May 22, 2007

[競馬]ローブデコルテが優勝 第68回オークス

今週は 第74回東京優駿(日本ダービー)GI

ECO−DRIVE【送料無料】ウィッカ(WICCA)・腕時計・レディス・NA15-1323A(wowc003) (ECO−DR...
 中央競馬の第68回優駿牝馬(オークス、GI)は20日、東京競馬場の芝2400メートルに3歳牝馬18頭が出走して行われ、単勝5番人気のローブデコルテが1番人気のベッラレイアをハナ差で差し切り優勝。1着賞金9700万円を獲得した。桜花賞馬のダイワスカーレットは発熱で、同2着馬のウオッカは27日の日本ダービーに出走予定のため、出走しなかった。 福永祐一騎手は04年のダイワエルシエーロ、05年のシーザリオに続き、2年ぶり3度目のオークス制覇、栗東・松元茂樹調教師は初勝利。ローブデコルテは父コジーン、母カラーオブゴールドの米国産で、外国産馬によるクラシック制覇は史上初。
最新ウオッカ情報は・・・競馬ランキング





馬主は前田幸治氏。通算8戦3勝、重賞初勝利。獲得賞金は1億8964万1000円。 レースの売り上げは、前年比0.5%減の203億7682万9300円だった。【田内隆弘】 ◇「スタートだけ気をつけた」…手綱取った福永 道中、中団を進んだローブデコルテ。手綱を取った福永は、第4コーナーで外に持ち出す算段だった。ところが、並走馬が壁となった。「行く場所がなくなり、一瞬ローブデコルテが下がった。『ああ、ダメか』」と天を仰いだ松元茂調教師。しかし、福永はあわてず態勢を立て直した。直線で外に持ち出すと、自慢の末脚で一歩ずつ差を詰める。きっちり差し切り、2着馬より約15センチ前に出たところがゴールだった。 福永は、末脚よりも好スタートを勝因に挙げる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




競馬の本を探すならWebBooks



yesnet0 at 04:56│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Powered by SEO Stats

競馬本を探すなら
WebBooks

訪問者数