感謝とおもてなしの心を伝えるお局様のビジネスマナー講座

社員教育、接遇講座、マナー研修、クレーム処理・応対を、オリジナルの接遇マニュアルを作成して研修致します。(現在活動休止中)

農林水産大臣賞

1
ここ数年愛飲しており、また贈り物でも使わせて頂いているお茶が本年、品評会・深蒸し茶部門で1位であります農林水産大臣賞を受賞されました。
(農)山東茶業組合さんのお茶です。

写真は、たまたまディーパックのお茶ですが、こちらのお茶は、贈答用に差し上げると、全員、感動され、その多くがご自分で購入されます。

個人的にそれがとっても興味ありました。

生産者・業界の好みと消費者の好みが異なるケースを特にお茶では見ますが、今回は一致したケースだな〜と思った今朝でした。
望

Uターン

Uターンって聞くと、若い子達が都会から地元に戻って就職することしか思い浮かびませんでした。
しか〜し、今週末近づくと予想される台風10号。
これがUターンとか。
最大級の台風とも言われていますね。
でも、何を準備したらいいんだろう?!
皆さんはどんな準備をされますか?!

3か月.6か月.12か月

1
午後のアルバイトを初めて4か月が過ぎました。
何しろ、ややっこしい、面倒な、行政特有な書類がいっぱいあり、引継ぎのときに作成したマニュアルを頼りに押印処理(押印して、原本はここに送って、コピーを2枚とって、1枚はあちらに送って、もう一枚は・・・とか)をするのですが、なんのためにこうするのか、根本的なことが分からず、ただ、言われたとおりやるので精一杯の3か月でした。
意味も分からずただ、書類を流していると、なかなか業務って覚えられないものだな〜。

しかし、最近は、その書類、1件、1件の意味が分かってきたため、非常に楽になりました。

やはり、仕事ってまずは3か月頑張って、それを過ぎると、段々自分のやり方を思いつき、俄然、自分のペースで仕事ってできるようになるんだな〜。

よって若い方にお伝えしたいな〜

まずは、6か月頑張って!と。

日程間違い

知人から聞いた話です。
以前、敬老の日のイベントで、演歌歌手のステージがあったが、主催者側の手配ミスで、予定の歌手はこなかった。
しかし、隣町でも同じイベントが行われており、そこに呼ばれていた演歌歌手が、隣町のイベント終了後、こちらに駆けつけることができて、緊急事態を乗り切った。
それも面白かったけど、歌手が到着するまで、そこにいた、参加者がそれぞれ持ちネタを披露して、場をつないだ。それがとっても面白くて結果的に、いつもより楽しい敬老の日になった・・・とのことでした。

これは笑えるケースですが、最近起こった、全国高校サッカー選手権の予選となる大阪大会の開会式の日程を勘違いして、欠席=棄権扱いになった高校。
サッカー部の保護者会やOBが参加などを求める嘆願書を大阪府教育庁に提出したそうですね。

子供たちの将来にとって、どちらが教育上いいのか、先日から考えているのですが、お局なりの考えはまだ出ていません。

そういえば、お局も日程の大きな間違いを1回したことがあります。

30代のとき、友人の結婚式で土曜日だと思ってはりきって会場につくと、結婚式は1件もなし。
フロントに確認すると、翌日でした。

あれがこれまで経験した最大の日程間違いです。

それでは今日も素敵な1日を。

講師の気遣い

1
むか〜し、山の奥の地域で、お江戸の偉い方を迎えて、研修会がありました。
そのとき、お江戸の偉い方は、レジメを講演の前日にメールで送ってきました。
しかも、カラーで印刷をしておいて下さい!
との指示でした。

お江戸の偉い方の世界では、予算が億単位であるので、カラーコピーは当たり前なのかもしれませんが、山の奥の公的機関で、当時、カラーのコピー機などはなく担当者さんは、車を走らせて、大変な思いをして、資料を用意されました。

ところで、話は変わって、最近、参加したセミナーで思ったことです。
大型のスクリーンには、カラフルな色で、図を上手に入れ、分かりやすいパワーポイントの資料が映し出されていますが、数百人規模のセミナーではよく見えません。
それで頂いた手元の白黒の資料を見ると、グラフが色別されていますが、白黒では違いが分かりにくく、黄色が少し薄く見えるくらいなんだな〜。

しばらく家にこもっており、セミナーは久しぶりの参加でしたが、面白い経験でした。



お局のひとりごと
粒あんが食べたい!

成功は準備で9割

1
300人の方が集まる会が昨日あり、この数日間お局はその準備をほぼ一人でしてきました。
ボスも本年変わられたので、これまでのやり方を伺いながら、少しずつ、お局流にかえてやってみました。
まだ参加者のアンケートをざっとしか見ていないので、満足度はわかりませんが、大きな事故もなく、無事に終了してまずは、ほっといたしました。

当日の会場準備や受付は、恐れ多くも、旗本・老中の皆様に手伝って頂くのですが、皆様はご経験があるため殿様方がスムーズに動けるように、ちょっとして工夫を所々に施してみました。
殿様方のご協力により、例年より準備時間は半分以下だったそうです。
そしてお局は受付が始まると、役なしで来賓対応をメインとしたおもてなし係なので、結構余裕。

ただし、大勢が集まると、自分用に作っておいたファイルをバラバラにされて書類を探したり、「念のため」と言っていろいろ余分に持ちすぎたりとその点は改善要です。

それにしても、「会の成功は準備で9割り決まる」と聞きますが、ほんとだな〜と思いました。

今日は、システムの入力、終了報告書の作成、アンケート集計そして、戻ってきたグッズ整理をしないと・・・

オット!支払いの振込みもあるんだ(*_*)
4時間の勤務時間でどこまでできるか・・・。

焦らず、一つひとつ確実にやろっと!

