと3色、4色と増えていきます。
5色全部にする事も可能ではあるけど基本的には難しい話。
農夫チップが足りない場合は色をとりすぎると失点になってしまうので注意です。
逆に言えばそれを狙って相手にとって邪魔な色を押し付けていくのも大事なゲーム。
DSC_0101
こんな感じでラウンドが終わると緑が8点茶色が7点。
黄色と青は農夫が居ないので得点にならず、足りない農夫チップ×5失点。つまり25失点
合計で10失点になります。
ちなみに得点計算用のコインが見当たらなかったのでおかしな遺言のお金を使って得点をカウントw

さてゲーム開始。始まってそれほど経たない内に「面白い!」と思ったのですが、
それも最初だけだったかなぁ(;^ω^) いや面白いんですけどね。自分に合わない。
なんかもやっとすると言うか多分マストフォローというシステムが合わないんでしょう。
後で取っておこうと思ってたカードがシステム的に出さざるを得ないという所が肌に合わない(;^ω^)

4ラウンド遊んだらゲーム終了。勿論合計得点が一番高い人が勝利。
結構派手に点数が動くゲームです。面白いのは確かなんですが合わないな~。
と言うかトリックテイキングの基本的な戦い方が理解できてないのかな?
文句を言いつつもうちょっとトリックテイキングもやってみたいと思ってます(;^ω^)

こんな感じで時間が来て調布のあなも終了!
次回の調布のあなは2/2!
そう自分のボドゲ会と同じ日にちwどっちに行くか選ぶのはあなたですよ!><
前回うちに来て今回調布のあな行く人は閻魔帳付けますからね!(嘘ですd(*´∀`)b )

ゲーム会の後はサイゼリアでアフター会。ボドゲ話を色々して撤収!
また機会が合えば参加したいと思います。2/2は無理だけどね!><



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字