2017年08月01日

第四百九十四回

「ネガティブなことを書こう!」
と思って、たまたま前回の記事を開いたらネガティブだった。(笑)

ちなみに書こうと思っていたネガティブなことは前回書いたことと同じ。
約1か月間引きずっているんですね。
我ながら女々しい。

忘れろ。
それがベスト。


yes_the_spats at 10:46|PermalinkComments(0)

2017年07月16日

第四百九十三回。

6月〜7月半ばになった。

急性胃腸炎になって運ばれた。
7年ぶりくらいになった気がする。

おかげで重要な2件をとばしてしまう。
信頼関係は一瞬で崩れる。

それはどんな理由であれ、だと思う。
まあ死んでしまったらそのあとのことなんてどうでもいいけれど。(笑)

それが今年一番やってしまった感がある。

とりあえず地道に積み上げる。
それだけ。

昨日、友人と靖国神社のみたま祭りへ行った。
若者のマナーが悪く屋台が禁止になってから初めて行ったのだが、屋台がない方が良かった。
マナー悪いやついないし、めちゃくちゃ混んでいるわけでもないし。

約70年くらい前になるのだと思うけれど、戦争で亡くなった方たちもたくさんいる。
そしてそれは自分のおじいさん・おばあさんの世代の方だ。
遠くないのだ。

当たり前ではない平和というものは素晴らしい。

yes_the_spats at 17:14|PermalinkComments(0)

2017年06月10日

第四百九十二回。

5月、仕事で福岡へ行った。
一人だ。
ちょっと空き時間が多かったので観光もしたのだが大して面白くもなかった。

自分には「ひとりでも楽しむ能力」がないのだと思う。
結局ホテルでいつもと変わらずに仕事をして終わった。

それ以外にも婚活と称して気になっている人と会ってきた。
仕事で挨拶をする程度で異性として見られてもいない程度の仲。
結局、何も進展しないのだけれどこういう活動を積み重ねていかなければいけないね。

今年も半分終わった。
結婚をしたいという気持ちが強いので、今後は毎月2回は婚活パーティーなどに行こうと決めた。
(婚活アプリはまともな人はほぼいない。男が遊び目的の為)

婚活パーティーで毎回10人と会えば月間20人。半年で100人近くと会える。
こう考えると、お金を払って機会を買っているんだなとわかる。
必ずしもマッチングされるとは言えないけれどやらないよりマシだろう。

5月から今日までに新しく始めたこととして、犬の散歩のボランティアがある。
たまたま自転車で5分程度の場所に捨て犬のシェルターがあり、そこで募集をしていた。

まだ1度しか行っていないのだが凄くストレス発散になった。
日ごろ人と接していない為、犬と散歩をすること。
そして他のスタッフさんとコミュニケーションをとることがストレス発散につながるらしい。

犬が20匹くらいいて、それぞれに凄く性格があった。

他の犬を気遣う犬。
誰それ構わずかむ犬。
過去になにかあったのか人間が怖いのかおびえる犬。

こういう場所で自分に合う犬を探すというのは、犬も救われるので本当に良いことだと感じた。


今日はひふみ投信の運用報告会へ行った。
ひふみの方と少しだけお話しをした。

自分はサラリーマン時代に毎月数万円ずつ預けて、3年程度で200万が300万くらいになりそれを元手に起業した。
そして今2期目が終わろうとしている。

あの時、ひふみで資産が増加していなければもしかしたら今の状況はないかもしれない。
感謝していますと伝えたらとても喜んでくれた。

こうやって振り返ると色々あった5月。
どんどんやっていかなければいけない。

yes_the_spats at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年05月03日

第四百九十一回。

またに11年前の記事を読むと恥ずかしくなる。
昔は
「このブログのアクセス数が増えればいいという」
いわば承認欲求で書いていた。

結果的に今は自分以外できれば読んでほしくない日記だ。

「インターンシップ」
という映画を見た。
とても面白かった。

自分も起業をしたのだが20年程度でGoogleのような大企業を作れる自信がない。
何十億社という企業が世界中にある中で、そんなものは一握りだけれどあこがれもします。