では、台風も気になるところですが、皆様にも素敵な1週間になりますように!

あんこ

夏休みなしで、毎日、毎日お仕事をしています。
何しろ、毎日行くところがあって、大勢の方と会って、お話して、お局にとってはありがたい時間です。
ただ、今週は、お盆の行事と重なり、この3日間くらいは、目覚まし時計が鳴るまで起きることができませんでした。
若干疲れが出てきたかな・・・こういうときは、例のものが食べないな・・・
クリーム白玉ぜんざい
と走馬灯のようにこれが↑よぎります。

ところで、過日、晴天が急変し、滝のような雨の中を歩いたため、靴がびしょぬれになりました。
購入した靴屋さんに相談に行くと店員さん曰く

「あんこを入れて、風通しの良いところで陰干しして下さい」
1
とアドバイスを頂きました。

そしてお局は、

「エッツ今、あんこっておっしゃいましたかあんこってあのつぶあんのあんこですかそれとも私、今、とってもつぶあんが食べたいのですが、聞き違いですか

と申しました。

すると店員さんは、

「靴の甲部の成形を保つための詰め物をあんこっていうんですよ。」

とのことでした。

あ〜よかった。
耳まで「あんこ」しているのかと思いました。


今週の振り返り

スポーツって最後の最後まで分からないものなのね。
残り、5秒、3秒でも、大逆転できる。
人生、諦めたらあかん!

でも、逆転出来るのも日頃の努力があればこそ。
そうつくづく感じた今週でした。

ANAのCM

1
今から30年くらい前のことです。
セサミストリートを初めてみたときあることにびっくりいたしました。
それは、健常者のお子さん達と、身障者のお子さん達が元気に一緒に遊んでいました。
それが特別ではなく、ごくごく普通に。

アメリカでは、みんな同じ教室で勉強しているんだ!すごいな〜!と思いました。

そしてこの夏、ANAのCMは、オリンピック、パラリンピックに出場する選手達が1本のCMの中で共演しています。
これまでにないCMのつくりに、これまたすごいな〜ANA!
と思ったのでした。

鈴木さ〜ん!

ふじのくに(通称静岡県)は、日本一鈴木姓が多いくにでございます。
それに関して今、すこし困っていることがございます。
現在の仕事で、某会社の支店の担当者さんとの連絡をとることが多いのですが各支店ごとに「鈴木様」がいらっしゃいます。
先方からお電話を下さるとき、「〇〇会社鈴木です」と名乗られます。

いじわるお局は思わず「沼津支店の鈴木様ですか。浜松支店の鈴木様ですか?それとも静岡支店の鈴木様ですか・・・」
と確認するようになりました。

まぁ自分にとって都合の悪い時は、頭を使う良い機会になり、お局にはいいのかぁ?!

警報発令

三島
過日、わが街の隣町で、記録的短時間大雨警報が発令されました。
テレビのテロップに
「危険が迫っています。安全を確保して下さい」
と流れました。

でも大雨の中、外に避難するのは危険だし、2階に上がればいいのかな?
土嚢を置きたいけど、今から用意するのも・・・

かねてより大雨対策として、土嚢がほしいと思っておりました。
でも、普段は邪魔になるし・・・と思っていたら、先日、家庭でできる土嚢の作り方を伝えていました。
ゴミ袋に水を入れ、ごみ袋を2重にし、段ボールの中に入れる。

簡単!

でも、いざ、警報が出てからではそんなものを作っている余裕はない。
よって早め、早めの準備と、日頃から考えておく必要があるな・・・と今回思いました。

自分の方へ・・・

1
一昨日、アルバイトお坊さんがお経を読みにいらして下さったときのことです。
お線香に火をつけると、右手で火を消そうとされるのですが、お局の普段のやり方と違いました。
お局は、中心から、右・左に右手をあおって、消そうとします。

しかし、アルバイトお坊さんは、自分の方へ自分の方へと手で仰いで火を消していました。

確かに、ワインのテイスティングも、ワイングラスの中でクルクル回しておりますが、あれも、自分の方に回します。
向こうに向かっては回しません。他人にワインがかかってはいけないという気遣いからです。

お坊さんのお線香の火の消し方にも何か意味があるのだろうな〜。

馬と牛

22
今年もやってきたお盆。
親子喧嘩がヒートアップするのが1年に2回ありその1回がこの時期。
なかでも、この馬と牛を用意しているときは、ボルテージも最高潮。
自分のやり方以外、一切認めず、そのやり方でやるとうまくできないお局。
結局今年も、馬と牛が親の理想通りに出来ず、散々怒られた(T_T)
今年は、馬・牛の大切な足となるものが反対側まで貫通!
何やってもダメだとか、不器用だとかまた言われた。
(これは一生変わらないね!)

それにしても、毎年、この馬、牛の足はうまく作れない。
馬、牛が立つように足をさす角度が難しい。
そろそろ慣れていいものが・・・(汗)

お局のひとりごと

 人生って、1度はチャンスが訪れるもので、それを確実につかみ、どんなことがあっても、手放さない、執念で守ることが必要なんだな〜。
つくづく思う!

