以前、我が家に6代目のワンチャン(タンドル)の話をしましたが、続きです。
タンドルを迎える半年前に私が、歴代の中で一番可愛がったワンチャン(名前はワイン)の死を思い出しました。
誰にも好かれ、誰にも優しくチャーミングなワインの死には、人一倍涙しました。ワインとわかれ、一人散歩したときの想いを一首。

口笛を 吹けど我が子の姿なし
        想いめぐらす 夢の彼方に    昂

妻の二首
紫陽花の 花いとあわれなりけりと
          病に伏せし 窓越しの庭   絲子  

死臭香 強く息をし 身の中に
      とじこめいれし わが終わりまで   絲子