週刊516

株式会社ユーフラット工房代表ナカツコウイチロウのブログです。

2009年05月

想い出

以前、我が家に6代目のワンチャン(タンドル)の話をしましたが、続きです。
タンドルを迎える半年前に私が、歴代の中で一番可愛がったワンチャン(名前はワイン)の死を思い出しました。
誰にも好かれ、誰にも優しくチャーミングなワインの死には、人一倍涙しました。ワインとわかれ、一人散歩したときの想いを一首。

口笛を 吹けど我が子の姿なし
        想いめぐらす 夢の彼方に    昂

妻の二首
紫陽花の 花いとあわれなりけりと
          病に伏せし 窓越しの庭   絲子  

死臭香 強く息をし 身の中に
      とじこめいれし わが終わりまで   絲子

もてなし

今日、久しぶりに妻と食事に出かけた。といっても、そのお店には数えたら8年ぶり、当時、中華料理店に変わってしまい、我々の好みと異なり行かなくなってしまったのです。
先日、場所を変えての開店の挨拶状をもらい、その中に昔のスタッフがお迎えしますとあり、なんとも懐かしく思い、出掛けることにした。
当時まだシェフの玉子が料理長となり、我々を出迎えてくれた。
席に着くなり、「食前酒はいつものでよろしいですか」と云われびっくり、そして
感動した。その当時の好みを覚えていてくれたのだと。
当時、月に1、2回行っていたが、きっとデータが残っていたのかも知れない。
そして、その食前酒をサービスまでしてくれ、うれしかった。
料理の内容は当時とは変わったものの、大変おいしく満足した。
いつも思うのです、「もてなしも、味のうち」と!

バリアフリー

私の義理の母は今年90歳を迎える。極めて健康である。
いまだに2階でふとんに寝て、毎日押入への上げ下げをこなしている。
潔癖性でふとんの配置や敷布の巻き込み寸法など計ったように敷かないと気が済まないようだ。
料理、洗濯、掃除、全て自分でこなす。私の妻(母の娘)がやることもあるが、どうも気にくわないのだ。
母は毎日家計簿をつける。消費税を別に、また商品の価格の変動などデータがまことに細かい。
時にレシートの間違いを発見し、夕食前にスーパーに正しにでかけることも。
母に時々買い物を頼まれ財布を預かるが中身が見事。小銭を早く取り出せるように、金種別に仕切ってある。
母は若い頃から株に興味をもち取引をしている。といっても最近は大手の安定株の配当を楽しみにする程度で、売買することはほとんどなく、株価をながめている程度だが、社会情勢を詳しくつかんでおりさすがだ。
母が足の痛みをうったえるようになった。みたところ素人の私にもむくみの症状で水がたまっている様子がうかがえ医者にいった。2度の治療の後がんばり屋で負けず嫌いの母は先生に云われた通りの運動をし、多少の痛みが残るも元気に歩いている。
築27年の家の中は階段こそ14段で踏面もゆったりとっているが、その他はバリアフリーなどになっていない。
そのようにした方がよい年齢にはあるが、我が家ではあまり話にでたことがない。母はそのバリアをむしろ健康のためと受け止めている。
母はよく言う「人間は働かなければ、そして頭を使わなければ駄目よ」
この言葉に、ここに書いた母の普段の行動の意味が表れている。。。
心身共に健康であるために。
Profile
ナカツコウイチロウ(中津昂一郎)



株式会社ユーフラット工房代表。
1946年2月8日生まれ。
水瓶座、O型。一級建築士。
日本大学理工学部建築学科卒業後、ハウスメーカーにて設計・工事・積算・営業などを経験。2007年5月株式会社ユーフラット工房を設立。
Search
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

atelier yewflat
株式会社ユーフラット工房

〒270-1143 千葉県我孫子市天王台4-9-1
TEL 04-7199-2900
FAX 04-7181-7677
URL http://www.yewflat.com
MAIL info@yewflat.com
Recent Comments
Recent TrackBacks
  • ライブドアブログ