お局のひとりごと

昨日発生した。某航空会社のトラブル。
お客様のお荷物を搭載せず、わかっていながら出発してしまった事件。
原因は、飛行機まで運ばれるベルトコンベヤーの不具合とか。

このように判断した理由として、会社側は、「後続のフライトに大きな影響を与えないための処置」と発表しているそうで。

飛行機ってとっても働きもので、早朝から最終便まで6フライトとか、それ以上だったかな?
仕事をしています。
すると、朝の1本目のフライトで10分の遅れを出すと、次のフライトは20分そして次は・・・とどんどん遅延の時間がましていきます。
繁忙期のこの時期は何しろそれは避けたいのが会社側。

気持ちは分からないではないけど、それが理由でお客様の大切なお荷物を搭載しないで出発する判断って、すごい判断だな〜。

確かに、航空会社の使命は、「安全」と「定時」だから今回の判断は仕方のないことかな。

ただ、お客様がそれを知ったのが飛行機が到着してからということだからそれは反省の余地はあるのかな・・・
それにしても、今回のようなケースで、自分がチャージする立場だったらそう決断できたかな???
どうしよう!どうしよう!
と迷っているうちに、時間ばかり過ぎるだろうな〜
上に立つ方って、瞬時の決断を迫られ、大変だな・・・。

さて、今朝は曇りがちの当地です。
今日も、ちょいと仕事をしよっと。

それでは、皆様も素敵な週末を!

愛国心

2

毎日熱戦が繰り広げられているオリンピック。
今回は珍しいトラブルも数々あるようですね。
その一つに、中国の国旗が違っているとか。
それを聞いて、過日お局の用意した中国の国旗は間違っていなかったか、あわててチェックしたところです。
(もう遅いのに)
大丈夫でした。
大きな★の右側から、小さな★が4つが大きな★の中央に向かっておかれていました。

オリンピック委員会では、事前に確認して、指摘がなかったので、変更はしないとか。

この件に関して、街頭インタビューに答えた中国人の反応が印象に残りました。
非常に怒っていました。
もし日本人だったらここまで怒るかな?と考えてしまいました。

さて、ただ今お盆の棚を飾っています。
それが終わったら出勤しま〜す!

がんばろっと!

おもてなしの旅 お局のリフレッシュ

クリーム白玉ぜんざい
本日も暑くなりそうですが、くれぐれもご自愛くださいませ。
お局は、今日も少し仕事をします。
仕事があるってとっても有難いことです。

おもてなしの旅 ユニバーサルデザイン

1
生まれつき、目の病気・特に色覚にトラブルを抱えている人にとって、本人にしか分からない不便なことが多々あります。

銀行の書類、保険の申込書、源泉徴収をした所得税の納付書・・・あのオレンジ色が見にくい。
人によっては、黄色の蛍光ペン!これは加齢とともに、ますます見えなくなる。

字が小さくて見えにくいときは、拡大鏡がありますが、見にくい原因が色だとこれまた難しい。
さらに、そのことについて、本人はまったく意識がなく成長し、その間、知らないところで、病気が悪化していったからこれまた困ります。

人間、何かしらお題を背負って生きているものですね。

管理

1
昨日、キャッシュカードの暗証番号を忘れてしまって、大変なことになりました。
最近、パスワード入力も増え、なんだか分からない状態になってきました。
パスワードを管理する専用アプリがあると思いますがそこまでするのもね〜。

それにしても、もうどこかに書いておかないと無理の段階にきました。

まいった!まいった!

母から娘へ

1
途中駅から、中学生くらいの女の子が乗車してきました。
その女の子は、ビーチでの装いのように軽装。
スカートはチョ〜短く、上も下着のような感じでした。

オイオイ、その服装はあまりに危ないな〜
公衆の面前では、せめて、何か薄い物を1枚羽織ることを母親はなぜ教えてあげないのかな?!
と思ったら、母親も横についていました。

子育てをしなかったお局が偉そうなことは言えないと思いますし、これだけ毎日が暑くなると、服装もより軽装になるのも仕方ないのかもしれませんが、それにしても、肌を出しすぎていないかと、心配になるお局でした。

さ〜て!
来週とっても忙しいことがあるので、今週はその準備で、これまた忙しくなりそうです。

でも忙しいことは、有難いことです。

ガンバロット!

お局のひとり言

ちゃっぴー
上の写真は2012年9月のちゃっぴーとふじっぴー。
下の写真は先週のお二人。
ちゃっぴーとふじっぴー
明らかに、ちゃっぴーの色が・・・

ここで懐かしいことを思い出しました。

むか〜し、高校受験の前週に、担任の先生が上履きを持ち帰ってきれいに洗うようにホームルームでおっしゃいました。
でも、お局のいとしの方は上履きを持ち帰るのを忘れてお局がそれを発見。
ご本人に連絡をして、お局が洗って月曜に持ってくることにしました。

それを、いとしの方をお局以上に大好きだったお局母は、「これは一大事とばかり、高級洗剤を買ってきてそして最後はわが家の神棚に上げて、乾かしておりました。

そんなことを思い出しながら、ちゃっぴーもお局で出来るものなら洗ってあげたいのですが、お局がやったらきっと色や形が変わってしまうでしょうから、絶対にダメだよな・・・

今はやりの朝ドラの言葉をお借りして
ドウシタモンジャロノ〜

ぬいぐるみを洗うプロの方っていらっしゃらないかな?

先週からこのことが頭を離れません・

ひとりじゃないって、素敵なことね!

