September 11, 2005

ベルギーGP決勝終了!

ベルギーGP決勝終了!

・・・・・・・・・・。

結果はこちら  続きを読む

September 10, 2005

ベルギーGP予選終了!

ベルギーGP予選終了!

またかよっ〜!



結果はこちら  続きを読む

August 21, 2005

トルコGP決勝終了!

トルコGP決勝終了!

何だかんだで14位完走!

結果はこちら  続きを読む

August 20, 2005

トルコGP予選終了!

またかよ〜〜〜〜〜〜!

20グリッド降格だとさ!


結果はこちら  続きを読む

Posted by yellowexpress_5 at 23:41Comments(0)TrackBack(0)clip!GO!GO!Karthikeyan! 

August 13, 2005

ジョーダン EJ15“bスペック”はイタリアGPから ??

長く待ちわびられていたジョーダンEJ15の“bスペック”が、ようやく来月のイタリアGPに間に合うことになりそうだ。チームのドライバーであるナレイン カーティケヤンはニュースカンファレンスにおいて、新車登場の日程までは明らかにしなかったものの、ミナルディを倒してザウバーに追いつく助けになるだろうと語っている。
カーティケヤンは、“bスペック”はブレーキングとエアロダイナミクスに関して改善されていると述べている。
「ザウバーとレッドブルにチャレンジする助けになるだろう。ブレーキングは古いクルマの最大の問題点だからね」

 しかし、新しいスポーティング関連マネージャーであり元F1ドライバーのジョニー ハーバードは、かつてエディ ジョーダンがチーム運営を行なっていたチーム全盛期のように、勝利やポディウムをかけて戦うことは厳しいと語っている。

 “bスペック”のデビュー日程について聞かれたハーバードは、「早ければ早いほうがいいよね(笑)ボクもまだ聞かされていないんだ」と、答えている。

 ハーバードは、改良型マシンはこれまでのものより優れたものになるが、革命的なものではないと警告している。(for F1racing.jp)


>>マジ???別な所では断念!って書いて有りましたけど?ホントノとこ、どうなん?
  

カーティケイン,アプローチを受けている

ジョーダンのN・カーティケインは,来シーズンに向けた移籍交渉について
『新シーズンに向け,ボクはあらゆる選択肢をオープンにしておく必要があるよ。他のいくつかのチームがボクのパフォーマンスに興味を持ってくれているし,アプローチをしてきているんだ。』
とコメントし,順調に交渉を進めていることを明らかにした。(for F1NEWS)


>>ホント?まさかBARも??(んな訳無いか)多分ミナルディー?どこでも良いから早く決めてね!
  

Posted by yellowexpress_5 at 22:37Comments(0)TrackBack(0)clip!GO!GO!Karthikeyan! 

カーティケヤン、『A1グランプリ』参戦否定

ジョーダン・チームのナレイン・カーティケヤンについて、インド・チームの代表としてこのオフに行われる『A1グランプリ』への参戦が伝えられていたが、カーティケヤンは結局これを明確に否定した。

それによればカーティケヤンの目標はあくまでもモータースポーツの最高峰であるF1にあるとし、オフといえどもこのために全精力を注ぐというもの。

インド・チームのマネージャーであるアカバル・エブラハム氏は「すでにカーティケヤンの同意を得ている」としていたが、9月25日にオープンして翌年3月まで行われるこのシリーズへの日程的なもの、そしていまだに明確にならないシリーズ体制などもあって、カーティケヤンの否定的な姿勢に輪を掛けたようだ。
(for niftyF1NEWS)


>>見方によってはランクダウンですよね。これは多分受けないでしょう。て言うか受けるな!あくまでもF1のコダワレ!

  

Posted by yellowexpress_5 at 22:27Comments(0)TrackBack(0)clip!GO!GO!Karthikeyan! 

ジョーダン、「トヨタの戦いに貢献」と自負

ジョーダン・チーム(ミッドランド)は先に来シーズンもトヨタ・エンジンを搭載することを明らかにしているが、同チームのコリン・コルズ/マネージング・ディレクターは、次のようにその意味を語っている。

「今シーズン、正直われわれはチームの過渡期にあって難しい時期を過ごしている状況だ。
しかしこの間、トヨタ・エンジンの卓越した信頼性はわれわれの2006年に向けた様々なデータ収集という目標において不可欠な働きをしたことは間違いないこと。
来シーズンはいよいよ『V8-2.4リッター』エンジンという変革になるが、そうした意味でも引き続き同じエンジンを搭載するというのは大事なことだ。
同時に、われわれがトヨタの世界選手権における戦いに少なからず貢献をしていると自負しているよ」(for niftyF1NEWS)



>>一応は安心したぞ!後はドライバーだけ!頼むぞ!!
  

August 12, 2005

カーティケヤン インドでのF1開催を促す !

