母(妻の母)の介護に接して思うこと。
義理の母がリハビリで入所して3年がたちます。妻はほとんど毎日朝から施設に行き、午後まで世話をしています。私も時間の許す限り昼食を一緒にしたり、休みもほとんどそばにいるようにしています。なぜそうするようになったのか。
母が元気だった頃、義理である私との関係は決して良かったとは言えませんでした。
私達夫婦には子供がいませんので、二人の時間を大切に充分楽しく過ごしてきました。そのことで母に寂しい思いをさせてきたことが今さらながらわかってきました。
入所してからというもの、強い母の面影もなくうつろな会話のくりかえしに胸がつかれます。
このことが、実の母に孝行をできずに亡くしていることと重ね併せ贖罪の思いで義理の母に接しようと思うきっかけになりました。
続きは次回に