ちゃっぴーとふじっぴー
昨日ボスに代わり、お城に参上いたしました。
久しぶりに入口で、大好きなお二人、ちゃっぴーとふじっぴーの出迎えを受けました。

受付の方に、撮影許可を頂いて撮影していると受付の方曰く
「二人はいつも、支え合って、助け合って立っているんですよ!」
と教えて下さいました。
この言葉を聞いて、とっても心が温かくなったお局でした。

お局のひとりごと
そうなのよね〜!この二人は一人ずつでは立てないんですよね〜。
二人だとこうやって立っていられる。

一人じゃないって素敵なことね・・・!

また古い歌が頭をよぎります。

おもてなしの旅 ふじのくに食編

さくらえび
上越の 保険屋あいさんから

頂いたコメントです。

静岡は、美味しい魚がたくさんとれますね

 保険屋あいさん!

コメント有難うございます。

以前、糸魚川に呼んで頂いたとき、その甘海老の美味しさに、ほっぺたが落ちる美味しさで、今でも忘れません。

ふじのくには(通称静岡県)には、甘海老はありませんが、世界でここでしかとれない桜えびがあります。
そして桜えび以外に

・まぐろの漁獲量
・かつおの漁獲量
・あじの養殖量
・しらすの生産額
・ますの養殖量
・たかあしがにの漁獲量

は、日本一でございます。

また、ふじのくにはもの作りの藩と言われているのも関係しているのかな?日本一の加工食品もいくつかあります。

・あじの干物
・なまりぶし
・まぐろ・かつおの缶詰 等々

番外編として、なるとのの9割は焼津市で作られていると言われております・・・と言っても、なるとをご存じの方少なくなったかな?

いずれにしましても、お魚もお野菜もおいしいものが沢山ありますので、また遊びにいらして下さいね。

ペンギンさんとアジ

あじ
昨日、たまたま見つけた記事でとっても興味があったのが、沼津市内浦にあります、あわしまマリンパークの「ケープペンギンのランチタイム〜流れるアジ仕立て」です。
詳細はこちらです。

流しそうめんのように、流れてくるアジをペンギンたちがクチバシでゲットするそうです。

沼津は、アジの養殖で日本一です。

お局も昨年、この内浦のアジを頂きましたが、それまでひかりものは苦手なお局も一気に大ファンになるほど美味しかったのを覚えています。
ここ数年食べたもので、TOP3に入る忘れられない美味しさです。

そのアジをぺんぎんさん達が競ってゲットする・・・!
これは見てみたいな〜。

ふたりの女性

ゆり
お局ブログにも何度か書いていますが、お局は20代のときから小池百合子さんが好きでした。
そして、静岡に戻ってきてからは、NHKのキャスターでした平山佐知子さんがこれまた好きで、彼女の番組は録画して見ていました。
平山さんの場合は、特に、お局が講師をしているとき、彼女のスーツが好きで参考にさせていただき、、時折会合でお会いするときは衣裳についてお話を伺っておりました。

お局は、小池さん平山さんの、落ち着いて、安定感のある語りが大好きでした。

そのお二方が今週、新都知事として、参議院として、あらたなステージに立たれました。

その初日に着ていた服がお二人とも、白のジャケットにインナーは青でした。

無垢に誠実・信頼・知性をイメージする青をインナーに入れてきたところも考えられているな〜。
昔、社会党の女性議員が赤をはじめとする原色のスーツを着ておられお局は違和感を覚えましたが最近の女性政治家は、お飾りでなく、見た目、発信力、そして、中身も変わってきたな〜。

ダンスは年代を超えます

1
わが家は3つの学校の近所で、特に小学生がわが家の前をしばしば通ります。
わが家の前は、車が通らないのでその点は安心です。
以前、静岡市の中山間地の活性化事業に関わっていたとき子供が一人もいなくなった地域のお年寄りが「子供の声がしないまちは、もはやまちではない!」
とおっしゃっていましたが、わが家の地域ではまだ子供の声が沢山するのである意味幸せなまちなのかもしれないな〜と思うのです。

ところで、過日、女の子3人が横に並んでグリコのポッキーのCM曲を歌いながらダンスしていました。

「その曲、お局も踊れるよ!!!」

と、女の子たちのダンスに加わり、一緒に踊りました。

子供たちから

「なんでお姉さん、そんなに上手なの?!」

と聞かれました。

「上手!」と言われたこと以上に、「お姉さん」と呼ばれたのがめちゃくちゃうれしく感じたお局でした

そういえば、子供の頃のお局の体育の成績はいつも最低。
どんな競技も常にビリ。
でもダンスは、好きだったのよね〜。

年代を超えて一緒に踊るってこれまた楽しいものだな〜。



photo by Hana

困ったときの女性頼み

1
イギリスは歴史的に、困ったときは「女性」を首相に据えると言われているそうです。

「鉄の女」と呼ばれたマーガレット・サッチャー氏が首相になった1979年。
イギリスが最も経済的に疲弊していた時でした。

そして、今回就任されたテリーザ・メイ氏はイギリスのEU離脱の国民投票を受け、イギリス存続すら危ぶまれる現状での登場となりました。

そして、昨日、東京都で初の女性知事の誕生。

これから怪物達に足をひっぱられず、思いを一つずつ実現されることを願ってやみません。

さて、今日から8月。

今月も忙しくなりそうです。ガンバロット!



photo by Hana

よくしゃべる人 その2

12
知人が
「最近、車を換えたら、カーナビも変わって、それがうるさい!」
とおっしゃいました。
そこでお局は
「お局みたいにうるさいのですか?」
と尋ねると、
「いいや!そこまでうるさくない!」
と即答されました

最近、午後のバイト先のビルの方々より

「明るく、元気なお姉さん!」

と呼ばれるのですが、内心は

「うるさいおばさん!」

と思われているのかな?