ナレイン カーティケヤンがインドでのF1開催を促している。インド初のGPドライバーは2、3年以内にデリーでのレースを行いたいと語った。
「実際、政府の考えを売り込むつもりだよ。しかし、僕らはイベントに強い意識をもたせ、まず、そのインフラストラクチャを作り上げなければならないと理解しなければならない。」

28歳のカーティケヤンは、モナコのように市街地のストリートを単純に用いてカレンダー入りすることは、いわゆる楽なルートであり、それを拒絶した。彼は次のように主張した。「モナコは70−80年間、あり続けたものである。インドではそんなものを持つことはできない。」

また、早ければ、今月のトルコへと用意されるジョーダンのBスペックに対して、カーティケヤンは以前行った主張を繰り返した。「今年、いくつかのポイントでそれはレースに用いられるだろう。それがチームのチャレンジを深めるものだと期待している。」(for F1racing.jp)


>>おい!そんな事はもっと良い成績を上げてから言いなさい!それで無ければ何を言っても、ダメ!まず、自身の価値を上げなさい!

  

Posted by yellowexpress_5 at 20:45Comments(0)TrackBack(0)clip!GO!GO!Karthikeyan! 

August 01, 2005

ハンガリーGP決勝終了!

ハンガリーGP決勝終了!

今回はまずまず!  続きを読む

July 31, 2005

ハンガリーGP予選終了!

アルバースに・・・・・。
決勝では勝つぞ!!!!!

結果はこちら  続きを読む

ドイツGP決勝終了!

こんなもんかな〜!

結果はこちら  続きを読む

July 24, 2005

ドイツGP予選終了!

なんだかなぁ〜!


結果はこちら  続きを読む

July 15, 2005

イギリスGP決勝終了!

なんだかな〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!


イギリスGP決勝結果

Pos. ドライバー コンストラクターズ Time Points
1 J・P・モントーヤ マクラーレン 1:24:29.588 10
2 F・アロンソ ルノー + 2.739 8
3 K・ライコネン マクラーレン + 14.436 6
4 G・フィジケラ ルノー + 17.914 5
5 J・バトン BAR + 40.264 4
6 M・シューマッハ フェラーリ + 1:15.322 3
7 R・バリチェロ フェラーリ + 1:16.567 2
8 R・シューマッハ トヨタ + 1:19.212 1
9 J・トゥルーリ トヨタ + 1:20.851 0
10 F・マッサ ザウバー + 1 laps 0
11 M・ウェーバー ウィリアムズ + 1 laps 0
12 N・ハイドフェルド ウィリアムズ + 1 laps 0
13 D・クルサード レッドブル + 1 laps 0
14 J・ヴィルヌーヴ ザウバー + 1 laps 0
15 C・クリエン レッドブル + 1 laps 0
16 佐藤 琢磨 BAR + 2 laps 0
17 T・モンテイロ ジョーダン + 2 laps 0
18 C・アルバース ミナルディ + 3 laps 0
19 P・フリーザッハー ミナルディ + 4 laps 0
Did not finish
20 N・カーティケヤン ジョーダン + 50 laps 0
(for F1racing)
  

July 10, 2005

イギリスGP予選終了!

ジョーダン ミナルディとの位置関係に満足

有意義な金曜日のフリー走行の後、比較的冷えた路面(19°)の今朝のセッションにおいて、ジョーダングランプリは準備を進めた。しかし、そのコンディションはチームの予選へ向けての通常の作業とレースへ向けてのセットアップ作業を行なううえで妨げとはならなかった。金曜日の予定外のエンジン交換によって、モンテイロはグリッドの最後尾からスタートすることが決まっていたため、チームは戦略を変更した。そのため、彼は午後の予選セッションにおいてインストレーションラップを完了するだけとなった。ナレイン カーティケヤンは良いクリーンなラップを行なって、予選17位となっている。

エイドリアン バージェス
スポーティングディレクター
「今日はすべてが我々の期待通りに進んだ。ナレインは良いラップを行なったし、我々がミナルディと比較して信じていたポジションに入った。しかし、今朝のセッションを終えて、我々はもう少し速くなると思っていた。ティエゴは昨日の予期せぬエンジン交換によって、今日はタイムを残さなかった。すべてがOKか確認するためと、明日はグリッドの最後尾からスタートするということで、インストレーションラップのみを行なう決断を下した。しかし、とても面白いものになると思われるレースへ向けて、我々は良い形になっている」
(for F1racing)

>>取りあえずOK!モンテイロのエンジン交換は影響無いでしょう。だって10グリッドも後ろに無いもの。(爆)  

July 05, 2005

ジョーダン 2台がレースをフィニッシュ !