やっぱり企業には存在意義がなくてはいけない。
自分の会社の理念はあるのでそれを曲げずにやっていこうと思う。






yes_the_spats at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年04月20日

第四百九十回。


旅行にいってから約1か月。
また孤独との闘いでストレスが溜まってきた。
来月あたりにまた旅行に行こう。


「家ついていっていいですか?」
という番組で75歳くらいの独身のおじいさんが出ていた。

「45くらいまでは楽しくてね。母親が結婚しろっていうけど遊んでいたんだ。やっぱり結婚するべきだったね。」
と話していた。

たまたまテレビをつけたらその人が出ていてそう話していた。
未来から来た自分が自分に言ってきているような気になった。

結婚しなければいけないなと思ってはいる。
ただなかなか出来るイメージがわかない。

話は変わるが、金城一樹という作家が好きだ。
その人がドラマの脚本を書いていてそれがなかなか面白い。

自分が高校時代の頃に作品を読んでいたのだが、ひさびさに買って読んでみた。

涙が出てきた。
音楽を聴いて昔を思い出すあの感じ。
16年前に読んで感情を揺さぶられていたけれど、いまはもっと違う揺さぶられ方。

初期衝動とかって言ったりするけれど、自分にとってまさにそんな感情だ。
世界を変えていかなければいけない。

少しずつでもいいから。
やるしかない。

楽な人生なんてないんだろう。
日本に生まれて、この時代に生まれているだけでラッキーだ。
やはり変えていく努力をしたいと思う。


yes_the_spats at 21:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月23日

第四百八十九回。


約3か月。
あっという間だった。

劇的になにか変わった訳ではない。
仕事も比較的順調だ。

さっぽろ雪まつりに行った。
念願の札幌雪祭り。
すごく楽しかった。

旅行に行くまでは色々と精神的なストレスがあったが、
旅行に行くことによりリフレッシュできた。
自分の好きなことでストレスは解消できるんだと実感した。

それ以外は特に変わらず。
ある程度ストレスがたまったら旅行に行くようにしようと決めた。

しかし、いくら金を稼いでもそんなに裕福にはならないね。
同世代のサラリーマンよりは稼げるくらいになったが、
一向にタワーマンションへ住める気配はない。笑

新築の一軒家やマンションを持っている人はどうやって財を成したのだろうか。
それが不思議です。

そんな感じです。
もっともっと仕事をしていきたい。



yes_the_spats at 13:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月24日

第四百八十八回。

11月、12月と終わった。
引っ越した。

叫ぶおっさんが1mも離れていないアパートにいた。
夜中に突然叫ぶ。

引っ越した後に向こうの建物を管理している不動産屋に行ったのだが
「そんなこと初めて聞いた!」
と話していた。

こちらの大家さんと不動産屋が一度話しに行ったのに適当なものです。

「注意すればいいじゃないですか?なぜ誰も注意しないのですか?」
というので
「トラブったら嫌じゃないですか。刺されたらどうするんですか?」
と聞いたら
「国から費用もらえますよ」
とのこと。

「死んでもお金貰って解決なんですね」
と言ったら笑っていたが、本当に事件が起こったらあの不動産屋はヤバいと思う。


そんなことはさておき、11月12月はおかげ様で多忙でした。
お問合せ頂いた皆様へ感謝。

2期目の売上見込がかなり立っていて、2期目は年商1500万円くらいは行きそう。
できれば2000万円を目指したい。

毎年倍ずつ成長していけば、5期目で年商1億円を超えるから。
少しでも社会貢献が出来るように会社を大きくしていきたい。

yes_the_spats at 08:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年10月26日

第四百八十七回。

8月決算の為、とりあえず一期目が終了した。

赤字は15万円くらい。
ただし家賃を除くので実際はもっと赤字だと思う。

ちらほらと仕事関連の問い合わせも増えているので、長く続けることを意識していけばそこまで大事には至らないはず。

ただ5年〜10年で従業員数20〜30名の会社へはしたいので今期はさらに売上なくてはいけない。

加藤ミリヤのセミナーに行った。
かなりいいセミナーでした。

参加者の方がワンフレーズだけ歌うコーナーがあった。
10人くらい歌っていたが
「この人プロになれないよねー。」
という人が多かった。

もちろん加藤ミリヤのファンの方もいらっしゃるのでそういう方を除いて。
残酷なもので同じ曲で同じマイク、同じ照明だと露骨にわかるもんですね。

最後に加藤ミリヤが1曲歌ってくれた。
5年ぶりくらいにみたんだけど抜群に良くなっていた。

5年間の積み重ねがすごくよく分かった。
ひさびさに泣きそうになった。
その前の週にミスチル見に行ったんだけど個人的には加藤ミリヤの方が好き。

その後、チャランポランタンを新宿で見た。
こちらも抜群に良かった!
愛の賛歌の最後、僕を見つめて歌ってくれていたのは自意識過剰ではないと信じたい。(笑)

加藤ミリヤ、ミスチル、チャランポしかり、素晴らしいミュージシャンはシンプルな形式でも抜群に感動する。


そして引っ越します!
実際引っ越すとなると寂しいもんですがこの町ともさらばだ!
2年間あっという間だった。

yes_the_spats at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月04日

第四百八十六回。

あっという間だ。
今年も残り3分の1だ。

「しか」ないのか。「も」あるのか。

7月末からうちの親父が入院している。
ICUに入って4日くらい前に意識が戻った。
その間に色々あったが本人はそんなことは知らない。

人が死ぬということは本当に大変なんだなと思う。
うちの親父は若いころと人間が変わっていなくて残念だった。

あと、体力って重要だね。
スポーツしておいた方が良いね。

でんぱのライブに行った。
TIFにも行った。
銀杏BOYZのライブにも行った。みうらじゅんがいた。
五島列島にも行った。

自分のセミナーを始めて、ほぼ定員になるくらいになってきた。
とりあえず毎週末やって10万円くらい稼げるようにはしたい。

あと、DTMも始めた。
いろいろとやっていこう。

yes_the_spats at 22:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年06月19日

第四百八十五回。

独立して何が一番良かったか。

満員電車に乗らないでいいことです。
これは本当にストレスなんだなと、乗らなくなって実感します。

特に痴漢に間違われるリスクがあること。
間違われたら99.9%有罪になること。

悪意ある女性もいて実際に事件になってますからね。
女性車両を1つだけ作るんなら、厳密に通勤時間帯の男女比を計算して車両を全部分けろと思います。


話は少し変わりますが、車も自転車もそう。
無灯火でめちゃくちゃ飛ばしてる自転車に乗っている人は想像力が足りないのか。

万が一、人をはねて殺したら逃げるつもりなのかね?
自動車みたいに保険入ってないとそれだけで人生つむんじゃないの?
人を殺してしまったという事実はどれだけお金を払っても消えるものでもないし、罪悪感しかない。

スマホしながらチャリに乗るのも勝手だし、こけてケガする分には誰も文句は言わない。
しかし、万が一自分が車に乗っているときに勝手に突っ込んできてケガされたら笑えないよね。
こっちの責任になるだろうし。

こうやって書いていると、他人のせいで急に犯罪者になるリスクは十分あるんだなと実感。
本当に気を付けていきます。

yes_the_spats at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)