まぁいいや!

本日も暑くなりそうですが、ご自愛の上
素敵な休日を

よくしゃべる人

1
時折、会合に呼ばれオブザーブしている団体があります。その団体の殿様とお局の会話です。

お局:あの方は、どうして、みなさんが集まって顔を合わせている席では、まったく発言されないのに、後で、なが〜い、攻撃的な文章をメールで送られてくるんでしょうかね。
意見があったらその場でおっしゃればいいのに!
私と二人のときは、私以上にお話をされるのに不思議です。

とお局が申しましたら殿様曰く

殿様:お局さん以上にしゃべるって、それはすごいよ・・・!

とのこと。

あらら???

お局=おしゃべり

と殿様はお思いか?!

まぁいいか!

暑いですね。

皆様も体調にはくれぐれもご留意ください。

サード・プレイス(第三の場)

1
早めに家を出て出勤前に1時間程、カフェでコーヒーを飲みながら本を読むことを日課にしている知人が数人います。
仕事が終わっても、まっすぐ帰らず、1週間に6日間カラオケに通っている方もいらっしゃいます。
スタバが日本に進出したとき、
「あなたのサード・プレイスになりたい」
つまり、会社でも家でもなく、双方をつなぐ「三番目の場所」を売り文句にしていたな〜。

そういうお局の現在のサードプレイスは、デパ地下

午後から勤務のため行きも帰りもデパ地下を通ります
大好きなパン屋さんのコーナーを横目に、新商品をチェック!
次回購入するものを品定め。頑張ったときに、自分へのご褒美です

あのパンの香りもたまりませぬ

毎日、いろんな方と再会するのですが、必ず、「以前より一段と元気そうだね」「笑顔が戻ったね」と言われるのですが、あまり大きな声ではいえませんが、もしかして、このサードプレイス効果もあるのかな?!

お局のひとりごと

1
昨日帰宅したらテレビで総理が経済対策について述べられていました。
・リニア新幹線の前倒し開業で東京ー大阪間は1時間に
・長崎新幹線の完成
・北海道新幹線の・・・

公共事業に1兆投資。

ここまで聞いて思ったことです。

「せまい日本、そんなに急いで何になる。」

わが町でいうと、お局が子供の頃、静岡市への電車は1時間に2本でした。
それが、現在は10分に1本の割合です。
これだけ便利になったことで、駅周辺の商店街はゴースト化、シャッター通りになりました。

そんな交通インフラに投資するなら、農業生産者や漁業者が、ほんものを作り、育て出荷できるように彼らのサポートやそれらが適正価格で販売できるような仕組み、そしてほんものを適正価格で購入できるように特に若い世代の所得の増加等に税金を投入できないものかな?

また、歩きスマホや運転しながらのポケモンGOなど、マナーの欠如で事故が多発しておりますので、公衆道徳を伝え考えることなどにもっとお金がつかないかな・・・ブツブツ・・・。

一言!

1
以前、ロンドンのスーパーで買い物をして、支払を終えてレジを去る時、お店の方が

「Thank you!」

ではなく

「Enjoy Meal!」

と声をかけているのが印象的でした。

最近、宝くじ売り場の前を通りかかるとお店の方が購入後のお客様に
「有難うございます」
ではなく

「当たりますように!」

と声をかけていました。

へ〜!

面白いな!

いろんな声掛けがあるものですね。

ところで関係ないことですが、そろそろクリームパスタが食べたくなりました。

原宿駅
ここ十数年の間に、JR東海のそれぞれの駅が生まれかわりました。
しかし、お局はどうしても解せないことがあるのでございます。
どこの駅も、似たような作りになっていることです。
外見は似ており、壁に貼ってあるポスターが地元のお祭りや今でしたら花火大会のポスターで、他の違いはあまりない。

FSZは、日本の、静岡県の玄関ですが、JRの駅はその町の玄関なんですから、もっとその町の特徴を出さないともったいなくないかな〜と思うのであります。

そういえば、築100年弱の原宿駅の木造駅舎も東京オリンピックを控えて建て替えられることになったようですね。

ぜひ、歴史ある駅舎が残るといいな〜と思うお局でございます。

歓ぶ人

1
仕事の関係で帰宅が夜の9時を過ぎることがしばしばとなり、それを最高に喜んでいる人が約1名おります。
帰宅すると、お腹が空いていて、こういうときに食べると、普段よりドカ食いして、そして家事をするともうぐったり。
例のことが出来なくなっております。
その例のこととは、父の体操です。

年明けに寝込ん以来、筋肉が落ちて、歩けなくなった父。
この段階でウオーキングをしたら、かえって骨折等をして寝たきり街道まっしぐらの状態なので、今は何しろ筋肉をつけることが第一。
それには、プロテインの摂取と軽度な体操が必要で、先生に教えて頂いた足首回し、片足立ち等の体操をお局が父と一緒にやっていたのですが、仕事で帰ってきてからの体操は、お局自身の体がしんどくて、最近はお休み中。

大嫌いな体操をしなくてよくなった父は大喜び。
でも、体操をしないからふくらはぎがかたくなり、足先が痛い、しびれる、冷えるの繰り返し。
そして、1日の歩数は600〜800歩。

はやりの、ポケモンGOで、父のような歩かない人が歩きたくなるアプリは出ないかな・・・。

それでは今週もガンバロット!
皆様も素敵な1週間でありますように!


