2007年01月20日

がんばれ不二家…

ようこそアンソニーへ

お菓子の不二家がやばそうだ。このままでは、雪印の二の舞も考えられる。となると、FUJIフリークの私にとっても、いやいやFUJIフリークでなくたって私にとってやばい。

私は不二家のお菓子が大好きです。

過去にお菓子のバイヤーだった過去を持つ私は、不二家に対して並々ならぬこだわりを持っている。

なんかさー、お菓子メーカーの中でなんか異色の存在なんだよね。お菓子作ってるけど、洋菓子職人、つまり今で言うところのパティシエ魂を忘れてないところがすごくいい!(実際はどうかわからないけど・・・)

バイヤー時代の先輩が言ってた。

『チョコレートの原料になるカカオって、輸入だからさー、商社経由で日本に入ってくるんだけどー、いいカカオの輸入は森永とか明治系で牛耳ってるわけ。森永とか明治は昔の財閥のなごりだからさー、日本にカカオが入ってきたときいいカカオは全部押さえちゃってるんだって。日本ではいいカカオは他のメーカーには絶対流れない仕組みなんだってさー。その証拠に森永と明治には板チョコがあるけど、不二家とかブルボンにはないでしょ?カカオそのものは二級品だから、ミルクたっぷり入れて、いろいろ小細工しないとおいしいもの出来ないんだよ。』

なるほどー。説得力のある内容だ。ちなみに、ロッテは韓国経由で入ってくるからいいカカオが来てるらしい。

たしかに、割りチョコのお徳用袋なんかで聞いたときもないメーカーのを食べると、バサバサしててミロバー(今あるのかな?)みたいになってる。フムフム

で、なんで不二家かっていう話なんだけど、なんかブルボンとか他のメーカーはチョコは諦めてる感じがして品揃えもチョコあるからいいでしょ?っていいたげなぐらいおなざりにされてるんだけど、不二家ではチョコレートは主力品として大事に扱われててルックとかミルキーチョコの定番もありつつ、革新的でイノベーションな商品も毎年次々生み出してる。ベルギーチョコかと見間違うぐらいの芸術的な商品が多い。最近は他のメーカーも真似し始めていろいろ出てるけど、不二家が最初なんだ。

チョコレート自体も配合がいいのか他の材料がいいのか、なめらかで明治や森永にも引けをとらない出来栄えだ。決してカカオの品質が悪いことを言い訳にしていない。むしろ逆境からいいものを作り出してる。

つまり、不二家のチョコレート製品からは、チョコレートに対する深い愛情と、高い技術力と、洋菓子職人としての職人魂と、何事にも屈しない不屈のフロンティアスピリッツとを感じとれるわけ。

そして、私は声を大にして言いたいっっ!!


不二家にはポリシーがある!

商品に対して徹底的にこだわってるから、原材料の管理は利益優先になってしまったんじゃないんでしょうか?開発費にお金かけすぎちゃったみたいな。これはこれでよくないけれど、雪印と違って誰も健康を害してないからいいんじゃないの。

だから、みんなで不二家を応援しよう!!


って、私って、人間でも商品でも会社でも、こだわりをもってて肝心なところ見失いがちな人・モノ・組織が大好きなんだな。そういう自分自身が一番そんなタイプだったりして。不二家の件もちょっとした自己弁護なのかも。


yf_fy at 03:15│Comments(0)TrackBack(1)clip!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. イノベーションは、マスターベーション  [ 成功者への道 ]   2007年01月20日 12:21
イノベーション、イノベーションと合唱するのは、いかがなものか? イノベーションをするために必要なことは、現状をよく知ることで ある。日本にいい言葉がある。「温故知新」である、まず古きを知 らなくては、新しきは知れないのである。 今は、ロクに現状を踏ま...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