遊勝塾


 1シーズンの間ありがとうございました

タグ:対策

 「ドロー・・・スタンバイ・・・メイン!

俺のペットの特殊召喚はチェーンブロックを作らない! 高らかに宣言しな!
 
card1000811_1
 《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》  炎属性 悪魔族 ★★★★★★★★ 3000/2500

このカードは通常召喚できない。
相手フィールド上のモンスター2体をリリースし、
手札から相手フィールド上に特殊召喚できる。
自分のスタンバイフェイズ毎に、自分は1000ポイントダメージを受ける。
このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。

 
怖い怖い。
【シンクロン】様は《シューティング・クェーサードラゴン》《ナチュル・エクストリオ》戦術を仕掛けてきたか。
あの したたかな戦術を破れるのは俺しかいない。
効果・高打点を活かして【バーン】等でメイン採用されるけど、
魅力はやっぱり問答無用2体まとめて処理。昔からのサイドデッキ定番。
《シューティング・クェーサー・ドラゴン》《TGハルバード・キャノン》《ナチュル・エクストリオ》
相手ターン《氷結界の龍トリシューラ》《メタファイズ・ホルス・ドラゴン》《獣神ヴァルカン》の構え。
何を並べようがこいつの前では無力の証明。
《シューティング・クェーサー・ドラゴン》はタイミングを逃して後続の《シューティング・スター・ドラゴン》も出てこれない
表の人格は引っ込んでろ! 枠の関係でそもそも入ってないけど。

デメリットは、通常召喚権を失う点と相手の場に攻撃力3000を置く点。
でも、このカード自身の耐性はないからモンスター効果・魔法・罠で容易に始末可能。
《強制脱出装置》とは特に相性が良く、1:2交換しつつ牽制もできる。
ラヴァゴは 再び手札に 舞い戻る (字あマリ句)
単純に考えても1:1交換なんだよな。

【シンクロン】対策と銘打っていますが、
《デビル・フランケン》《ナチュル・エクストリオ》出張セットは他のデッキにも見られる。
《ファイヤー・ハンド》《影霊衣の舞姫》《魔導人形の夜》《超融合》といった解決札が
自分のデッキに適していないときはサイド候補に。最強の除去カードやもん。
さすがマリクのエースモンスターだけあるわ(すっとぼけ)
次のマッチ2戦目、【シンクロン】死す。デュエルスタンバイ!


 
 

《ナチュル・エクストリオ》《シューティング・クェーサー・ドラゴン》
デッキタイプによって異なるかもしれないけど、【シンクロン】の着地点。
魔法・罠を封殺し、モンスター効果も1ターンに1度無効破壊。並べればほとんど負けはない。
磐石の構えなのに何故「ほとんど」なのか。このカードの存在がその答え。


card100020269_1
 《影霊衣の舞姫》  水属性 魔法使い族 ★★★★ 1600/800

「影霊衣の舞姫」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
「影霊衣」儀式魔法カードの発動に対して相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できず、
自分フィールドの「影霊衣」儀式モンスターは相手の効果の対象にならない。
(2):このカードが効果でリリースされた場合、
「影霊衣の舞姫」以外の除外されている
自分の「影霊衣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。


登場後約1ヶ月でようやく本領発揮。

(1)の1つ目は影霊衣儀式魔法の発動を阻害されない。
《神の警告》《マインド・クラッシュ》等のチェーン発動を許さず、
《ナチュル・エクストリオ》も借りてきた猫よ。
また、相手の伏せてある《虚無空間》を召喚時で半ば強制的に発動させることとなり、
落ち着いて《サイクロン》を横の魔法・罠へ撃てる。1:2交換。

2つ目は影霊衣儀式モンスター
《エフェクト・ヴェーラー》《禁じられた聖杯》《ブレイクスルー・スキル》といったカードから守る。
残念ながら《シューティング・クェーサー・ドラゴン》の無効破壊は対象を取らないので、
《トリシューラの影霊衣》で突破するのは無理だぞ。