フライポテト

1
知人がどうしても、フライポテトが食べたいとのことで、付き合うことになりました。

そういえば、最近、お蕎麦を頂くときに天ぷらを食べるくらいで、揚げ物は一切食べなくなったな〜
まして、フライポテトは食べないな・・・
さらにまして、フライポテトは太いのが好みなのに、ここは細め!
これはカロリーが高いから、気を付けないと・・・・・・

ところで、ここでは、ケチャップではなく、フレンチマスタードが付いてきました。

この辛くない、フレンチマスタードとフライポテトあうな〜・・・・

ということで、止まらず、結局、あとで大変なことになりました。

なんでも、ほどほどですね(汗)

御用聞き その2

1
昨日お話いたしました信金の御用聞きの続きです。
ただでさえ暑いのに、信金さんたちは御用聞きに背広を必ず着用しておられます。

理由を尋ねると、
「この地域は保守的で、古い経営者が多く、背広をきちんと着ていないと嫌がられると、前任者から引き継ぎを受けた」

とのことでした。

事務所に冷蔵庫がないため、冷たいものやおしぼりも出して差し上げれず心苦しいな〜。
せめて、汗が引くよう、冷房の温度を下げて・・・
でも、風邪を引かれたら困るな〜。

それにしても、最近、来客が多い!
お局がそこにいることはお局から話していないのに、人が人を呼び、そしてまた人が・・・。
何か、冷蔵庫がなくてもできるおもてなしはないものかな・・・

御用聞き

3
今の午後の仕事の関係で、これまでにはご縁のなかった信金さんとのお付き合いが増えました。
その信金さんでは、今でも、売上の集金や、給料日の積み立てをはじめ、御用聞きを大切にしているそうです。

しかし、他の信金さんではその御用聞きを廃止したところもあるそうです。
廃止していない信金さんのお考えは、御用聞きをすると、お客様の生の声に触れ、現状を自らの目で確認でき、真の情報を得ることができるので、御用聞きは絶対に廃止しない!とのお考えとのことです。

キャッシュレスのこの時代に、現金を持って歩くって、いろんな意味で心労がおありだと思いますが、確かにお客様のニーズは支店にいてはわからず、ヒントは現場にあり!ですものね。

今のお仕事を通じて、また新しい出合いの機会を頂いてありがたい限りです。

期待値のギャップ

2
思い返せば、父と外食はほとんどしたことがないな。
月に1回くらい、お寿司を購入して自宅で食べるくらいで、あとは、全部お局が作ります・・・というのはちょっと言い過ぎで、父の一番の好物はまぐろのお刺身なので、週一くらいでお刺身が登場します。

父の日や父の誕生日は、本人の大好物なお寿司を、お寿司屋さんで握って頂いてお祝いをします。

今年の父の誕生日には、当地では老舗にあたるお寿司屋さんで握って頂きました。

朝、仕事に行く前に予約をしました。

18:00頃、取りに伺うと告げておきました。

しかし、仕事が終わらず、結局お店についたのは18:30でした。

その日は金曜日なのに、お客様は一人もおらず、注文したお寿司は、入り口の側のテーブルの上に置かれてありました。
しかも、冷房もかかっておらず、めちゃくちゃ暑い店内に置きっぱなし状態でした。

お局は子供頃、夏にお寿司を食べてじんましんが出来て以来、夏の生魚は大変ナーバスになっております。
お寿司屋さんは18:00の予約だと、17:30頃作るのであろうから、このお寿司は、1時間以上、蒸し暑い店内に放置されたのかと思うと、非常に不安になりました。
そしてこう言ってしまいました。
「これくらいの暑さでも、お寿司は大丈夫なのですか?!」と。

そうしたら、店主曰く

「朝からずっと置きっぱなしにしていたらまずいけど、これくらいの暑さなら大丈夫だよ」

とのこと。

ちょっとのことでも、この時期は保冷剤を用意しているお局ですからこういう、食品管理に対する考え方が違うお店にあうと、不安になります。

それとも、私が神経質なのかな?

あなたならどうする?!

1
数年前は心配で、仕事で着ている洋服の多くをクリーニングに出していました。
しかし、最近は、ほとんど家庭で洗うようになり、シーズンが終了するときにだけクリーニングのお世話になります。
クリーニングと言えば、以前、お安いお店にお願いしたら、気に入っていたカーデガンが縮んでしまったり、アイスホワイトのブラウスが黄ばんだり、トラブルが続いたことがありそれ以来、大切な衣類は、個人のお店にお願いし、それ以外のものは、低価格のお店にお願いしています。

ところがです。

お安いお店では、無料で、衣類を半年間、預かるサービスを始めたようで、そちらにお願いした衣類は、この夏安泰となりました。

一方、お気に入りの衣類は、きれいに洗濯をして頂き、戻ってきましたが最近わが家の保管状態に不安が残ります。
防湿、防虫には茶箱がいいと聞きますが、わざわざ今から購入するのも・・・

折角だったらこのお気に入りの衣類を倉庫で預かって頂きたいけど、そのために、不安のあるお店に洗濯をお願いすることは出来ないし・・・。

なかなか難しい選択です。

さて、有難いことですが、毎日忙しい日々を過ごしていると、例のもの(上の写真)がそろそろ恋しくなりました。

伝える

虎屋の羊羹
あまり大きな声ではいえないのですが、この年齢になって未だ、冠婚葬祭のマナーが苦手なお局。
特に葬儀に関してのマナーはどうも、宗教や地域によって異なることもあり、いつも???状態になります。

