May 01, 2007

松岡+東京=ルーチェ万全/フローラS

今週はNHKマイルカップ

 今週も波乱の予感がするぞ。オークスTR「第42回フローラS」は昨年、3連単68万馬券が飛び出した一戦。今年の波乱の主役は好調・松岡正海騎手(22)がまたがるマイネルーチェ。昨年の新潟2歳S(2着)で見せた瞬発力を開幕週の東京でサク裂させる。

 ここ8年、1番人気が勝っておらず、5番人気以下の伏兵が実に6勝。フローラSは万馬券の宝庫と言っても過言ではない。ベッラレイア、イクスキューズあたりも忘れかけていた切れ者に足元をすくわれるかもしれない。波乱の演出者はマイネルーチェだ。

 昨年の新潟2歳Sを思い出してほしい。ゴールドアグリは強かったが、そのアグリに鼻差まで詰め寄ったのがマイネルーチェ。
最新ゴールドアグリ情報は・・・ゴールドアグリランキング

上がり3Fはアグリ(33秒0)に次ぐ堂々の2位(33秒5)だった。この時に負かした相手もマイネルレーニア(3着=その後京王杯2歳S優勝)、マルカハンニバル(4着=その後デイリー杯2歳S3着)とハイレベル。2歳夏に牡馬のトップクラスと互角に戦える能力は示している。

 その後の低迷には明確な理由がある。ファンタジーSは2カ月の休み明けなのにマイナス6キロ。絞れたというより細くなっていた雰囲気の馬体。11着大敗も仕方なかった。阪神JFでも調子は戻らず12着。京成杯では体重こそ増えて出てきたが、スローの流れに泣き7着。フラワーCでも思うほど流れは速くならなかった(5着)。

 今回は状況が一変する...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)


■■


競馬本を探すならWebBooks







yesnet0 at 07:38│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Powered by SEO Stats

競馬本を探すなら
WebBooks

訪問者数