(2)の効果はおまけ程度。
《ヴァルキュルスの影霊衣》のドローコストに使えればおいしい。

最大の武器は1つ目の効果で《ユニコールの影霊衣》の儀式召喚を通すこと
意味するのは【シンクロン】機能停止。
2つ目の《トリシューラの影霊衣》《シューティングクェーサードラゴン》を除外除外アンド除外できちまうんだ。
攻撃力1600は《ディサイシブの影霊衣》の手札誘発効果で破壊力満点26打点。
【影霊衣】ミラーのリリーサー《クラウソラスの影霊衣》もイチコロさ。
《霊滅術師カイクウ》《ナイト・ドラゴリッチ》《サタンクロース》《超融合》等と違って腐りにくく、
《ブリューナクの影霊衣》で持ってこれるし、メインデッキからの投入も考えたい。
ピン挿しでも十二分に働く。これがKONAMIの寵愛を受けたカテゴリの力。

弱点はこのカード自身。
召喚成功時に《エフェクト・ヴェーラー》撃たれたら普通に終わる。除去も喰らう。
【シンクロン】が相手ターン《氷結界の龍トリシューラ》を構える要因なんだよね。
《ナチュル・エクストリオ》の隣に《シューティング・クェーサー・ドラゴン》置いてるけど、
召喚自体を無効破壊できる《TGハルバート・キャノン》の方が【影霊衣】側にとっては厄介。
《シューティング・クェーサー・ドラゴン》《ブリューナクの影霊衣》のサーチ止めれば済む話? 
《マスマティシャン》+《タックルセイダー》もいるんやで。
画竜点睛を欠く。ドラゴン族だけに。
《ナチュル・エクストリオ》《シューティング・クェーサー・ドラゴン》の布陣にも付け入る隙はあるのだ。



 

カウントダウンは始まっている。
2010劇場版
劇場版『遊☆戯☆王』がなんやらかんやら → http://yugiohmovie.jp/ 
 
超融合
 《超融合》  速攻魔法

手札を1枚捨てて発動できる。
自分・相手フィールド上から融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
このカードの発動に対して魔法・罠・効果モンスターの効果は発動できない。


融合先は勿論《旧神ノーデン》
《シューティング・クェーサー・ドラゴン》1体じゃ不安・・・隣にも何か並べなきゃ!
使命感に燃える【シンクロン】が鴨葱。これが絆の力だ。
手札コストは必要なものの、チェーン発動を許さないのは強力。強烈。
難点は《旧神ノーデン》融合モンスター未対応
それ故《ナチュル・エクストリオ》吸えないのは歯がゆい。
また、相手が1体置いただけだと
こちらがシンクロモンスターorエクシーズモンスターを用意しなければいけない。
環境2トップの【影霊衣】【クリフォート】に対して役に立たないのも辛いところで、サイドデッキ候補。
《旧神ノーデン》の枚数については《簡易融合》使うなら言うに及ばず、
そうでない【影霊衣】等ならサイドにピン挿し。1発決めれば十分だからね。
流行るかどうかは、すべて【シンクロン】の頑張り次第ってことで。

逆に積極的に採用したいのは、
お馴染み【HERO】【シャドール】だけでなく、ミラーの【シンクロン】【白黒ジャンド】もワンチャン。
メインから《簡易融合》《旧神ノーデン》入れてるってのもあるけど、
・「E・HERO」+光属性の《E・HEROTheシャイニング》
          +地属性の
《E・HEROガイア》

「シャドール」+光属性の《エルシャドール・ネフィリム》
                     +地属性の
《エルシャドール・シェキナーガ》

・ドラゴン族シンクロ+戦士族の《波動竜騎士ドラゴエクィテス》
・闇属性ドラゴン+獣族の《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》
がそれぞれ控えており、《ナチュル・エクストリオ》も処理可能。要検討

とりあえず今週土日の大会結果を見て、さらに1週間我慢し、
12月20日の『THE RARITY COLLECTION』で
《虚無空間》
ついでに当たってくれることを願っています。
発売まであと11日00時間00分00秒。 
素良くん


 

↑このページのトップヘ