ところで、何でも、伝統と常識(これはもう本人の常識になりますが)に拘るどこぞの老人は、なぜかこの仏に関しては適当。

お通夜の席に「御仏前」という熨斗を用意していたり、薄墨で書いたことは一切なし。

娘が注意すると、「そんならうるさいこん、今の時代はいう人はいんで(通訳:そんな、うるさいことを言う人は、今の時代いないよ)」

ここでも、自分が正しいと主張。

でもね、そういう、マナーやしきたり、伝統を知っていて、現代風に簡略化していくことはいいのかもしれないけど、そういうマナーがあるということだけは、教えていかないといけないのではないかな?と思うけど。

お局の世代の子供たちは今、ちょうど、30才手前から、20代。

教えていかないといけないんだよね・・・。

というお局があいまいだった

さて、今日も暑くなりそうですが、保冷剤を首に巻いて、いっちょ頑張るかな。
皆様にも素敵な1日を!

薄墨

この時期、毎年親子喧嘩をします。
その理由は、字が下手ということ。
初盆御見舞の熨斗に父親の名前を書くのですが、練習しても、自分でも思うのですが下手。
書けて親に持たせるとやはり

「へったくそだな〜!いくつになったと思ってるだ!」

と今年も言われてしまいました。

ところで、この初盆御見舞ですが、これも薄墨で書くのかな?!

と今年急に気になり調べたところ49日を過ぎたら、薄墨でなくてもいいと書いてありましたのでいつもの筆ペンで書きました。

ところがです。

先ほど、再度確認すると、不祝儀は全部薄墨で書くこと!
と書いてあるサイトを見つけました。

あらまぁ

一体、どっちなのかな?!

おもてなしの旅 地図編 その2

地図
今週お江戸から業界の記者さんがお見えになりボスが取材を受けました。
お座りになり、第一声が「静岡は新幹線の停車駅が多いですね。」と言われ、ボスが「東から、熱海、三島・・・」と説明されると、ご丁寧にメモを取り始めました。

そして、次に「静岡県の産業の特徴は何ですか」と聞かれました。
するとボスは、「静岡県と一言で言っても、県の西部、中部、東部」で異なります・・・」

と話し出したところで、お局のスイッチが入りました。

この会話でもやはり地図があれば、もっと分かりやすく、盛り上がるぞ!!!

と思ったら、これは用意しないと!!!

ということで、急いで某所にとりに行き、戻ってすぐにホワイトボードに貼りましたら、記者さんに大変喜ばれました。
(ちなみに、上の写真はそのときの地図ではなく、漁連が作成された下敷きです)

静岡県は、農業、産業、気候、そして人の気質も、地域によってことなります。
一言で表現するのは難しいものがあります。

特に今回のテーマは産業ですから、なおさらです。

なぜ、その地域にその産業が栄えたのかなどを説明するときも、地図があると説明しやすく、またお客様も納得しやすいようでした。

そして、最後はその地図をプレゼント・・・

頭を使ったおもてなし!
これからも続くのでした。

おもてなしの旅 地図編

今週、当県と友好提携を結んでいる中国浙江省からお客様をお迎えしたときのお話を書きました。
その際、使えるお金が0円ならば、知恵を出せ!
ということでお局が考えたものの一つに地図を用意致しました。
地図
お客様達は、前日日本に到着されたばかりで、最初の訪問先でしたので、よりこの地図が役に立ったようです。
この地図が外国人に歓ばれるのは、下の方に日本全体の地図が書いてあり、そして、西はセントレアから、東は、成田空港まで書かれております。すると、当県の位置をはじめ、富士山、南アルプス、駿河湾、等々・・・確認出来ます。

何度も、この地図を使いながら質問、説明の場がありました。
それで、最後はこれをプレゼント!
中国語で書かれてあるので、非常に喜ばれました。
こちらとしては、藩がお作りなったものだからFREE!(^^)!

今週、地図で面談が非常にスムーズになったケースが他にもありました。
それはまた明日、お話いたします。


お局のハートはブレイク中(T_T)

1
今週、事務所にお見えになった中国のお客様からとっても嬉しいメールを頂きました。
静岡について翌日の訪問でしたが、温かい歓迎に感激しました。・・・・頂いた地図、大変助かります。有難うございました。・・・とありました。
フ〜ウよかった。

そして、昨日はお江戸から取材の方がお見えになり、これまたボスが対応されました。

お局は昨日も、自宅の茶器と茶葉を持参してお出しする予定でしたが、よ〜く考えたら、新幹線でいらしてすぐで暑いお茶は・・・ウ〜ン!

かと言って、事務所には冷蔵庫もないので私がまた作っていくしかないが、午前中は別の仕事をやってから事務所に行くので準備する時間がない・・・ということで、心苦しいし、お局道に反するのですが、最初はペットボトルをお客様がお見えになる直前に購入し、お話が1時間くらい過ぎたところで、温かいお茶を出そうと計画しました。

お局持参の温かいお茶は、歓んで頂いたのですが、最後、記念写真を撮影するときに、記者さんがこうおっしゃいました。
「静岡に来て、写真にペットボトルが写っていたら、まずいでしょ!」
と言われてしまいました。

お局、めちゃくちゃ恥ずかしかったし、悔しかったです。

おもてなしがテーマのセミナーなのに、檀上のパネラーに用意されていたお茶はペットボトルだったことにもの申したお局が、上記のように記者に言われてしまって、ほんと、情けなかったです。