ジョーダングランプリドライバーのナレイン カーティケヤンとティエゴ モンテイロはフランスGPにおいて良いスタートを切り、力強いレースを行なった。2人のドライバーは3ストップ作戦を採り、それらは見事に実行された。不運なことに、3周を終えたところでカーティケヤンはギアボックスに問題を抱え、速いペースでプッシュすることができなくなり、モンテイロのパスを許してしまった。しかし、カーティケヤンは素晴らしい仕事で15位のポジションにおいてクルマをチェッカーフラッグまで運んだ。モンテイロは13位でフィニッシュし、シーズンにおける10戦連続フィニッシュとなった。

エイドリアン バージェス
スポーティングディレクター
「いつものように、ティエゴは極めて良い仕事を行なった。彼は10戦して10回フィニッシュしているが、ルーキーとしては本当に感銘を受けるものである。今は新しいEJ15Bの開発を進めなければならないし、我々のドライバーに彼らの能力を示すことができる速いクルマを与えられるよう願っている。ナレインはとても良いスタートを切ってクリエンとティエゴの前を走っていたが、かなり早い段階でギアボックスに問題を抱え、彼のドライビングを変更しなければならなかったために多くのラップタイムを失った。しかし、彼はクルマを完走させることに成功した。これは次のイベントにおける予選のスターティングオーダーに関して助けになる」(for F1racing)


>>シーズンにおける10戦連続フィニッシュ、中々できませんよ。あっぱれ、あっぱれ!!

結果はこちら

  続きを読む

July 03, 2005

フランスGP予選終了

ジョーダン ドライバーたちは予選に満足

ダンプコンディションだったため、ティエゴ モンテイロとナレイン カーティケヤンは今日の最初のセッションにおいてインストレーションラップを完了するだけとなった。モンテイロはギアボックスのトラブルも抱えたが、それは最終フリープラクティスまでには解決された。最後のプラクティスにおいて、2人のドライバーは午後の予選と明日のレースへ向けたシャーシセットアップの発展のために時間を費やした。カーティケヤンとモンテイロはそれぞれ予選17位と19位になっている。2人のドライバーは彼らの予選ラップとクルマのバランスに比較的満足している。この地域の予期せぬ天候とともに、チームはエキサイティングなレースになることを願っている。

エイドリアン バージェス
スポーティングディレクター

「2人のドライバーが予選ラップにおいて良い点と悪い点を持っていた。ナレインは良い第1セクターだったが、中間でいくつかミスを犯し、最後にそれをリカバーした。ティエゴは第1セクターにおいてそれほど悪くはなかったが、最終コーナーでミスをした。明日へ向けてよい形になっていると思う。いつものように明日はレースに集中するし、我々の状況には満足している」


「2人のドライバーが予選ラップにおいて良い点と悪い点を持っていた。ナレインは良い第1セクターだったが、中間でいくつかミスを犯し、最後にそれをリカバーした。ティエゴは第1セクターにおいてそれほど悪くはなかったが、最終コーナーでミスをした。明日へ向けてよい形になっていると思う。いつものように明日はレースに集中するし、我々の状況には満足している」(for F1racing)

ミナルディの前に1台は出たぞ!よしよし!

結果はこちら
  続きを読む

June 28, 2005

インドでF1は放映禁止!

nk38カーティケイヤンが今季活躍しており、インドスポンサーもF1へと参入している。しかしながら、インド国内では現在F1の放映を無料で見ることは出来ずに、プライベート・スポーツ・チャンネルのみでしか見ることが出来ない。これは、どのような方法においてもタバコ広告がインド国内で禁止されているからだという。(for F1GPnews)

何か凄く勿体無い様な気がしますよね。折角「FASTEST INDIAN IN THE WORLD  NarainKarthikeyan, today the Indian face of formula 1」と堂々と自画自賛しているのに!
  

June 22, 2005

インド人ドライバー初ポイント!

nk37






ナレイン カーティケヤンはインド人ドライバーとして初めてのチャンピオンシップポイントを記録した。

「ボクにとってはF1で初めてのチャンピオンシップポイントであり、それがどのようにやってきたかなんて本当に問題ではないんだ。インド人ドライバーがF1でポイントを記録したのは初めてのことだから嬉しいよ。あのような状況において、ボクらの主な仕事はミスをすることなくレースをフィニッシュすることだった。ボクのクルマは今週末とても信頼性があったから、それについてもとても満足している。とコメント。(for F1racing)


表彰台狙えたのに、残念!  

Posted by yellowexpress_5 at 00:06Comments(0)TrackBack(0)clip!GO!GO!Karthikeyan! 

June 21, 2005

ジョーダン 歴史に名を刻むグランプリ!

tm2





ミシュランを装着するチームが安全の理由によってアメリカGPに参戦しないことを決断したため、ブリヂストンランナーのみがレースに参加した。2人のジョーダンドライバーはF1の歴史に名を刻んだ。ティエゴ モンテイロはポルトガル人として初の表彰台を獲得し、ナレイン カーティケヤンはインド人ドライバーとして初めてのチャンピオンシップポイントを記録した。スタート後、2人のドライバーは安定したリズムを掴み、同じピットストップ作戦でクルマをチェッカーフラッグまで導くことに集中した。(for F1racing)


何はともあれ、3位表彰台。でも全然嬉しく無いですよ。しかも、カーティケヤンじぁ無いし。