週刊516

株式会社ユーフラット工房代表ナカツコウイチロウのブログです。

ソーラールーフ

近頃、太陽光発電システムの需要について、電力の買取価格の下落で陰りなどの話しをよく聞きますが、電力事情の将来を考えれば今後ともその流れに大きな変わりはないのではないかと思います。


ただ、買い取りはいずれゼロに近づくと思いますので、今後は自己消費のための蓄電システムの充実に期待したいと思います。

弊社でもお客様の要望により何軒か施工させていただきましたが、これまでのシステムの形態は決まった規格の中からの選択のため(これはやむ得ないところですが)、スペース効率の面や架台に乗せるといった美的な面など、もっと進化しないものかと考えておりました。


そこに少し前から屋根一体型のパネル(パネルそのものが屋根材としての扱い)という情報を得ていまして、その耐久性、防水性、効率、保証、デザイン性などを検討していました。その結果これまでの中ではかなり進化しているのではないかと考えておりましたところ、丁度施工の機会に恵まれました。

今年4月にお引き渡ししたお客様がこのシステムを希望され施工に至りました。全量買取(売電)という大型のものです。


やはりとてもすっきり仕上がりました。施工過程を記録しており、今後の売電効率や施工後の経過状況などを注視していきたいと思っています。

招き猫

20150308163550_00001以前、我が家で猫を飼った話しをしましたが、
最近、会社事務所の庭先に一匹の猫が顔をだすようになり、我が家で猫をかってから、ちょっとした良いことがあり会社でも,との思いから食事を出すようにしたところ、それを嗅ぎつけたのか今では3匹が入れ替わり立ち替わり来るようになりました。
それ以来、朝に夕に食事の世話を私がするため1時間前に出社するという、お陰様で健康的な日々を送っています。
因みに猫が安心して寝られるようにダンボールの中にバスケットを入れ、暖かい毛布を敷いていますが、その毛布まで洗濯する日々、いやはやすっかりイクメンです。
猫の名前は、左のスケッチの左から「ガリ、ミモザ、ドラ吉」と名付けました。
朝、この子達に「うちの会社を頼むよ!」といいながら食事を出す毎日です。

摩訶不思議の続き

昨年末ご紹介したワインを美味しく飲める道具についてです。
写真の道具はホテルなどプロも使っているとのこと。グラスワインを出す際、残ったワインの
風味を損なわせない(持続させる)そうです。
使い方ですが、残ったボトルに写真中央の栓をボトルに差込み左の器具を栓にかぶせます。(調度栓の上部が器具の下に入るようになっています)
次に、乗せた器具の上部の輪に人差し指または中指を入れ上に引き上げ、これを数回繰り返すと引き上げにくくなり、これで完成です。この器具はポンプの働きをし、中の空気を引き出し真空状態にし、空気に触れないことで風味が保てるのだそうです。                   
確かに、装着した栓を抜く際「スポン」という音がしたので、真空状態が確保されたのだと
思います。
残ったワインを再び飲むときは、写真右図のヘラのような道具をボトルに刺し注ぎ、ヘラのような先から薄く横に広くゆっくりワインがと出てきます。これは空気と触れる範囲を広くし味を柔らかくするそうです。
確かに、確かにいただけます、美味しい。ロマネコンティとはいきませんが、〜円のワインがに封を切った時より柔らかくなっていました。器具は結構な値段をしましたが、得をしたような気分です。
IMGP2211
                                                                                                            
Profile
ナカツコウイチロウ(中津昂一郎)



株式会社ユーフラット工房代表。
1946年2月8日生まれ。
水瓶座、O型。一級建築士。
日本大学理工学部建築学科卒業後、ハウスメーカーにて設計・工事・積算・営業などを経験。2007年5月株式会社ユーフラット工房を設立。
Search
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

atelier yewflat
株式会社ユーフラット工房

〒270-1143 千葉県我孫子市天王台4-9-1
TEL 04-7199-2900
FAX 04-7181-7677
URL http://www.yewflat.com
MAIL info@yewflat.com
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