お局はどうすればよかったのかな・・・

氷で濃く出した緑茶を氷を入れた水筒で持っていって・・・

ただ今反省中のお局でした。

プロトコール2

1
一昨日中国からのお客様をお迎えするにあたりお局のドタバタ準備の様子を書きました。
1番困ったのが旗。

上の写真のように机の上に置きたかったのですが、上の写真では、左、右が逆です。
左が上位なので、中国の旗は左にないといけないようです。
棒がクロスしている下の方は決まり通り、旗が左側にくる棒の方が手前にきているのでOKなのですが旗がね〜。

問題は、左に中国国旗を掲げると、旗の右側を固定することになり、それは違うのではないかと言われてお局も自信がなくなりました。

結局、下のように壁にはりました。
2
今回も勉強になりました。

プレゼン

ちゅるりん麺
今日はある方をある殿様方に御引合せする日。
お局はその場のセッティングし、本日同席するのみでございますが、よくぞここまでこの顔ぶれをセッティングできたものよ!と言われるほど、一気に3つくらい話が進みそうなメンバー。
昨日のおもてなしといい、今日といい、ボランティアなんですが、これが結構楽しい。
でも、いつまでもそんなこと言っていないで、自分が稼ぐことを考えなさい!
とまた叱られそう・・・

そうなんだけどね〜

人様のお役にたって、喜んで頂ける。
それが何より楽しく感じる今日この頃でございます。

プロトコール

11
午後のアルバイト先では本日、中国からお客様をお迎えします。
何しろ経費節約の事務所ですから茶器をはじめ、余分なものは購入しておらず、おもてなしが出来るものはクーラーくらいかな。
そこで、お金がなければ、知恵を出せ!
ではありませんが、歓迎の気持ちを形にするには・・・・
といろいろ考えるお局

お茶はお局宅のもので恐縮ですが持参してお局がお出ししようっと!

静岡県のお話が出た時、地図があると分かりやすいよね〜ということで、中国語と英語で書かれた地図を用意しよっと!

そうそう、中国と日本の国旗を机の上に用意しよっと・・・会社はカラー印刷が出来ないから、自宅で印刷していかないと・・・と思って用意したら、一気にMのインクがなくなった(汗)そうよね、中国も日本も赤を使うものね。

そして、昨日会社に行って、旗をセッティングしようとしたら、ハテハテ・・・右左はどうだったかな?
プロトコールをすっかり忘れちゃった!
ネットで調べて、外国の国旗は向かって左側にくるそうで、しかもクロスしたときの棒は、外国旗の方が手前にくるようにとか、細かい注意事項あり。

それにしても、左側に外国旗がくるようにすると、中国の旗の星のない、右側を固定することになり、これは変ではないかとボスの声。
確かに、そう言われてみれば・・。

ということで、正面のホワイトボードに張りました。

視察団をよく受け入れる方に伺うと、ネームプレイトを置いておくとより親切!とのアドバイスを頂き、総会のときに使ったネームプレイトをひっぱりだしてきて、即用意。

組織の旗も壁に貼っちゃった!

更に、お局流のおもてなしとして、まだ出来ることはないかな・・・・ブツブツ


幅広い層からの支持

1
最近、しばしば行くようになったこのお店。
オープンして2年。
未だに客足が減らないこのお店。
毎回このお店の客層を見て思うことがあります。

カップルより、女性同士の利用が圧倒的に多い。
男性2女性2の4名グループも多い。

外のベランダコーナーでは、会社帰りの男性軍団が利用。

年齢層も、20代からシニア層まで広い。
つまり、支持層が広いのがこのお店の特徴で、それが客足が減らないことにつながっているのかな?
と思いながらピザを頂くお局でした。

日常VS非日常

静岡茶
静岡のお茶業界では、最近、お茶を“非日常”なものにしていくことをテーマにされています。

お局の周りには関係者が多いので、大きな声ではいえないのですが、お局にとってお茶を非日常と考えるのは非常に難しいものがあります。

なんたって、お局父は、夕飯のときなど、食事とともにお茶を1リットルのみます。
お局もお茶は食事のときにセットで飲むもので、ちょっとティータイムなど、特別なときは、コーヒーです。
最近は、和菓子でもコーヒーになりました。
(これまた大きな声ではいえないのですが・・・汗)

しかし、過日、GODIVAのチョコレートを頂き、静岡茶を合わせましたら、これがおいしい!
(ただし、写真の色が悪すぎ。なぜ、実際の色と違うのかな?!)

そうか、和菓子にはお茶を、洋菓子にはコーヒーを・・・ではなく、甘味と渋味と味で組み合わせをかえるのも面白いな〜と思いました。

辛くない唐辛子 万願寺とうがらし

万願寺とうがらし
以前、ジュニア野菜ソムリエの試験勉強をしていたとき、食べたいな〜と思った野菜の一つが
「万願寺とうがらし」でした。
決して辛くない、肉厚でやわらかく、甘い。
ピーマンより食べやすい。
今回、フリットで頂きました。
(でも写真ではどれか分かりにくくて申し訳ありません)

京都府舞鶴市万願寺地区で生まれた京野菜。

あの方も頻繁に召し上がるのかな?

ご登場をお待ちしましょう
Archives
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
号外(お局さん)が新聞で・・・! (にんじんジュースのクニ の飼い犬がニヤッと笑った!)
富士山静岡空港開港
おもてなし接遇マナー講座に参加 (もちや菓子店 もち子の日記)
帰城報告
お局さんありがとうございました (京丹後のおやじのうんちく日記(19世紀の味京都農場))
京野菜ポトフ
  • ライブドアブログ